報復カードに手をかける日本政府…民間では「断交」まで議論

2TK89m1zJsM2gGO1513843337_1513843543 (1) (1)



報復カードに手をかける日本政府…民間では「断交」まで議論

来月1日になれば日本では新しい時代が始まる。
今の明仁日王が退位して息子の徳仁皇太子が即位する。
新しい日王の即位に合わせて日本の年号が今の平成から令和に変わる。 

先週末に訪れた日本は、一時代を送り新しい時代を迎える準備で浮き立っていた。
フットワークの軽い流通業者は「平成決算バーゲンセール」と「令和を迎える慶祝大割引」で間もなく10日間の連休を迎える消費者の財布をこじ開けようとする勢いだ。
いつも多くの人々で混雑する東京都心の電子製品チェーン店の大型店舗には「令和おめでとう、平成ありがとう」と書かれた紙が張り出された。
ライバルチームが正面対立したプロ野球中継まで「平成最後の対決戦」という文面で、視聴者の「本放死守」(リアルタイム視聴)を誘惑する雰囲気だ。
来月1日が近づくほどこのような雰囲気はさらにヒートアップしていくことだろう。
メディアでは分野別に30年4カ月間の平成(1989~2019)時代を決算し、新たな時代を迎える覚悟を固める記事が次々と出されている。 

このようなお祭りムードの中で一時代が過ぎようとしているが、決着をつけられないまま新たな時代にバトンを渡そうとしている問題も多い。
「史上最悪」という修飾語が付いている韓日関係が代表的だ。
慰安婦合意履行問題と徴用工賠償判決などで韓日関係は水面下の対話まで断絶する状況に達した。 

突き詰めてみると、韓日関係は普段は順調な航海をしながらも、歴史という暗礁に出会うと一日で危機に直面するパターンの連続だった。
明らかに転がり落ちることが分かっていながらも岩を山頂に押し上げなければならないギリシャ神話の中の「シシュポスの運命」に韓日関係をたとえることもある。
過去の慣性によれば、今の危機も適当な契機を迎えれば再び緩むだろうと期待することもできる。
韓国政府が対日関係の改善に積極的に取り組まないでいるのもそのような経験則に基づく判断のためかもしれない。 

ところが最近聞こえてくる話の中には「今回だけは日本国内の雰囲気が通常ではない」というものが多い。
最近、筆者の手元に届けられた日本の雑誌に掲載された記事が日本国内の雰囲気を物語っている。
日本の知識層が愛読しているという月刊誌「文藝春秋」4月号の表紙には「日韓断交完全シミュレーション」という見出しの特集記事のタイトルが出ていた。
元駐韓大使をはじめとする日本各界の知韓派5人の座談会をまとめた記事だった。
いつからか日本出版界では嫌韓または嫌中感情をあおる内容の本が一つのジャンルを形成するまで多くなったが、今まで「断交」という用語が権威ある出版物に公然と議論されたことはなかった。 

日本の世論がどれほど悪化したのかを把握するために、日本政界である永田町の知人と現職外交官、学界・メディア界の知韓派の要人をソウルと東京の両方で取材した。
表現の強さは違いこそすれ、彼らは異口同音に「過去とは次元が違う」と話した。
「日本政府が韓国に対する対応措置を真剣に検討中」としながら「実際の行動に移す場合には(THAAD報復をした)中国と全く同じだと言われないように、国際社会が納得できる措置を選択するだろう」という話も出てきた。
「問題の深刻性を韓国国内にしっかり伝えて状況がこれ以上悪化するのを防いでほしい」と要請する人もいた。
彼らのうち、学者の立場で実名インタビューに応じた西野純也・慶応大学教授との問答を翻訳すると次のようになる。 

--韓日関係は葛藤と回復のサイクルを繰り返してきた。今回もそうならないだろうか。 

「歴史問題は過去にもあったが、最悪の事態は避けなければならないというコンセンサスによって、結局はうまく管理されてきた。だが、いまの日本政府と世論主導層の考えは『これ以上韓国を信じることができない』というものだ。慰安婦合意と請求権判決以外にも、意外にレーダー事件の波紋が大きい。近接飛行で論点を曇らせていく韓国の態度に対する失望が大きい」 

--日本政府が報復措置を取る可能性は。 

「訴訟の原告側が、押収された日本企業の資産に対する現金化措置を申請すれば、直ちに手続きを踏むことになる。そうなれば日本企業が目に見える損失を被ることになり、日本政府が何某かの措置を取らざるをえない状況になる」

--過去、中国とも尖閣(中国名・釣魚台)諸島問題で最悪の葛藤が生じたことがあるが、その時よりも深刻か。 

「直接比較は難しい。ただ、日中葛藤は中国共産党が戦略的に管理をするので状況が破局に突き進むまで放置はしないとみていて、実際にそうなった。だが、韓日葛藤は感情的な側面が強く、どのように流れるか分からない。そのためもっと危険だ」 

--最近の葛藤は従来の歴史葛藤とどのように違っているか。 

「韓日両国社会の質的変化と国際秩序に対する認識の違いなどが複合的に作用して現れた構造的結果という点でだ。朴槿恵(パク・クネ)前大統領が天安門の望楼に登ったことから分かるように、中国の台頭という巨大な変化をどのように受け入れて対応するのかに対する認識と戦略が韓日両国で根本的に違う。これが韓日関係を遠ざけている遠心力として作用している」 

--政治的経済的要因はないだろうか。 

「最近20~30余年間、韓国は経済成長で国際社会の比重ある国になったという自負心を持つようになった。日本はその間、『失われた20年』の景気低迷と東日本大震災を経験して自信を失った。このような状況を食い込んで執権したのが安倍政府だ。両国の国民の心理的変化が韓日関係に変化を起こした一つの要因だ。進歩-保守の陣営対立がきっ抗した韓国の政治状況も韓日関係を難しくしている。進歩-保守対立が大韓民国正統性の根元に対する歴史論争につながりながら韓日関係にも影響を及ぼしている」 

現地取材を通じて感じたのは、韓国を見る日本朝野の見方が過去とは全く違うというのが事実だったことだ。
「断交」という極端な用語が政治家と時事評論家の口にのぼることからしてそうだった。
このような雰囲気が韓国政府には加減なしでそのまま伝えられているかどうか気になった。
ソウルで会った政府当局者の話はこうだ。 

「韓国政府も日本の動向を時々刻々注目している。外交部では日本が報復する可能性があるという報告を上げている。産業通称資源部など経済部署では日本がそんなに簡単に報復措置を持ち出せないという意見のほうが優勢だ。青瓦台の判断もほぼ同じのようだ」 

判断の根拠は簡単だ。
今、韓国メディアに登場しては消える▼ビザ免除の撤回▼送金制限▼就職制限などの報復カード--は日本にも打撃を与えるのが明らかなためだ。
たとえば、年間800万人の韓国人が日本を訪ねて観光収益を引き上げているが、入国ビザ免除を撤回すれば日本観光業界にブーメランになって返ってきかねないということだ。
ところが他の関係者の口からはやや意外な言葉が続いた。 

「青瓦台や経済部署の判断が合っていてほしいが、外交部の報告通りその反対の可能性にも注意を注がなければならない。ところが今、そのような声を傾聴する雰囲気ではない。そうでなくても間違った慰安婦合意を作ったとして『積弊』の烙印を押された外交部が、そのような意見を強く提示する立場でもない。また、誰であろうと外交部の意見に肩を持ったら『親日派』と言われるのが関の山だ」 

この言葉が事実ならば明らかに問題だ。
韓国政府はわずか3年前、隣国の報復の可能性に対する予測を読み誤った事例がある。
2016年高高度ミサイル防衛(THAAD)配備決定を控えて中国の報復可能性が提起された。
当時、朴槿恵政府の内部報告書の結論は報復の可能性が低いという方だった。
「ニンニク紛争(2000年)の時とは違い、中国は世界貿易機関(WTO)加盟国になり国際規範を遵守する国になった」というのが政府が提示した理由だった。
その後、どのような結果が起きたのかはすべての国民が見守ったとおりだ。 

日本が報復カードを取り出して韓日関係が破局に突き進む事態を望む者は誰もいない。
そのようなことが起きないように冷静な状況判断の下、韓日関係を再設定するための外交努力を傾けなければならない。
折しも日本では新しい時代「令和」が始まろうとしている。 

引用ソース
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=025&aid=0002898252他


*そう、「過去とは違う日本の対韓感情」が、韓国には今もリアルに伝わってないんだよね。
韓国は反日遊びをずっと続けてきたし、過去も日本の態度は批判の対象だった。ありとあらゆるこじつけをして、韓国は日本の態度を上から目線で批判してきた。
それでも日本は韓国に対して甘い態度を続けてきた。
だから大丈夫だという感覚が韓国にはあって、その感覚は変わってない。
今もその延長戦上で韓国は「日本の態度を上から目線で批判して反日遊びすること」を楽しんでいる。
過去はこじつけ、今はリアルなんだけど、韓国人の大半はその区別がついてない。

日本は一度ぐらいはちゃんと示さないとダメなんだよ。
韓国は日本叩きを楽しんで痛い思いをしたという認識がない。






韓国人のコメント


・この記者は、日本の立場で話してるね。
お前は日本人なのか?
私たちが被害者で、日本が加害者なのに、日本の立場を韓国に伝えるなんて、私たちが弱者だから噛みつくなと言いたいのか?
なぜ朝中東(*朝鮮日報、中央日報、東亜日報)は、日本の立場で話す記者が多いのか?
社主が親日派だからか?
共感24 非共感10


・レーダー議論は日本が一人でショーをしてるだけなのに、その話を引っ張ってくるのか?
共感8 非共感0


・日本が今回遠慮なくこういう態度を取るのは何故か?
ムンジェインが米国や中国との外交もボロボロにしてるからだ。
中国では一人飯を食べさせられるほどまともな扱いをされず、
アメリカには「同盟国らしく振舞え」と警告までされた状態。
結局、米、中、日、外交すべて滅びていじめられている。
共感8 非共感0


・日本の雰囲気がそうだという事実を知らせる記事に興奮する理由は?
実際、福島の水産物の輸入さえ防ぐ力がない政府が一体何をしているのか聞きたい。
こういう記事を書いたことを問題視するのではなく、国際紛争や貿易紛争の一つも解決できないのに、北朝鮮問題だけを解決しようとして訪米する大統領が問題だ。
共感6 非共感0

・↑本当に馬鹿。ふふふ
福島輸入訴訟の失敗はパククネ政府のせいだ。
パククネ政府が訴訟を粗雑にして、そのせいで第2次訴訟も難しい状況になった。
そもそもパククネが自国民の意見を反映せず、日本といきなり強奪条約を締結したせいなのに。


・韓国の国民性もひどい。
日本をめちゃくちゃに嫌いながらも、旅行は日本に行く。
共感4 非共感1


・自民党政権の日本の特徴。
指導層も含めて大半の日本人には自分の考えがない。
大声を出す安倍をリーダーにする一部の右翼にひきずられているのが大半の日本人。
日本はは中国と同じだ。
習近平がリーダーの共産党に引きずられている中国。
ところで今、韓国も同じようになっていくようだ。
ムン政府が国を台無しにしているのに、メディアも指導層も何の役割も果たせずにいるので…
共感2 非共感0


・ムンにそんな力があるとでも?
中国ともボロボロ、アメリカともボロボロ、北朝鮮ともボロボロ、ついに日本まで…
外交力なんてあるのか?
共感2 非共感0


・日本の桜祭りに行く観光客1位が韓国人。
韓国人はすごい。
本当に答えがない。
共感2 非共感0


・断交しよう。
共感1 非共感0


・韓日に限らずどの国の政治家は、自分の政治の歩みのために何でもする。
戦争でも起こす。
それが政治家である。
共感1 非共感0


・文藝春秋を引用するなんて、この記事は見る価値がない記事。
知識層が多く読む?
文藝春秋は韓国論壇級の右翼バカ雑誌だな。
共感1 非共感0


・いつ人間になるのか、朝中東(*朝鮮日報、中央日報、東亜日報)よ。
共感1 非共感0


・これでもムンジェインが外交の天才か?
米国、中国、日本との外交関係を最悪にしてしまって、北朝鮮だけ眺めて、他の国のことは気にもしないで。
結局は北朝鮮にも後頭部を殴られて。
最短時間で外交孤立状況を作るのを見ると、確かに天才ではあるようだが。
共感1 非共感1


・過去から抜け出せない従北左派たち〜
共感1 非共感1


・そんなことは考えず、お前らは地震や原発の心配だけしてろ、チョッパリ!
共感1 非共感1


・断交しましょう。
共感0 非共感0


・断交しろ。
共感0 非共感0


・日本の居直りだね。
私たちも近接飛行してやろうか?
共感0 非共感0


・爆発して​​沈め、日本政府よ。
共感0 非共感0


・まだこんな人間が朝鮮日報にいる。
そんなことを書いてるから土着倭寇と言われるんだ。
今国が独立運動について大きく知らせているのを見てわからないのか?
今までの政府とは違い、ムン政府は厳しい視線で日本を見ているんだ。
私たちは日本を許す準備ができているが、日本は謝罪する準備ができていない。
だからこそ日本を警戒しなければならない。
共感0 非共感1


・ムン災害は青瓦台から退け。
共感0 非共感1


・土着倭寇の馬鹿記者!
最大の対日貿易赤字国である韓国が、倭寇たちの顔色をなぜ気にしなければならない?
共感4 非共感0


・クレイジーチラシ。
日本の新聞なのか?
共感1 非共感0


・歴史は繰り返す。
日本は根本的に火山島の上に位置した不安定な国だ。
だからいつも大陸進出を夢見てきたし、その足場に韓半島を侵略した。
今は休戦しているが、日本はいつか必ず朝鮮半島侵略を敢行する。
それは島国日本の宿命である。
日本は根本的に友好国になることがない国だ。
今日の友邦は、お互いの利益に合致する期間だけ協力関係を結ぶレベルであって、それ以上でも以下でもない。
どちらか一方でも利益がないと判断すると背を向ける。
永遠の友好国も永遠もない冷酷なジャングルが今日の国際社会だ。
共感5 非共感5


・親日売国奴と親日メディアは、日本の反韓感情を糊塗するが、根本的な問題は、戦犯の子孫である安倍内閣が韓国に対する侵略野心を捨てていないことにある。
彼らは韓国を現在も植民地だと思っている。
主権国家として対等な尊重が必要なのに。
共感12 非共感7


・韓日関係は数学的に解釈できない。
人を殴れば自分の手のひらも痛い。
どうせ油と水である。
韓日関係はこの際整理をして、彼らが真の謝罪をしたとき、徐々に回復するのが良さそうだ。
共感15 非共感12