ムン政府初の国防白書「北朝鮮軍は私たちの敵」表現を抜く

_Yn7PvNusji0JSa1533370176_1533370424



ムン政府初の国防白書「北朝鮮軍は私たちの敵」表現を抜く

国防部が来年1月に発刊する予定の「2018国防白書」で「北朝鮮軍は私たちの敵」というフレーズを削除することにしたと伝えられた。
26日、東亜日報によると、ムンジェイン政府発足後、最初に出版する「2018国防白書」で、北朝鮮政権と北朝鮮軍を敵とするフレーズや表現の削除が確実視された。
代わりに「大韓民国の領土と国民の生命と財産を脅かすすべての勢力が敵」という趣旨の内容が盛り込まれるフレーズに変更されるものと思われる。 

このような決定は、来年初めに予定されている、朝米、南北首脳会談などを考慮したものと解釈される。
2018国防白書で「北朝鮮軍は私たちの敵」フレーズの削除を検討しているというニュースは8月から伝えられていた。 

当時政府関係者は、中央日報に「政府の公式パンフレットで北朝鮮軍を敵と規定しておいて、北朝鮮と敵対行為の解消措置を協議するのは矛盾だ」と述べている。
特に既存の国防白書には「脅威が続く限り」とあるが、今年北朝鮮が非核化交渉に出たので状況が変わった点を考慮するというのが関係者の説明だった。
ただし一部では時期尚早との懸念もあった。 

一方、国防白書は政府の国防政策を内外に知らせるために出版する。
1988年から2000年版まで毎年出版してから、第2次国防長官会談を北朝鮮がボイコットした余波で、2004年までに停刊した。以後2004年から2年に一度、偶数年に製作する。 

北朝鮮軍を敵に見る表現は、金泳三政権時代の1995年版から始まった。当時は、北朝鮮を「主敵」と表現したが、これ金大中政府の時、98年、99年、2000年まで続いた。以後、盧武鉉政府の時、2004年版では、北朝鮮の「直接的な軍事脅威」と規定しており、2006年には「深刻な脅威」に変更された。李明博政府初年度2008年にも「直接的で深刻な脅威」という表現を使った。 

しかし、2010年、天安艦襲撃と延坪島砲撃が相次い北朝鮮は再び「敵」と表現、「北朝鮮軍は私たちの敵」というフレーズを使用した。 

引用ソース
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=025&aid=0002873614


>>代わりに「大韓民国の領土と国民の生命と財産を脅かすすべての勢力が敵」という趣旨の内容が盛り込まれるフレーズに変更されるものと思われる。 
>>「大韓民国の領土を脅かす勢力が敵」


公式に日本を敵国に規定するということです。
「領土を脅かす勢力」と聞いて韓国人が連想するのは100%竹島(独島)で、この宣言によって日本を公式に敵国に規定したと断言してもいい。

お花畑な人たちは、そろそろ気づいたほうがいいよ。
韓国が日本を主敵にするのは日本がどういう対応しようが規定路線です。
こういった流れになるのは、反日教育を強化した朴正煕の時代にはすでに決まっていたと言ってもいい。教育や報道を通じて種は撒かれ続けていました。
当時の日本は、「韓国は世代交代が進むにつれてじわじわと反日が薄れていくだろう」と予想してましたが、まったくの逆だったということが証明されました。
今後もそうです。その国の教育とマスコミの報道を見れば、今後の世論の流れが分かるし未来も分かる。
韓国は今後も「じわじわと反日を強化していく」。間違いない。






韓国人のコメント


・北朝鮮軍が敵じゃないなら軍隊は何のためにいる?
共感4715 非共感57

・↑これでもムン災害が共産主義者ではないという奴らは同じアカだ。

・↑北朝鮮軍が敵ではない時も軍隊はあった。
あの表現は、敵の概念を増やしているのが問題だ。
あの表現だと正式に北朝鮮だけでなく日本や中国も敵となる。

・↑中国、ロシア、日本、すべて潜在敵である。

・↑そろそろ北ではなく日本に銃口を向ける時期だ。


・6.25の時、米軍が武器を捨ててまで興南でムンジェインの親を乗せてあげたのが、こんなふうにバタフライ効果となって戻ってくるなんて…
共感3304 非共感32


・それならどこが私たちの主敵なのか?
まさか米国ではないだろう?
弾劾しなければならない。本当に…
共感1890 非共感42

・↑主敵を日本に移す作業中だよ。クレイジー政府。

・↑日本と米国を主敵にしそうだ。ふふふ

・↑現在の主体思想派共産党政権にとっては、北朝鮮は同志であり主人で、米国と日本は不倶戴天の敵です。

・↑醜い奴と敵の区別ができない未開朝鮮人らしい。
日本を軍事挑発しはじめたし。ふふふ

・↑ムンジェインは中国の夢をともにすると言ったので、中国軍は敵ではない。

・↑以前と予備軍の精神教育がかわっている。
長い間、教育内容のほとんどが、北朝鮮は主敵だという内容だった。
しかし跡形もなく消えた。
そのかわり、いきなり強制徴用の話など、日本に関する情報を教育するようになった。ふふふ

・↑日本は敵である。

・↑主敵はその時代の状況に応じて変化するものです。
国民の意識の変化に応じて主敵は変わります。


・乞食のような奴が大統領になって国を台無しにしている…
次の政権で必ず審判していただきたい…
共感1529 非共感23

・↑共に民主党と共産党の違いは何でしょう?

・↑次の政権は北朝鮮になるかもしれない。

・↑ムンスパイ国。


・私たちの主敵はムンジェイン政府だ。
共感418 非共感3


・北朝鮮が主敵でなければ主人なのか?
だから懸命に朝貢を捧げて手先の役割をしているのか。
このまま放っておけば、2020年に赤化統一される。
共感117 非共感2


・主敵かどうか国民投票しよう。
主敵である(共感)vs主敵ではない(非共感)
共感55 非共感1


・国民にとってはムンジェインも金正恩もすべて敵だ。
共感51 非共感1


・今、支持率が、急降下中。
だから支持率を再び引き上げようとして、韓国を答礼訪問してほしいと、平壌の豚の股ぐらを握り締めて哀願している醜い姿。
共感36 非共感1


・私はあいつに投票してない。
共感31 非共感1


・左派政権、狂ってるね。
共感28 非共感0


・延坪島を爆撃して天安艦を爆沈させた北朝鮮は敵ですか?友人ですか?
共感21 非共感0


・私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。私たちの主敵はムン・ジェイン政府だ。
共感20 非共感0


・いくら選ぶべき政党がないといっても、民主党はもう絶対選ばない。
主敵ではないなら休戦ラインは何のために守っているおんか。
大統領を一度間違って選んで国がボロボロだ。
共感16 非共感0


・大統領候補討論会で、主敵はどこかとホンジュンピョが尋ねたとき、ムンジェインは口をギュッと閉じていた。ふふふ
やはりスパイだから言えなかったんだな。ふふ
共感14 非共感0


・あまりにも酷いね…
私もムンジェインに投票したが…自分の指を切ってしまいたい。後悔である。
いっそホンジュンピョに投票すべきだった。
共感13 非共感0


・だから今の主敵はムンである。
共感13 非共感0


・弾劾しなければならないのではないか?
共感12 非共感0


・ろうそくを持ってムンジェインに投票した若者たちは覚醒せよ。
本当に弾劾すべきはムン入れ歯である。
共感11 非共感1


・軍隊をなくして国を捧げるつもりか?
精神の抜けた主体思想派の奴ら…
共感10 非共感1


・国防白書を書き変え、鉄道を敷き、みかんを送ってやったら北朝鮮の核がなくなるのか?
共感9 非共感0


・一言で定義すると、北朝鮮は主敵、中国は潜在的な脅威、ロシアも潜在的に危険な存在、日本は戦略的利益を共有する国、米国は私たちの同盟、これが正しい。
共感9 非共感0


・ムンジェイン高麗連邦制をしたいのですか?
大韓民国を金正恩に上納したいのですか?
そこまでしてでも統一を成したいですか?
国民はあなたがスパイであることを今わかりました。
共感9 非共感0


・ムン罪人から軍統帥権者の資格を剥奪しろ。
スパイと規定して処刑せよ。
共感9 非共感0


・精神病か?
それとも本当に金正恩の忠実な手先か?
共感9 非共感0


・韓国は北朝鮮に比べて国力が50倍強くて戦力も強いが、敵味方の識別ができないと簡単に崩れる。
歴史の中で超大国が滅亡した理由も全部内部分裂からだった。
今ムンジェインは大韓民国史上最悪のことをやらかしている。
共感8 非共感0


・韓国は本当に不思議だ。
経済大国日本には植民地支配について毎日のように噛み付きながら、経済や人権が最悪のゴミ国北朝鮮には何故こんなに寛大?
歴史を忘れてしまった民族は未来がないというが、北朝鮮にされたことはリセット。
こんなにふがいない民族、地球上に他に存在しない。
共感5 非共感1