軍「射撃レーダー撃ってない」…元提督「日本哨戒機が敵対行為」

_Yn7PvNusji0JSa1533370176_1533370424



軍「射撃レーダー撃ってない」…元提督「日本哨戒機が敵対行為」

韓国海軍駆逐艦が去る20日に日本の海上哨戒機を射撃統制レーダーで照準したという日本側の主張を軍当局が23日否定した。
この日、複数の軍消息筋によると、20日午後3時ごろ、独島の東北200㎞離れた公海上で海軍広開土大王艦(DDH-971)が漂流中の北朝鮮漁船の捜索及び救助作戦を繰り広げた時、日本の海上自衛隊の海上哨戒機が接近してきて、これを識別するために電子光学追跡装置(EOTS)を作動した。
軍消息筋は、しかし、「当時射撃統制レーダーのSTIR 180は日本哨戒機に向かってレーダー電波を撃たなかった」と述べた。
一方で日本は、韓国駆逐艦が公海上で射撃統制レーダーで自国の海上哨戒機を意図的に狙ったと連日激昂した反応を示して韓日関係が悪化している。

軍消息筋は、「当日の救助作戦の間、日本の海上自衛隊の海上哨戒機のP-1が広開土大王艦に向かって飛んできた」とし「目に見えるほど近い距離まで近づいてきた」と述べた。
この日海域には1.5mの波があり、1t未満の北朝鮮漁船を見つけるのは容易ではなかった。
すると突然航空機が急速に接近し、広開土大王艦はこれを把握するためにEOTSの電源を入れた。
光学カメラの赤外線装置EOTSは、悪天候や夜間に遠く離れた物体を把握する装置である。
EOTSは射撃統制レーダーSTIR 180に付いている。
だからEOTSを日本海上哨戒機に回し、STIR 180のアンテナが一緒に動いたという。
しかしもう一つの軍消息筋は「当時STIR 180からレーダー電波は出なかった。STIR 180は指揮部の許可を受けてこそ動作させることができる」と述べた。
STIR 180は艦砲とミサイルの照準を助けるレーダーだ。

広開土大王艦はこの日、別の射撃統制レーダーのMW-08を稼働させた。
ただしこのレーダーは空中ではなく、水上の目標を目指すときに使うレーダーだ。
キムジンヒョン予備役少将は「MW-08は高精度のナビゲーションが可能で救助活動にもよく利用する。悪天候時もオンにするレーダー」と説明した。


軍消息筋によると、むしろ日本の海上哨戒機が海軍駆逐艦の上で脅威の飛行をした。
この過程で日本の海上哨戒機は、無線で国籍と正体を明らかにしなかった。
キム予備役少将は「いくら公海といっても、正体を知ることができない軍用機が艦艇に近づいてきて、しかも艦艇の上を飛ぶのは厳然とした敵対行為」と述べた。
日本の海上哨戒機のP-1は、独自のEOTSでSTIR 180の動きを確認したものと思われる。
読売新聞は「当時P-1乗組員が(国際商船通信網を介して)広開土大王艦に「火器管制(射撃統制)レーダーを捕捉したが、いかなる意図か」と尋ねたが、反応がなかった」と報道した。
これに対して海軍の関係者は、「日本の哨戒機は国際商船共通網で韓国海洋警察を呼び出した。通信状態も非常に良くなかった」と述べた。

過去2013年1月に東シナ海で中国海軍の駆逐艦が日本の海上自衛隊護衛艦と駆逐艦に搭載したヘリコプターに射撃統制用レーダーを照射し、安倍晋三首相まで出て、中国政府に強く抗議したことがある。
東シナ海は日本と中国が領有権争いを起こしている尖閣諸島(中国名・釣魚島)がある。


しかし国防部によると、20日は、2013年と状況が非常に違う。
国防部当局者は「在韓日本大使館関係が21日午前、国防部に経緯を尋ねたので十分に説明した」とし「それでもその日の夕方、岩屋毅日本防衛相が記者会見を開き、韓国を非難して非常に困惑している」と語った。
政府の一部は、日本が大和堆と独島近くの水域を紛争地域にしようとする意図があるのではないかという疑問を持っている。
政府筋は「最近相次いで衝突した水域に韓国駆逐艦が現れて、日本が海上哨戒機を対応次元で派遣したものと推定する」と述べた。

先月20日、韓国海洋警察の警備艇は大和堆で操業中の日本漁船第85若潮丸に操業を停止して移動するよう要求した。
当時日本外務省は外交ルートを通じて韓国に抗議した。
海軍は13〜14日、独島で防衛訓練を開いたが、この時参加した海上戦力が海軍1艦隊所属の広開土大王艦である。
日本の海上自衛隊はまた10日、済州国際観艦式とき旭日旗の問題で参加しなかったことをめぐって韓国海軍への不満がたまった状態だったという。

ホンギュドク淑明女子大政治外交学科教授は、「日本が韓国を相手に意図的に事態を育てようとしている」とし「私たちが激昂した反応を見せると日本に巻き込まれるだけなので、落ち着いて対応しなければならない」と注文した。

一方統一部は20日、東海上で救助した北朝鮮住民3人の遺体1体を22日午前11時に板門店を通じて北朝鮮に送還したとこの日発表した。
北朝鮮の住民が乗っていた船は1t未満の木船だった。

引用ソース
https://news.v.daum.net/v/20181223184738175



*最初と説明がどんどん変わっていく。

じゃあなんで最初に日本に抗議しなかったの?
じゃあなんで最初に日本側に秘密にしてくれって要請してきたの?









韓国人のコメント


・お前らは壬辰倭乱国権侵奪から始まって、多くの韓国人たちを虐殺、強制徴用など、非人間的な行為を犯した。
だから今、追跡装置やカメラを使われたからといって抗議できる立場ではない。
共感851非共感3

・↑艦艇の上空に接近してきた自衛隊機。
国防部は日本の脅威飛行について叱りつけ、再発防止を要求するべきだ。

・↑日本の意図は何か?
戦争の準備をしている日本である。
韓国は準備しなければならない。主敵日本。

・↑チョッパリを全滅させる必要がある。

・↑なぜ我が国は強く日本に抗議しないのか!

・↑韓国軍ファイティングです。
安倍が人気が落ちたので、韓国を利用して支持率を上げようとしてるんだ。

・↑そのまま撃墜してしまえ。

・↑撃墜されなかっただけ幸いだと思え、チョッパリども。


・日本のチョッパリの奴らは暇さえあれば侵略するつもりでいる。
昔も今も島国根性はどうしようもない。
南北統一して日本を潰すしかない。
共感469非共感3

・↑共感します。

・↑北の核は、最初または最後に日本に落とさなければならない。


・なぜ上空を飛んでいた日本の機に警告射撃しなかったのか?
これからは私たちの艦艇に近づいてきたら、1次警告後に射撃してください。
日本は私たちの主敵である。
共感61非共感0


・日本は海上哨戒機をなぜ我々の艦艇に接近させたのか、真偽を正確に明らかにしなさい。
共感26非共感0


・日本に行かず、モノも買わないでください!!
共感22非共感0


・ここで確実にすべきである。
あんなごり押しされる理由はない。
むしろ日本の哨戒機が敵対行為をした。
共感16非共感1


・日本の哨戒機が近づいてきたらミサイルで撃墜しろ。
共感10非共感1


・戦争を起こす名分を積んでるんだ。
南北が一つになって国力を強化して、日本を粉砕しよう。
共感6非共感0


・なぜ自由党は静かなのだろうか?
共感4非共感0


・日本が主敵である。
共感4非共感0


・ただ撃墜されても倭人たちは何も言えない状況だった。
次回は容赦せず、ミサイル発射しろ。
共感4非共感0


・日本のやつらは言葉尻を捕まえて最後まで食い下がる連中である。
歴史は繰り返されるということを国民が知り、一つに団結しなければならない。
心配である。
共感3非共感0


・結論は、日本の哨戒機が脅威飛行をしたということ。
撃墜をしておけばこんな話も出なかったのにもったいない。
共感3非共感0


・でたらめかどうかはともかく、韓国軍は徹底的に準備しなさい。
早く軍事力を育て、日本のやつらが声をあげれなくなるように殴りつけよう。
レベルの低い猿ども…卑劣さは詐欺師レベルである。
共感3非共感0


・私たちの主敵は日本だ〜!
歴史がそれを証明してくれる〜!
反省を知らないチョッパリの奴ら〜!
共感3非共感1


・構造作戦中に、国籍と正体を明らかにせずに駆逐艦の上空を飛んでいた日本の軍用機。
射撃しなかったことのほうが危険なんじゃないか?
共感2非共感0


・ニッポンは大韓民国の主敵。
共感2非共感0


・撃墜すればよかったんだ。
共感2非共感0


・空軍力、海軍力を強化しましょう。
地対地ミサイルもたくさん作って、有事の際、日本の都市を火の海にすれば、日本もおとなしくなるだろう。
共感2非共感0


・むしろあいつらが艦艇の上空を飛んでたんだな。
倭寇たちの意図的な挑発だね。
共感2非共感0


・島国猿も自由党も、することが似てるね~
共感2非共感0


・『キム予備役少将は「いくら公海といっても、正体を知ることができない軍用機が艦艇に近づいてきて、しかも艦艇の上を飛ぶのは厳然とした敵対行為」と述べた。』
海軍は抗議もできないのか?
頭の上を飛んでるのにそのまま見ていたのか。
警告して撃墜しろ。
海軍が戦闘の規則を遵守したのか調査してください。
共感2非共感1


・侵略戦争をするためにごり押ししてるんだ。
日本が過去の植民地と戦争を通じて行った殺人、略奪、放火、破壊について謝罪していない理由は、機会があれば再び戦争犯罪を犯すという意志を示したものであり、今がまさにそのチャンスだと思っているのだろう。
共感1非共感0


・じめじめした言い訳だ。
頭の上を未確認飛行体が行き来してるなら、当然撃墜する必要があるのが軍艦である。
今後正体を明らかにしない飛行体が脅威飛行をしてきたときは、容赦なく撃墜しなければならない。
それが真の忠武公の子孫である。
共感1非共感0


・日本製品不買運動。
共感1非共感0


・私たちの海軍力は日本よりかなり落ちるという。
今回の機会にもっと強い海軍を作りましょう。
共感1非共感0


・日本が第2の植民地野心を露出。
共感1非共感0


・猿どもは撃墜されなかったことを感謝しなさい。
共感1非共感0


・敵対行為した日本の哨戒機撃墜!粉砕!!
共感1非共感0


・お粗末な言い訳は必要ない。
日本が再び挑発すれば射撃統制レーダーをオンにして撃墜すると発表しろ…
共感1非共感0