「戦争できる国」拍車をかける日本…軍事力増強加速

_Yn7PvNusji0JSa1533370176_1533370424



「戦争できる国」拍車をかける日本…軍事力増強加速

防衛大綱を通じて、日本の「国家改造」の方向提示

事実上空母保有「専守防衛の原則」も衰退

中国を北朝鮮よりも強力な潜在的な脅威勢力とみなす

【東京=ニューシス】チョユンヨン特派員


日本政府が18日午前の閣議で確定して発表した防衛大綱は、軍事力の増強を今後着実に推進するという安倍晋三政権の意志を明らかにに表明しているといえる。

これは安倍政権の目標である「戦争できる国」への憲法改正と軌を一にする。

安倍政権はいわゆる平和憲法9条(軍事力保有禁止、国家交戦権を認めないなど)をそのまま維持しながらも、これに対する解釈を広げる一方で、自衛隊の地位を憲法に規定することにより軍事力の保有を明文化しようとしている。
憲法的限界を超えたと同時に、実質的に軍事力を増強することにより、日本を名実共に「戦争できる国」に変えていくという意志を含んでいるのが、今回発表された防衛大綱と見ることができるものである。 

日本の軍事力増強の最も象徴的、実質的な措置は、空母を保持する計画だといえる。
現在、日本の海上自衛隊が保有しているいずも級護衛艦に短距離離陸、垂直着陸(STOLV)機の離着陸を可能にすることにより、事実上空母の機能を持たせているのだ。

もちろん日本政府は、これが空母ではないと主張する。
これと関連し、日本政府関係者は、「空母としての機能を持たせると、離着陸のほか、より多くの機能が必要である」とし「遠距離攻撃用ではない」と強調した。
しかしこの関係者は、「改造されたいずも級護衛艦に短距離離陸垂直着陸(STOLV)機を搭載するものであり、現在STOLV機(米国ロッキード・マーティン社のステルス戦闘機である)F-35Bしかない」と述べた。
事実上、空母の機能を持つ改造という事実を認めたわけだ。 

日本政府が「戦闘機離着陸が可能な大型艦艇」をあえて空母ではないと主張するのは、いわゆる日本が守ってきた専守防衛の原則に外れるという指摘を受けることがあるからであるが、専守防衛の原則とは外国の武力攻撃を受けた時でさえ日本は自国の領土の中で防衛的な概念の戦争をするだけという原則である。
そのため、戦争をしても日本の領土内でのみ、それも防衛的な性格の戦争だけできる日本がなぜ遠距離攻撃用の空母が必要なのかという指摘を避けにくいものである。
結局日本の専守防衛原則も次第に衰退していくしかないという懸念まで出てくるしかない状況だ。

日本がこのように露骨に見えるほどの軍事力増強に拍車をかけている最大の理由は、中国の膨張と覇権追求を意識したためと分析される。
防衛大綱でも、中国が最初に最も長く言及されており、日本が事実上中国を「主敵」としている感じさえする。 

防衛大綱は、「中国は私たち(日本)固有の領土である尖閣諸島(中国名・釣魚島)で、我が国(日本)の強力な抗議にもかかわらず軍事活動を活発にしており、南シナ海の軍事拠点化も推進し、地域と国際社会が懸念している」と指摘した。
中国への警戒を明確にしたものである。
米国と中国の間の対決構図がますます強化されている北東アジア情勢も日本の中国に対する警戒心を高めていると見ることができる。

0H2RbwtAHXkU51a1533368648_1533368988

5年前の2013年の防衛大綱の一番前の席を占めていた北朝鮮は、今回は後ろに押された。
北朝鮮の核・ミサイルの脅威は相変わらずだが、長期的な国家間の対決構図では、中国が日本の最も強力な潜在的な脅威勢力とみなしていることを明らかにしているのだ。 

しかし防衛大綱は、北朝鮮にも「朝鮮半島の完全な非核化の意思を表明したが、核・ミサイル能力の本質的な変化はない」とし「日本の安全にとって重大かつ差し迫った脅威」と評価した。
北朝鮮の非核化実現の可能性を高く見ていないものと解釈される。

通常10年に一度改定されて発表していた防衛大綱が安倍政権に入って5年で修正発表された事実も留意するに値する。
安倍首相は2012年に再執権した後、2013年防衛大綱を改定した後、今回再度発表した。 

その理由は防衛大綱の中に含まれている。
「日本を取り巻く安全保障環境は急速に変化している」とし「(今後、日本の防衛体制は)従来とは根本的に異なる速度で変革を図る」と明言している。
日本を取り巻く安全保障環境が急速に変化しているだけに、それに対する評価と取り組み用意を迅速に進めていくというものである。
防衛大綱は、「防衛体制を根本的に強化して自らできる役割の拡大を図る必要がある」とも強調した。

今後日本が「自らできる役割」の範囲をどのように広げて任意の特定の軍事力増強措置を推進していくのかに応じ、北東アジアの安全保障環境は、中国の膨張と米中対決、北朝鮮の核の脅威などが噛み合って、危険な急流の中に陥る可能性が高いと思われる。

引用ソース
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?rankingType=popular_day&oid=003&aid=0008967684&date=20181219&type=1&rankingSectionId=104&rankingSeq=10


*日本のニュースですが間違いなく日本より韓国のほうが報道も反響も大きいです。しかも圧倒的に。
各社一斉報道して、いろんな記事が出て、いろんな場所でコメントが伸びまくり。









韓国人のコメント


・そしてこの国は武装解除をしている…
また壬辰倭乱でやられなければなら精神がまともにならないんだ。
どうして数百年で何度も国土と民の焦土化を経験しながらも、すぐに国防と技術開発をおろそかにしはじめるのだろう?
本当に救済不能である。
共感2754 非共感200


・平和と平等をいくら叫んでも、抑止力を持つ国防力なしでは何の意味もありません。
共感1187 非共感19


・日本の奴らは確実に韓国人よりも頭が良い。
日本は機会が来たらその機会を活用する。
共感1048 非共感187


・日本と日本人の立場では、よくやっている。
他国のせいする愚かなことをやめましょう。
自ら強くなる道だけが生きる道だ。
共感671 非共感47


・米軍が足を抜けば旧韓末カムバックだね。
共感169 非共感8


・日本は自分たちの領土が沈むという事実をよく知っており、防ぐことができいこともよくわかっている。
だからこそ、いつか必ず日本は私たちを侵略しようとしてくるだろう。
今回は植民地としてではなく、生死をかけた戦いである。
その時は、どの国も私たちを守ってくれない。
私たちで私たち自身を守る必要がある。
どうか過去の歴史を繰り返さないように願う。
共感127 非共感12


・一方で、戦争ができない国に拍車をかけているムンジェイン^^
本当に賢い安倍と比較される。ふふふ
共感107 非共感21


・これもムンジェインが最悪な外交をしたためである。
米国は、日本が過度に強くなるのは望ましくないので、米韓が連携を強化していれば、米国は日本の武装をそう簡単に容認しない。
ところが、韓国が米国としきりに食い違いを見せるので、米国は日本を強化させ、中国を牽制するしかないんだ。
進歩の奴らが実際は日本にとって良いことだけをしてあげているんだ。
共感70 非共感8


・日本に「歴史を忘れてしまった民族に未来はない」と叫んでいるのに、北朝鮮にやられた歴史はみんな忘れてしまったようだ。ふふふ
共感62 非共感5


・はい、韓国は平和のために武装解除…
ムンジェインは国政に関する質問は受け付けません。
共感46 非共感9


・日本の立場では、いわゆる「普通の国」にしようとするのは当然だ。
安倍はきちんと働いている感じがする。
一体大韓民国政府は何をしているのか。
共感33 非共感6


・私たちはどうするのか。涙涙
中国、日本、ロシア、北朝鮮に囲まれて…
共感19 非共感1


・日本が国力のために武装することについて何かできるのか?
武装解除する奴のほうが病身だ。
共感16 非共感1


・力のない者は平和を論じる資格もない。
共感12 非共感0


・他国の軍事力増強を非難するよりも、自国の国防力増強について悩もう。
これが本当の愛国だ。
共感10 非共感0


・国力育成のために北朝鮮と統一するしかない。
いつか戦争は起こる。
共感10 非共感4


・日本やつら、韓国にまた攻めてくるんじゃない?
本音と建前があまりにも違う連中なので。
共感9 非共感3


・本当に核が必要だ。
東京に直接飛ばすことができる核が。
共感6 非共感0


・朝鮮半島の未来はどうなるのか?
第2の植民地時代が来るのか?
それなら中国より日本の植民地のほうがマシだろう。ふふふ
日本巡査が来て半島の野蛮な市民意識を正してくれるだろう〜
共感8 非共感3


・日本は団結力があるが、私たちは左派右派に分かれて争ってばかりしている。
昔の壬辰倭乱の時と同じだ。大変である。
共感5 非共感0


・歴史は必ず繰り返される!
歴史を忘れてしまった民族に未来はない!
共感5 非共感0


・最近は、予備軍訓練に行っても反共教育をするどころか反日教育だけしているという。
共感4 非共感0


・私たちが米国から遠ざかってチャンケと近づくほど、米国は日本の改憲を支持するしかない。
親日派売国奴よりも親中売国のほうがははるかに悪だ。
共感4 非共感0


・明治維新日本が誕生した理由。
武器の競争は、日本が本当に望むこと。
共感3 非共感0


・侵略遺伝子は変わらないね。涙
転ばぬ先の杖を忘れないようにしないと。
共感3 非共感0


・民族性は変わらない。
歴史は繰り返される。
共感3 非共感0


・これだから大韓民国は統一しなければならないんだ。
共感1436 非共感70


・日帝時代、親日派が解放後に集まって作った政党が今日の自由党です。
日本が第2の侵略を強行すれば、再び自由党は内部協力者として最初にドアを開けます。
反共の必要はあります。
しかし反日する必要もあります。
歴史は繰り返されます。
共感839 非共感51


・日本の侵攻対象は韓国しかない。
覚えておいてください。
日本チョッパリは韓国だけが唯一の獲物だ。
共感122非共感3


・安倍よ、お前が空母を作ろうとするから鹿児島で火山が爆発した。ふふふ
共感95 非共感3


・日本は友邦ではありません。
共感79 非共感0


・独島で戦争すると三十分で韓国海軍が全滅すると聞いた。
さっさと海軍育成しよう。
共感61 非共感0


・私たちは、非対称戦力に集中投資
1、原子力潜水​​艦隊(猿の島本土攻撃、空母攻撃)
2、中長距離弾道ミサイル部隊(敵の空母、空港、敵の首都:東京の安倍政権、戦犯の墓などの主要な拠点を打撃)
3、防御用の最先端戦闘機部隊(敵の侵入対応)
4、海兵隊などの特殊部隊養成(日本本土に上陸して安倍猿たちを討伐する部隊)
共感63 非共感0


・壬辰倭乱、丁酉再乱、乙巳条約で36年の植民地支配!
この不名誉な歴史を私たちは忘れてはいない。
倭寇たちは、視眈々と大陸進出のため韓半島を狙っているということも忘れてはならない。
最終的に彼らは私たちの主敵。
共感41 非共感0


・大韓民国も空母が必要だ。
海軍と空軍戦力を強化しなければならない。
共感18 非共感0


・詐欺師の集団で主敵の日本は、反省するどころかむしろ泥棒の準備を進めている。
大韓民国は精神を引き締めて早く統一をしなければならない。
慰安婦として日本に強制連行されたくないなら核武装もしなければならない。
共感13 非共感0


・忘れてはならない壬辰倭乱。
共感13 非共感0


・日本は一つの大きな目標に着実に進めていく。問題は、その方向性…
私たちは着実に何を進めているのか?
苦しい~~~~~~~~~
共感9非共感1


・チョッパリがまた侵略しようとする野心を見せている!
共感8 非共感0


・私たちの主敵は日本だ。
第2の日帝侵奪を防ぐため、南北統一が急務である。
共感7 非共感1