韓国の徴用工判決は精神勝利に過ぎない
韓国は日本に譲歩したことがない

趙甲濟(チョ・ガプジェ)の超少数派サイトから未来指向さん。

aC1iO1Uo



韓国の徴用工判決は精神勝利に過ぎない

未来指向

最近相次いで出てきた新日鉄住金、三菱重工業の「韓半島出身の労働者」(以下徴用工)裁判の結果は、一言でいうと精神勝利に過ぎない判決だ。
韓国の反日はいつもこうだ。
実質的に何も得るものがないのに、私たちの内部で宣言し、メディアが歓喜を叫び、そうやって慰めを得るという形式である。
 
まず、新日鉄住金は国内に支社を置いていないうえ、ポスコと合作して作った企業の保有株式も、韓国銀行ではなく米国の銀行に預けており、米国の裁判所の許可なく差し押さえできないことになっているという。
三菱グループは国内に多数支社を置いているが、今回の訴訟の被告となった三菱重工業は韓国に支社がない。

さらに毎日新聞の報道によると、日本政府は韓国政府が日本企業の財産差し押さえに入った場合、日本内の韓国企業の財産を差し押さえする方案を検討中だという。
相手国の国際法違反に対する正当な対抗ということだ。
こうなれば、もし訴訟原告当事者が、慰謝料や損害賠償金を韓国政府から受け取ったとしても、そのお金は日本から貰ったお金ではなくなる。
そもそも原告たちがあえて日本企業相手に訴訟を起こしたのは、お金をほしいと思ったというよりも、日本を痛快に痛めつけたいという反日感情が主な動機だった。
だから、韓国側が差し押さえしたぶん日本も韓国企業のお金を押収すれば、勝訴の意味が無色になる。

日本から安倍自民党政権が退いて、鳩山由紀夫のような昔の民主党政権(親韓派の要人)が再び政権を握らない限り、日本が賠償に応じるはずもない。
韓国の裁判所は「民族的」精神勝利に過ぎないことになる判決を無理に宣告し、日本国民の反韓感情だけを高めたことになった。

未来指向

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=155016&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1



>>そもそも原告たちがあえて日本企業相手に訴訟を起こしたのは、お金をほしいと思ったというよりも、日本を痛快に痛めつけたいという反日感情が主な動機だった。


そう、ここ重要なんだよね。
韓国の反日が無限ループする理由。








━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

韓国は日本に譲歩したことがない

未来指向

対馬の仏像窃盗犯が韓国に搬出していた観音寺仏像は、韓国2審裁判所が、盗んだものなので日本に返還するようにという判決を下したが、仏像の所有権を主張している寺院側が返還を拒否していて、まだ韓国にある。

日本産の水産物の輸入禁止措置は、WTOの決定で日本の主張が受け入れられたが、韓国はこれを承服せず、上訴して係留している。

漁業協定の問題は、どんな理由があるのか妥結できていない。

慰安婦合意、日本大使館や釜山領事館の慰安婦像について、韓国は何のアクションも取っていない。

独島問題はICJに共同提訴しようともしない。

日韓FTAを締結するというような話はあるが、全く進展がない。

軍事同盟?
韓国は日本の軍艦旗を容認できないし、有事の際に許可なく決して私たちの海域に入ってはならないと言っている。

日本のほうは、かつて民主党政権時代、朝鮮王室儀軌を韓国に返してくれたりするなど誠意を見せた部分があるが、韓国の対日外交において、譲歩の事例を見るのが難しい。
今は私たちを叱る人がいないとしても、わがままいっぱいの悪人には天が罰を下すものだ。

未来指向

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=154468&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1



*ただ一般の韓国人は、韓国は日本にいろいろ譲歩しまくってて、もっと日本から得られるべきなのに得られていないと思ってたりする。