「朝鮮より日本のほうが壊しやすかった…だから明治維新が成功した」

_Yn7PvNusji0JSa1533370176_1533370424



「朝鮮より日本のほうが壊しやすかった…だから明治維新が成功した」

明治維新150年を迎えた今年一年、日本では論争が続いた。
明治維新は長州藩(今の山口)と薩摩藩(鹿児島)などが中心となって徳川幕府を倒し、天皇中心の近代国家改革を行った一連の過程を称する。 

山口出身の安倍晋三首相は「列強の植民地になる寸前だった危機から独立を守り、近代化を成し遂げた輝かしい歴史」としての明治維新だけを強調している。
だが、「軍国主義の土壌ができ、各種社会問題の出発点となった歴史の影」にも目を向けるべきだという反論もある。 

中央日報は日本屈指の明治維新権威である三谷博・東京大学名誉教授(現・跡見学園女子大学教授、68)にインタビューを行った。 

4月の対面インタビュー後、3回の書面インタビューを通じて内容を補充した。
日本国内の論争ポイントだけでなく、当時の東アジア諸国のうち、なぜ日本だけで維新が成功したのか、日本と韓半島(朝鮮半島)の違いは何だったのかについても光を当てた。 

三谷氏は「当時の日本は韓国(朝鮮)に比べて国をひっくり返して壊すことがはるかに容易な構造だった。だから可能だった」と話し始めた。 

--日本人にとって明治維新の最も大きなイメージは。 

「近代化の始まりだ。明治維新が第1革命、そして戦後(連合国軍総司令部主導の)第2革命、この2つがあったから今の日本がある」 

--明治維新の革命史的な特徴は。 

「フランス革命などと比べて犠牲が少なかった。特に、革命の中心勢力である武士階級が革命後に消えたということが不思議だ。武士が退職金(国債と金、普段の収入の10分の1ぐらいに相当)だけをもらって他の職を探すことになった。明治維新による最も大きな変化は身分制の廃止だ」 

--なぜ日本だけで可能だったか。韓国(当時の朝鮮)との違いは。 

「260の藩に分かれていた連邦制的特徴と、天下の権力が天皇と将軍に分かれていた双頭制だったから可能だった。一言でいえば(国の体制を)壊しやすかった。朝鮮の支配階級『両班(ヤンバン)』は地主だったが、日本の大名と侍のほとんどは自分の土地を持っていなかった。土地がない官僚なので、彼らの権益や収入を国が奪いやすかった」 

--朝鮮のほうが安定的だったから変化に不利だったという意味だろうか。 

「そうだ。朝鮮は王が1人だったが、日本は2人(天皇と将軍)だった。朝鮮は科挙制度と性理学の伝統が強かった。当時の朝鮮の人々は、自身の(政治)制度を変える必要があるとは誰も考えることができなかった。科挙制があり、原則的には誰でも試験を受ければ官僚になることができた。現実はどうであれ、ひとまず『機会の平等』があった。朝鮮は日本より政治制度の整合性が高かった。(壊しにくく)しっかりと体系が整っていたため、結果的に改革が遅れたと考える」 

--日本も朝鮮も外敵を斥ける「攘夷」を進めたが。 

「朝鮮は本当に『攘夷』をしたが、日本の水戸藩から始まった『尊王壌夷』(君主を尊び、外敵を斥け国内に入れない)という『攘夷』は本当の『攘夷』ではなかった。『西洋と一度は戦争をしなければならない。戦争をしなければ200年以上平和が続いてきた現在の日本がどれほど危険か分からない。戦争によって現実に目を開くべきだ。そうしてこそ改革が可能だ』という意味の『攘夷』だった。西洋を排除するのではなく、国内の改革のために、導火線に火をつけるために爆弾を落とそうというものだった。リーダーたちは非常に腹黒かった。反面、朝鮮は誠実に『攘夷』を進めた」 

--そのせいで鎖国政策が積極的な開国に変わったのか。 

「攘夷論者たちはいつかは開国するだろうと早くから腹をくくっていた。それが韓国とは違っていた。朝鮮よりも多くの西洋人が先に日本に上陸したため危機意識が高く、そのため日本は西洋の技術に大きな関心を持つようになった」

--明治維新に対して「表面では尊王を前面に出してはいたが、結局のところ薩長が覇権を握るための権力闘争だった」という批判もある。 

「権力と覇権だけのためだったら、廃藩置県(藩を廃止して全国を府県に一本化した1871年の中央集権改革)はしなかっただろう。廃藩置県で長州も薩摩もすべてなくなり、武士階級そのものがなくなった。自分の足を自分が切った」 

--膨張政策、軍国主義の種が生じたのも明治維新のときではないのか。 

「明治維新がその後の膨張政策の必要条件だったことは間違いないが、十分条件だとは言えない。維新の目標が戦争や侵略ではなかった。もちろん、早くから侵略を主張した人もいないわけではなかったし、征韓論(1870年代に台頭した朝鮮征伐論)もあったが、1890年まで政府を実際に主導していた人々にそのような考えはなかった。そのような雰囲気が日清戦争(1894年)までの4年でガラリと変わった。初めは『我々の経済力や軍事力では無理』と考えていたが、力をつけながら軍人を中心に『できる』というほうに判断が変わったようだ」 

--明治維新と太平洋戦争は無関係か。 

「2つの事件の間に70年の歳月がある。近代化が成功したので隣国を侵略し、米国と戦争をすることは必然ではないだろうか。中間には別の選択肢がいつもあった。明治維新だけにすべての責任をなすり付けてはいけない」 

--大院君(テウォングン)の改革など、朝鮮の内部改革が成功していたら両国関係はどうなっていただろうか。 

「両国間で戦争はあったかもしれないが、一方的な侵略はなかっただろう」 

--もし明治維新がなかったとすれば日本と北東アジアの様子はどうなっていたと考えるか。 

「日本人が列島だけに閉じこもっていたとすれば、西洋とはるかに不利な条約をむすび、領土の一部を奪われていただろう。もちろん、朝鮮や中国に対する侵略もなかっただろう」 

◆尊王攘夷の母胎、逆説の地・水戸 

今月20日に訪れた茨城県水戸市の弘道館周辺は閑静な雰囲気に包まれていたが、観光客の足は途絶えることがなかった。
江戸時代、水戸は「水戸学」という学風の本産地だった。
明治維新のキャッチフレーズだった「尊王攘夷論」の母胎だ。
弘道館は水戸藩の第9代藩主・徳川斉昭が作らせた教育施設だった。
ここを中心に各種改革・攘夷政策が推し進められた。 

韓国の明治維新研究者ソン・ヒソプは、著書『静かなる革命、明治維新と日本の建国』で、斉昭時代の後期水戸学について「水戸を中心に置かず、『日本全体』という全く違う地平から当時の対外的危機状況を見ていた」とし「その前まで日本の侍たちはこのように考えたことがなかったため、思考の大転換だった」と評価した。 

水戸藩は徳川将軍家の一族で、将軍職を継承できるいわゆる御三家の一つだった。
実際、斉昭の七男・徳川慶喜は江戸最後の将軍だった。
徳川家でありながらも、幕府ではない天皇中心の尊皇攘夷を胎動させた逆説的な地位だった。
また、水戸学の「天皇崇拝論」は、後の皇国史観につながったという批判も受けている。

引用ソース
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=025&aid=0002859338&date=20181028&type=1&rankingSeq=5&rankingSectionId=104
https://news.v.daum.net/v/20181028060042513







韓国人のコメント


・一言でいうと朝鮮は歴代級の馬鹿国家。ふふふふふふ
共感130 非共感19


・非常識な韓国人は、日本が宝くじに当たったように、明治維新したおかげで大国になったと思っているが、そもそも日本はすでに壬辰倭乱以前から、東南アジアや西欧列強と交流していて世界について知っていた。
朝鮮とは次元が違っていた。
日本は市場経済も恐ろしいほど発展していた。
朝鮮はただ性理学タリバン状態で、社会システムや市場経済は停滞したレベルだった。
このようなものが積み重なって、19世紀の日本と朝鮮の歩みが天と地の差になった。
共感100 非共感5


・朝鮮は自主国ではなく、五百年、中国の植民地時代だった。
私たちが認識できなかっただけ。
共感124 非共感38


・日本はすでに17世紀初頭にイギリス出身の外交顧問を置いていたし、一地方の領主が洋風ガレオン船を作って180人選抜して新航路を開拓し、太平洋から大西洋へ渡ってスペインの国王やローマ教皇に外交文書を渡した国である。
共感85 非共感19

・↑デパートや先物取引所も、日本で世界初めて誕生したんです。

・↑朝鮮は事実上、性理学狂信国だった。
今のイスラム狂信者をみると、思想が自由ではない国がどういう国か分かるだろう。


・五百年早く朝鮮は滅ぶべきだった。
外勢ではなく、内部の民が立ち上がり、革命的にひっくり返していたら、日本に受け入れられることはなかった。
共感24 非共感3


・朝鮮王朝600年が世界最長だと誇らしげにグクポン(*国+ヒロポン/愛国中毒)教育する醜い姿を見ると笑いが自然に出る。ふふふ
朝鮮のようなゴミ政権が600年もの間続いたのは、北朝鮮政権が21世紀まで世界唯一の共産主義国家として存在しているのと同じ理由だ。
まさに韓国人たちの遺伝子が卑怯で奴隷根性だからである。
共感22 非共感4


・朝鮮は両班だけ豊かで、その下のランクの人々は日帝強占期時よりも悲惨な生活を送っていた。ふふふ
朝鮮時代に美しくて腹いっぱいで正義の人が生きることができる世界であったかのように錯覚しているのが問題である。
日本に強制的に改革開放されなければ、ぴったりインドレベルで暮らしていただろう。
階級に分けられた生活の水準差。ふふふ
共感23 非共感10


・韓国も歴史歪曲が非常に激しい。
恥ずかしい事件を先生があまり教えない。
特に中国の属国だったこと。
共感19 非共感6

・↑米国依存はない恥ずかしくないのですか?


・世宗の時、中国に言われて処女も送っていた。
中国がもっと欲しいと言うと、さらに処女を送っていた。
この国はまともな精神になる必要がある。
日本のせいにするのをやめて、日本を利用しなければならない。
何かのせいにするなら朝鮮王朝のせいにしろ。
共感14 非共感1


・日本だけが唯一野蛮な中華秩序から外れた国だった。
共感11 非共感1


・高麗青磁、朝鮮白磁と持ち上げているが、塗工の名前が一人でも残ってますか?
塗工は賎民扱いされていて、あえて子に技術伝授しなかったのが高麗朝鮮である。ふふふ
むしろ壬辰倭乱の時に日本に連行された塗工の李参平などは、今も名前が残っていて祠堂まで建てられていて、神として奉じられている。ふふふ
そして今さら日本のせい。
共感10 非共感1


・すでに明治維新前の1850年代に、日本は1人当りgdpが900ドルで清(600)よりずいぶん上だった。
今と同じようなポジションだった。
清のつま先にも届かない朝鮮は話す価値もない。
このような資本で日本は西洋の新しい文物を迅速に導入するのが可能だったし、そのおかげで人々の意識も変わった。それが明治維新だ。
共感8 非共感1


・朝鮮は外勢の侵入を防ぐため、意図的に道路を建設しなかったゴミ国家だった。
それを称賛する世宗大王は、奴婢を増やすために奴婢随母法を導入した。
これが朝鮮である。
共感6 非共感1


・壬辰倭乱の時、中国も日本も国が変わって政権交代したが、肝心の朝鮮が滅びなかったというのが歴史の皮肉。
共感5 非共感0


・朝鮮は中国に自分の運命をゆだねていたのでこのような悲惨な結果を迎えたんだ。
自分が一人で何をするか考えるべきなのに、いつも中国に依存していた。
共感4 非共感0


・結局、日本は勝利した。
朝鮮は永遠にヘル朝鮮。
共感4 非共感1


・儒教タリバンのせいで自ら自滅…
共感3 非共感0


・この記事を我が民族同士グクポンが嫌います。
共感4 非共感2


・そのまま韓国の歴史は奴隷の歴史と見れば良い。
一度も主体的に何かをしたことのない民族だ。
外勢に依存するだけ。
独立も米国のおかげ。
共感2 非共感0


・朝鮮は韓民族の歴史の中で最もゴミのような国。
共感2 非共感0


・今の日本人は明治維新の出発点となった坂本龍馬を最も尊敬している。
共感2 非共感0


・当時の日本が植民地ではなく帝国主義国家になったのは、100%米国の力である。
米国は英国とは違い、商業主義国家だったので、日本を植民地にするのではなく、工業が発達していない日本を発展させ、米国の商品を購入できるようにする方がより得だったので、日本が発展することができた。
日本は太平洋戦争をする前は、米国の商品を買う顧客だった。
米ソ冷戦はアジア自由陣営の代表走者が日本だったので、戦争で荒廃していたのに迅速に発展することができた。
今もアメリカがいなければ、日本は底辺国のままである。
共感2 非共感1


・英国のロンドン塔に行ってみれば、徳川秀忠が贈り物として送った日本の甲冑が今も展示されている。
徳川幕府は欧州の状況をすでに17世紀にはかなり知っていた。
共感2 非共感1


・朝鮮は日本に食われるかロシアに食われる運命だった。
共感2 非共感1


・国際情勢に鈍感で知らん顔するムンジェイン。
共感1 非共感0


・原子爆弾はどんな味だろう?
共感1 非共感0


・日本はそれ以前からすでに富強な国で、朝鮮と比較できない国だった。
共感1 非共感0


・朝鮮末期は大引け・オブ・大引けだった。
教授はあまりにも良く言いすぎ。ふふふ
共感1 非共感0


・朝鮮の歴史500年を根こそぎ捨てたいと言っていたある教授を思い出す。
昔はなぜ韓国の歴史をそのように貶めるのかと思ったが、今考えると、教授の見解は非常に正しかったと思う。
共感1 非共感0


・歪曲された学校の歴史本でも、歴代の国と比較してみると、朝鮮国は異常だ。
共感1 非共感0


・日本はもともと根がなく多民族が移住してできた国なので、力の強い奴が出てきたらついていって生存する気質が強い。
だから存在しない古代史を仮想で作る試みをして世界の嘲笑を買ったりもする。
家系がなければ変化が容易である。米国がそうだ。
共感2 非共感2


・近代化の問題ではなく、すでに前から朝鮮は日本に負けていた。
朝鮮通信使の記録にも、「日本のような野蛮人がこんなに強大なんて」と嘆く記録がある。
共感1 非共感1


・人口や生産量は、すでに新羅の末に日本と朝鮮半島で逆転していた。
共感0 非共感0


・すでに高麗時代から日本の国力が韓国を追い越していた。
この時から蓄積した知識やインフラで明治維新が成功したんだ。
明治維新だけでラッキーにも日本が豊かになったのではない。
共感0 非共感0


・日本は朝鮮の巨大な刑務所だった。
共感0 非共感1


・朝鮮を近代化させた大日本帝国に敬意を表します。ふふふ
共感1 非共感3