「反世紀植民地」台湾が日本に寛大な理由は?

_Yn7PvNusji0JSa1533370176_1533370424



「反世紀植民地」台湾が日本に寛大な理由は?

[台湾南部の旅行記1]台湾の古都、台南旅行

[オーマイニュース ソブウォン記者]

_Yn7PvNusji0JSa1533370176_1533370424
▲赤カン楼全景 日本式の庭園とオランダ式の石垣と中国式建物をあまねく備えた「多国籍」遺跡で台南のランドマーク


現在の台湾の首都は、島の北に位置する台北だが、一世紀前の台湾の中心は台南だった。
今は「新都市」高雄に傾く小さな町だが、韓国の慶州に比肩するほど由緒ある地方である。
台湾の歴史はここから始まったといっても過言ではない。

台湾の歴史は15世紀末のコロンブスの新航路開拓以来展開されたヨーロッパ諸国の侵略から始まる。
以後、大陸から渡ってきた中国人がヨーロッパを追い出して、新しい所有者になる過程が事実上全てだ。
かれらによって生活の基盤を奪われた先住民は今、「高山族」という名前で数千メートルの深い山中の急な東海岸地域に一部が集まって住んでいるだけだ。

あまり広くない台南市内には、各時代を代表する遺跡が健在である。
西の勢力が東へ進入する時期、海上王国オランダが台湾に最初の一歩を踏み出した所で、植民地統治のための行政機関と防御要塞が代表的なランドマークとなって観光客の足を引き寄せている。
市内中心部にそびえる赤カン楼と海に面した安平古堡がそれである。

500年も経つ遺跡が大きな毀損もなく今まで保存されているという事実は驚くべきだが、遺跡がもつ耐力により一層目が行く。
赤カン楼はオランダ総督の執務室があった場所で、オランダを追い出した明の鄭が軍司令部として使用していた。
以後、清が支配していた時も、官庁として機能していたが、日帝植民地時代には学校の建物として使われたりもした。

戦争と併合の過程で戦勝国によって数回崩されたことはあるものの、実際に赤カン楼を壊したのは19世紀に起きた地震だったという。
以来、何度も回復を経て、都心の中の庭に囲まれた今の姿を整えた。
オランダが石垣を立て、中国が建物を立てた後、日本が保存した。台湾のすべての歴史が集まった遺跡というわけだ。

赤カン楼には私たちには簡単に納得できない観光スポットが一つある。
日帝植民地時代に台南の最後の市長をつとめていた日本人を称える銅像が、所有者のように建物の中に祀られていることだ。
台南の文化と伝統を保護し、教育の発展に大きく寄与した彼の功労を称えるため、台南の人が立てたのだという。

0H2RbwtAHXkU51a1533368648_1533368988
▲赤カン楼内の日本人像  台湾総督府高官を務めた羽鳥又男の胸像と功績を刻んで彼を称えている


24歳で台湾に渡り、総督府の末端官吏からはじめ、要職を歴任した略歴を銅板に詳細に書き留めた。
記録通りなら、植民地支配の走狗として台湾人の国民的非難を受けて当然の人物なのに、私たちとは異なり、そのような雰囲気を全く感じることができない。
むしろ像の前で礼をする人がいるほどだ。

私たちよりも15年もの長い日帝植民地時代を経験したのに、台湾人には私たちのような「反日感情」を見るのが難しい。
中国人というアイデンティティを共有しながらも、日本に対する認識においては大陸の中国人とも大きく異なるようだ。
日本人と日本文化はもちろんのこと、日本の帝国主義の植民地統治にも彼らは概して寛大である。

2TK89m1zJsM2gGO1513843337_1513843543 (1) (1)
▲ハヤシデパートの景色  台南市の中心部に位置するデパートは、植民地時代当時の名前をそのまま使用している。


台南市内には堂々と日本の名前を掲げたデパートが盛業中である。
三越デパートは規模の面でトップに数えられ、ハヤシデパートは日帝植民地時代の建物をそのまま使用している。
いくら日本の資本の所有だとしても、韓国でそのような名前をつけて使うというのは想像すらできないことだ。

旅行中に出会った何人かの台湾の人々は、「日本の支援がなければ台湾の近代化は大変だっただろう」と気兼ねなく話した。
日帝植民地時代の公式命名も「淡々」としている。
教科書の中の年表を見ても、オランダ統治期、明統治期、清統治期、日本統治期と記録されているだけだ。
台湾の立場では、明、清、日本がなんの変わりもないわけだ。

しかし安平古堡ではそれとは全く別のシーンに出会った。
安平古堡は、オランダが占領した後に建設した要塞で、鄭が導いた明軍と激しい戦いを繰り広げたところである。
最終的に戦争で勝利した鄭成功は、オランダに続いて清の支配を受けるまで台湾を20年間支配することになる。

2TK89m1zJsM2gGO1513843337_1513843543 (1)
▲安平古堡の鄭像  台湾からオランダを追い出した鄭成功の像だが、基壇に刻まれた「民族の英雄」という文句が見慣れない。


実は鄭成功は、台南の象徴的存在だ。
市内のどこに行っても彼に出会う。
台南駅前の広場には彼の銅像が立っていて、都市を東西に貫通する幹線道路の名前も「成功路」だ。
鄭成功だけでなく、彼の祖先を祀った祠が市内のあちこちに位置しており、台南を代表する大学の名前も「成功大学」だ。

三倍の石垣を築いた安平古堡の中央にも彼の銅像が立っている。
欧州諸国に対抗して戦勝したので、彼の像がぎこちないわけではないが、彫像にかなり大きく刻まれた「民族の英雄」という文句が少し不慣れに感じられる。
異民族を追い出して中国人の誇りを高めさせた人物だという点を浮上させたもので、台湾の民族的アイデンティティを彼から探しているわけだ。

安平古堡と隣接した「億載金城」も民族的アイデンティティを強調している代表的な遺跡である。
1875年に清が帝国主義の侵略を防ぐために造成したものであり、高く厚い石壁に四方に堀を設置した難攻不落の要塞だ。
当時使用された大砲などがほぼ完全に保存されており、今も多くの人々が訪れる台湾の有名な「安保の観光地」だ。

2TK89m1zJsM2gGO1513843337_1513843543
▲「億載金城」は「安保の観光地」だ。


実際、ここは1884年に清とフランスが、ベトナムの宗主権をめぐって戦争が起きた時、大きな威力を発揮し、1894年の日本との戦争の時も、清の後方基地の役割を正確にやり遂げた。
しかし日清戦争で敗北し、台湾は戦利品になって、なんと半世紀間、日本の植民地に転落する運命を迎えることになる。
歴史的に台湾が日本に寛大になれない理由だ。

彼らが共有する帝国主義時代の歴史の中で、日本だけは例外にしておいたのだろう。
あるいは親日民族反逆者たちが伝家の宝刀のように主張していた「大東亜共栄圏」にすべての台湾人がことごとく傾倒したせいだろうか。
あるいはもしかしたら「その時はその時、今は今」として、不幸な過去の歴史を熱心に消去しようとする正統性のない政権勢力の意図かもしれない。

とにかく今の台湾人は、中国人としてのアイデンティティを強調する一方で、植民地時代に日本が移植した近代化にも大きな意味を置く「二重」の歴史認識を持っているようだ。
荒く言えば、彼らは歴史上一度も自分の国を持ったことがないせいではないかと思う。
いつもそうだったので、オランダが支配しようか、清が支配しようが、日本が支配しようか、どのような大きな違いなのかと反問することもないのではないか。

マングローブの生態公園を見学した後、安平古堡への道で、尋ねることもなかったのに、タクシーの運転手が台湾海峡の方を指して、あの向こうに自分の同胞が住んでいる、中国の領土だと述べた。
自分の先祖が海を越えが福建省出身といって、不意に中国が世界の中心にそびえ立つ日がすぐに来るだろうと威張った。
一見、彼は台湾人というよりも、大陸の普通の中国人だった。

そういえば一般的に「中華民族」と通称される中国人という民族的アイデンティティも生来的なものというよりも、執権勢力によって「濃度」が変わる政治手段ではないかと思う。
人によって、遺跡に応じて投げるメッセージが明確に違うのを見ると、異邦人の旅行者の立場では混乱するほどである。
このように複雑な台湾の歴史が気になるなら、古都台南を尋ねてみてほしい。

引用ソース
https://news.v.daum.net/v/20180805194800521
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=047&aid=0002198662&date=20180805&type=1&rankingSeq=8&rankingSectionId=103



*すごいね、「薄っぺらな韓国人的な歴史認識」で台湾をここまで馬鹿にできるとかさ。
嘘まみれの歴史で民族の誇りを立てようとしてる韓国に、台湾を馬鹿にする資格などないと言いたい。
日本は韓国にまったく同じことをしている。
自分たちにとって都合のいい歴史認識のために、歴史的事実を「消去」してるのは韓国であって、台湾ではない。









韓国人のコメント


・あいつらと私たちを比べるのか?
あいつらは中国の植民地から日本の植民地になったが、私たちはしっかりした自主国だった。
共感575非共感11

・↑韓国も正直いって中国の植民地だったけど。

・↑歴史を捏造歪曲しないでください。
朝鮮は中国の属国奴隷だった。幼い子供も知っている。嘘もほどほどにしろ。

・↑英国のチャーチルとアメリカのセオドア・ルーズベルトは、日本の植民地支配を「文明化」としてお祝いした。

・↑韓国が歴史上一度でもしっかりした独立国だっときがあったのか。
常に中国の属国だったじゃないの。


・日本はお金をどれだけばら撒いているのか。
メディアがこんな記事を吐き出すなんて。
共感598非共感53

・↑記事をきちんと読んでください。

・↑記事を最初から最後まで精読してからコメントしてください!


・記事を読むと、ニューライトの論理(植民地近代史観)を密かに入れている。
日本によって近代化された台湾は日本に拒否感がないのに、なぜ私たちは拒否感があるのか?というような論点で語っている。
オーマイニュースは狂ったのか?
共感83非共感10

・↑記事を最後まで精読してください。そんなことを言いたいんじゃないというのが分かる。


・率直に言って、台湾に行ってみると、山がすごく多くて高い。
そこに日本の奴らが道路整備もしてあげて、インフラを作ってあげて、蒋介石も日本に友好的だった。
今も台湾は日本が作った経済のフォーマットをそのまま使用している国である。
共感51非共感5


・アメリカの植民地に対する反感がない韓国と大差ない。
不思議だと思うのをやめましょう。
初めは韓国は優秀だと思っていたが、ベトナムの殺戮、極右の大邱慶北、アメリカへの盲信、腐敗既得権、不動産利己主義などなど…韓国も後進性が多い。
共感59非共感17


・台湾人の立場から見れば、中国のほうが嫌いだ。
中国は日清戦争で台湾を日本に売り、アヘン戦争で香港を英国に売った。
香港の市民も中国のことがすごく嫌いだ。
共感38非共感1


・本当に不思議なのが、タイ、台湾、フィリピンに行ってみれば、日本には本当に好意的で、日本は高級という認識も強くて、日本製品をよく使います。
台湾のガイドに聞いてみると、台湾を植民地支配していた日本は強圧的ではなくて、技術を伝えて合理的に支配したという。
日本は韓国にだけ強圧的で野蛮な支配をしたんだ。
共感34非共感2


・韓国はひたすら収奪されたが、島国の台湾からは収奪するものもなかった。
だから日本は台湾を資源の保存地として活用していたんだ。
植民地としての用途が違っていた。
台湾はチョッパリによく飼いならされた犬と見ればいい。
共感23非共感0


・こんな売国記事を書く記者も、こんな記事を読んだ私自身も情けない。不快で気分悪い。
共感17非共感6


・韓国にも日帝時代は良かったという年寄りがいる。
でもそういう話をすべてブロックし反日教育をしてるのでこうなったんだ。
韓国ほど親日の国もない…骨の深くから親日…
共感9非共感2


・似たような時代に施設や鉄道を日本が整えた北朝鮮を見てみろ。
日本のおかげで近代化したというのは完全にごり押し論理だ。
共感8非共感1


・台湾はそんなマインドだから、中国、オランダ、日本に順番に支配されたのではないか?
今は誰を主君として仕えているのか?米国?中国?ふふふ
韓国も長い時間、中国から屈辱的なことをたくさんされてきて、まだ事大勢力が多いが、少なくともそれが恥ずかしいということは知っている!
台湾は一言でいうと、精神的な根っこ、国民的な意気が死んだ国である!
共感6非共感0


・台湾は数百年間、多くの国に植民地にされて、前より産業が発展したので日本に友好的。台湾には自主的産業化の能力がなかったからだ。
朝鮮は、鉄道や電気を自力で整えるレベルだった。
ところが、よくよく見ると、実際は台湾は日本に資源収奪されて慰安婦にもされたのに、他の植民地政府よりも良いといって大喜びしているのが問題だ。
インド人がクリケットに熱狂し、英語が公用語だということを誇りに思っているように、何百年間の教育や支配は根本を変える。
今の台湾人には先住民が多くないことも原因。
共感5非共感0


・小さな島国の人々の生存方法。
節操がなくて、規律の根本がない。
私たちの韓民族の節操と規律の根本は、高句麗である。
それを知っている大国の奴らは、国と民族を割って力を使えないようにしようとするんだ。
共感5非共感0


・植民地を恥辱と考える私たちの民族。
経済的に台湾以下だったとき、小さくても強い国を作った自主性。
奴隷根性のない韓国の独立闘争の歴史のほうがはるかに誇らしい。
共感4非共感0


・旅行に行って感じたことを真実として記録?
私たちも日本のおかげで近代化したことを感謝しろと言いたいのか?
共感4非共感0


・親日美化の記事か?
近代化に寄与したといって侵略の歴史を歪曲するのか?
記者はどういう意図でこのような記事を書いたのか?
共感4非共感1


・ニューライトのニオイがする!
共感3非共感0


・台湾は日本が搾取的な植民地運営をしなかった。ただ占領しただけだ。
韓国の場合は、骨髄まで抜いて食べられた。
状況が全く違うものである。
勉強をちょっとはしてから記事を書け。
共感2非共感0


・そんな歴史的背景もあるだろうが、ブータンが親日国の理由と同じようなものだ。
中国を牽制するために、中国と仲が良くない国は親日になるんだ。
ヘル朝鮮は存在感もないが。
共感1非共感0


・頭からつま先までの奴隷根性、島チャンケはぴったりそのレベル!
恥もプライドもない下級奴隷!
共感1非共感0


・日本は植民地時代だけでなく、過去からずっと朝鮮半島を略奪した倭寇だ!
共感1非共感0


・日本人たちはどれだけ卑劣か。
世界中に日本の種をまいて混血の子孫をつくり、そいつらが日本文化の美化の先頭に立っているんだ。
共感1非共感0


・コメントを見ると、韓国の歴史教育がどれだけ歪曲されていて洗脳されているのかが分かる。
共感1非共感0


・中国の歴史を知っている台湾人は日本が嫌いだ!
共感2非共感2


・本当に滑稽なのは、島チャンケが自分たちの経済を韓国と同等だと考えていることです…
共感1非共感1


・違いは、台湾総督は海軍提督出身で、朝鮮総督は陸軍大将出身ということである。
海軍は開かれた心で植民地政策を実行したが、無知な陸軍出身はひたすら抑圧と搾取のみだったからである。
共感0非共感0


・親日子孫か!?何故このような記事を書く?一体どんな意図か?日本の侵略に正当性があると思うのか?先祖があれだけ死んで行ったのに。台湾を媒介として美化するのか?記者は大韓民国人なのか?日本人か!?
共感0非共感0


・奴隷根性
共感0非共感0


・韓国だけに抑圧政策をして、東南アジアや台湾には宥和政策だったんだ。
共感0非共感0


・タイと台湾は、日本についての歴史意識に問題が多い。
共感0非共感0


・ストックホルム症候群?
共感0非共感0


・台湾の歴史は沖縄、済州島、鬱陵島、対馬と似ている。
本土と離れて独自のアイデンティティがあるが、独立できない限界がある。
共感0非共感2


・ところで、考えてみれば日本がなかったら朝鮮の近代化も難しかっただろう。
高宗の大韓帝国?結局は既得権によって崩れて消えたけど?
共感1非共感8


・あいつらは、韓国のように日本に奪われ抑圧され無差別虐殺されなかったので…
共感4非共感3


・じっくり考えてみろ。
日本がなかったら、韓国は自ら近代化が可能だったか?
台湾は事実を認めてるだけだ。
共感9非共感9


・韓国の近代化にも日本の功績があったのが事実であって…
共感1非共感3


・韓国のように強く反日する国もない。
歴史的に侵略されて植民地支配されたにしても、ここまで歴史にぶらさがって新しい未来を作ることができるのか!
他の国が異常だと言う前に、そのような過去が再び発生しないように準備して、新しい未来を作るために進まなければならないのでは?
怒りに埋もれて愚昧な判断をするから、こんなに愚かになったんだ。
共感1非共感4


・台湾良いね。
共感0非共感3


・日本は、台湾より朝鮮に多くの投資をした。
日帝時代に朝鮮人の人口は爆発的に増えたし、社会インフラがみるみる整えられ、私たちの力では百年かかるかもしれない身分制を日本が一気になくした。
賢い人は日本に留学に行き、文学が花咲いて、今の私たちが使う現代ハングルも日帝時代の日本のおかげ。
台湾は冷静に日本統治時代を評価して積極的に受け入れたのだろう。
朝鮮人は歴史操作を狂人のようにして反日を作りあげ、子供を扇動して洗脳した。
私たちも台湾のように冷静に評価するべきなんだ。
共感3非共感8

・↑なんという誤った歴史認識!
日本は大陸侵略と韓国の植民地化のために投資をしたのであって、私たちのためにしたのではない。
韓国の精神まで搾取したのがまさに日本だ。