「トランプ駐韓米軍撤収命令、ケリーが制止」…ホワイトハウス、また不和説(総合)

2TK89m1zJsM2gGO1513843337_1513843543 (1) (1)



「トランプ駐韓米軍撤収命令、ケリーが制止」…ホワイトハウス、また不和説(総合)

ティラーソンのデジャブ?NBC「ケリー、トランプ『馬鹿』」報道… ケリー「すべてでたらめ」

(ワシントン・ソウル=連合ニュース)ソンスギョン特派員、キムジョンウン記者

ホワイトハウスのナンバー2のジョン・ケリー秘書室長が、再びドナルド・トランプ大統領との不和説に包まれた。

ケリー秘書室長は自分自身について、米国を災いから救っている「救助者」として描写し、ホワイトハウス参謀たちに何度もトランプ大統領を「馬鹿」と話したと、米国NBC放送が8人の前・現職ホワイトハウス官吏の話を引用して報道した。

政策の問題や政府の機能の理解においてトランプ大統領の知的能力を侮辱する言葉をためらいなく吐き出しつつ大統領執務室の士気を低下させているというものである。

自らを「惨事」に対抗し、大統領の気まぐれな衝動を制御する「孤独な防御壁」と表現したりもしていたと放送は伝えた。

また議会の議員に会ってもトランプ大統領のゴシップを並べたて、ある会議ではトランプ大統領に対して「DACA(不法滞在青年追放猶予プログラム)が何なのかも知らない。馬鹿」と言ったが、放送は二人の関係者を引用して報道した。

ケリー秘書室長はまたいくつかの外交政策と軍事問題で、トランプ大統領に対抗した複数の元・現職の官吏は言った。

二人の官吏によると、2月の平昌冬季オリンピックの前に二人が激しく争ったが、このときケリー秘書室長が攻撃的に、トランプ大統領が在韓米軍の撤収命令を下すことを断念させた。

しかしホワイトハウスのスポークスマンは、トランプ大統領が在韓米軍の撤収を真剣に話したことを聞いたことがないと述べた。

この放送はケリー秘書室長が「私がここにいなかったら、私たちは3次世界大戦に入ったかもしれないし、大統領は弾劾されたかもしれない」というニュアンスの発言もしたと伝えた。

昨年8月に混沌に包まれたホワイトハウスに入城して規律を正し、衝動的なスタイルの大統領の「均衡錐」の役割をする将軍出身という対外イメージの背後には、分別なく組織を運営してきた「隠れた姿」が潜んでいるということだ。

ある高位関係者はNBC放送に「ケリー秘書室長はダメだ。耳を疑うほどの話をしたりする」と述べた。

この放送はまた、ケリー秘書室長がトランプ大統領の前で「女性のほうが男性よりも感情的」と発言するなど、女性職員とも対立してきたと伝えた。

トランプ大統領もケリー秘書室長が自分自身について悪い事を言ってまわっていることの一部を知っており、ケリー秘書室長がキルステン・ニールセン国土安全保障省長官の任命とハーバート・マクマスター元ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)補佐官の後任の人選過程などで、自分が希望する人事を差し込むために「悪さ」をしたと思って不機嫌だという裏話だ。

今回の不和説は、在任期間中、政策路線などの問題で事あるごとに大統領とぶつかって3月に更迭されたレックス・ティラーソン元国務長官の「デジャブ」を連想させるという話もワシントンで出ている。

ティラーソン元長官も昨年10月、三ヶ月前の同年7月にトランプ大統領に対して「馬鹿」と述べたという報道が浮上したことがある。

複数のホワイトハウス前・現職の官吏は、ケリー秘書室長がその職責を引き受けて1年になる今年7月には離れると予想した。
しかし他の人々は、誰にも確かなことは分からないと述べている。

NBCは、明らかなことは、トランプ大統領とケリー秘書室長はお互いにうんざりしていることだと指摘した。

ケリー秘書室長はジェームズ・マティス国防長官、ティラーソン元国務長官などと一緒にトランプ大統領の「抑制と均衡」の役割をする「大人の軸」と呼ばれてきた。

しかしケリー秘書室長はこの日ホワイトハウスを介して声明を出し、その報道について「すべてでたらめ」と正面から否定した。

彼は、「私は誰よりも大統領と多くの時間を費やしており、私たちは信じられないほど率直で堅固な関係を構築している」とし「私は大統領と彼のアジェンダ、我が国のために献身している。トランプ大統領と親しい人を中傷し、政権の成功に灰をばらまこうとする全く情けない試み」と反論した。

引用ソース
http://v.media.daum.net/v/20180501092013511
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=001&aid=0010059812&date=20180501&type=1&rankingSeq=2&rankingSectionId=104







韓国人のコメント


・駐韓米軍撤収は、米国のアジアと太平洋の利益を放棄するものである。
トランプは商売人だ。交渉家だ。ふふふ
共感4567非共感178


・撤退しろ。
戦作権も返還し、私たちも防衛産業不正を取り除けば十分だ。
いつまで韓国の安全を外国から買うのか。
共感4747非共感706


・駐韓米軍は米国の利益のほうが大きいくせに、暇さえあればでたらめ。
嫌なら出て行け。
共感2074非共感162


・在韓米軍が韓国のためにいるのか?
米国が必要だからいるのに、私たちのためにいるような世論を助長して、私たちから駐留費まで誠実に奪っている。
国際力学​​上、米軍の駐留が私たちのためになるとしても、米国にとっては自分たちの利益のためにはるかに必要なものだ。
私たちこそ米国から駐留費をもらわなけなければならない。常識の逆転。
共感1075非共感88


・このようなニュース、聞くのも嫌だ。
私の国は私たちの力で守ろう。
共感968非共感104


・自主統一だけが答えである!
共感884非共感80


・米国の武器だけを買うな。
共感563非共感38


・戦争になったら米国は逃げるくせに…
共感535非共感46


・お金を奪い、不条理なことを言う在韓米軍は消えろ〜
共感536非共感86


・撤退しろ。
もう南北は民族で国防して強国になる。
共感488非共感86


・統一後も米軍は引き続き残るだろう。
米国は使用料を支払っても残りたい。
最適の要衝を放棄するはずがない。
このような偽のニュースはトランプが交渉用に作ったものである。
共感162非共感20


・南北で平和協定を結べば在韓米軍が韓国に駐留する必要はないでしょう。
中国がいるので、こっちが米軍撤収しろといっても、米国は絶対に米軍を撤収しないでしょう。
なので私たちは、米軍駐留費用を負担する必要がなくなると思います。
共感154非共感27


・出て行って。
共感121非共感28


・まず戦作権を還収してこそ撤退を検討することができる。
共感115非共感24


・言葉遊びはやめろ~~~~~~はやく撤退しろ……
共感112非共感25


・早く出て行け~~~
共感121非共感35


・駐韓米軍撤収を支持。
共感111非共感50


・駐韓米軍撤収し、自主国防を成し遂げよう。
共感59非共感18


・早く撤退しろ~~統一~~
共感45非共感13


・駐韓米軍撤収は米国にとって損害。
我々は、短期的には不安だが、長期的には強みになる。
共感22非共感9


・基地使用料を払わなくて済んでることを米国は感謝しなさい。
共感19非共感6


・まるで私たちのために撤退しないように言うんだな。
共感16非共感3


・それならサードはなぜ?
共感16非共感3


・これだからとっくに戦作権回収をしておくべきだったんだ。
李明博と朴槿恵がすべてを台無しにした。
共感16非共感3


・大韓民国自主国防!!!
共感13非共感1


・在韓米軍の駐留は、最初は北の侵略に備えたものだったが、今はその用途が違うのではないか?
私たちの必要性よりも、米国の利益のために駐留しているというのが正しい。
サードもそうだ。
毎年武器を買わされ、サードで中国を監視して、その被害を私たちが受けてるじゃないの。
共感13非共感2


・絶対心配しなくてもいい!
アメリカが撤退するつもりがあると思うか?
中国を牽制するために最適な地域が韓国なので、グアム・サイパンは放棄することがあっても、在韓米軍は絶対に放棄しない。
共感16非共感6


・もううんざりである。米軍撤収しろ。
共感13非共感5


・米軍が撤収すれば、朝鮮末期のように、周辺の中国・日本・ロシアの遊び場になるのではないか?
共感5非共感1


・米国は駐留費を支払え。
共感5非共感1


・米軍は撤収できません。米国に実利があるので。
共感6非共感3


・米軍撤退は絶対にダメだ。
共感754非共感36


・統一したとしても、中国と日本、ロシアがあるので在韓米軍は必要だ。
共感364非共感15


・米軍撤収になればムンジェイン弾劾。
共感40非共感4


・駐韓米軍撤収はデマ。
共感30非共感9


・駐韓米軍撤収だけはいけない。涙
お金を二倍与えても残すべき。
共感13非共感1


・駐韓米軍撤収は主体思想派の最後の夢ではないか?
共感6非共感0


・駐韓米軍撤収=赤化統一開始
共感4非共感0


・駐韓米国の撤退は愚か!
共感4非共感0


・撤退すれば移民する。
共感3非共感0


・駐韓米軍撤収すると、本当に危険なのでこの地で生きられない…移民に行くつもり。
共感3非共感0