日本の青年派遣作戦…田舎で木を切って年俸4600万ウォン

これも日本を見習えシリーズのようです。


170530_1716~02




日本の青年派遣作戦…田舎で木を切って年俸4600万ウォン

高齢化農村の「若い血」輸血、日本の地方を生かす「地域復興協力隊」

自治体1000ヵ所5000人参加

3年間の任期制職員として働いて、住宅提供を受けて、週4日勤務

任期が終了したら10人中6人は定着


去る8日、日本南部の高知県佐川町地域の深い森の中。
オレンジ色のヘルメットをかぶったイリエ・ケンジロウ(35)さんがチェーンソーで25mのヒノキを切る作業を開始した。 
「ブンブン」と轟音が振動し、おがくずが四方にはねた。
木が80%ぐらい切ると、クロイワ・タイチ(32)さんが掘削機で木を押し倒した。
かれらは、「森に道を作る過程で出てくる家具の木を収集する作業をしている」と言った。

かれらは佐川町所属の地域復興協力隊員である。
日本政府は2009年から都市に住む20〜40代の若者たちを、人口が急激に減少した地方に移住させる地域復興協力隊プログラムを運営している。
日本の総務省は、「少子高齢化で人口と労働力が減った農村地域に『若い血』を輸血しようということだ」とした。
地方自治団体が、自分の故郷に必要な農・林業や村の特産品の開発などの事業について募集を出して、都市の青年がサポートするという方式である。
選抜されると3年間、その地方に行って任期制職員の資格で働くことになる。 
2009年89人から始めて、今年5000人に増えた。
日本全体の基礎地方自治体1788のうち31ヶ所だけだった参加自治体が、今年は1000カ所に増加した。

協力隊員は自治体が提供した住宅に住み、給料・活動費などで年間3600万〜4600万ウォンを受ける。
給料は中央政府が特別交付税の形で与えるため、自治体はお金を一銭もかけずに都市の人手を誘致することができる。
協力隊員は週4日勤務して、休みの日には副業をすることもできる。
ヒライ・タロウ弘前大教授は毎日新聞に「遅れた地方を生かそうとする政府と、人手が不足している自治体すべて『ウィンウィン』になる」とし「協力隊員が増えて、政府の負担が大きくなっているが、今は地方の活性化に優先順位を置くべき状況」とした。

日本は基礎自治体1788のうち797箇所(44.5%)が「過疎地域」と指定されて国の管理を受けている。
過疎地域は1980〜2005年までの25年間で人口が17%以上減少し、生産基盤が崩壊するなど、活力が急激に減少した地域のことをいう。
都市青年を農村に誘引するプログラムもこの地域を中心に実施されている。

京都の銀行で働いていたクロイワさんは、「都市では、月給は今より2倍以上多かったが、一日15時間ずつ週6日も働いていて、健康も悪くなったし、生活の活力も落ちていた」とし「ここでは私の考えた通りの生活をすることができる」とした。
東京出身のイチカワさん(33)は、協力隊員としてここに来て3年経ち、ここで公務員として留まることにした。
彼は「都市生活が手にあまる私のような若者にとって、地方はむしろ良いチャンスになる」と言った。

地元の人々は都市青年を歓迎している。
かれらが来れば、地域経済の活性化に役立つと見られている。
佐川町の関係者は、「私たちの故郷にきた林業担当協力隊員10人が、年間2億5000万〜3億ウォンの収益を上げている」とした。
住民のスギモト・ナゴム(77)さんも「人口1万3000人のうち半分(48%)が高齢者のこの町に活気が戻っている」とした。
岡山県美作市は、協力隊員が放棄した家をカフェや町の共同スペースとして改造し、住民のコミュニティスペースにした。
数百年続いた村の伝統舞踊祭りも15年ぶりに復活させた。

このように地方に行った協力隊員10人のうち6人は、3年の任期後、地域に定着したことが分かった。
日本の総務省は「今年3月末に任期が終了した協力隊員2230人のうち1396人(63%)が地域に定着した」と明らかにした。
定着した協力隊員の半数程度(53%)は、地域の企業や商店に就職し、26%は林業や農業に従事している。
最大100万円までサポートされている補助金を受けて創業した人(9%)もいる。

一方、協力隊員としての生活を終えるやいなや、地域を離れる人もいる。
日本の東北地方で働いていた協力隊員は、「一日にバスが3台しか通らなくて窮屈だった」とし「田舎の平穏な生活に憧れていたが、定着に失敗した」とした。
地域住民が威張ったり、重要な仕事を任せない場合もあるという。
オダギリ・トクミ明治大教授は毎日新聞に「協力隊員が定着できるよう、地域社会を有機的に接続するのが課題」とした。

引用ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=023&aid=0003338220







韓国人のコメント


・朝鮮日報なので信頼できないが、このような記事を見るたびに、日本は先進国だなといつも感じる。
共感3393 非共感470


・私たちも、人口が減れば人間扱いされる。
だから支配層の出産奨励のペテンに騙されてはならない。
出産すると、あなたの子供は奴隷になる。
共感1993 非共感371


・日本の各自治体特色は、発展の努力をたくさんしている…
しかし、韓国は?
アイデアもなく、ただお金を集めようとするだけ。K-POPアーティスト等…
共感286 非共感21


・やはり先進国は考えが違うね。
韓国もすぐに真似するべき。
共感176 非共感12


・日本が世界の大国になったのは、ああいうマインドが原因である。
英国やドイツなどを崇拝していた国だから、ドイツ式マインドが強い。
韓国は、ヘル儒教なので、いまだに大企業と中小企業の賃金格差が激しくて、3d業種は日本に比べると賃金が低い。日本は欧州のように他の人の顔色を見ないし賃金格差も少ない。
これについては日本を賞賛する。
私たちはヘル儒教のせいで…涙 永遠に無理だ。
共感119 非共感11


・良い内容でも朝鮮日報が報道するとゴミになる。
共感71 非共感17


・本当に良いアイデアだ。
任期5年の公務員制度♡
共感57 非共感7


・やはり日本人たちは、憎いが学ぶものが多い。
共感43 非共感2


・日本政府は、韓国には悪口を言われるが、良い仕事はしている。
共感43 非共感4


・何十万の青年失業者にお金を支給するよりも、ああいう仕事を用意するほうが良い。
世の中にタダはない。
汗を流して働かなければ人生において価値がない。
共感41 非共感3


・ああ本当に日本は自国民に対してはうまくやるよ。
共感38 非共感2


・外国人労働者を受けずに自国民を優遇する安倍政権は尊敬する。
共感40 非共感7


・私は現在日本に住んでいるが、工事現場には20代、30代が多く働いていて、工場や山でも働く若者がたくさんいます。
大学にも通ったが、仕事に関してはあまり選ばず何でもするの見ると、素晴らしく見えます。
共感32 非共感1


・やはり仕事ができる日本政府がうらやましい。
韓国はまったく変わらない。
共感29 非共感3


・定着率60%なら大成功じゃない?
共感25 非共感2


・私も日本に行って木を切りたい。
共感23 非共感3


・うらやましい…韓国とはレベルが違う。
共感24 非共感5


・うん、韓国は無理。すでにめちゃくちゃ。
共感21 非共感4


・何よりも合理的な賃金が魅力的である。
その程度なら日本の大卒新入社員の平均賃金を上回るほどだから、青年たちには十分に魅力的。
共感18 非共感1


・あんな仕事でも楽しくできれば天職であり、人生の仕事ではないでしょうか?
あえて事務職に固執する必要はないと思います。
共感17 非共感0


・ちょっとは学ぼう。
共感16 非共感1


・安倍は本当に嫌いだが、こういうのはうまくやってるね…
共感17 非共感3


・このようなものが本当の雇用創出である。グッド。グッドアイデア。
共感15 非共感1


・やはり安倍は日本の英雄である。
青年層の支持率が圧倒的。
共感14 非共感2


・いざ生きてみると違うだろうが…
ニュースを見ると、日本が羨ましい…
共感14 非共感2


・学ぶべきは学ぼう~~ ^^
共感11 非共感0


・日本に学ぶことを学ばなければならない。
無条件に過去に執着してはならない。
それとともに心からの謝罪を受けられるよう努力しなければならない。
共感11 非共感2


・うらやましい…
共感10 非共感1


・我が国の公務員は何をしているのか?税金泥棒?
共感11 非共感3


・やはり日本。
韓国人たちも、半分でも学ぶべきを学ぼう。
賎民資本主義で詐欺師だけあふれる韓国。
共感10 非共感2


・やはり日本は違違う。先進国の姿だね。
共感8 非共感0


・国内導入が急がれる制度だ。
共感8 非共感0


・反日感情を考慮しなければ、日本は私たちが思っているより良い国だ。
クレイジーな既得権が親日を阻止している。朝鮮末期のように、日本に自分たちの既得権がすべて奪われるかと思って。
共感11 非共感4


・行こう、日本へ。
朝鮮には希望がない。
共感9 非共感2


・朝鮮日報が本国のニュースを伝えてるね。
共感10 非共感4


・こういうものが先進国だ。ヘル朝鮮は?
共感5 非共感0


・韓国の未来を見るようだね。
共感5 非共感0


・ヘル朝鮮完敗。ふふふ
共感5 非共感0


・こんなものを見ると日本がなぜ先進国なのか分かる。
共感5 非共感0


・日本人のことは本当に嫌いだが、これは導入しよう。
共感5 非共感1


・日本に学ぶべきことは本当に多い。
共感5 非共感1


・日本の政策が羨ましいです。
醜い国だが、学ぶべきです。
共感5 非共感1