[イドンジュンの日本は今]「妻が怖い」…「帰宅恐怖症」になった男性

170530_1716~02



[イドンジュンの日本は今]「妻が怖い」…「帰宅恐怖症」になった男性

避難所だった家庭が男性にとっての恐怖になっている。
正確には家ではなく、妻がそうだ。
妻に恐ろしい感情を感じた男性は夜勤をしたり、仕事の後に外をうろつくなど家を遠ざけることになった。
その後葛藤が深まって離婚という極端な形が現れて問題だと指摘されている。

■既婚男性4人に1人が帰宅恐怖症の患者

帰宅恐怖症とは、妻との関係で発生する葛藤、不安、会話の難しさなどで心理的な圧迫やストレスを受けて妻に対する拒否感と恐怖を感じる症状を意味する。

最近このような問題が既婚男性の間で拡散すると、日本リサーチポータルが既婚男性330人を対象に帰宅恐怖症を患っているかを聞くと、なんと4人に1人が「そうだ」と答えた。

かれらの症状を聞くと「恋愛時代は分からなかった妻の変わった姿」「警察の尋問を彷彿とさせる圧迫。そして数えきれないほど発生する要求に恐怖を感じる」と口をそろえる。

特に一部は、妻の嫉妬妄想でなんと1年以上家に帰らないでいて、急変した妻と離れて過ごすため別居や離婚調停申請をするなど、予期せぬ副作用を生んでいる。

0000209056_009_20170615044255668

■夫が帰宅恐怖を感じるメカニズム

かれらの恐怖は小さなことが積もって大きくなって発生する。
夫婦問題をテーマに講演をする夫婦クリニックのコバヤシ・ミチコ院長は、私的な夫婦喧嘩が繰り返された後、そこで発生した考え方の違いが問題を育てると指摘する。

争いの後、夫は妻の願いや怒った理由を把握できず、妻はこのような夫の姿に自分自身を理解して分かってくれないという理由で夫に非難の矢を向ける。

それで夫は頭の痛い妻の小言を避けて、家の外をうろついて回避しようとする傾向を見せ、夫が逃げれば妻は追いかけてコーナーに追い詰めて問題を育てる。
その結果、男性はますます妻を避けたい対象だと思って恐れるようになり、現象が深刻化し、男性はますます家に帰ることができなくなると説明した。

彼女は「その後、うろつくことに疲れた男性は、妻に離婚の書類を出したり、他の女性と会うようになると、夫婦間は終わりを迎える」とし、妻に恐怖を感じる男性は優しく、忍耐力と思慮深さがあって、紛争を望まない平和主義的な性向を見せると言う。

続くわずらわしさと複雑さを嫌い、過去に母親や異性から関心を超えた執着を経験した男性が、そういった恐怖に簡単に取りつかれる特徴を見せると付け加えた。

■帰宅恐怖長期化=夫婦関係短期化

帰宅恐怖が一日二日で終われば夫婦関係に大きな影響を与えない。
男性は帰宅恐怖を感じたら、同僚や友人などの知人と夜遅くまでの時間を送ったり、漫画喫茶、コーヒーショップ、車で寝るなど、短期的な代案を優先と考える。

しかしこのような行動が長くなるほど、夫婦間のミゾは深まる。
妻の嫉妬妄想に苦しんだ40代の男性は、1年前家を出て、今も街をさまよっている。

彼は、男性の共通した意見として、「妻の激しいこだわり、病的な疑いがたいへん」とし「なにかやらかして疑われるなら仕方ないが、妄想にとらわれて夫を信頼しない妻に大きな失望感を感じる」と述べた。

続いて「逆に『私は悪い人間なのか』と悩むことになる」とし「心の安息所だった家がそういう役割を果たせない」と苦しい心情を明らかにした。

0000209056_010_20170615044255680

■妻の無理な要求が夫を困難にする

一方日本では、今年の流行語に選ばれた「ワンオペ育児」も帰宅恐怖を助長する原因として挙げられている。
問題は、共働きではなく、専業主婦が働く女性たちのように家事を分担せよという主張から始まる。
彼女らは「夫が家ですべきこと」を決めて、夜遅くまで働いて帰宅した夫に家事を押し付ける。

男性は「週末や休日ならともかく、自宅で家事をする主婦が役割をおろそかにしている」とし「激務に疲れた状態で夜遅くまで家事を強要されるのは非常に大変なことだ」と訴えた。

0000209056_011_20170615044255692

一方、男性のニーズも問題だという指摘だ。
他のアンケートで、「都市の男性が考える理想的な妻の姿」を問うと、彼らは、文句を言わず、笑顔を失うことがなく、専業主婦ではなく、仕事や財テクによる経済的な支援をして、女性らしい美味しい料理のスキルがあって、夫婦関係を求めないことなどを挙げている。

これに対して女性は、共働きは現実的に可能だが、他の要件は個人差が大きくて、すべてで満足させるのは負担だという意見である。

この他にも、妻の暴力・暴言、しつこい、結婚への後悔、他の男性との比較、浮気などが男性を苦労させて妻恐怖に追い込むことが分かった。

0000570114_004_20170920163101213 (1)

数十年間、お互いに知らなかった男女が、ある日一つになる結婚生活の中で、意見の相違は予想することができることである。
先の専門家の指摘のように、大したことがないところから始まった不和が元に戻すことができない状況に至る前に、「お互いの心を知る機会」だと思ってほしい。
「結婚は違う男女が未来に向かって一緒に歩いていくこと」だという。

引用ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=022&aid=0003231883







韓国人のコメント


・日本だけの話ではない。
共感3662 非共感520


・警察の尋問を彷彿とさせる圧力、絶えず発生する要求…私も時々感じる。
だからといって家に帰るのが嫌になるレベルではないが。
そして共働きでもないのに家事労働を分担しようというのはおかしい。
共感3248 非共感825


・日本の女性も以前と同じでない。
前は内助といえば日本女性だったが。
共感2411 非共感710


・年を取ると妻も夜も怖い。涙
共感1723 非共感538


・『他のアンケートで、「都市の男性が考える理想的な妻の姿」を問うと、彼らは、文句を言わず、笑顔を失うことがなく、専業主婦ではなく、仕事や財テクによる経済的な支援をして、女性らしい美味しい料理のスキルがあって、夫婦関係を求めないことなどを挙げている。』??
それなら結婚せず一人で生きろ。
共感1026 非共感74


・男性にとって「避難所だった家」?
女性にとったら家は常に育児と家事という「労働の場」なんだけど。
男性が家の中で安息している間も、女性は育児と家事労働をしているんだけど?
ようやくそれが不当だと知って、女性が家事分担を要求したら、「妻が怖い」と糾弾?
男はあまりにも良心がない。
共感731 非共感81


・二人で辛いより、一人で孤独なほうがいい。
共感520 非共感22


・夫の帰りが恐ろしい妻と子の割合は、帰宅恐怖症の夫よりもはるかに多い…
共感437 非共感35


・仕事して帰宅して家事しないといけないのが恐怖だって?
女はいつもそれをやってるんだけど?
共感357 非共感36


・日本女性と結婚したいと叫んでいた韓国男、メンタル崩壊。ふふふ
共感335 非共感33


・何なんだ、この記事は、
男性だけが被害者か。
男の視線だけで文章を書いた偏向的な記事だ。
自分たちがしてる女性への心理的圧迫や女性の苦痛については考えないのか。
共感308 非共感23


・家庭内暴力の被害者になってるのは圧倒的に女性のほうが多いのに、自分たちは帰宅恐怖症の被害者だと主張する男たち。
感共感294 非共感18


・男は自宅で一方的なおもてなしを受けたがる。
大事なのは、お互いにパートナーとして協力しようとする姿勢である。
そういう考えがないなら結婚しないでください。
共感160 非共感9


・外国の異性に漠然とした幻想を抱いて期待している人をインターネット上でよく見る。
期待すればするほど失望することになるでしょう。
共感145 非共感13


・「激務に疲れた状態で夜遅くまで家事を強要されるのは非常に大変なことだ」??
これ、ほぼすべての共働きのママに当てはまる話ではないか?
働いた後に家事をするのは、女にとったら当然の日常だ。
よくこんなことが言えるね、男は…
共感129 非共感8


・結婚は墓場であるという言葉は真理だ。
100年後には結婚制度も無意味になりそうだ。
共感124 非共感4


・それなりに真剣に読んでいたが、「男性の理想の妻」の部分を読んで笑ってしまった。→「文句を言わず、笑顔を失うことがなく、専業主婦ではなく、仕事や財テクによる経済的な支援をして、女性らしい美味しい料理のスキルがあって、夫婦関係を求めないことなどを挙げている。」
共感125 非共感6


・男は逃げられるからいいね。
女は逃げたくても逃げられません。
本当に韓国男も日本男も知らん顔で逃げ出すのは同じだね。
共感124 非共感17


・日本男本当に弱くて幼稚だ。情けない。
共感112 非共感5


・いくら専業主婦でも、すべての家事を妻一人でさせるのは誤った考えです。
家事だけしてたら身も心も壊れます。
妻が家事を引き受けてるから、あなたは外で働くことができるし、自宅で休むことができるんです。
共感110 非共感20


・逆の状況のほうが多いけど?
韓国の現実は、まったく逆で、女性が帰宅恐怖症だ。
なのに誰もこれを社会問題として指摘してこなかった。
共感105 非共感21


・愚かだね。愛する方法も知らないなんて…
共感85 非共感7


・これ、私たちの現実…認めたくないが…
共感73 非共感10


・家族で暮らす訓練が先なのに、日本も韓国も一人で生きるのが素晴らしいという獣のような教育を受けて育った世代だからこんな現象が起きる。
共に生きることを学ぶのが最高水準の教育である。
共感56 非共感1


・妻も家に帰るのが嫌だけど?
仕事の後、帰ってから夕食の準備して、家事労働して…
共感52 非共感2


・急変する妻?
もっと多い急変する夫の記事を書け。
共感49 非共感2


・一人暮らしの私が真の勝者。
共感47 非共感1


・仕事もしてるが、家事ほど精神的にストレスがたまるものはない。
ある夏の日、生ゴミを片付けてたら吐き気がした。
これが女性にうつ病が多い原因ではないか?
ストレスで狂いそうになるのは家事してるときだ。
むしろ仕事をしてるほうがマシだ。
共感50 非共感5


・「悪妻を得れば哲学者になれる」 - ソクラテス
共感44 非共感6


・韓国男性は日本女性が従順で良いといってるが。
共感41 非共感4


・韓国の40〜50代の会社員たちも家に帰るのが怖い。
夜遅くまで言い訳を探して外で酒を飲んで遅く帰る。
どうして日本と韓国は考えが同じなのだろうか。
歴史的に韓国と日本は同じ遺伝子で同じ民族だったのだ。
共感40 非共感3


・結婚をなぜするのか?
共感38 非共感1


・妻は夫に殴り殺されるかと思って怖い。
夫は妻の小言が怖い。
共感42 非共感6


・お互いの配慮が最も重要である。
共感37 非共感1


・日本もどうしようもないね。
共感28 非共感1


・夫だけ帰宅恐怖症になるというような結論だけど、喧嘩がイヤで家にいたくない妻も多い。
女は休日や連休でも仕事が多くてすごく疲れる。
なのに男だけが大変だというような記事を書くなんて…
共感29 非共感3


・中国女性は家でご飯を作らない傾向が完全に定着して、最近の分譲マンションには最初からキッチンがない。ふふふ
子を産まない女性が都市部の女性の象徴として崇められている。
現代社会は女性の地位が急上昇した。その副作用で人類は絶滅しそうだ。
共感27 非共感6


・それでもアジアでは韓国と日本の女性が良い。
中華圏の女は男を食い尽くす…
共感23 非共感2


・韓国女性は仕事の後、第2の職場(家)に出勤する。
共感23 非共感3


・そのまま一人で生きるのが最高だ。
共感17 非共感1


・記事を書いた記者の意図は何なのか?
男女を組み分けする記事ばかり書くな、馬鹿記者。
共感19 非共感4


・子のない専業主婦なら家事すべて女性がするのが正しい。
共働きなら育児も家事も、夫も一緒にしなければならない。
共感13 非共感1


・愛の賞味期限は缶詰の賞味期限よりも短い。
共感12 非共感0


・韓国の記事かと思った。
共感15 非共感4


・たかだか口うるさい要求のために離婚すると泣き言を言っている男に幻滅。
女の場合は夫の不倫や家庭内暴力で離婚したくなるわけだが…?
男はまったく…
共感13 非共感2


・ただ一人で生きるのが答えである~~~ふふふ
共感11 非共感0


・ソロで生きるのが答えである!
共感11 非共感0


・これ、完全に韓国ではないか。
共感12 非共感2


・結婚は狂気である!!!ソロ天国!カップル地獄!
共感10 非共感0