【歴史の中の今日】独立門、日本ではなく中国からの独立の象徴

いまさら?

201702061616587844_img_0_99_20170206165502 (1)



【歴史の中の今日】独立門、日本ではなく中国からの独立の象徴

[ハンギョレ]

私たちが知らなかった事実5つ

120年前の今日、西大門に竣工

看板の文字は李完用(*韓国で過去最悪の親日売国奴とされてる人)が書いた?

朝鮮初のコンクリート建築物?

201702061616587844_img_0_99_20170206165502 (1)
独立門


120年前の今日、1897年11月20日に独立門が竣工されました。
現在のソウル特別市西大門区ヒョンジョドン独立公園内に位置している独立門です。
独立門は、フランスのエトワール凱旋門を模した15mの高さの石門です。
都心の真ん中にそびえ立つこの独立門は、私たちがあまり知らない色々な事実があります。


1、日本から独立したという意味ではない

「私は改革しようとしたのは、清国に依存する事大党を追い出して、清の干渉を受けず、自主独立の完全な国を作ろうとするためだった。」
- <ソジェピル博士の伝記> /キムドテ著(ウリュ文庫1972、初版は1948年スソン社が発刊)


1896年前後に列強の利権侵奪、主権侵害の圧力がますます激しくなりました。
これに対抗して韓国国民の自主独立の熱望が大きくなっていきました。

このような雰囲気の中で、新しい内政改革を推進しようとして設立された団体が独立協会でした。
改革派の人々が主軸になった独立協会は、国の自主独立を強化するために、国民を政治へ参加させて、自ら主権を守らなければならないと主張しました。

独立協会は、中国の使臣が韓国を訪問するたび、朝鮮王がお迎えにいった迎恩門のすぐ横に独立門を建設することを決めました。
独立門の建設に必要な費用は約3825ウォンと策定されました。
かれらは<独立新聞>を介し、このような意を知らせ、国民に支援を訴えました。
各界各層の国民は独立協会の目的を支持し、寄付を自発的にしました。

1897年8月までに5897ウォン19銭2厘の寄付が集まりました。
独立協会はこの寄付で、独立門の建設だけでなく、独立館と独立公園の建設も推進しました。
工事の途中でコストが不足すると、再び国民の自発的献納が行われたりもしました。

当時工事の総括は、有名な建築技師だった韓国人のシムウイソクがつとめました。
石材の加工は韓国の高級技術者が担当しました。
物理労働と関連したことについては主に中国人労働者を雇用しましたが、独立協会の会長だったユンチホはこれについて自分の日記に「歴史の栄枯盛衰」と述懐しました。
中国事大の象徴である迎恩門を撤去した場所で、中国人労働者が独立門を建てる労働をしているのを見て、感慨を新しくしたのです。

独立公園は莫大な経費がかかるため、計画通りに開設されませんでした。
しかし独立協会は、中国の使臣が韓国を訪問するたびに歓迎と送別宴を施していた慕華館を改修して独立館と名付けました。
この独立館は、独立協会の集会場所や事務所として使用されました。

0000209056_011_20170615044255692
独立門と迎恩門


このようにして建設された独立館と独立公園は、現在は姿を消しましたが、独立門は日帝時代と韓国戦争を経験しても、現在まで残っています。
独立門は、当時の韓国の国民が、中国から抜け出して自主独立を熱望していて、特に大衆の参加によって建てられたということに大きな意味があります。


2、独立門の扁額の文字は李完用が書いた?

私たち民族の自主独立への熱望で建てられた独立門は、1つ議論が存在しています。
独立門の扁額の文字が、売国奴の李完用と独立運動家のキムカジンギのうちどちらが書いたのかという攻防です。

独立門の扁額を李完用が書いたという主張の出発点は、<東亜日報> 1924年7月15日付けの記事です。
当時の記事内容に、このような部分があります。

0000209056_010_20170615044255680

<東亜日報> 1924年7月15日の記事
「(中略)独立門という三文字は、李完用が書いたものなんですよ。朝鮮貴族領袖侯爵閣下の。」


実際に李完用は、独立門の建設に深く関与していました。
親日売国奴として知られている李完用は、この時までは親米派で、独立協会の創立メンバーでもありました。
彼は独立門建設寄付金も、当時としては大きなお金の100ウォン(現在の価値で約500万ウォン)を快く出しました。
しかし独立門の扁額の書体と李完用字体は完全に違うという主張もあります。

違う独立門の扁額の文字の書き手といわれてきたキムガジン先生は、旧韓末の独立運動家で、もう一人の独立協会創立メンバーでした。
キム先生は昌徳宮後苑の看板の字を書いたほど名筆で噂になりました。
実際、昌徳宮の扁額の書体と独立門の扁額の書体は非常に似ているという意見がこの主張の根拠として提示されています。

これと関連してキムガジン先生の孫のキムジャドン大韓民国臨時政府記念事業会会長は、2010年1月3日の<ハンギョレ>インタビューでこのような内容に言及しています。

「独立協会結成の主役の一人だった祖父は、当代の名筆といわれ、西大門の外に建てた『独立門』の漢字・ハングルの題字すべてを書かれた。後苑の看板もほとんど祖父の字だ。独立門の題字が『逆賊』の李完用の文字だと間違って知られているが、肉眼で書体だけ比較しても間違った主張だということが分かる。」
-ハンギョレ2010年1月3日[道を探して]「日本の作為を投げて亡命したおじいさん/キムジャドン」?より

しかし独立門の扁額の記録は正確に残っておらず、文字の書き手をめぐっては、いまだに議論が入り乱れている状況です。


3、トンネル建設の過程で丸ごと移転された

独立門の痛い歴史はここで終わりではありません。
クジャチュン・ソウル市長は1979年、クマトンネルを建設する過程で、ついに独立門を毀損するに至ります。
今の鍾路区杏村洞と西大門区霊泉洞をつなぐ高架道を作るため、独立門を丸ごと移動させたのです。

その結果、独立門は、元あった場所から70mも離れた場所に移転されました。
方向も北西にずれ、元の毋岳チェを眺める方向から西大門刑務所を眺める形になりました。
もともと独立門があった場所には、「独立門枢」という標識がぽつんと置かれました。


4、純粋な石造物ではない

1979年の高架道路工事による移転で新たにわかったこともあります。
独立門は1896年設計当時、ソジェピルがフランスのエトワール凱旋門をモデルにしたと前に述べたました。
これはコストを最大限に節約するための方策でした。

ドイツ公使館のスイス人建築技師が、ソジェピルを助けて詳細の設計を作りました。
フランスと同様に、石門で建設しました。
ここでは、韓国で最も広く使われている石の花崗岩になりました。
したがって、表面上は純粋な石造物に見えました。
しかし移転工事のため独立門を開けてみると、内部から鉄筋コンクリートが出てきました。
これをめぐって韓国初のコンクリートを使用の建築ではないかという話もありました。

0000209056_009_20170615044255668

<京郷新聞> 1979年7月26日の記事
しかし、これは事実ではありませんでした。
アーチ部分の下の部分が生石灰と荒石で施工されていたため、独立門の改修時、鉄筋コンクリートで補強工事をしたものだと遅れて判明しました。


5、アパレル会社PATの前のブランド

独立運動家のキムハンボク先生は、1947年に衣料品会社のピョンアネレンシのメリヤス専門ブランド「独立門PAT」を創業しました。

170530_1716~02

<京郷新聞> 1982年6月24日の広告(上)と1985年4月18日(下)広告


キムハンボク先生は、平安道出身で解放後に設立した会社に独立門のロゴを入れることにより、祖国の独立と民族復興の深い願いを込めました。
「独立門PAT」は1971年に「PAT」にブランド名を変更した後も「独立門PAT」という名前をしばらくの間使用していました。


引用ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=103&oid=028&aid=0002387593
http://v.media.daum.net/v/20171120143614008


*今も独立門を日本からの独立のことだと勘違いしてる韓国人は多いですね。
韓国人はこんな簡単な歴史を知りません。


*それはともかく、この記事ですが、
よくもここまで「日本」を排除して独立門の話が語れるもんだなとある意味感心しました。

おさらいしておきましょう。
独立門が立てられたのは、日清戦争で日本が清に勝利して、下関条約で清に李氏朝鮮の独立を認めさせたからです。
かつて、大日本帝国の軍人さんたちが流した血のおかげで、李氏朝鮮は独立しました。
その記念として立てられたのが独立門です。
朝鮮王が土下座して中国からの使者を迎えていた「迎恩門」を壊し、その隣に建設されたのが独立門です。

この記事で言及されている独立館、これはかつて独立門と共に建てられていたものですが、記事内には「この独立館は、独立協会の集会場所や事務所として使用されました。」とあっさりした説明しかありませんね。
でも実際にこの独立館を使っていたのは「一進会」です。韓国ウォッチャーの日本人ならたいていは知ってますよね、一進会。
日本に対し、「韓日合邦」をお願いしてきたのが「一進会」です。

「日本は日清戦争で莫大な費用と多数の人命を費やし韓国を独立させてくれた。また日露戦争では日本の損害は甲午の二十倍を出しながらも、韓国がロシアの口に飲み込まれる肉になるのを助け、東洋全体の平和を維持した。韓国はこれに感謝もせず、あちこちの国にすがり、外交権が奪われ、保護条約に至ったのは、我々が招いたのである。第三次日韓協約(丁未条約)、ハーグ密使事件も我々が招いたのである。今後どのような危険が訪れるかも分からないが、これも我々が招いたことである。我が国の皇帝陛下と日本天皇陛下に懇願し、我々も一等国民の待遇を享受して、政府と社会を発展させようではないか」

↑こう主張し、「韓日合邦」を要請してきたのが一進会設立者で会長の李容九です。
日韓併合に反対していた伊藤博文が安重根に暗殺された後に起きたことです。

私たち日本人は戦後ずっと、韓国へ罪悪感を持たせるような一方的な教育をされてきました。
もうね、そういう一方的な歴史観にはとことんウンザリです。
歴史を知りましょう。








韓国人のコメント


・日本の意図は不純だったが、日本が朝鮮を清から独立させてくれたというのは客観的事実。
共感5非共感9


・ムンジェインが大好きな門だ。
二度の出馬宣言をすべてそこでしたので。
「戦争ではなく、植民地が良い」という点で、李完用と共感性があるのかも。
共感4非共感10


・清の植民地として女性を性奴隷として捧げていた蛮行には目を閉じて、日本だけ浮上させるというのは、どう見ても中国の植民地として売国をしていた残党がたくさん残って暗躍しているからのようだ。
共感12非共感4


・壬辰倭乱だけ覚えていて丙子胡乱は記憶できない。
日帝36年は恥辱であり、米国は帝国だから退けるといいながら、中国に数百年やられたことについては何も考えていない。
共感46非共感6


・これを世界の人々は知っている。
数千年もチャンゲの奴隷として過ごした。
125年前、日清戦争で日本が勝利することにより、半島はチャンゲから完全に独立することになる。
ところが、ガンギエイ族とアカ寄生虫などの愚かな朝鮮人は、再びチャンゲの属国になろうとして暴れまわっている。
朝鮮人はキムチを食べて馬鹿になったのだろう。
共感0非共感5


・そもそも独立協会は親日的だった。
独立協会、独立新聞、独立門といってるが、現実には親日的な性格が強い連合だった。
ロシアの利権侵奪を問題視しても、日本やアメリカなどの国に対しては声をあげることもできなかった。
共感0非共感2


・李完用を売国奴と罵る人は、会社の社長や部長が破産を決定させたのに、具体的な詳細を協議した代理人に破産のすべての責任をかぶせる奴らと大きく変わらない。滑稽である。ふふふ
共感3非共感3


・あれを作った独立協会はすべて親日派だが…
共感2非共感4


・李完用も当時最高の名筆だったけど。
共感4非共感2


・1894年、日清戦争開始
1895年、日清戦争終わり。日本勝利で朝鮮が清から独立
1895年、独立門工事募金
1896年、独立門工事開始
1897年、独立門完成
意義は事大意識を捨てようという程度のことである。
共感28非共感2

・↑どう見ても、フランスの凱旋門と似ています。
倭国が清に勝って独立をしたので、日本に感謝して媚びた建築物です。
日本軍に凱旋門をプレゼントしたんです。
だから残念です。
もし反日的な要素があったのなら、日帝時代に破壊されていたでしょう。


・知らなかったです…
初代独立協会会長が李完用で、第二がソンビョンジュンだったと聞いていますが…
独立…清から独立して日本につこうとしていたのが独立協会の精神だったのか…
共感26非共感2


・当時も外勢を背負って政権を握ろうとする人が多かったみたいだ。
共感14非共感0


・独立門の独立は、日本の侵略を理由化する独立なのに…
その前までは清の臣下だったが、もう臣下の国ではなく独立国だから、日本の侵略を受けても清が干渉できない。そのための独立だった。
共感12非共感0


・独立門は保存の価値がある。
恥辱の歴史も保存しなければならない。
自慢する歴史ではない。
独立門は、日本の政治的作品であり、李完用の作品である。
共感16非共感8


・独立門が日帝からの独立の象徴だったとしたら、日本が植民地時代に放っておいたと思うか?
共感8非共感0


・朝鮮はそもそも明の属国だった。
そうするうちに明が滅び、私たちの親戚民族の満州族(女真族)の清の属国となり、うんざりするほどの大陸に悩まされて、清から離れた。
もちろん倭国の助けがあったが、倭国は清と朝鮮を引き離し、朝鮮を倭国の好みに調理して食べようと思っていた。
共感8非共感2


・李完用先生の気勢がこもっている独立門。
共感8非共感3


・朝鮮帝国という国はあったが、中国という国はなかった。
今日の中国というのは中華人民共和国の略で、1949年に毛沢東が立てた共産主義国のことだ。
捏造された歴史を学んだせいで、韓国の祖先の東夷族が紅山文明や漢字や鍼治療などを作ったという事実も知らない。
半島国家だとか弱小国だとかいう催眠から目覚めて、私たちの歴史を一つずつ正すべきである。
共感5非共感1


・三田渡で満州の犬になった朝鮮。
日清戦争時、日本軍が清の主力部隊を屠殺してくれて、朝鮮を独立国として解放してくれた。ふふふふ
共感5非共感2


・子供の頃の広告を思い出す!独立門!独立門!PAT!
共感4非共感1


・これを知らない人、たくさんいる。
共感3非共感0


・独立門メリヤスは最高の品質とファッションだった。
独立運動家が建てた会社だったんだね…
共感3非共感0


・ふふふ
共感3非共感0


・独立協会の奴らはことごとく親日派ではないか?
誰からの独立のため、それを作った?
日本の干渉がひどくなって、日本が干渉しないようにと作ったものならいいが、そうじゃないだろう。
あれは日本人に見せ付けるために作ったものではなく、朝鮮人に見せ付けるために作ったものである。
共感3非共感0


・清からの独立である。
倭国ではなく。
共感3非共感1


・中国と北朝鮮に追従するムン派が胸に刻んで聞かなければならない話だ。
共感5非共感4


・その時も今も、我が国の鍋根性はまったく同じです。
共感1非共感0


・歴史の真実を知る必要がある。
共感1非共感0


・清だとしても、日本だとしても、自主独立の精神そのものが重要なんじゃないか?
共感1非共感0


・問題は、日本親和派だったことだ。
共感1非共感0


・独立門の建設に関わった独立協会の主要なメンバーは、お互いに喧嘩しまくって仲違いしまくった…
共感1非共感0


・確実でもないのに李完用がが書いたと主張する必要があるか?
気分が悪い。
共感1非共感0


・韓国人が知らない事実?
清の使臣が来ると、朝鮮王がそこまで出迎えて、土下座して礼をしていたわけだが。
共感0非共感0


・ただの使者を王が出迎えてたなんて。
朝鮮がどんな国だったのか気になる…
共感0非共感0


・反日感情を鼓吹させて既得権を掌握したアカい奴らが嫌がる記事!ふふ
共感0非共感0


・日清戦争で滅びた国から独立だなんてとんでもないですね。
当然日本からの独立でしょう!
どうか歴史の勉強をしっかりしてから記事を書いてください!涙
共感2非共感3


・なのにまた中国の属国になる外交をしている。
共感1非共感2


・中国か日本か、関係ありますか。
当時の韓国は外勢の干渉を受ける国だったので、先祖が自主独立国家の機運を高めるために独立門を設置したというのが重要です。
ある者は、日本が敗亡したので自動的に私たちが独立したと言う方もいますが、沖縄や北海道は独立していません。
なぜか分かりますか?
私たちの先祖は解放されるその日まで、満州や沿海州で武装独立運動を続けていたからです。
共感1非共感2


・名前は独立門だが、独立の精神は一つもありません。
共感0非共感2