旭日旗を翻してインド洋まで…日本の海上自衛隊戦力は

0000209056_011_20170615044255692



旭日旗を翻してインド洋まで…日本の海上自衛隊戦力は

中国の海軍力を牽制、アメリカとインド洋などまで範囲を広げる

新安保法に合わせて軽空母など新たな活動を開始

米第7艦隊の電力リーク、会場自衛隊の役割分担も増える

潜水艦・哨戒機など対潜水艦作戦能力の高度化

[新興日本の自衛隊](2)

 
日米新蜜月時代を迎えた日本の自衛隊が急速に進化している。
有事の際に備えるという名目で、パワーとスピードを存分に引き上げている。 
陸上自衛隊は機動軍に生まれ変わっていて、海上自衛隊はすでに旭日旗を翻して海洋を回っている。
航空自衛隊は北朝鮮の核・ミサイル危機を口実に、長距離攻撃能力を持ち弾道ミサイル防衛をして「槍と盾」の両方を持とうとしている。
アジア・太平洋を越えてインド洋まで行き来する米軍の戦略パートナー、自衛隊の戦力を5回に渡って集中解剖する。 

0000209056_010_20170615044255680

「アフリカのジブチの自衛隊基地を広げたい」
 
18日、小野寺五典日本防衛相は、海上自衛隊の護衛艦(駆逐艦)のソマリアアデン湾派遣拠点のジブチの駐屯地の拡張計画を発表した。
彼はこの日、記者団に、「自衛隊の拠点地域を他国が賃借すれば、拠点の安全運用に影響を与える」とし「(中国が)大規模に軍事基地を建設しているのは事実だ」と述べた。
それとともに「ジブチはアフリカの玄関ドアのような重要な場所」と強調した。 

日本の防衛首長のこのような発言は、中国を念頭に置いた自衛隊の戦略的対応を意味している。
日本に近い東シナ海と南シナ海はもちろん、インド洋、アフリカ近海に至るまで、海洋を舞台に、米国と共に中国を牽制するという意味である。
今月初めの日米首脳会談で両国が合意した「インドアジア戦略」も、安保的な側面では、すでに現在進行形だったというわけだ。 
海上自衛隊が軽空母と大型輸送艦、駆逐艦などの海洋海軍力を発展させようとしている理由も軌を一にする。
海上自衛隊は2015年に施行された新安保法に基づいて、新たに生まれた使命(新任務)のうち、特に米軍支援を最も積極的に展開している。 
最近起きた北朝鮮の核・ミサイル危機を利用して、実戦訓練を本格化している。
去る5月には、軽空母のいずも艦(2万6000t級・満載排水量基準)とさざなみ艦(6300t級)が日本近海から韓半島に移動中だった米海軍の補給船を守るための任務を初めて実行した。 

北朝鮮が撃った弾道ミサイルが日本上空を超えるという緊張局面が続く中、米軍の戦力リークも海上自衛隊の位相の強化に一役買っている。
西太平洋を管轄している太平洋司令部第7艦隊所属のイージス駆逐艦2隻(フィッツジェラルド艦、ジョンSマケイン艦)が相次いで事故で長期修繕に入ったのが大きかった。
米軍のイージス艦だけでは、24時間の北朝鮮の弾道ミサイルの監視が不可能になったからである。
SM -3高高度迎撃ミサイルを搭載した海上自衛隊イージス艦は、現在非常に多くの役割を分担している。 

海上自衛隊戦力の増強は、防衛産業の受注実績にも表れている。
防衛省の資料によると、各種艦艇と潜水艦、海上哨戒機を製作する川崎重工業と三菱重工業の2つの企業の2015年調達額が4776億円(約4兆6638億ウォン)で、全体の25%を超えている。
海洋軍事力を後押しするための先進的な資産の導入金額が非常に高いためだと分析される。 
例えばあたごイージス艦(1万t級)1隻の建造費は1389億円(約1兆3724億ウォン)に達する。
これは陸上自衛隊の最新戦車10式戦車111台分、航空自衛隊が今年から導入するF-35Aステルス戦闘機12機分の価格を超える金額である。 
最近導入された海上自衛隊艦艇は、サイズからして格別だ。
去る4月に配置された4番目の軽空母のかがわ艦(いずも級)は、戦後日本が作った最大サイズの軍艦である。
艦名は1942年6月ミッドウェイ海戦で沈没した旧日本海軍の空母から取ってきた。 
かがわ艦はSH-60K海上ヘリなど、最大14台のヘリコプターを搭載することができて、同時多発的に様々な作戦を駆使することができると評価されている。
このため日本はヘリコプター搭載護衛艦(DDH)に分類しているが、防衛省がすでに導入を予告したオスプレイ垂直離着陸機もデッキで離発着しても問題がなく、今後作戦範囲がさらに拡大すると見られる。
一部では、高熱に耐えることができるようデッキを特殊処理した場合、垂直離着陸機のF-35B(米海兵隊用)ステルス戦闘機搭載も可能だと見込まれている。
海上自衛隊によると乗組員は520人である。 

0000209056_009_20170615044255668
ステルス戦闘機の米海兵隊のF-35Bは空母の甲板で垂直離着陸することができる。


海上自衛隊は弾道ミサイル防衛(BMD)のための戦力拡充に速度を出している。
イージス艦の場合、現在はこんごう(9485t)4隻と最新型あたご2隻など計6隻を保有しているが、今後8隻まで増やす予定である。
イージス艦は128以上の空中ターゲットを検出し、追跡できるレーダーシステムを備えており、BMD中核資産として挙げられる。
大気圏外で弾道ミサイルを撃墜できるSM -3迎撃ミサイルは、米国レイセオン社、三菱重工業が共同開発した。
両社は次世代バージョンのSM -3ブロックⅡ-Aも開発している。
ブロックⅡ-Aは最大射程距離が2500㎞で、現在配置されたブロックⅠ型(射程距離700㎞)はもちろん、高高度ミサイル防衛(THAAD・サード)システム迎撃ミサイル(射程距離200㎞)より射程距離がはるかに長い。 

対潜水艦作戦で優れた能力を持つ潜水艦と海上哨戒機も海上自衛隊の強みである。
冷戦時代、旧ソ連の潜水艦を相手にするために特化してきた領域である。
最近は北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を搭載した潜水艦の開発を急いでおり、中国も原子力推進潜水艦を拡充していて、対抗次元で補強が行われている。 
最新の主力潜水艦ソリューションズ級(4200t・水中排水量)は、別途の酸素供給なしで長時間潜航することができる空気不要システム(Air Independent Propulsion・AIP)を備えている。
また韓国海軍が運用しているディーゼル潜水艦とは異なり、低騒音構造のスターリングエンジンを採用している。
それだけ敵艦艇から注目される可能性も減る。
現在8隻が活動中である。
2015年度予算で発注した11番艦からは、長時間高速潜航が可能なリチウムイオン蓄電池にエンジンを交換する予定である。 

既存のP-3C哨戒機の老朽化で日本が独自開発したP-1哨戒機は2013年に導入された。
現在14機が実戦配置されているが、防衛省は最終的に70機以上の導入を目標としている。
世界初の光ファイバを活用した先進的な飛行操縦システム(Fly - by - Light・FBL)を適用した。
情報データ転送が非常に速く、悪天候や人為的干渉状況でもデータの損失を最小限に抑えることができるシステムである。
また既存のP-3C機にはなかった潜水艦の魚雷発射管開閉音など、微細な音声信号を検出することができる装置も備えている。 

170530_1716~02
日本の海上自衛隊P-1哨戒機


日本の軍事専門家は、日米両国の戦略的連携が、アジア太平洋を越えてインド・アジアに拡大されて、戦略軍の海上自衛隊の戦力強化が避けられないものと見ている。
日本政府も海上で発生する安保上の利益を引き上げる絶好の機会と見ているという分析も出ている。

引用ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=025&aid=0002773470







韓国人のコメント


・大韓民国国軍vs大日本帝国自衛軍、
いったいどちらが強いのか。
共感1 非共感2


・日本の自衛隊ファック。
もう一度日本に核を落としてこそ世界が平和になる。
共感2 非共感3


・日本が大国になるのがそんなに怖いのか?
共感1 非共感5


・韓米日を分裂させるサイバーアルバイト、ファック
共感1 非共感2


・アメリカが日本を撃ち破って韓国を独立国家にしてくれたことを知らないのか、ゴミども。
共感1 非共感3


・同盟っていったい何なのでしょうか。
共感0 非共感1


・韓米日は自由民主主義国家だ。
共感0 非共感2


・過去に縛られて未来を捨ててはならない。
共感3 非共感5

・↑反日扇動家に言わないといけない言葉ですね。

・↑その言葉、気分が悪い。
過去にとらわれてはいけないが、未来志向的に見ても親日はないだろう。
その論理なら、北朝鮮が攻めてきたのも過去だが、北朝鮮は敵じゃないというのか?
日本、中国、北朝鮮、すべて私たちにとって敵です。
親日、親中、親北、すべてが売国奴であり、我々はただ外交的実利のみを得るようにすべきです。


・軍事力で物事が決まる昔の時代は終わった。
共感2 非共感1


・米国との同盟を確実にして、韓国が米国の利益の最前線になればいい。
そうすれば韓国は日本を韓国の利益のために利用することができる。
共感0 非共感2


・私たちは国防費を上げて、北朝鮮と中国と日本の侵略に備えよう。戦場になる準備と、日本の侵略に備えた準備が必要だ。
共感1 非共感3


・いったいどうすればいいのか。
ドイツのハーケンクロイツは永遠に使用できないようにしたのに、日本の旭日旗はいまだに堂々と使っているなんて。
本当にあまりにもあまりにも酷い!
共感61 非共感6

・↑旭日旗は日本の海上自衛隊の公式旗です。

・↑ドイツも鉄十字はそのまま使っている。


・ムンジェインと共に民主党は、韓国が自由民主主義国家で、米国と日本の側についてこそ我が国に未来があるという事実を忘却している…
共感4 非共感4


・中国の左派独裁が入りこまないよう、自由大韓を守らなければならない…
共感2 非共感3


・旭日旗かっこいいね。ふふふ
日本ファイティン。
共感4 非共感4


・親日清算しよう。
恥も知らず、反省もなく、歴史を変えている。
野党も日本もどっちもどっちだ!
共感51 非共感7

・↑親日だけじゃなく、従北も清算すべきじゃないのか。
従北は同じ私たちの民族だから構わないというのか?


・クール、日本!
チャンゲと朝鮮人たちを踏みつけろ!
共感3 非共感5


・こんな状況なのに朝鮮人は南北で戦ってるだけ。馬鹿である。
共感1 非共感2


・ヘル朝鮮はもう殴られるだけ。
共感3 非共感3


・こんな日本を作ってあげているのが、まさに北朝鮮である。
韓国戦争を通じて日本が立ち上がる手伝いをし、再武装させた。
北朝鮮の挑発は、日本の戦争力を強化する役割を果たした。
結局朝鮮人の中で最高の親日派は金日成一家ということになるわけだ。
この名分を防ぐ戦略を持つべきなのに、無駄なことばかりして、日本を朝鮮人がタダで助けている。
大変だ。
共感4 非共感2


・私たちも500兆投資しろ。
日本を上回ることができる。
共感1 非共感1


・それでも最後に勝利するのは太極旗だ。
五星紅旗と旭日旗は折れることになるだろう。
共感2 非共感4


・韓国はいつも国防不正しながら、日本が自国の国防力を強化することを警戒して非難している。無能な韓国の現実…
過去の日帝時代の悪夢があるなら、さらに安全保障力を強化すると考えるべきなのに。
先祖が無能なせいで支配されたことを繰り返したくないのなら、日本を非難する前に日本を克服して追い越そうと考えろ…
共感3 非共感3


・軽空母「いずも」が怖い。
今はヘリコプターを搭載できる程度だが、米国の垂直離着陸戦闘機F-35を搭載すれば、戦闘機の空母として使うことができる。
共感3 非共感0


・今韓半島周辺国の間では、軍事力強化の動きが起きている。
中国は近い将来、米国に次ぐ軍事大国になるという計画を発表したし、日本は日米同盟関係の中で日本の役割分担を拡大する内容で、自国の軍事力を強化しようとしている。
そして北朝鮮は、核大陸間弾道ミサイルを開発し、周辺国を脅かす方法で自国を防衛しようとしている。
今後は防衛力を高めるためにどのような努力をすべきかを考えなければならない。
韓半島の周辺国に大きな影響力を持っている米国との同盟関係の強化をベースにした軍事力増強が必要である。
共感2 非共感0


・馬鹿記者よ!
旭日旗ではなく戦犯旗。
ちょっとは正しいことを知って書け。
共感1 非共感1


・日本が陸軍まで強くなれば、北東アジアで最強の陸軍を誇っていたも大韓民国も大変なことになる。
技術不足、人材不足、国防不正、朝鮮末期に腐っていた政治勢力のような戦いをしていて不安だ
共感0 非共感0


・私たちが日本よりも軍事力で上回っているのはミサイルと陸軍だけだが、日本はトマホーク作るという。大変なことである。
共感1 非共感0