韓・中を抜いて日本だけ訪問「実力者」イバンカに日本、関心集中

0000209056_009_20170615044255668



韓・中を抜いて日本だけ訪問「実力者」イバンカに日本、関心集中

安倍・トランプの最初の会談でも、イバンカの作品「安倍についていけばいい」とアドバイス

シリア空軍基地爆撃も「イバンカの提案」によるもの

(ソウル=聯合ニュース)イヘヨン記者

父親のアジア歴訪に随行しようとしていたが、日本だけに訪れると決定したドナルド・トランプ米国大統領の長女イバンカに、日本の官民の関心が集まっている。

報道によると、実力者のイバンカ・ホワイトハウス上級顧問は、当初、父親のアジア歴訪期間、韓国と中国、日本などを訪問し、国際会議講演や各種ミーティングに出席する予定だったが、韓国と中国で用意されていたイベントへの参加予定は終盤にキャンセルした。
国内に残って税制改編案を処理するためのキャンペーンに注力するようにという父親の指示に従ったというのが米国現地メディアの報道だ。

そんな中でも、唯一3日、東京で開催される国際女性会議(WAW)2017特別イベントの基調講演の日程だけは当初の予定通りに消化することが知られ、日本の官民はまんざらでもない表情である。

朝日新聞など日本のメディアによると、イバンカは2日に日本に到着し、3日に「国際女性会議 WAW!」に出席、講演する予定である。
以降、安倍晋三日本首相が催す晩餐会にも参加する予定だ。

170530_1716~02

トランプは娘バカといわれるほどイバンカが好きなことが分かった。
娘の携帯電話はいつでも受けてるし、多いときは一日に5回も電話をするという。

昨年の大統領選挙の時は、180㎝の身長でモデルとしても活躍していた美貌と柔らかい口調で、遊説で父親の登場を紹介する役割を担った。
共和党の選挙関係者は彼女を「トランプの最終兵器」と呼んだ。
競争相手だったヒラリー・クリントン民主党候補でさえ、議論で「トランプの長所」を問う質問に対して、イバンカを念頭に置いたように「子供たちが立派だ」と答えたほどだ。

トランプ当選後は、夫のジャレッド・クシュナー(現ホワイトハウス上級顧問)と一緒に政権履行チームの一員として閣僚の人選にも関与した。
最初は席を固辞していたが、3月に無給大統領補佐官に就任した。

イバンカの影響力は外交分野にも及んでいる。
政治的にアウトサイダーだったトランプとの接続通路を求める世界各国は、イバンカ夫婦へのアクセスを試みた。
日本政府はトランプ当選後、イバンカ夫婦を接点にして、各国首脳の前にトランプと会談することに成功した。
当時の会談にはイバンカも同席した。

イバンカは会談後、トランプに「安倍首相についていけば良い」と助言したことが分かった。
駐米中国大使館春節行事にも参加して、中国語を学んでいる自分の娘と中国語の歌を披露するなど、米国と中国の間の架け橋にもなった。

去る4月、トランプがシリア空軍基地にミサイル攻撃を決定したのも、化学兵器の使用に苦しむ子供たちの写真を見たイバンカの提案によるものだったと伝えられた。

最近は、イバンカの影響力が弱まっているという指摘も出ている。
父といつでも会うことができたが、軍出身のジョン・ケリー秘書室長が大統領の面談を管理するようになり、以前のようにいつでも父に会ってはいないことが分かった。

地球温暖化対策に否定的なトランプ大統領が、パリ協定から脱退しようとしたとき、イバンカは反対していたと伝えられている。
強力な温暖化対策の推進を主張するアル・ゴア元副大統領や俳優レオナルド・ディカプリオを父と会わせるなど説得を試みたが失敗したという。

引用ソース
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=001&aid=0009655762&date=20171102&type=1&rankingSeq=1&rankingSectionId=104







韓国人のコメント


・ケネディの娘が駐日大使の時、すでにゲームは終わってたんだ。
共感401 非共感38


・西洋が認める唯一の東洋の先進国日本。
西洋人は日本がすごく好きで、イメージも良くて、日本への幻想がたくさんある。
韓国は単に知らない国扱い。
共感701 非共感153


・大統領でもないのに、なぜ娘が出てくるのか。米国もすごい。
共感797 非共感194


・感情的なのかもしれないが、イバンカは安倍が好きだ。
共感369 非共感64


・韓国には現在、米国大使もいないし、日本大使もいない〜ふふふ
共感147 非共感21


・米国の立場から見れば、中国と日本の間でひたすら行ったり来たりする韓国の様子が嫌悪なのが事実だ。
それに比べて日本は、強硬に親米反中反北体制を確実に見せているので、米国も好きにならざるを得ないんだ。
共感54 非共感7


・私がイバンカでも中国と韓国には行かない。
共感58 非共感12


・中国に3不合意したムンジェイン。
これは丙子胡乱級の不名誉である。
丙子胡乱での仁祖の降伏文→「城を改修しません」「人と交流しません」
ムンジェインの降伏文「サードは追加配置しません」「米国のMD防御網に参加しません」「韓米日同盟しません」
こんなムンジェイン畜生の言葉遊びを持ち上げているムンイスラムの醜い姿を見ていたら、怒りが炸裂する。
共感25 非共感1


・米国が韓国を捨てたのは確かだね。
共感156 非共感45


・米国はやはり韓国をチャンケとまとめてアカ国だと分類してるね。
共感93 非共感24


・韓国のレベルで日本と同等だと考えるのが滑稽なんだ。
鶏肋のような韓国と、最高に親しい日本は、比較対象ではない。
G3の日本は反米デモもないが、6.25の時助けてあげたのに反米デモする親中政府の韓国。
そんな韓国のどこが可愛くて実力者の娘が来る?ふふふ
共感45 非共感8


・ところで、私たちは、イヤでも認めるべきだ。安倍は政治は本当に上手にするということ。
経済も事実上、長い安定を遂げた。
政治はそもそも人気ではなくて、結果で判断するものだ。
共感42 非共感7


・だってアジア圏で中国を牽制できる国は、日本以外にないだろう?
共感30 非共感3


・世界が認めるパッシングコリアだよ。ふふふ
否定しているのはムン災害だけ。ふふふ
共感41 非共感7


・馬鹿なムンジェインのせいで国が滅びる。
共感37 非共感6


・コリアパッシングムン災害
共感31 非共感4


・ムンジェイン「ハンドルを握った」
周辺国「お前が運転する車には乗ってない」
共感24 非共感2


・この地で血を流しながら大きな助けを与えた米国をおろそかにし、先祖を蹂躙していたチャンゲの奴らに媚びる国。米国にとったら見るのもイヤだろう。
共感86 非共感23


・中国はともかく友邦の韓国を抜くのを見れば、ムンパッシングだ!
共感35 非共感6


・イバンカは知っているんだ。
ムンジェインが今どのような行動をしているのかを。
共感35 非共感6


・血盟の米国を無視し、625で自国民を虐殺して毎年黄砂や微細粉塵で被害を与える中国に媚びるムン罪人はパッシングされるんです。ふふふ
共感25 非共感3


・いまだに米国が米国大使を任命しないのを見れば分かるんじゃない?
ああ、そういえば日本も駐韓日本大使を任命してないんじゃ?
韓国は完全にパッシングだ。
何故そうなのかはわからないが…涙
我々はすでにパッシングされていて、進行中である。
共感18 非共感1


・すべての国が韓国をパッシングしている。
前政府のすべての政策を否定する国と、どのようにして外交関係を築いたり経済協力をしたりすることができる?
共感17 非共感1


・いつからか、中国と北朝鮮と韓国が同クラス扱いされているような気がする。
共感17 非共感1


・トランプアジア5カ国歴訪日程のうち、日本、中国、ベトナム、フィリピンは2泊3日、韓国だけが1泊2日。
コリアパッシング〜
共感22 非共感3


・米国は韓国に大使も送っていないし…ふふふふふふ
共感16 非共感1


・当然、清潔で秩序ある日本に行きたいだろう。
狂ってなければヘル朝鮮には行きたくないだろう。ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ
共感16 非共感1


・イバンカもムン災害パッシング?ふふふ
共感30 非共感6


・ムン認知症は、ただへらへら〜
共感18 非共感2


・恐ろしいコリアパッシング~~~
共感17 非共感2


・習近平の忠犬ムンジェイン。
イバンカにも犬無視されて。ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ
トランプも韓国に1泊だけ。ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ
共感18 非共感3


・韓国はすでに中国の犬だ。
共感18 非共感3


・この国はどうしてこのような状況になったのか…これがまともな国なのか…
共感20 非共感4


・率直に言って私が外国人でも韓国より日本に行く。
共感14 非共感2


・あなたが時間の都合で韓中日のうち一箇所しか旅行できないとしたら、どこに行く?
現実を受け入れましょう。
共感11 非共感1


・イバンカのファンは韓国にも多いのに。来てほしい。
共感12 非共感2


・米国に捨てられて、中国に屈辱外交して…
半年でこの国がアメイジングな姿だね。ふふふ
共感23 非共感6


・米国の視覚では、韓国は積弊国ということ。
共感9 非共感2


・韓国外交の敗北という現実。
共感6 非共感1


・リッパート大使を左派の殺し屋が襲った韓国に…
そんな国にイバンカがなぜ来るのか?
左派の奴らのせいだ。
リッパート大使を凶器で襲撃したテロ国家級なのに?
共感8 非共感2


・そもそも日本は、米大統領選挙の前にトランプの方にも接触していた。
一方で韓国は?ヒラリーだけを信じてオールイン。
共感4 非共感1


・韓国は今度は何で精神勝利する?ふふふ
共感1 非共感0


・これだから私たちは、中国と米国の間で行ったり来たりしなければならなくなるんだ。
米国はどうせ韓国と日本でどちらかを選択しろと言われると、日本を選択する。
共感1 非共感0