河野日本外相「米 - 日 - 豪 - 印、自由貿易と防衛協力の推進」

170530_1716~02



河野日本外相「米 - 日 - 豪 - 印、自由貿易と防衛協力の推進」

【ソウル=ニューシス】ユセジン記者

河野太郎日本外相が25日、米国、日本、オーストラリア、インドの4カ国のトップでの戦略対話の実現を目指していると明らかにしたと日本経済新聞が25日報道した。

河野外相はこの日、日経とのインタビューで、南シナ海からインド洋を経てアフリカに至る海域を対象に、4カ国で自由貿易の推進と防衛協力を推進すると述べた。
こういった河野外相の発言は「一帯一路」構想を掲げて海洋進出を強化している中国に対抗するためのものと見られる。

河野外相は8月にマニラでレックス・ティラーソン米国務長官とジュリー・ビショップ・オーストラリア外相と会談した際も、4カ国の戦略対話について意見を交換した。
英国とフランスの外相にも既に提携を打診したことが分かった。

来月6日の米日首脳会談で、安倍晋三首相が4カ国の戦略対話を提起し、ドナルド・トランプ米大統領の理解を求める方針だ。

河野外相は「日本も戦略的に大きな絵を描いて外交努力をしていかなければならない」と強調した。
中国が共産党大会で最高指導部人事を確定、習近平国家主席2期が発足して習主席が権力を強化したことなどを勘案したものと思われる。

河野外相は戦略対話の意義について、潜在的な経済成長率が高いアジアとアフリカの開発を支援するためと「自由で開放された海洋を維持していくために、経済と安保も当然テーブルに上げるだろう」と述べた。

戦略対話はまず局長級対話から始め、来年までに外務閣僚や首相のレベルに引き上げる計画だ。

戦略対話は安倍首相が昨年出した「自由で開放されたインド太平洋戦略」を元にしている。
経済が急成長しているアジアとアフリカを経済的要衝地として評価し、政府開発援助(ODA)などを活用し、民間投資を引き込んで集中開発を引き出すという構想だ。

安保と関連して河野外相は「海洋航行の自由を維持するのは、安全保障上の大きな話題」とし「自由で開かれた海洋は『一帯一路』を推進する中国を含むすべての国の利益になる」と述べた。
利益を共にする4カ国と、イギリスやフランスと共に、中国が軍事拠点化を推進している南シナ海などでの航海の自由を保障するためのルールを作ることを主導するという方針だ。

引用ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=003&aid=0008247188


*頑張ってほしいです。
そしてとにかくこういった外交については、野党には絶対に任せられないと改めて思う。



最も難しいのは米国とインドの関係だろうなと思うので、日本が上手にバランサー(笑)になれればいいなと思います。

オーストラリアは私の好きだったアボット首相が退陣したんだよね~(かなり前だけど)。
オーストラリアに中国ががっつり入り込んでるのは間違いないけど、中国は、白人の国は上手く攻略できないと思うんだ。途中までうまくいっても、最終的には中国式は通じないと思う。あくまでも私の予感でしかないけど、必ずどこかでミスをすると思う。長い目で見ると、白人の排外主義的な心が最後の最後に有色人種を拒絶するだろうと思う。(これは日本人も心しておくべきだと思うけどね。仲良くなれても絶対に一線は超えられないということ。)
親中だといわれていたビショップ外相は最近「今、我々の発言の自由が脅かされている」と発言しました。中国を批判した教授が中国人学生につるし上げされている大学の実体、中国批判した中国人を同じ中国人が中国大使館に通報するという問題などに現地メディアも言及。
もちろん安心はできない。

色んなことをすべて飲み込んでの外交、野党には絶対にできないだろうと思うので、政権交代なんてあり得ない。








韓国人のコメント


・私たちの外交力が試験台に…
国際社会では戦略的あいまいさは存在しません…
中国の顔色をうかがうのか?しっかり韓米同盟をするのか?二つに一つだ。
共感25 非共感4

・↑日本は1400年代からすでにスペインから西洋の医師を連れてきて、ヨーロッパのほぼすべての国と交流し、1909年にはノーベル生理学医学賞に候補を出し、野口英世は1800年代後半にアフリカに渡って黄熱病とウイルスを研究して死亡し、欧州やアジアやアフリカの世界史の教科書に登場する日本人は200人を超える。
広く世界のために犠牲になったり奉仕したりしている。
それに比べると、国家の誇りどころか日本軍に身を売ればヒーローになる国が韓国。

・↑そんなに偉い日本が、なぜ韓国をはじめとするアジア各国では、犠牲と奉仕をするどころか、盗みや強盗や殺人や強姦、口にすることもできない蛮行や搾取を数十年間おこなって、小銭で過去を隠そうとするのか?


・一体我が国の外交政策はどうなっているのか。
完全に手離しているのか?
カン長官は、どんな案を持っているのか?
孤立するのではないか、本当に心配になる。
共感18 非共感3


・韓国はどこにも挟まれない。ふふふ
弱小国の主体思想派政権だ。
共感18 非共感3

・↑そこに入って何の利益がある?
弾丸よけ?
どう考えても理解できない。
インド、日本、オーストラリア、すべて韓国より中国から遠い。
インドは国境を接しているが、正直大国同士で、辺境の一部だけが接しているものだ。
地図を引き伸ばして北京という文字を探してください。ソウルが目の前だ。
だから韓国は、ああいうところに挟まることができないんだ。


・インド、日本、オーストラリア、米国、東亜共栄圏だね。
北朝鮮、中国、それから親北の韓国も痛めつけてやれ。
共感8 非共感0


・今後は日本が主導するんだね~~
米国は2線まで退いて…
共感3 非共感0


・トランプ「うん?保護貿易するけど?」
共感0 非共感0


・韓国は入れないできるよ。ふふふ
共感0 非共感0


・韓国は弾丸よけ!
核を持とう。
共感4 非共感2


・日本民族はまたあんなことをしてるよ。ふふふ
共感0 非共感1


・口だけ専門家のムン南京虫は無視だね。ふふふ
共感8 非共感4


・日本は帝国主義を試みたことがあるからか、やはりマインドが違うようだ。
考え方が大きくて、安保ベルトを作って。
共感4 非共感3


・日本の立場で考えてみると、中国が強くなれば日本が国防力を強化するのは当然…
もちろん韓国を抑圧するためという理由もあるだろうが…
ああ難しい。
日本とうまく過ごせるか?日本は謝罪と反省がないのに。
中国とうまく過ごせるか?中国は私たちを弟扱いして兄の言うことを聞けと言うのに。
米国は日本の味方で、韓国の味方はしてくれないし。
慰安婦協定はどうなるのか。守らない韓国のイメージが悪くなるのか???
だから鶏クネは許されないんだ。売国奴だ。
もうニュースを読むのも嫌だ。
共感3 非共感3

・↑外交は朴槿恵時代より、今のほうが最悪。

・↑私たちに力があれば、すべての問題は解決する。


・韓国パッシングの兆しが続いている。怖い。
共感8 非共感5


・日本を気にするな。
過去も日本は朝鮮と交流しなかった。
五百年前から清やオランダと貿易してたし、1700年ごろからイタリア、フランス、ポルトガル、トルコなど数多くの国と交流してきた。貿易船がたくさん往来していた。
しかし朝鮮との貿易船を行き来したという記録がない。
他のヨーロッパのほとんどの国やペルシャ、インドなどの多くの国と交流した文書はあるのに。
共感1 非共感0

・↑日本は金持ちの猿。


・中国と対抗して新しく組むのは極めて賢明な行動である。
倭の行動力に敬意を表す。
しかしお前ら日本が作っているものはTPPの下位互換であり、それを拒絶した米国大統領トランプが健在だということを考えていないのか?
今から準備して、トランプの任期が終了したら実施しようとしているのか?ふふふ
共感5 非共感4


・独島は私たちの土地である。
昨日も今日も明日もず〜っと私たちの土地。
共感4 非共感6


・ふふふ、性格が全く異なる4カ国が協力する?無理である。
それぞれの立場だけを確認して形式的な発表をするだけだろう。
共感2 非共感7

・↑孤立した馬鹿朝鮮人は身の程を知れ。


・韓国を利用するために日本はああいうことをしてるんだ。
共感2 非共感7

・↑韓国をどう利用するんだ?バカなのか。
有史以来、この国は日本がなければ飢え死にしていた。
知識を得るところがなくて飢えて死ぬ。
馬鹿の国、韓国。
日本が韓国と交流しなくなると、技術、文化、教育、メディア、科学、すべてを学ぶところがなくなって飢えて死ぬ。
そういう国だ、韓国は。

・↑日本が韓国と断交すれば…


・トランプ当選後、世界覇権ヘゲモニーが急激に崩れていることを全世界が目撃している。
その場を中国がすべて埋めている。
それを止めるために米国は日本を最前方に押し出しているが、長い目でみると難しい。
私たちも世界が変わるのを見てるだけじゃなく、少しずつ米国から脱け出してこそ、今の力を維持することができる。
保守が恐怖を利用するのを、日本の選挙を通じて見たが、日本は正しい道を進んでいる。
韓国人は誰もそれを認めていないが。
まだ米国から抜け出すのは難しいが、私たちも備えなければならない。言葉だけではなく。
共感2 非共感8


・やはり韓国はpartnership、allianceじゃない。
共感0 非共感0


・日本はやはり考え方が先を進んでいる…
共感0 非共感0


・最近は米国と急速に近づいたりしたが、インドはロシアと一番親しい。
米国およびそのチンピラたちとインドが軍事同盟まで結ぶ可能性は低い。
共感0 非共感1