明らかになった「外郭コメント部隊」…第2ラウンドが始まった「国家情報院選挙介入」

201702061616587844_img_0_99_20170206165502 (1)



明らかになった「外郭コメント部隊」…第2ラウンドが始まった「国家情報院選挙介入」

[アンカー]

国家情報院の積弊清算TFが、李明博政府当時、国情院が数十億ウォンかけて数千人規模の民間人のコメント組織を運営していたことを確認し、国家情報院の政治介入事件、特に選挙への介入部分が、現在第2ラウンドに入りました。

政治部のソボクヒョン記者です。
民間人3500人、これは本当に凄い規模ですが、最初に疑問が持たれた時よりも規模がはるかに大きいですね?

ダウンロード (1) (3)

[記者]

はい、国家情報院サイバー郊外チームの存在は、今まで全く明らかにされていなかったものです。

国家情報院のコメント裁判で、心理戦団スタッフが、民間人一人に月に300万ウォンほどを与えて、インターネットにコメントを書かせていたという事実が確認されました。
しかしこの時は、心理戦団スタッフが個人的に指示をしていたということだったんです。

2008年と2009年の民間人の組織「アルファチーム」が国家情報院の資金を受けて、インターネットで活動をしましたが、ウォン・セフン元国情院長の前のことでした。

今回はウォン元院長就任後、正式にサイバー郊外チームの民間人のコメント組織、それも数千人規模のコメント部隊が活動したという事実が確認されたのです。

ダウンロード (2) (2)

[アンカー]

どのようにして確認されたのでしょうか?

[記者]

積弊清算TFが国家情報院のコメント事件を再調査する過程で、心理戦団活動資料と関連する内部データベースを分析したんです。
ここからレポートの形式の文書が発見されたと把握されました。

だから活動人員と実際の業務、そして支払った金額などが文書に書かれていたということが知られました。
そしてこの内容は今日、国家情報院の改革発展委員会に正式に報告されたと確認されました。

[アンカー]

2009年から2012年までというが、毎月レポート文書があったのでしょうか?

[記者]

とりあえず毎月までは文書の確認はできていません。
ただし不十分な部分については、内部の職員の調査を通じて補強調査が行われたといいます。

特にレポートの形式の文書があるということは、正式にサイバー外郭チームを運営していたということです。

またレポートの形をしているというのは、当然ながら国家情報院の上層部に報告されたという話になります。

[アンカー]

総選挙と大統領選挙のあった2012年に30チーム3500人、最もチームも多くて人材も多かったです。
だから選挙介入の疑いがそれだけ濃くなったと見なければならないでしょう?

[記者]

はい、そうです。
言われたとおり、総選挙と大統領選挙のあった2012年に最大規模3500人まで動員されたと把握されたんです。

そのため国家情報院が選挙に備えて組織を増やしたと考えることができます。
だから選挙目的の組織拡大だと見ることができる部分です。

[アンカー]

それなら、その前はどうでしたか? 2009年から開始されたということですが。

[記者]

積弊清算TFが推移を分析したんですが。 
2009年から開始されましたが、人員が減らず、2012年まで継続して増えたといいます。

だから人員募集をずっと続けていて、選挙のあった2012年にピークに達したと見ることができるでしょう。

[アンカー]

事実、2009年の場合、2007年の終わりに大統領選挙があったが、2008年に李明博政府が開始され、それからわずか1年後からこのような活動を始めたというのだから、実際に捜査が本格的に始まると、どのような内容が出てくるかわからなず、成り行きを注目せざるをえない状況のようです。
もう一つ、確実にしなければならないのは郊外チームに入ったお金です。
月に2億5000万ウォンが使われたというが、4年間なら算術的に考えても数十億ウォンになるのではないでしょうか?

[記者]

はい、2009年からの人員が徐々に増えましたから。
投入されたお金もずっと増えたといいます。
特定の月には2億5000万ウォンかかったりもしたということです。

これを見ると、4年で数十億ウォン投入されたという予想も十分に可能ですが、国家情報院の心理戦団の秘密予算と呼ばれていたものは、特別な活動費として使用されたと把握されました。

だから違法な活動に国民の税金数十億ウォンが使われたという話になります。

[アンカー]

TFチームから検察の捜査に渡ったのでしょうか?

[記者]

その可能性が大きいです。

[アンカー]

検察の捜査が開始されると、やはり予算とか、このような部分が真っ先に注目されますね?

[記者]

はい、そうです。
既存のコメント裁判では、政治家の介入自体が捜査対象だったが、今回は特殊活動費が使われたことが確認されたため、資金の性格や不法かどうかなどが重要な捜査対象になると思われます。

国家情報院の政治介入は法律で禁止されていますから。
このお金も違法に使用されたので、検察の捜査が入る資金の性格、そして全体の規模が確認されると思われます。

[アンカー]

ない、わかりました。
ソボクヒョン記者でした。 
2部で速報と共に、さらに整理を試みてみます。

引用ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=437&aid=0000159962


*これ、朴槿恵時代からくすぶってた問題なんだけど、政権交代してやっと思いっきり追及できる状況になったようですね。

韓国の歴代大統領は、暗殺、逮捕、自殺などなどで必ず悲惨な末路をたどるというのが今までのセオリーでした。
でも一人、このセオリーに入りそうで微妙に入ってない人物がいます。
李明博ですね。(お兄さんは逮捕されましたけど)
で、これでついに「李明博逮捕」がくるかもですね。


*こんな腐敗まみれの韓国政治ですが、韓国人は「日本より政治先進国ニダ!」「最高の民主主義の国ニダ!」と連日のように叫んでおります。意味不明です。


*中国はもっと大規模なんだろな。韓国で3千人なら中国はどのぐらい使ってるんだろ。
1万人?3万人?6万人?や、10万人ぐらい使ってたりして…








韓国人のコメント


・3500人が受けたお金も全部吐き出さなければならないね。ふふふ
選挙法違反だから罰金50倍で。ふふふ
共感4337 非共感73


・おめでとうございます。
李明博氏、拘束。
共感3643 非共感74


・アルバイトしてた人は、自分が吐き出さなければならない金額がどれだけになるか計算しておいてください。ふふふ
共感3362 非共感46


・馬鹿じゃないんだから、違法だと知っていてコメントアルバイトしていた奴らです。
それに対する処罰が必要です。
共感1100 非共感14


・これが政治報復?
違う、犯罪者の処罰である。
共感1097 非共感27


・李明博は拘束し、当然使われてた税金は押収する必要がある。
関係者もすべて拘束しろ。
共感935 非共感19


・李明博氏、無償給食が食べられますね。おめでとうございます。
闇は光に勝てない。
共感861 非共感20


・政権ではなく、犯罪集団だった。
共感695 非共感16


・今も国防や外交分野のネットコメントは、怪しいものが多いです。
コメントアルバイトチームは今も活躍中だと確信しています。
共感629 非共感13


・誰もが知っていたが、誰も知らなかったこと。
共感460 非共感7


・国家情報院は解体しろ。
お前らはいったいどういう組織なのか?
共感455 非共感14


・クソ野郎たち。
共感357 非共感7


・本当に失われた9年だった…
本当に怒りが炸裂する。
共感226 非共感8


・大当たり。
国家情報院が本当にコメントアルバイト集団だったなんて…
しかも大統領選挙介入まで…
李明博と朴槿恵は、本当に歴代級である。
共感206 非共感4


・国家情報院の関係者全員をすぐに逮捕しろ!
民間人のコメント部隊3500人も逮捕だ!
すべて拘束しろ。
共感179 非共感5


・指示した奴らだけでなく、世論操作や不正選挙に加担した3500人のコメント工作組織員たちもみな探し出して、必ず豆ご飯を食べさせる(*刑務所に入れる)べきです。
そうしてこそ、民主主義の根幹を損なう世論操作と不正選挙が再びこの地で起きない!
共感157 非共感5


・誰かに必ず責任を負わせるべきだ。
こういうことが二度と繰り返されないよう、法に基づいて厳しい処罰をしなければならない。
共感116 非共感2


・鶏よりネズミ~~!!(*鶏=朴槿恵、ネズミ=李明博)
共感107 非共感3


・3500人て。ふふふ
思ったより多いね?
その3500人も見てるんだろう?
ちょっとコメントしてみろ。ふふふ
共感70 非共感3


・コメントアルバイトがいるとは思っていたが、まさか3500人もいただなんて。
共感62 非共感4


・コメント部隊。ふふふふふふ
小学生でもしないようなことを…
共感61 非共感4


・ネイバーコメント部隊から調べろ…
共感39 非共感2


・非正規職3500人をコメントアルバイトとして雇用して隠蔽してたなんて驚くべきことだ。
共感33 非共感2


・李明博を拘束しろ。
共感27 非共感1


・拘束捜査してください。
共感23 非共感1


・ネイバーにもコメントアルバイトがいる。調査が必要だ。
共感20 非共感0


・コメントさえ熱心に書いてたら、国家情報院から堂々と給料を受けていた時期があったんだな…
李明博在位5年は悲しみの歴史だ。
共感20 非共感1


・今でもいる。
明らかに感じることができる。
共感17 非共感1


・検察ファイティング。
共感31 非共感6


・李明博と朴槿恵を死刑に。
共感25 非共感4


・さすがjtbc
共感12 非共感0


・不法者全部拘束しろーー
共感11 非共感0


・3500人のリストを明らかにしろ。
共感12 非共感1


・今はどうですか?
共感12 非共感1


・関係者を必ず死刑にしよう。
共感9 非共感0


・そいつらは韓国民ではない。
共感9 非共感0


・北韓サイバーコメント部隊の人数も把握してください…
共感8 非共感0


・これが政府か?
税金でアルバイトを動員して国論を分裂させるなんて。
共感8 非共感0


・雇用3500人の創出をこのようにしてやってたんだね。ふふふ
共感7 非共感0


・これを擁護する人間は、中国、ベトナムに行け。
自由民主主義ではなく、共産主義にぴったり。
共感12 非共感2


・月に300万ウォンのコメントアルバイトって。
こんなことをしようとして庶民増税したのか、李明博ネズミは。
共感9 非共感1