ノーベル文学賞、無条件に素晴らしい作品なのでしょうか

201702061616587844_img_0_99_20170206165502 (1)



ノーベル文学賞、無条件に素晴らしい作品なのでしょうか

[ソウル新聞]

毎年ノーベル文学賞シーズンになると、私たちは、韓国の作家が受賞するかどうかに神経を尖らせる。
国内で最も有力な候補として上がっては下りるコウン詩人の自宅前には、当然のように記者が取り囲む。
文学賞受賞は、その国の文学レベルが高いという認証だろうか。
文学賞を受けたら無条件に素晴らしい作品といえるのだろうか。

170530_1716~02

世界的な文学賞に対する幾重もの問いを吟味できる本が出た。
「ノーベル文学賞」、「芥川賞」、「直木賞」、「ブッカー賞」、「ゴンクール賞」、「ピュリツァー賞」、「カフカ賞」、「エルサレム賞」などの世界8大文学賞について書いた、日本文学・出版の専門家14人による大胆な『文学賞受賞おめでとうございます』(ヒョナム社)である。

(*日本版は『世界の8大文学賞 受賞作から読み解く現代小説の今 (立東舎) 』ですね。)




0000209056_009_20170615044255668

日本の翻訳家の都甲幸治早稲田大教授をはじめとする日本の作家、詩人、学者、書評家などが、主要な文学賞受賞作を介し、各賞が掲げて目指すところと意味、特性などを、一つ一つ解剖する。
この過程で、特定の文学賞にかぶせられていた過度な権威を軽く剥がすかと思えば、私たちが注目していなかった賞の長所について振り返らせるようにする。

0000209056_010_20170615044255680

昨年ボブ・ディランの賞で関心を集めたノーベル賞は、多くの面で批判のまな板に上がっている。 
「ノーベル文学賞は、世界の文学賞のような雰囲気を漂わせているが、実はヨーロッパにかなり偏っている賞」という指摘が代表的だ。
都甲教授は「ヨーロッパの主要言語しか読めない人が委員に選ばれているため、その言語圏の作家、特に北欧出身が圧倒的に有利な賞」とひねる。

0000209056_011_20170615044255692

2013年の受賞者のカナダの作家アリス・マンローの作品「過度な幸せ」が一例だ。
日本の詩人の 中村和恵明治大教授は「『過度な幸せ」の主人公はロシア人であり、まさに北欧の話であり、選定委員は『彼らの』話として読まれた」とし「モンローがマーガレット・アトウッドより先に受賞したのは、良くも悪くもノーベル文学賞が北欧の文学賞だからではないか」と疑問を提起する。
受賞者のなかには高齢者が多くて、年齢が高いほど受けやすい賞という骨のある冗談も出ている。

一方で英国が、フランスのゴンクール賞に対抗したブッカー賞と、昨年5月にハンガン作家の受賞で国内での認知度が高まったマンブッカー・インターナショナル賞の受賞が均等に高いレベルを維持し、世界文学の動きを見せてくれる文学賞として好評を受けている。
英文学者の武田将明東京大学大学院教授は「商業的にも文学的にも機能しており、信頼度も、中編も長編もすべて受けることができる賞」と意味を付与する。

都甲教授も「マンブッカー・インターナショナル賞はノーベル賞に正面​​から挑戦している」とし「人権という古典的な価値観を重視するノーベル賞とは異なり、純粋に実力だけを考慮するので、マンブッカー・インターナショナル賞は現在活動している作家を選択する」と評価する。

ブッカー賞は受賞者の間に統一性はないが、面白い作品が隠されていて期待を集める賞だというのが対談者たちの評価である。
差がつくのは、他の文学賞と差別化された作品選定条件である。
ブッカー賞選定委員は、文学関係者だけでなく、政治家、放送など、多方面の専門家で構成されていて、毎年交換されて、受賞の多様性を豊かにする。
また、ほとんどの文学賞選定委員が最終候補作だけ読むのとは対照的に、マンブッカー選定委員会は、それぞれ100冊を超えるノミネート作品全体を読んで、受賞作を選別する。
数ヶ月に渡ってノミネート作品を選び(1次ノミネート)、ショートリスト(最終候補)として発表する方法は、出版界に活気を吹き込む賢い広報イベントとしての役割も果たしているという評価だ。

引用ソース
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=081&aid=0002834681&date=20170704&type=1&rankingSeq=7&rankingSectionId=103



*最近小説読んでないや。(BL以外)
韓国関連本の他、最近は心理学系の本とお掃除本にハマッてるみずきです。









韓国人のコメント


・記者は「素晴らしい」と「最高」を混同してる。
当然ノーベル賞受賞の本は素晴らしいです。最高ではないとしても。
どうしてこんなナンセンスな記事タイトルをつけるのか。
共感107 非共感7

・↑韓国人にノーベル賞を受ける能力がないので、無駄にグクポン(*国+ヒロポン/愛国中毒)扇動したんだよ。ふふふ

・↑共感。

・↑私も同じことを思った。受ける能力がないので貶めようとしてるんじゃないの。

・↑ノーベル賞を受けたこともない国がノーベル賞批判というのは笑える話。ふふふ

・↑日本のようにノーベル賞を受けてから批判しよう。

・↑現実には、ノーベル賞>>>>>>ブッカー賞なのに…

・↑あのブドウはすっぱいブドウ!食べなくても分かる!ふふふ
本当に韓国人は、精神勝利だけはノーベル賞級である。ふふふ
精神勝利を測定する「ノーベルの精神勝利賞」を新設してください!
そうしたら、明らかに韓国が取れる!ふふふ

・↑コウン詩人が今まで受賞できなかったのは、李明博と朴槿恵政権の9年間執拗な妨害工作のせいでした。
鶏クネが、コウン氏をブラックリスト1位に上げたのはよく知られていることだ。
進歩主義という人間の価値を志向する人だから…
それに加えて、金大中のノーベル賞に続き、韓国からのノーベル賞排出者がどちらも湖南出身だということに嫉妬した慶尚道のせいでもある。
金大中の平和賞の際、慶尚道の消印が押された妨害の投書が信じられないほど審査員のもとに届いたというのは、あまりにもよく知られているエピソードである…

・↑ノーベル賞をたくさん受けてる日本がこのような記事を出すのはいいけど、韓国人記者が書くとノーベル賞に対する劣等感を表出した精神勝利の記事にしか見なくて…悲しいね…ふふふ

・↑日本を罵りつつ、韓国人は日本人の書いた本でこうやって遊びます。
本当に素晴らしい国ではありませんか?

・↑いや月を指差せば月を見るべきであって、なぜみんな指だけを見ているのか…
重要なのは、一般大衆にはノーベル文学賞というタイトルは世界文学最高だと思っているが、実際にはそうではなくて、かなり主観的な賞だという問題提起をしているんだ。
これは、我が国がノーベル文学賞を取れないことは関係ない。
大事なのは、世界の小説界に韓国小説を広く知らせるどんな方法があるかということで、そういう話をしなければならないのではないか?


・ノーベル賞を取るのも日本。
ノーベル賞を批判するのも日本。
共感68 非共感7

・↑まだ朝鮮人たちの国民性は、日本にしばらく遅れてる。
朝鮮人たちももう、文明文化人になろう…

・↑外国の意見を紹介してるだけなのに、どうして記者の悪口を言っているのか。劣等感か。


・韓国人の読書量を考えると、賞を受けただけで幸いである。
あまり賞のことを問い詰めないで…
共感73 非共感10

・↑ノーベル賞の本を読んでみても、内容がわからないし面白くもなくて、これがなぜノーベル賞なのかわからない。


・韓国文学界は、朝鮮時代のような登壇試験をなくさなければならない。
米国のように、はじめて原稿を出した作家も作品さえ良ければ出版して作家活動できる無限競争システムにしなければならない。
作品が良いか悪いかは、読者と市場が判断する。
どうして文学に、棋士のような登壇とか級とかがあるのか​​?
共感34 非共感2


・食べられない柿だから、刺してみようって?
共感9 非共感1


・世界で最も本を読む習慣がない韓国人にとって、ノーベル文学賞なんて装飾でしかない。
共感6 非共感0


・精神勝利するための記事としか思えない。
共感6 非共感0


・若い世代に受け入れられていない入れ歯ジジイ専用作家が韓国小説界を占めている現実なのに、ノーベル賞が取れるのか。ふふふ
共感62 非共感19

・↑現実は、若い世代は本を読まないし、入れ歯ジジイも読まない。ふふふ

・↑ノーベル賞も入れ歯ジジイ専用だ。
若い人たちはファンタジーを読む。


・世界の8大文学賞?
これは誰が決めたのか?
日本が、自国の文学賞2つを入れて、世界8大文学賞って?
もちろん日本での本のタイトルは、出版社がたくさん本を売るためにつけるから仕方ないが、なぜ韓国人が記事で問題も意識なく世界8大文学賞というのか?
共感5 非共感0


・ノーベル賞が素晴らしいかどうかは分からない。
ただ、韓国文学が最悪というのは分かる。
共感7 非共感1


・作家は生涯創作の分野にだけいた人々だから、頭の中に入っている知識と経験が不足していて、いつも家族の話、愛の物語がほとんど。
法律、医学、科学、宇宙など、さまざまな分野の専門家で、文の才能のある人々が自由に創作できるオープンシステムになってこそ良い作品も出てくる。
登壇システムにより、既存の作家の審査を受けなければ活動できない韓国文学界。日帝時代のままの閉鎖的な環境だから、発展できない。
今は文学と非文学が融合して境界が崩れている時代なのに、この国は古くさいシステムのままだ。
共感4 非共感0


・で?日本と中国はノーベル文学賞を受けたが、この国ってその賞を受けたことあったっけ?
共感9 非共感2


・受けてないのにノーベル賞攻撃。朝鮮人らしい発想。
共感6 非共感1


・それでもノーベル文学賞が最も権威ある賞では?
作家も最も受けたい賞ではあるだろう…
共感3 非共感0


・韓国もノーベル賞を受けてからこういう話をしよう…
共感8 非共感2


・とりあえず一度は受賞してからこういう話をするべきではないか…
共感2 非共感0


・コウンがキムヨナのために書いた詩を読むと、コウンは果たしてノーベル賞を受けるに値する人なのか疑問である。
共感7 非共感2


・情けない。
結局は受けられないから「それは良いものではない」と精神勝利。
共感4 非共感1


・8大文学賞。ふふふふふふ
そんなもの誰が決めたのか。
共感1 非共感0


・いつも本なんて読まないのに、毎年コウン詩人に期待するこの国。
共感3 非共感1


・馬鹿記者「だから韓国人は本のようなものは読まないで、江南スタイルやマルチュム体操を踊っておきましょう」
共感3 非共感1


・ライトノベルが面白い。
共感0 非共感0


・韓国が受賞できない理由は能力が落ちるからであって、他の言い訳をする必要はない。
共感5 非共感2


・コウン - 職業「ノーベル賞候補」
共感1 非共感1


・韓国の小説がゴミなのはファクトと^ㅅ^
共感1 非共感1


・一般的な朝鮮人の劣等感。
共感2 非共感2


・私たちも、対外的にコリア文学賞のようなものを作ろう!
そしてヨーロッパやアメリカの奴らには与えないでください。
共感3 非共感4