ナム(他人、他グループ、他国)のせいにする民族性を修復すれば希望がある
愛あるサポートも、それを受ける人の性質に応じて悪事と解釈される可能性がある

趙甲濟(チョ・ガプジェ)の超少数派サイトから正解と不正解さん。

ダウンロード (1) (2)



ナム(他人、他グループ、他国)のせいにする民族性を修復すれば希望がある

正解と不正解

私たちの国の最大の問題は、特徴的な「ナム(他人、他グループ、他国)のせい」がすべての民族問題の源である。
ひたすら「日本のせい」にするのが主流だが、それだけではなくて、同じ民族同士でも、湖南省は嶺南のせいにし、他の地方は湖南のせいにし、政治家のせいにし、企業のせいにする。
自分のせいだと言う者はあまりいない。

しかし実際のところ、自らの今の状態は自分らせいであり、「ナム(他人、他グループ、他国)のせい」は比重が小さいと見るのが良心である
良心がある社は自分のせいにし、他人に責任を回さない。それが正解である。

この「ナム(他人、他グループ、他国)のせい」は、ある程度までなら理解できるが、私たちはあまりにも酷い。
北朝鮮以上に「ナム(他人、他グループ、他国)のせい」が酷い私たちの現在は、とにかく安っぽ民族性といえる。
与えられるほどに不満が大きくなる地球で最も理解できない低レベルの民族性だ。

「全教組の教育のせい」にばかりもできない。
民族の習性が「ナム(他人、他グループ、他国)のせい」に特化したのは、李氏朝鮮のせいである。まさに朝鮮根性なのだ。
「ナム(他人、他グループ、他国)のせい」にするよりも、天は自ら助くる者を助くの精神を生かして、過ぎさった過去の間違いを中心に教育をするのではなくて、先祖たちがどんな努力をしたかについての教育を中心にしなければならない。

努力して成功した人のことを教えて、「このような方法で成功した」と言うのがよい。
鄭周永(*現代グループの創設者)は学歴が小卒だ。
李明博は、入社すると一番早くに出勤し、機械を手入れをしていたという。他人より早く熱心に頑張ったという。

今、中小企業で社長をしている人は、人よりも早く出勤して遅く帰宅するという。
李明博はソウル市長時代、自分の給料を全部助け合いのために使っていたという。
こういう「良いこと」ことを示し、模範的な行動を教えることが、この民族の未来に希望を与えるものだと思う。

なにより、すべてを「日本のせい」にする傲慢さが、まさに「ナム(他人、他グループ、他国)のせい」の民族性を三流へと引き下ろす主犯である。
「日本のせい」ではなく、彼らの優しさや誠実さや一流の市民意識を教え、私たちが彼らよりも優れた民族となり、未来は彼らに学ぶのではなくて、彼らが親指を上げてくれる一流の市民になろうとする努力をしなければならない。

正解と不正解

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=144442&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


*韓国人は、「恨(ハン)」を抱いて生きていくのを道徳的態度とみなしてる側面があるように思う。
日本人にはいまいち理解できないところだけど。

韓国の「ウリナム思想」は過去に何度か説明しましたが、これも日本人には分かりにくい。
基本的に「ウリ」は「私たち」、「ナム」は「他人」と翻訳するけど、ニュアンスを伝えるのが難しいとよく感じる。私自身、本当に分かってるのだろうかと思うときもあるし。

「ナム」のせいにし、「ナム」に恨を抱き、「ナム」への怨嗟を叫びながら生きていくことが、「ウリ」の結束を強くする。
ナムとウリは並び立つことはない。ウリが幸せならナムは不幸、ナムが不幸ならウリは幸せ。

ちなみにこの「ウリ」の範囲はゴムのように伸び縮みするもので、日本や米国が「ウリ」に入れられているときもあれば、日本や米国が「ナム」へと弾き出されてるときもあります。韓国ウォッチャーが長いと、どういうときにウリにされ、どういうときにナムにされるのか、なんとなく見えてる人もいると思う。
問題は、「ナム」になると絶えず引き摺り下ろそうとしてくるのでウザいんですが、
「ウリ」になればなったで同調圧力と甘えのマモノとなるので非常に面倒くさいということです。
韓国人は、西欧における「パーソナルスペース」の考え方や、日本の「親しき仲にも礼儀あり」という考え方を、言葉では分かっていても、本質的に
理解できてない人が多いように思う。


日本人にだって韓国と同じような感覚がある?
いやいや、レベルがまったく違いますですよ。
韓国の事象について「日本も同じような部分が~」と言い始めると、むしろあの国の本質的な部分が見えなくなったりします。
昨日の記事の「凌遅刑」についてもそうなのですが。


韓国のウリナラ思想は境界性人格障害に非常に似てるし、アダルトチルドレンのようでもある。
数千年属国として親(中国)や両班にDVされてきた影響による民族的精神病なのかしらと思ったりもする。








韓国人のコメント


アベンジャーズ(ハンドルネーム)
私の周辺には「ナム(他人、他グループ、他国)のせい」にする同胞はほとんどいないけど。
みんな自分のせいだと認めている…
いまだに日本のせいにする同胞がいるのか。
歪曲された国史教育の被害者だろう。
教育のせいだ…


従北ハンター(ハンドルネーム)
日本と比較すること自体が恥ずかしいです。
おそらく日本の人々は、非常に不快に思うでしょう。
日本の人々は、世界の人々が認めてる、名実ともに一流の先進国の国民だと思います。
日本の人々についていってたら、今頃は私たちも先進国になっていたでしょう。
キムジョンウンの奴隷になりたい人が国民の中の30%はいるので、希望がないのです。
悔しいです。







━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

愛あるサポートも、それを受ける人の性質に応じて悪事と解釈される可能性がある。

正解と不正解

夏の梅雨の時期になると、水騷動による被災者が出る。
毎年梅雨になると、恒例のイベントとして、「被災者を助けよう」という運動が起きる。
あるニュースで、被災者がこんな訴えをしていた。

多くの組織が、「食べやすくて簡単なラーメンをたくさん送ろう!」とキャンペーンして、被災者にラーメンを送るという。
しかしラーメンだけ送られてもどうしようもない。
湯をわかすこともできないのに、生ラーメンを食べろということか?
キャンペーンするなら正しくするべきという不満だ。

また、いつか見たニュースで、あるお菓子会社が、賞味期限が少しだけ過ぎた製品を救護団体に送って、悪口を言いまくられたというニュースを見たことがある。
賞味期限を少し過ぎた食品を餓死しそうな者に与えるのを悪行だと思っているらしい。

ちなみに私は数日前、食器棚にあったマグロの缶詰を食べた。
よく見ると賞味期限が過ぎていて、捨てようかなと思ったが、見たところ異常があるように見えないので、少し食べてみたのだ。
ぜんぜん異常がないようなので、味噌汁に毎日入れて、賞味期限切れのマグロの缶詰を半ダースすべて消費した。
死ななかったし、胃のむかつきもなかったし、まったくの健康である。

北朝鮮なら、おそらくこういうものを捨てる人はいないだろう。
もちろん「自分は賞味期限切れの食べ物を食べても、他人にはそれを与えない」ということじたいは正しい行動であるが。

ところで私は、日本の配慮や譲歩や謝罪や賠償が、韓国人を傷つきやすい人々に変質させた原因ではないかと思ったりする。
レベルの低い人間に対して、良い扱いをしてやると、その人間は「自分はすごい人間なんだ」と勘違いし、ますます品格が壊れていく。
それが最近の大韓民国の姿のようだ。

日本人は親切だからそうするのである。
しかし、その優しさを受けながら、我々は優しい日本人を見くびりはじめる。
西欧人はただ、日本人が謙虚だと受け止める。
日本の優しさを謙虚さだと思わず、ただ見くびる私たちの傲岸さをなおしたい。

世界の好意があったからこそ今日の独立が可能だったし、彼らのサポートのおかげで漢江の奇跡が可能だったということを記憶して、今日の現実についての感謝や恩返しの気持ちをこの民族に教えて、私たちの評価を上げたい。
「恨(ハン)」と「ナム(他人、他グループ、他国)のせい」の国民性が日増しに深刻化しているような、今日の大韓民国がもどかしい。

正解と不正解

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=144432&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1