[特派員レポート]ソニー、20年ぶりの最高益…ネットワーク会社に変身

ソニーは長い間、韓国人の集団自慰の道具でした。
衰退をネタにホルホルゲームにいそしんでいたんです。
私は過去、それを大量に見てきたのですが・・・


201702061616587844_img_0_99_20170206165502 (1)



[特派員レポート]ソニー、20年ぶりの最高益…ネットワーク会社に変身

ソニーは90年代までは世界の電子業界で最強者に君臨していた会社だ。

小型カセットプレーヤーのウォークマン神話に始まり、家電やコンピュータなどのソニーブランドが持っていた一種のプレミアムブランドイメージは、多くの人々にソニーを買う源泉的な力として作用していた。
しかし変わらない会社が傾くのは全世界のビジネス界の不変の真理で、2000年代に入ってソニーは衰退した名門のイメージを持つそこそこの家電会社に転落していった。

そんなソニーが近年驚くべき変身を介し、新たな章を開くために準備をしている。
そして、その中心には、製造会社としてではなく、「ネットワーク会社」としての変身が位置している。

20年ぶりの最高益実現が目の前に

170530_1716~02


3年前までは、ソニーは赤字を出す会社だった。
しかし先月23日に開かれたソニーの経営方針説明会では雰囲気さえ違った。

ソニーが最近、最大の利益を出したのは、ほぼ20年前の1998年3月発表の5,257億円、私たちのお金で5兆ウォン以上の利益を発表した。
しかしこの時を頂点に、ソニーの評判はますます衰退することになり、2012年3月には裏腹に4,566億円の赤字というひどい成績表を受けることになる。

骨を削る変身の中で、パーソナルコンピュータ事業分野のバイオ(VAIO)は売却され、世界的にTV販売地域を縮小するなど、いくつかの困難を経験した。
1998年、グループ全体の売上高の64%を占めていたソニーの代名詞だった電子事業分野が大幅に縮小される状況を引き受けることになったのは、構造調整がどの分野を中心に行われたのか知ることができる部分だ。

しかしソニーがこの過程で縮小志向の構造調整だけをおこなったわけではない。

ゲームや金融分野などの事業はむしろ強化され、その結果、2018年、8兆ウォンの黒字が見込まれる結果へとのぼっていった。

モノではなく「サービス」を売る会社へ

これらの劇的な変身には、「サービス」を売る会社への変身が最も大きかったと日本経済新聞は伝えている。

代表的なものとして家庭用ゲーム機のプレイステーションがある。
プレイステーションというゲーム機だけを売ったのではなく、インターネット接続を介して映画やミュージックビデオなどを販売する有料会員サービスは、米国で好調な利益拡大に資しているという分析だ。

201702061616587844_img_0_99_20170206165502 (1)

ソニーはプレイステーションを通じたネットワークサービスの利用者が月に7,000万人水準だと明らかにしている。
利用時間的に見れば、週6億時間程度プレイステーションネットワークを通じた新たなサービスと収益の章を作ったのだ。

「消費者が遊べる場を作りなさい」というオンライン会社の大命題を、ソニーはプレイステーションというハードウェアと融合して作ったわけだ。

201702061616587844_img_0_99_20170206165502

ゲーム分野は20年前、グループ全体の利益の10%程度を占めるに過ぎなかったが、2018年には23%まで上昇すると予想されている。
音楽や映画まで合わせれば、電子会社だったソニーがサービス分野で上げる利益が全体の利益の40%を超えるものと見られると日本経済新聞は伝えた。 
「収入のほとんどがサービス事業効果」と呼ばれるソニー内部の評価も付いている。

逆に、その期間中、電子分野の事業で稼ぐ利益はグループ全体の売上高の半分以下と大幅に減少した。
今のソニーは、エレクトロニクス企業ではなく、ネットワーク会社、あるいはサービス会社ということだ。

ゲームを通じたネットワークビジネスの成功に支えられ、自然にソニーの事業の方向は、こちらに焦点が合わせられている。

消費者との接点を達成できる優れたハードウェアを提供し、ここにとどまらず、消費者との感性的な接点を見つけるサービスを提供しながら、追加的な安定利益を創出する戦略である。
ソニーがロボット事業の再開を知らせ、AI事業にも力を入れている理由を、ここに見つけることができる。

引用ソース
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=056&aid=0010466451&date=20170610&type=1&rankingSeq=4&rankingSectionId=105







韓国人のコメント


・韓国はゲームが悪の枢軸。
日本は最大の利益。うまくやってるよ。
共感547 非共感21

・↑ゲーム業界は、創造経済です。もちろん生産する立場での話。
明らかにすべき点は、消費の面での損失です。
国内のゲームユーザーがあまりにも多く、消費時間が長く、ゲームをするだけ時間的なコストもかかるので。

・↑日本が再び浮かび上がるよ。
大韓民国はすでに共産化されたのに。

・↑近いうちに、ソニーがサムスンを超える。サムスンはもう落日。

・↑ソニーがサムスンを?ふふふ
最大の営業利益8兆ウォンの会社が、昨年30兆の会社を追い抜く?ふふふ

・↑ソニーは、サムスン電子の四半期の営業利益にもならない。ふふふ


・文化産業の中で最もお金になるゲームで常勝疾走した側面が大きかった。
プレステは神の一手だった。
共感391 非共感13

・↑インターネットネットワークベースの社会に適応していかないといけないということだ。
さて、もう一つの革命として、人間が搭乗するドローン時代が到来すると、バイクを作るスズキやトヨタのような自動車会社も一発で吹き飛ぶのではないかと慎重に推測してみる。


・韓国では麻薬と呼ばれているものを日本は成長させてうまくいったんだ。
共感332 非共感12

・↑以前はソフトウェア業界で韓国が世界と匹敵する唯一の分野がオンラインゲームだったが、今は台無しになった。
もう大規模な投資もなく、小さな会社はすべて滅びた。
政府が成長するできる足場を根絶してしまった。

・↑あなたの息子や娘がゲームで滅びることを願います。

・↑韓国は、ゲームだけする廃人があまりにも多かったので…


・ゲーム、映画、音楽、金融などの分野で成功を収めた効果が大きかったか…
共感181 非共感8


・ゲーム産業は、ヘル朝鮮には麻薬のような存在で、ニッポンでは巨大な利益の創出。ふふふ
共感21 非共感1


・ソニーはネットワーク会社に変身していて、サムスンはソフトウェア会社に変身しようと努力しており、LG電子は戦場事業に力を入れている。
そんななか、不動産会社で勝負している現代。
共感21 非共感3

・↑現代は何をしているのか。
トヨタは環境に優しい自律走行車に研究費だけで15兆ウォン使うと聞いた…


・ソニーが開発したプレイステーションは本当に神の一手だった。
オンラインではソニーだけのプレミアム利用権を構築してお金を一掃していく。
ソニーの変身には非常に非常に期待される。
子供の頃、ソニーを賛美していた一人の少年として。
共感14 非共感1

・↑ソニーというと何となく感性が感じられました。
本当にその感じはまだ思い出として残っています。


・なぜネクソンが日本に本社を移転したのか分かる。
日本はゲームを次世代産業として育てるが、韓国は90年の漫画殺害政策から抜け出せず、麻薬扱い…
女性部は、学校暴力はゲームのせいだといって、卓上政策をして…
共感12 非共感1

・↑女性部は本当に無駄なことばかりする。


・私、ps4にお金をすごく使った。
私のような人が一人や二人ではなかったのだろう。
共感6 非共感0


・女性部をなくせ。
あいつらがゲーム業界を荒廃させる。
共感6 非共感0


・日本企業はもう滅びたし、韓国企業は世界一だと言っていた韓国人たちはみんなどこへ行った?
ベースのある日本企業が一日で崩れると思うのか?
先進国の称号は簡単に与えられたわけではありません。
以前のように、日本製品よりも少し安く売る戦略は通じまくなった。
共感14 非共感3

・↑もともと朝鮮人たちが唯一上手なのが精神勝利である。ふふふ


・韓国が漫画を叩き、ゲームを叩いてるとき、日本は私たちとは正反対の行動をした。
共感8 非共感1


・今のソニーはプレイステーションがすべてを生かしている。
共感8 非共感1


・「子供たちに悪い影響を与えます!獣の脳になる!」-by女性家族部
共感8 非共感1


・進化したよ〜うらやましい〜
共感6 非共感1


・日本で最もうらやましいのはゲームと漫画だ。
共感8 非共感2


・今のサムスン電子は四半期の利益だけで10兆ずつ稼いでいる。
ソニーが1年で稼ぐ金額をサムスンは四半期でそれ以上に稼いでいるということ。
共感7 非共感2

・↑ソニーとサムスンは今はもう競合会社ではないが…分野が違います。


・韓国はゲームに対する規制政策ばかりずっと出し続けている。
共感1 非共感0


・イヤホンヘッドホンもたくさん成長しました。
共感1 非共感0


・ソニーは薬物商売か。
共感6 非共感2


・8兆ウォンだと、韓国ならサムスン電子の次にたくさん稼ぐ会社じゃないの…うらやましい。
共感0 非共感0


・まだ生きてたんだね。
共感5 非共感2


・ふふふ、笑わせる。
それも長くは続かない。再び滅びる。約束する。ふふふ
共感2 非共感1


・近いうちに滅びる…
共感3 非共感2


・投資する価値がある会社ですね。
共感4 非共感3


・プレステ4は名作である。
共感4 非共感3


・チョッパリ企業はすぐに滅びなければならない。
過ちを認めない奴ら。
共感1 非共感3