朴正煕がいなかったら日帝時代を懐かしんでいただろう

趙甲濟(チョ・ガプジェ)の超少数派サイトから正解と不正解さん。

170530_1716~02



朴正煕がいなかったら日帝時代を懐かしんでいただろう

正解と不正解

李承晩政権時代の米国の援助がなければ、韓国でも北朝鮮の300万人餓死が現実化していただろう。
日本が残していった工場はほとんどが北にあったので、韓国は生きる道が苦しくて果てしなく激しい飢餓の地だった。

しかし、米国というヒューマニズムの国が、莫大な援助物資を支援してくれたおかげで、北と同じ飢餓の地で、飢えて娘を売って息子を殺す残酷な現実を克服し、300万人の餓死者も出ず、現実を克服することができた。

加えて、米国のおかげで民族が解放され、「天国を与える」と言いつつ民族を殺そうとしていた北の悪魔を阻止することができた。
解放されたからといって、別にそれで豊かになるわけではない。
同じように解放された北では、今でも無数の私たちの同族が政治犯収容所で竹槍に刺されて死んでいるのが現実だ。
朴正煕の漢江の奇跡がなかったら、それは今の私たちの現実になっていたのだ。

一言でいうと、そういう状況だったら、日帝時代のほうがずっと良かったということだ。
いまだに死が身近にある北の現実をみれば、私たちが日本を罵る資格などまったくないレベルだということである。

朴正煕がいなかったら、今の指導層の様子を見ていると、北の現実がまらに私たちの現実だっただろう。
朴正煕の統治を懐かしんで彼の子孫である朴槿恵を大統領にしたわけだが、彼女は朴正煕になれるどころか、むしろ李明博より北に接近しようとした。

北が私たちの同族か?
いや、彼らはもうすべての面で、私たちとは違う民族だという気がする。
金日成王朝に洗脳され、何も知らず、敵意にまみれて私たちを殺そうとする私たちの敵だ。

もし北に占領されれば、この国は、日帝時代とは比較不可の死の地獄の国になるだろう。
私は統一もしたくない。
あの赤い悪魔に洗脳された奴らなんて、いくら同族だとしても嫌いだ。
今の韓国の左派もまったく転向できない現実なのに、北にいる骨髄からのアカが転向できると思うのか?

このまま統一すれば、中途半端な右派まで赤化して、人民共和国の地獄の国になる。
統一するにしても資格がなければならない。
我々は南の人間同士ですら左右に分かれて戦ってるのに、統一なんてできるのか。デタラメとしか思えない。

正解と不正解

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=126694&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=30







*「朴正煕がいなかったら韓国は発展していなかった」←これはその通りだと思います。
でも日本統治時代を懐かしんでいたとは思いません。「貧しいのは日本のせい!」ってことにしてたと思います。
ただ反日は今よりはマシだっただろうとも思います。

「名分」を振りかざして分裂して内部で戦うのが得意技のあの国のことだから、軍事独裁で20年近くの長期間権力を牛耳っていた朴正煕の英断なくしては、日本との国交正常化は難しかったんじゃないかなと思います。

もちろん日本の援助のおかげが大きいです。
朴正煕はお金だけでなくて、国の基礎となる莫大な技術支援まで日本から引き出した天才政治家でした。
この人は、日本の扱い方をよく知っていた人だとも思います。
日本を誉めて、日本人に「この人は親日だ!」と思わせたエピソードは有名ですね。
そのエピソードを簡単にいうと、酒席において日韓の閣僚たちが日本語で会話をしている最中、韓国側の高官が歴史問題で日本を批判しはじめた。その高官をいさめた上で朴正煕は「日本を私は感情的に非難するつもりはない、むしろ私は評価している。」と語っていた、というやつです。
このエピソードを嬉々として語る保守論客をたまに見ますが、これさー、ヤクザのやり方でしょ。手下のチンピラにギャアギャア罵らせて、「まあまあ」と親分が笑顔で割り込んでいって、素人に「親分はいい人だ!」って思わせる手口ね。この手口にやられる人はピュアですね。
そもそも朴正煕は長い独裁期間中に、がっつり反日教育を整備した人でもある。

金大中拉致事件のこともある。
これは朴正煕が韓国中央情報部 (KCIA) を使って日本の地でおこした事件ですが、この経緯をたどっていくと、朴正煕はどんだけ日本を舐めてるんだよと思いますよ。(ちなみに金大中は、日本の海上保安庁のヘリが拉致船を追跡したために、海に投げ込まれて殺されずにすみました)
この件で日本政府は、主権侵害に対する韓国政府の謝罪と、日本捜査当局による調査を要求していたわけですが、朴正煕はその事実を否定し、日本の要求を拒否し、ウヤムヤになっていく。
なぜウヤムヤになっていったかというと、その後、朴正煕の妻が暗殺されて、その犯人が在日だったことを逆手にとって、「日本のせいだ!」とむしろ日本を攻撃しはじめるという逆ギレ作戦を朴正煕がとったからです。妻の死まで政治利用したすごい人です。朴正煕はこのとき、韓国国内での反日デモを煽って激化させ、「韓国国民の情緒」を外交カードとして利用して、日本にそのカードをぶつけてきた人でもある。本人は親日のふりをしながらね。日本はこういう逆ギレ作戦に弱いんだよね。

いったいどこが親日なんでしょうか。
彼を親日だと言ってる日本の保守論客や一部の韓国ウォッチャーは、いったい彼の何を見てるのか。
有能だと思いますが、改めて、私はこの人が大嫌いです。
つい最近も保守の某論客さんが「朴正煕は親日」って言いつつやたら持ち上げててゲンナリしたんだよ~(>_<)
うちのブログでも、最初のころは朴正煕を誉める人がコメント欄にわりと多かったんだよ。けど、どんどん少なくなってきました。私がせっせと朴正煕を批判してきたのもそうなった理由の一つかな?と思うと嬉しいです。笑