「韓日慰安婦合意の再交渉、希望が見える」

201702061616587844_img_0_99_20170206165502



「韓日慰安婦合意の再交渉、希望が見える」

201702061616587844_img_2_99_20170206165502

ユンミヒャン挺対協代表「ムンジェイン - 安倍通話、韓日合意の再交渉の立ち上がり」

- 韓日合意から500日、新政府での最初の水曜集会

- 日本の記者たちが多く…関心が集中

- 「すでに受けた10億円を返そう」

- 新しい政府、慰安婦問題を正さなければならない

CBSラジオ「時事ジョッキー チョングァンヨンです」

■放送:FM 98.1(18:30〜20:00)
■放送日:2017年5月11日(木)
■進行:チョングァンヨン(翰林国際大学院大学教授)
■出演:ユンミヒャン代表(挺対協)

◇チョングァンヨン>ムンジェイン大統領が就任した昨日、韓日慰安婦合意が締結されてからちょうど500日目だったそうです。そして水曜日でした。日本大使館の前では、間違いなく水曜集会が開かれましたね。今日ムンジェイン大統領は、日本の安倍首相と電話通話をしながら、私たち国民の大多数が慰安婦の合意を感情的に受け入れていないという話をしたと言います。電話を繋ぎます。ユン代表様、こんにちは。

◆ユンミヒャン>こんにちは。

◇チョングァンヨン>ムンジェイン大統領と安倍総理の電話通話の内容を聞いて、どのように感じましたか?

◆ユンミヒャン>少し安心しました。何よりも最初の通話で、安倍首相は「合意は履行しなければならない」と言って、日本の本音をそのまま露出しましたが、それに対してムン大統領は「国民は受け入れていない」と言いました。そう言ったのは、拒否したということでしょう。

ムン大統領は遠まわしに話しましたが、合意を履行できないということについて、国民が受け入れていないというふうに遠まわしに発言したということでしょう。実際、これこそが極めて常識的な話なのに、朴槿恵政権があまりにも韓日合意を被害者を傷つける方法で行ったので、あの電話は私たちにとっては勇気づけられる現実として受け入れています。

◇チョングァンヨン>それでもはっきりと、「合意案は無効」というふうには言わなかったと聞きました。

◆ユンミヒャン>そうでしたね。キムボットンおばあさん92歳にこのニュースを伝えて、「おばあさんいかがですか?少しは勇気づけられましたか?私の気持ちは、あんなふうに慰安婦問題は書き換えてはいけないもので、適切に日本政府が責任を認めて謝罪して賠償することが解決です。それでこそ受け入れることができますね」と言ったら、おばあさんは「良いことをした」と言われました。

被害者の心では、大統領のその発言だけでは不足だと思うのが当然にもかかわらず、これを肯定的に評価したいと思っているのは、あの韓日合意というものが、国の間で行われた政治宣言であり約束だったにもかかわらず、新たに就任した大統領が、勇気を出してそう言ったからです。ムン大統領は候補時代、韓日の合意を無効にしたいと約束し、さらに再交渉したいという約束を国民に対してしたので、これが最初の出発です。希望を持ってもかまわないだろうという気がします。

◇チョングァンヨン>もしこれを無効にするとして、日本のお金10億円は既に入ってきているわけだし、さらに多くの被害おばあさんたちに、一人当たり1億ずつを伝達されたでしょう。これをどうするのが正しいと思いますか?

201702061616587844_img_0_99_20170206165502

◆ユンミヒャン>返さなければならないという声が今ほとんどでしょう。特にムン大統領も候補時代にそう言っていました。そして他の大統領選挙の候補も、そのような立場を表明していたでしょう。今現在私たちが知っているのは、最初は32人に支給されたけど、そのうちの1人は、おばあさんの甥がおばあさんも知らないうちに受領したとして、和解治癒財団に戻したということが分かっています。

そうなると、31人が受けたということですが、私たちの今の考えでは、31人ぶんのお金に加えて、今財団が使っている運営費があります。今年の予算で5億6000程度と聞きました。だとすると、10億円のうち、約40億ウォンがすでに消費されたということでしょう。だからそのぶんも加えて返さなければならないと考えます。

そうなると、その1億ウォンを受け取ったおばあさんは、今はとにかく心がとても複雑ですね。日本政府が今もずっと妄言を続けているからです。また国民的な世論でも、その合意は誤った合意だという話をしているので。本人がお金が必要で受けたにしても、あるいは本人が知らないうちに受けたとしても、おばあさん本人が今最も被害を受けている方ですね。被害当事者なのに。

しかし今、政府がもしそれを加えて10億円を再び日本に戻してくれたら、そのお金は、日本ではなくて韓国政府が私たち被害者を支援することにしたということになるので、むしろ被害者の名誉も上がるし、私たち国民の自尊心も立てられます。また、それを拒否しているおばあさんが、今もまだ相変わらずいるのです。

そのおばあさんは、私たちの今の「正しい記憶財団」で20万キャンペーンの募金活動をしているんです。また、募金で国民がおばあさんを慰労してくれれば、私たちはこの機会に、本当にその韓日合意によって傷ついた心も癒すことができるし、この慰安婦問題を再び正しい解決へと導いて行くことができるし、そのための基礎を新たに作ることができる、そんな気がしています。

◇チョングァンヨン>シンプルですね。

◆ユンミヒャン>そうです。

◇チョングァンヨン>そのまま政府が日本に返して、おばあさんには私たちの税金で支援したことにして、拒否していたおばあさんには国民の寄付で支援して、、こうすればいいですね。

201702061616587844_img_0_99_20170206165502 (1)


◆ユンミヒャン>そうです。

◇チョングァンヨン>ところで、そのためには、まず政府がこれについて無効宣言をしなければならないでしょう。

◆ユンミヒャン>そうです。

◇チョングァンヨン>どうするのでしょうか?

◆ユンミヒャン>今はひとまず、今回の対話でやっと始まったという気がしています。受け入れることができないと拒否したのは、私たちはそれをそのままにはしないと言ったということだし、まだ外交ラインや女性家族部長官が誰になるかなどがまだ分かっていないので、そういったラインが作成されれば、その手続きを進めるのではないでしょうか。

ただし、私たちが期待しているのは、過去のその韓日合意が全く疎通のない状態で、政府は、被害者の問題について政府が独断で処理していたことでしたから、この新しい政府は、被害者あるいは関連団体や専門家と共に、お互いにコミュニケーションをしつつ、機構を作って解決をしていくというような方法で、賢く賢く解決していくならば、できないものはないと思っています。

◇チョングァンヨン>挺対協側のこのような要件を、新しい政府側に伝達する計画のようなものはありますか。

◆ユンミヒャン>当然です。外交部の長官が任命されて、大統領府の中で外交部首席が任用されたら、私たちはすぐに進めるつもりです。

◇チョングァンヨン>昨日は新政府に入って最初の水曜集会でした。もしかして新政府が発足したので、より多くの方々が集まっていたのでは?

◆ユンミヒャン>日本の記者たちがたくさんいました。

◇チョングァンヨン>日本の記者たちが。

◆ユンミヒャン>日本の記者たちが大きな関心を見せていました。すでにムン候補時代の時から、すべての候補者がこの韓日合意は間違っていたので無効化すると言い、しかもあのホンジュンピョ候補ですらとても強くその言葉を言っていましたから。

だから十分日本のマスコミもそういうことを知っていたにもかかわらず、「本当にそうなるだろうか」と。日本としては、全く分からないので、こういった変化でどうなるのか、日本のメディアが関心を持っているのです。今、新政府が発足したことについて、日本社会がそれだけ関心を持っているということを意味しているし、また、それ自体、私たちが慰安婦問題を適切に正すことができるきっかけになるような気がします。

◇チョングァンヨン>日本政府も合意は約束だから必ず守らなければならないと公式に話していますが、しかし内心ではある程度は覚悟をしているでしょうね。

◆ユンミヒャン>そうだと思います。

◇チョングァンヨン>わかりました。今日の安倍首相との電話通話で、最初の一歩を踏み出したと評価する。この言葉を聞けました。ありがとうございます。

◆ユンミヒャン>ありがとうございます。

◇ジョングァンヨン>韓日挺身隊問題対策協議会ユンミヒャン代表でした。

引用ソース
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=102&cid=1057783&iid=49384170&oid=079&aid=0002966222&ptype=052


*これについてですが、韓国側が破棄したら、「米国の逆鱗に触れるだろう」「世界が韓国を信頼できない国だと思うようになるだろう」と予想してる人がいますが、そういうのはあんまり期待しないほうがいいと思います。
米国を絡ませたのは良い作戦だったと思いますが、表立って胸のすくような行動はしてくれないでしょう。米国だけじゃなくて、どの国もそうです。慰安婦問題に基本的に世界は関心がないし、各国政府は面倒くさくなればなるほど関わりたくないという思いを強くするでしょう。さらに世界のリベラルマスコミは、間違いなく今後も慰安婦(韓国)の味方をし続けます。
何十年もかかってじわじわとこの状況になったわけで、簡単にはひっくり返りません。
大事なのはそこじゃないし、そこに真っ先に期待してたらバカを見ることになると思います。

最も大事なのは日本の国民的世論です。
で、韓国側が破棄してきたら、日本は歴史問題において韓国側の要求を今後いっさいマトモに相手しなくていいという名分を得ることになる。
もちろん今までも日韓請求権協定など名分はあったんですが、日本はそれを利用できなかった。外交がアホだったこともあるけど、それ以上に国民的世論による後押しがなかったからです。ほんのちょっと前までは、日本国民の大多数が慰安婦に同情的だったことを忘れてはいけない。歴史問題についての日本外交の態度は、日本国民の世論の反映だったともいえるわけです。
そもそも日本の一般の人々は、私たち嫌韓とは同じようには考えません。
でもまた破棄してきたら、もうさすがに「国民的世論を背負った名分」を手に入れることができるでしょう。
それだけ?と思うかもですが、「だけ」じゃないです。それこそ最も大事な部分です。今までそれがなかったんです。
ただ、サヨクマスコミがまた邪魔するんだろうなと思うとゲンナリしますけどね。
しかもその名分、日本が気を抜けばスルッと逃げていって日韓請求権協定状態になりますから。








韓国人のコメント


・安倍首相は謝罪する気持ちが毛頭ないと言いながら、合意履行をしろ、お金さえ払えばいいという考えはいけない。
真の心で謝罪せよ。
共感717 非共感12

・↑挺対協は名前が示すように、「韓国挺身隊問題対策協議会」の略だが、2000年代初頭まで、「勤労挺身隊」(日本の国家総動員令によって徴用されて、日本の工場で働いた女性の労働力)と「慰安婦「(日本軍が朝鮮総督府に「募集」を委託し、朝鮮総督府が全国の花街相手に募集した性奴隷女性)を同じものとして扱ってきた団体である。一言でいうと、「日本軍が強制徴用の朝鮮女性を慰安婦として連れて行った」という主張がここから出てきたものだが、これは「勤労挺身隊」と「慰安婦」の事例をちゃんぽんして作った主張である。
そのうち挺対協は後に、「勤労挺身隊」と「慰安婦」は全く違うケースだということを悟った。しかし今までの主張を撤回すると、団体の存立に危機が訪れるので、従来の主張を少しひねって繰り返してきた。真実は、元慰安婦は朝鮮総督府がポン引きと相手に募集をかけて、そのポン引きが就業詐欺、人身売買、誘拐などの犯罪行為をして慰安婦おばあさんを性奴隷にしたものなのに、挺対協の従来の主張を撤回するできないので「勤労挺身隊」の「強制徴用」の内容を「慰安婦」の事例に入れて、「慰安婦は日本軍が強制的に連れて行って性奴隷にした」と変質させた。

・↑今の安倍の行動を見てると再交渉はない。
大統領はすぐ履行するようにというのが安倍の立場だ。
再交渉ではなくて破棄が正解である。

・↑汚れたお金なんて受けないので再交渉して。

・↑ギャグのようだ。
朴正煕時代に日本から大量のお金を受けて経済発展したのに、ちょっと豊かになったらまたごり押しする半島人たち。
これだから日本で嫌韓が生まれるんだ。

・↑パククネのウンコの片付けに苦労が多いです。
トイレの便器は毎回交換してるのに、なぜ大きなウンコを韓国に残したのか?


・天下のホンジュンピョでさえ慰安婦合意は絶対にいけないと言った。
共感558 非共感25

・↑そう言わなければ支持を受けられないので、当然そう言うだろう。
これが韓日関係が絶対に良くならない理由だ。
いつも大統領選挙で反日感情を扇動して支持率up
無限の繰り返し。ふふふ

・↑日本のやつらがしっかり謝罪した事がありましたか?
日本から関係改善しようという意志がないのに、なぜ私たちばかりがいつも手を差し出すのか?


・今まであっちこっちにずるずる引きずられていたが、強くて確固たる意志を見せてくれたムン政府。
心がすがすがしい。
共感114 非共感4


・慰安婦たちと安倍が直接会わなければならない。
共感93 非共感2


・ユン病身(*ユンビョンセ)を処断しよう。
共感38 非共感1


・これは単に慰安婦だけの問題ではない…
国民が受け入れることができる合意をしなければならない。
共感39 非共感2


・再交渉ではなく、一方的な破棄の通知が答えである。
共感38 非共感2


・日本は本気で謝罪する姿勢がないように見える。
共感34 非共感1


・「その人を知るためには、その人を正しく知るためには、その友達を見ましょう。皆さん、私は、私が非常に尊敬している、年齢は私よりも若いが、非常に信頼できる友達 - ムンジェインが私の友人であることを非常に誇りにに思います!私は大統領の器があります!なぜなら私はムンジェインという友人を持っているからです!」盧武鉉元大統領2002.11.02選挙対策委員会の発足式のスピーチより
共感34 非共感1


・朴槿恵を安倍に売ろう。
共感21 非共感1


・パククネ政府の親日派の要人たちを懲戒にしろ。
共感17 非共感0


・当然慰安婦の合意は撤回。
当事者が望まない合意はありえない。
共感16 非共感0


・慰安婦の合意、必ず再び…
生意気な安倍!ドイツをちょっとは学べ。
朴槿恵は本当に国のためにしたことが一つもない。
共感15 非共感1


・慰安婦問題は協議の対象ではないと思う。
ただ事実を記録して、日本の奴らがどれだけ協議を要求してきても、政府が直接お金で解決に合意することがあってはならない!
共感9 非共感0


・原則、正義、強靭さを備えた大統領。
今の大韓民国に必要な大統領。
共感10 非共感1


・心からの謝罪をしなさい。
どうすれば本気で謝罪するのか?
日本軍の惨殺をしてやったら本気の謝罪をするのか?
天皇の性器を切り捨ててやったら本気の謝罪をするのか?
謝罪しても真正性がないのなら、永遠の敵である。
共感4 非共感0


・112年前に乙巳条約という事件があった。
それで外交権を剥奪された。
高宗が無効宣言をしたが、無駄だった。
力がなかったからであり、朝鮮に親日派がいたからだ。
しかし今は違う。
大統領は慰安婦の合意を破棄できる。
国民の力が必要だ。
恥辱的な歴史を繰り返さないようにしよう。
共感4 非共感0


・たった100億であの汚れた恥辱に目をつぶり、自尊心を売るのか??
チェスンシルが食べたお金はいくらだった?
前回の交渉は恥辱的な合意で、合意したその日は第2の国恥日だった。
共感4 非共感0


・慰安婦合意書の全文を公開しましょう。
共感4 非共感0


・再交渉よりも前に必要なのは、日本のまともな謝罪だ。
共感4 非共感0


・謝罪のない補償は、歴史的な間違いをお金で隠そうということだ。
既に支給した40億ウォンは、国民の寄付で埋めることができる。
だからその程度の10億円は返せ!
共感6 非共感1


・親日極右は国も売って食べる。
共感3 非共感0


・韓日慰安婦交渉破棄、独島は私たちの土地。
共感3 非共感0


・国民が認めません。
当事者の慰安婦たちが望む条件を聞く必要があります。
当事者と国民が認めない合意は合意ではありません。
おばあさんが亡くなる前に耳を傾けていただきたいです。
当事者が認めていないので、慰安婦の合意は自動的に破棄です。
共感3 非共感0


・協議できると思うか?
まずは日本が間違いを認めて謝罪をしてこそ、協議ができる。
共感5 非共感1


・韓日慰安婦の合意は、そもそも推進してはいけない交渉だった。
慰安婦問題は歴史の記録であり、日本を圧迫して反省させなければならない恥部だ。
なのにお金で免罪符を与える交渉を何故するのか?バカである。
共感2 非共感0


・朴槿恵とその一味が慰安婦の交渉もマトモにできなかったので、こんなことになった。
共感2 非共感0


・在日3世ですが…
日本人たちの情緒上、合意を再び反転させるのは容易ではない戦いになりそうです。涙
共感2 非共感0


・安倍は心からおばあさんたちに謝罪しろ!
お金で解決できる問題ではない!
共感2 非共感0


・日本は謝罪もしないし反省もないし最低限の認識もい。
だからまず履行しなければならないのは日本のほうだろう?
共感2 非共感0


・国に力がない悲しさ。
胸にもう一度剣をさしました。
本当に、まともな謝罪を必ず受けなければならいません。
亡くなった祖母のことを考えると、胸がつかえます。涙
共感4 非共感1


・河野談話を安倍がひっくり返したので、慰安婦の合意も私たちがひっくり返すことができる。
私たちはお金よりも真正性のある反省を望んでいる。
共感1 非共感0


・合意ではなく謝罪しろチョッパリ。
共感1 非共感0