ろうそく狂風が「韓半島戦争」を呼び込んでいる!
【関連記事】北核を恐れていない韓国人たちの心理状態

趙甲濟(チョ・ガプジェ)の超少数派サイトから、お久しぶりのキム・ピルジェさん。

201702061616587844_img_0_99_20170206165502



ろうそく狂風が「韓半島戦争」を呼び込んでいる!

キム・ピルジェ

米国が1994年の第1回目の核危機当時、北核施設を先制攻撃しなかったのは、有事の際に韓米両国大統領が共同行使する戦時作戦統制権(戦作権)に応じ、金泳三大統領が戦争に反対したことと、韓半島戦争勃発時、大規模な死傷者が発生するという米国防省の内部の評価のためだった。

当時の米国の行動は、自由民主主義国家で東北アジア最大の友好国の韓国の立場を最大限に考慮したものだった。

ところが、米国が対北の攻撃を可能にする条件を、今回は韓国自らが招いている。
朴槿恵政府の最大の失敗は、親中反日だった。ただ反米をしなかっただけだ。

米国は、韓米相互防衛条約に基づいて、韓半島駐留米軍部隊などを守るため、電撃的にサード(THAAD)を配置したが、最近のレックス・ティラーソン米国務長官の行動から分かるように、韓国が果たして米国の同盟なのかということを疑っている。

これまで親中 - 親北 - 反日勢力は、一体となって動いてきた。
今度の大統領選挙でこれらの勢力が政権を握ると、韓半島全体が親中 - 親北 - 反日化するだろう。
簡単に言うと、米国の同盟から韓国が自ら離脱して、米国と日本の敵になるということだ。
韓半島全体が赤化して、米国の敵になると、米国はこれまでの韓国の防衛の重荷(burden)が軽くなる。
いつでも大々的な北爆が可能となるのだ。

これまで筆者は、韓国が米国の同盟国である限り、米国の対北攻撃は不可能だと考えてきた。
しかし、朴槿恵大統領の弾劾以降、すべての状況が変わった。
韓国のすべての諸条件が、5月の大統領選挙で左派政権ができるように収束している。
私たちは自ら禍を招いた。

キムピルジェ

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【関連記事】北核を恐れていない韓国人たちの心理状態

キムピルジェ

北朝鮮の4回目の核実験以後、記者は二度に渡って某テレビに出演し、北朝鮮の核問題と関連して解説をした。
当時、某テレビの関係者は、放送開始前、「北朝鮮が時をわきまえずに核実験をするので、もう国民の関心がなくなったようだ。核問題は内容も理解しにくくて、視聴率も一般的な政治問題と比較すると半分にしかならない。明日はテーマを国内の政治問題に変える予定だ」と述べた。

これまで記者が懸念していた問題が現実のものとなっている。
北朝鮮の核問題は、韓国の無関心によって、最悪の状況に行くしかない構造的な問題を抱えている。
国が個人の生命と財産に責任を負わないならば、「各自で生き残るようにする」しかない。

以下は、2015年4月にまとめた内容である。

 
1、北朝鮮が核を保有している事実を全く知らない。
→田舎で農業をしている韓国人の多くが、北が核を保有していることを知らない。
  
2、まさか金正恩が韓国に向かって核を使用することはないだろう。
→勉強をたくさんした保守性向の人々は、このような話をする。
   
3、米国がいるので、北朝鮮が韓国に向けて核を使用しないだろう。
→親米を超えて従北に近い人々は、このような話をする。大韓民国の独自の核武装が難しい理由が、まさにこのためである。かれらは米国の戦術核の韓国への再配置にも反対する。理由は、北核の存在を私たち自身が認めることになるからだそうだ。かれらの最大の特徴は、北核能力を縮小する報道が出てきたら、事実関係を確認せずに無条件に信じるということだ。
  
4、北核問題は関係ない。時を見て、すべての財産を持って海外に逃避すればよい。
→状況をよく知っている人の中には、こういう類が意外に多い。すでに米国などの海外に財産を映しているケースが多い。
  
5、北朝鮮が核兵器を保有しているという事実は知っているが、そのレベルがどの程度なのかわからない。
→軍将校出身者にこのような人物が多い。軍でしっかり教えないからである。
  
6、核武器の怖さを知らない。
→実際に核を落とされないと精神がマトモにならない人々である。
  
7、暮らしに忙しい。何が北核問題か。
→万事放棄型の人々。大多数の韓国人たちがこれに該当する。
  
8、北核はどうせ解決できない問題だ。自分だけ被害がなければ良い。
→公務員の中に、このような類が多い。誰も気にしないのに何故私が気にしなければならないのかという論理だ。

9、北核とミサイルが深刻だということを知っている。しかしこの問題は、現政権で解決できる問題ではない。次の政権で世話をするべきことである。
→青瓦台・国防部・国家情報院の関係者がこのようなタイプである。かれらは通常、財産が多くて、いつでも外国に逃げて行く準備ができている人々である。
  
10、政府が北核の実体を正しく知らせていない。
→インターネットを少し探しても、北朝鮮の核問題の実体を知ることができる世の中である。どうせ今日の人々は、政府発表を信頼しない。

11、北核問題が深刻だということを詳細に知っている。一日も早くミサイル防衛システム(MD)を導入しなければならない。米国の戦術核を朝鮮半島に再配置しなければならない。あるいは国家的死活をかけて、独自核武装をしなければならない。
→筆者のようなタイプの人


「Grenouille」と呼ばれるフランス料理がある。
カエルを鍋に入れて煮込む料理である。
フランスのシェフは、はじめてこの料理を作ったとき、お湯にカエルを生きたまま入れた。
すると驚いたカエルが鍋の外に飛び出して苦労したという。
だから、ぬるま湯にカエルを入れた後、徐々に加熱するという方法を使った。
するとカエルは、ぬるま湯に適応して、徐々に神経が麻痺して、料理された。
このように、徐々に進行する環境の変化に無意識のうちに慣れて最悪の結末について準備しなくなる現象を「茹でガエル症候群」(Boiled Frog Syndrome)という。

現在の大韓民国の状況がこれだ。

キム・ピルジェ

引用ソース
http://www.chogabje.com/board/view.asp?C_IDX=71761&C_CC=BA


*ムンジェインが大統領になったら、何をするんでしょうね~








韓国人のコメント


維新(ハンドルネーム)
キムピルジェ記者は常に現実を認識している!賞賛です!
でも現実を打開する方法はないでしょう?
だから私たちは悲しいんです!
一時は美しかった名前、朝鮮!
もう滅びるだけになった!


チョウォル(ハンドルネーム)
深くよく観察した言葉ですね。
真に目の前が真っ暗です。
今この時点で、私がすべきことは、一人でも多く投票場に行くように促すことしかないですね。
私の子供たち、孫たちのための仕事であり、国の将来のためのことだ。
精神をまっすぐにして、大統領選挙の準備しましょう。
周囲から参加できる方を一人でも多く見つけないと。


キム・ピルジェ氏のコラム(一部)
【韓国の反応】韓国人「東郷平八郎提督が李舜臣将軍を尊敬していたというのは事実なのだろうか?」
【韓国の反応】反米映画『グエムル』を作る韓国と、親日映画『パシフィックリム』を作るアメリカ
【韓国の反応】韓国人「韓国は詐欺犯罪『世界1位』の国家」
【韓国の反応】巨大な海洋国家、日本の海洋水域
【韓国の反応】韓国人「日本人には覚えておいてもらいたい。韓国の『自由勢力』が戦って、日本の共産化を防いでいるという事実を」
【韓国の反応】韓国人「日本の嫌韓-反韓戦術」
【韓国の反応】東京の韓国特派員が天皇家について悪意報道をしたら、日本のマスコミと政府はどんな対応をしたのか?【産経ソウル特派員の不当起訴事件】
【韓国の反応】韓国人「なぜ我が国は中国に対して歴史問題を提起しないのか?なぜ日本にだけ提起するのか?もしかして・・・」
【韓国の反応】日本の専門家の韓国人「日本が『天皇』と呼んでくれと言うなら、そう呼んでも構わないと私は思う」
【韓国の反応】「韓国の反日は誰のせいか?」
【韓国の反応】韓国人「幕府時代の日本人は70%が文字を読めた。旧韓末の朝鮮は95~99%が文盲だった。」
【韓国の反応】韓国人「和田春樹は『役に立つ馬鹿』かつ『価値のない馬鹿』である」~「日本の良心」として韓国マスコミが報道する東大名誉教授の正体
【韓国の反応】韓国人「韓国は反日を、日本は嫌韓を克服しなければ!」
【韓国の反応】日本のスパイ「本間久介」が伝えた、本当の朝鮮の実状~19世紀朝鮮のイメージは、腐敗、不潔、怠惰…