まだ左派に希望をかける情けない国
いくつかのおとぎ話

「無明」というブログの人

201702061616587844_img_0_99_20170206165502
 


まだ左派に希望をかける情けない国

「無明」というブログの人


朴槿恵は情けなくて無能なおばさんだと批判して、与党を攻撃すること自体は問題ない。
しかし、だからといって、左派を支持して盧武鉉派になってどうしようというのか?
このような人は、陰性(ネガティブ)扇動に生涯もてあそばれる哀れな者たちである。

ダウンロード (1) (3)

(*上の漫画は韓国の左派党のことですね。今の「共に民主党」は、「開かれたウリ党」→「大統合民主新党」→「統合民主党」→「民主党」→「民主統合党」→「民主党」→「新政治民主連合」→「共に民主党」(←今ここ)と短期間でころころ名前変えまくってて、それに対する皮肉でしょう。
ちなみに名前をころころ変えるのは保守党も同じです。なにかあればすぐに名前を変える。「セヌリ党」は今は「自由韓国党」ですが、セヌリ党の前、李明博時代は「ハンナラ党」でした。)



盧武鉉派の汚い世界観や公共統治手法や扇動は、知られて久しい。
だから、支持対象にするどころか、盧武鉉死亡と同時に消えなければならない旧時代の遺物だったのが盧武鉉派なのに、どうして支持できるのか、なぜ代替勢力になれるのか?
何でも日本をコピーする韓国らしく、醜い秀作でも日本をコピーして、在日がパチンコで汚れた利益を取りまとめるのを見て、韓国は「海物語」(*韓国のパチスロ変種。詳しくは分かりませんが、一時的に韓国でウワッと流行ったけど、今は取り締まられてほぼ消えたようです。)をはじめたが、これは盧武鉉政権のときに起きたことである。
日本の左翼の扇動も、そのままコピーしてきて普通に使っているのが盧武鉉派であり、メディアと扇動を介して政治的利益を得て、民主化詐欺をして、マスコミと扇動を介してポケットに利益を取りまとめる金融詐欺師に進化したのも、盧武鉉政権で起きたことである。
詐欺師の扇動屋らしく、口では「国民のため」と暇さえあれば言論プレイをするが、肝心の政策は国民の後頭部を殴るものだけしかなかったという凶悪なことばかりを繰り返していたのが盧武鉉政権だった。

こんな人に、どんな希望があるのだろうか?
盧武鉉派の政治手法は簡単である。
言葉では「国民のため」と言いながら、誰よりも既得権の利益を代弁することばかりして、国民の財産を犠牲にして、既得権の財産を増やす手法だけを繰り返しているのが盧武鉉派である。
麦わら帽子で庶民コスプレをしたので、庶民の味方だと言い張っているのが盧武鉉派なのに、こんな嘘つき詐欺師たちにどんな希望があるのか?どうして代替勢力になるのか?どんなタワゴトなのか?

ああ、与党は大企業向けの政治ばかりするって?
それならば、ウリ党(*共に民主党の昔の党名)執権当時に行われたことは、大企業のための政治そのものではないか?
米国の狂気の鬼婆ヒラリーがしたのと完全に同じことを、公的な顔と実際の姿を徹底的に区分しつつ、任期中に詐欺だけをしていたのが盧武鉉政権だが、これのどこが上手にやったと言えるのか?
あまりにも息をするように嘘ばかりつきながら相手を騙そうとしており、相手が騙されてくれなかったり、あるいは当然甘受するべき批判をされると、何を言おうが相手を「イルベ虫」扱いするのが盧武鉉派である。(*イルベはカイカイさんが翻訳してる掲示板サイト。盧武鉉をオモチャにして遊んでるので、とくに盧武鉉支持層からは嫌われている。ちなみに盧武鉉支持層は生前は絶滅しかけてましたが、盧武鉉の死後に激増しました。

盧武鉉派は相手が本当にイルベのサイトの利用者だからイルベ虫のレッテルを貼るわけではない。
イルベの登録はおろか、たいしてインターネットを活用してない個人のブログまでやって来て、イルベ虫のレッテルを貼って扇動する盧武鉉派の習性を見るがいい。
米国では「人種差別主義者」だと責め立てて、日本では「ネトウヨ」として責め立てるなど、このように相手にフレーム(Frame)をつけるのが左翼の扇動手法である。
フレームをつけることと、自分たちによる言論統制を強化することにだけ関心がある邪悪で非道なゴミが盧武鉉派である。

そもそも左派に説得力はない。
彼らは上に立ち、知能の低い馬鹿を相手に扇動を繰り返すだけである。
左派に真実のようなものは存在していない。欺瞞しかない。
米国ではヒラリーのような者が、むしろ偽善的な意味では決して進歩のふりができないにも関わらず進歩のふりをすることが可能な状態になっている。
韓国ではナチスの真似をする盧武鉉派のような天下の扇動詐欺師集団が進歩のふりをするのが可能なのだ。
陣営の論理だけを繰り返し、政治的アイコンを偶像視し、「優しいFTA」とか「左派新自由主義」とか「左派がすれば良い情熱ペイ(*情熱の搾取のこと。たとえば長時間労働させた挙句、まともに残業代も払わないブラック労働なのに、「仕事において大事なのはやりがい!」みたいなおためごかしを言ってごまかす卑怯さが加わって「情熱の搾取」になる。)になる」とか「批判的支持」とか、こんな醜い主張を恥ずかしげもなく騒ぐのが盧武鉉派なのに、何の説得力があるのか。

ダウンロード (2) (2)
- 盧武鉉派の情熱ペイ。盧武鉉派にとって社会正義とは、ただ人を攻撃するための手段である。(*上の画像じたいは、おそらく長いカードニュース記事の一部でしかないので、これだけだといまいち意味が分からないところがありますが、なんとなくで理解すればいいんじゃないかなと思います。)

会話だの疎通だのと騒ぐが、左派が言う対話や疎通というのは、ただ自分たちの扇動に屈するように、同じフレーズを繰り返し繰り返し言うことでしかない。
対話と疎通をするどころか、極右ではない相手を極右だとレッテル貼りし、イルベ登録どころかインターネットの使用もたいしてしてない人々相手にイルベ虫というレッテルを貼るクレイジーな彼らが、本当に対話や疎通をしたいと思えるか?
盧武鉉派が欲しいものは、自分たちが提供する公共制御用の三流談話にただ服従だけする無能なゾンビ(zombie)である。
盧武鉉派たちには、対話や疎通のタワゴトさえも、ただの扇動手段なのである。

左派が普段から宣伝しているように、本当に対話と疎通を重視して議論をする者たちなら、そもそもそのような言葉は自己反省しつつ、左派自らが対話や疎通をしなければならない。
ところが、左派はそんなことは絶対にしない。
対話や疎通うんぬんは、単に大衆を欺くための宣伝であり、扇動でしかないからだ。
ゴミのくせに、自分たちが完成された存在だと勘違いしていて、大衆を欺くため、自分たちへの批判にはレッテル貼りで返し、大衆を欺くために芸能人を使って広報するのが左派である。

201702061616587844_img_3_99_20170206165502
- トロツキー(Trotsky)

左派が民主主義をぺちゃくちゃと喋っているのは、左派が多様性を尊重し、自分と違う意見を持っている人を認めているからではない。
左派が民主主義を叫ぶのは、普通なら受け入れがたい自分たちの安っぽい三流思想を、より簡単に注入するための手段なのである。
左派がそういうふうに変化したというわけではなく、元からそういう連中である。
ソ連においてもトロツキー(Trotsky)は、議論や対話を軽んじたが、それは自分は絶対に正しいと思っていたからである。
トロツキーだけがそうだったのではなく、ボルシェビキ(Bolsheviks)(*ソ連共産党の前身)はすべてがそうだった。
正体は悪霊なのに、世界のために働いていると勘違いしている自己愛性人格障害(Narcissistic Personality Disorder)者たちなので、完全に自分を絶対真理だと思っていて、最終的な解決策は、対話と疎通ではなく、スターリンの権威や粛清が唯一の解決策となったのだ。
左派は省察が不可能な集団であり、自分たちが不足している人間で、自分たちが罪を持った者だということを認識しようともしない廃棄物である。

それから何十年も経った。
結果として今、米国ですら、左派は偽装の仮面を脱ぎ捨てて、少しでも自分たちと違った意見を持つ相手のことを、「人種主義者」だの「極右」だの「女性嫌悪主義者」だのと責め立てる醜態を見せているのであり、このようなナンセンスが、韓国では盧武鉉派の醜い狂気として表示されているものである。
人民裁判こそが左派の本質だと見れば良い。

しかし、それでどうなったか?
立場が違っていたり、主張が異なるという理由だけで、「極右」「嫌悪主義者」「馬鹿」とレッテルを貼られていた者たちが、どのような選択をしたか?
米国の労働者を見るがいい。
米国の労働者が民主党に投票していたころは、左派から「一流市民」の扱いを受けていた。
しかし経済事情が深刻化して、労働者が立場を変えると、左派によってすぐに「労働者は馬鹿」というような扱いを受けることになった。
最終的にはみんな左派の扇動を拒絶して、メディア自体を不信に思い、トランプに票を入れたのだ。

左派がフレームを使ってレッテル貼りをして人身攻撃をすると、アメリカ人は左派の狙いとは違い、むしろ左派への怒りを育てて、メディアが作り出す雰囲気に流されるのではなく、むしろその怒りを我慢して、投票場に行って票を入れた。
それがトランプの当選である。
本来なら候補選出の段階で崩壊すべきトランプだったが、むしろ左派がフレームを使ってレッテル貼りをしたので、傷つき怒ったアメリカ人たちによってトランプが力を得て、最終的に大統領になったのだ。

毎日のように扇動に騙されて生きている韓国の大衆は、西側で現れている現象を理解できないだろう。
メンタルが紙レベルで、ネガティブ扇動に簡単に惑わされる韓国の大衆は、自分たちの本性に合わせて下方平準化と庶民コスプレさえしてくれれば満足だからだ。
祖先から奴婢なので、遺伝子に奴隷の遺伝子が埋め込まれているかのように、韓国人は両班の言論プレイに簡単に騙される。
今でも韓国人は言論プレイに簡単に騙されて、奴婢天国を作った世宗を今でも崇拝し、奴隷の心で容易に満足する。

201702061616587844_img_4_99_20170206165502

アラブ圏では数多くのデモと暴動があるが、誰も中東諸国を民主化された一流国家とは思わない。
南米でも頻繁な政権交代があり、弾劾があるが、だからといってブラジルのような国を民主化された一流国家だとは誰も見ない。
ただこのような国は、社会が不安定な国だと認識するのが、基本的な認識である。
しかし韓国人は完全に逆の認識をしていて、「大統領を弾劾したので自分たちは一流国家だ」と思っている。こんな韓国人には、確かに詐欺師集団の盧武鉉派と相性が最も合うのだろう。

詐欺師盧武鉉派の象徴たるムンジェインが最も有力な大統領候補だなんて、韓国はコメディー国だ。

「無明」というブログの人

引用ソース
http://blog.naver.com/zero53/220958277024


*言い方が激しいけど、私の普段からの主張にちょっと似てますね。

サヨクは反省すべきです。…無理だろうけど。








━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

いくつかのおとぎ話

「無明」というブログの人

ロシアの童話には、次のような童話がある。
三兄弟の話だが、三兄弟すべてが悪魔の誘惑を受けるのだ。
長男は軍人として国家を作って成功したが、悪魔の誘惑に負けて滅亡した。
次男は金持ちになって国家を作って成功したが、やはり悪魔の誘惑に負けて滅亡した。
悪魔をはねのけたのは、農民になった末っ子が作った農民の国だった。

ところが、勝利した方法というのが不合理である。
理解するのは簡単だが、大半が農奴だったのがロシアの実情なので、こういった現実逃避な童話を作ることも可能だったのだろう。
童話の結論は何だったか。
まさに無知と非暴力と服従だった。

要約すると、悪魔の支配を受けて搾取を受けても、ただ持ちこたえて何の抵抗もしないでいると、飽きた悪魔が去っていったというのが、このおとぎ話の結論なのである。
しかし実際の歴史は童話ではなかった。
ロシアにおいて、農奴の生活が改善しはじめたのは、軍隊が継続的に出動し、治安を守らなければならないほど社会的合意が崩壊し、さらに近代戦争と資本主義によって政策が変化したことに基づいて、ロシアの農民の生活は向上していったのである。

歴史は、搾取されるのを我慢しつづけた者こそが真っ先に奴隷にされるという事例であふれている。

我慢すれば飽きて悪魔が去っていくなんて、この世にそんな例はない。
童話に何かを期待するということからして、滑稽なことではあるが。

201702061616587844_img_0_99_20170206165502
- 農奴解放令


しかしこの世の中には、童話の絵本レベル以下の馬鹿が存在する。
まさに日本の左派と扇動に踊らされる大衆である。
年齢を重ねても、全く成長していない模様である。
共産革命という目的がどのような結果をもたらすのかを知っていながらも、狂った話を繰り返す確信犯は、もとからそういう者たちなのに、年齢を無駄に重ねても本気でそれを主張している日本人たちは、それこそ恥を知らない者である。

かれらは改憲せず、9条を信じていれば、この世の中に平和が来ると思っている。
侵略者が来たとしても、9条を信じていれば、侵略者が自ら退いていくと思っている。
かれらは世界が絵本だと思っているのだろうか。
それとも発達障害になって、年齢を重ねてもまだ合理的な思考をするのが不可能なのか?
童話のような妄想がそんなに重要だと思うのなら、70歳になってから中学校にでも再び行けばよい。
精神年齢が未熟な中学生の精神思考レベルに未練を持っているのなら、中学校に再び通えばいいのだ。
お粗末なままで年齢を重ねた人間の精神世界など、どうせそのレベルにしかならないのだから。

信仰がそれほど重要だと思うのなら、疑似宗教でも信じればいい。
そもそも日本は改憲を、少なくとも70年代にはしておくべきだった。
相当数の日本人は、自ら恥を知っていると言うが、何が恥なのかもわかっていない。
甘えることを恥ずかしいとも知らず、いまだに9条で騒ぐなら、いかなる言い訳も無意味である。

平和を叫ぶだけの臆病者は、自分のことを素晴らしい存在だと大きな勘違いをしているが、実体は常に現実逃避である。

「無明」というブログの人

引用ソース
http://blog.naver.com/zero53/220756594109


*9条信者は中国と北朝鮮で9条を売り込んでくればいいのにね。
いつまで日本に引きこもって、日本国内だけで信者を増やそうとしてるのさ、と思います。



「無明」というブログの人、過去記事
【韓国の反応】韓国人「韓国人は、好意が続くと権利だと思う」
【韓国の反応】韓国人「無限の反日扇動が日本人の忍耐に打撃を与え、団塊世代の退場と、嫌韓世代の登場が、従来とは異なる態度を日本の政治に求めるようになった。」
【韓国の反応】韓国人「自民党のどこが極右なのか?むしろ『親韓』で、昔から援助を文字通り韓国に浴びせていたのが自民党だ」
【韓国の反応】韓国人「韓日通貨スワップなどの日本との経済協力に涎を垂らして慰安婦合意はしたが…」
【韓国の反応】韓国人「米国と日本が離れていったら、韓国はどうなるのか?」
【韓国の反応】韓国人「韓国人は、『後に危機的状況になれば再び米国や日本が助けてくれるだろう』という無責任な考えを、漠然と潜在的に持っている」