10年前に戻った出生率…100兆注いだ政策に「疑問符」

ちなみに日本の2016年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む平均子ども数に相当)は1.45人です。日本もひどい状態ですが、↓韓国のここ10年を見ると、日本に輪をかけて悲惨な状況ですね。

201702061616587844_img_0_99_20170206165502



10年前に戻った出生率…100兆注いだ政策に「疑問符」

雇用・住居不安など根本的な対策なしに支援金中心
 
世話・教育分野のみに80%使用…政府、詳細評価を進行

(ソウル=ニュース1)ミンジョンヒェ記者

妊娠可能な女性1人当たりの平均出生児数(合計特殊出生率)が10年足踏みをしている。
政府が2006年から昨年までに約100兆ウォンを注ぎ込んだが、政策効果が全く示されていないわけだ。

22日、統計庁が発表した「2016年出生・死亡統計(暫定)」によると、昨年の合計特殊出生率は1.17人で、前年の1.24人より0.07人減少した。
2009年1.15人以来7年ぶりの最低値だ。

合計特殊出生率は、2014年と2015年に連続小幅上昇したが、3年で下落反転した。
政府が少子化克服政策を初めて実施した2006年の1.12人の手前まで戻ったのだ。

昨年の総出生児も、前年(43万8400人)より3万2100人(7.3%)減の40万6300人だと暫定集計された。 
1970年の統計開始以来最も低い数値だ。

◇晩婚→第一子出産→第二子は放棄

特に第一子が21万2900人で、前年より6.9%減少した。
最初の子供でさえ生むのが難しい状況であることを示している。

状況がこのようだから、第二子や第三子を生むことについては、さらに手にあまる。
第二子は15万2700人で前年より8.1%、第3子は3万9600人で6.8%減少した。

合計特殊出生率が低くなる理由の一つは、母親の年齢である。
現在35歳未満の出生率は減少しているが、35歳以上の出産率は増加する傾向を見せている。

25〜29歳の出生率は56.4人、30〜34歳は110.1人で、前年よりそれぞれ6.7人(-10.6%)、6.6人(-5.7%)減少した。
一方で35〜39歳の出生率は48.7人、40〜44歳は5.9人で、前年よりそれぞれ0.4人(0.8%)、0.3人(5.4%)増加した。

35歳以上の出産率の増加は、晩婚傾向深化が原因として挙げられる。
結婚が遅くなり、自然に出産も遅くなるのだろう。

2015年の女性の平均初婚年齢は30.0歳で、統計作成以来初めて30代になった。
最初の子供を産む母親の年齢は31.4歳で、前年より0.2歳高くなった。
遅くなる最初の子供の出産は、第二子や第三子の放棄に影響を与える。

201702061616587844_img_2_99_20170206165502

◇問題と解決法に迷っていた過去10年…今は?

少子化問題を解決するため、政府が見なければならない領域は、この時代の課題である晩婚だが、これに対する改善策が反映されたのは、「第3次少子高齢社会基本計画(2016〜2020)」からだ。

2006年から10年間で1次・2次基本計画を実行し、約80兆ウォンを使ったが、各世帯に財政的支援がなされただけだ。
その額も少なすぎて、出産誘引策として作用するには力不足だった。

政府は2016年になってようやく恋愛・結婚・出産を放棄した、いわゆる「3放世代」が結婚しやすい社会を作ると言って仕事と安定住宅政策などを出した。

今年は青年インターン採用を1万人から5万人に拡大して、青年創業を促進するために160億ウォン規模の大学創業ファンドを新設する。
新婚夫婦を支えるチャーターローン、マイホーム作りの足がかり融資条件をさらに緩和して、カスタマイズされた公共建設賃貸住宅の供給を1万戸追加支援する。

社会構造改善策が加わった3次基本計画が始まった2016年に21兆4000億ウォンを使ったが、まだ目に見える効果はない状態だ。

すぐに保健福祉部が出した診断は、「財政の限界」だ。
去る1次・2次基本計画に使われた予算の80%、2016年の少子化支援予算の74%が、カスタマイズされたケア・教育分野に集中し、政策の効果が正しく示されなかったという説明である。

福祉部は、「少子化サポートポリシー予算がカスタマイズされた世話・教育分野に集中し、その領域の支援金はOECD(経済協力開発機構)主要国と匹敵する水準だが、他の領域では比較的少なく、ドイツ、フランスなどの3分の1の水準」と指摘した。

青年の雇用安定、新婚夫婦住宅支援拡大、世話死角地帯の解消、仕事と家庭の両立の日常化など、政府が立てた4つの重要な課題に使われる財源を追加で確保しなければならないというものである。

財政当局は、昨年実施した少子化サポートポリシーを、保育、教育、仕事と家庭の両立など4つの分野に分けて、適合性と財源配分の妥当性などを問う評価を行う。

財政当局の詳細な評価がどのように充実して進行するのか、また、その結果が実際の予算の確保と配分にどのような影響を与えるのかに応じて、今後の我が国の出生率が変わるものと見られる。

引用ソース
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=421&aid=0002575554&date=20170222&type=1&rankingSectionId=102&rankingSeq=4


*私はとにかく直接的な福祉予算を子育て世代にまわすようにしないと駄目だと思う。
目の前だけ見たら、それによって高齢世代が苦しくなるかもしれないけど、
未来まで見越せば、それが高齢世代のためにもなると思う。









韓国人のコメント


・政策をいくら上手に作っても、穴を防がないおでこっそり盗んでいくネズミがいる。ネズミを捕まえないと意味がない。
共感3624 非共感26


・そのお金が正常に回れば問題がないが、回っていないのが問題。
共感2276 非共感23


・ホギョンヨンは、出産するたびにお金を与えるという公約を言っていたが、そのほうが現実的なのが現実。ふふふ
本当に答えがない。
共感381 非共感5


・出産政策?
通常の労働時間にするだけで1.5人を超えそうだけど。
共感323 非共感7


・100兆のうち、中抜きしたお金がいくらなのか教えてください。
共感368 非共感25


・どれだけ泥棒が多いのか。
100兆の血税を投入したにもかかわらず、足りないとか…
新婚夫婦に家を一つ与えるだけで、100兆で足りそうだけど…
共感296 非共感3


・そのお金を出産奨励金として与えれば…
共感277 非共感9


・この国には未来がありますか?
共感205 非共感6


・2007年というと李明博大統領が当選したときだ…失われた10年だね。
共感201 非共感9


・結婚できるようにしてこそ出生率が上がるんだ!
結婚すれば住宅価格が下がるようにしなければならない!!
共感201 非共感11


・出産したら3千万ウォンをすぐに支給するというホギョンヨンが正しかった。
ホギョンヨンは時代を進みすぎていてバカ扱いされたんだ。
共感176 非共感3


・その100兆で、保育園や幼稚園だけが腹いっぱいになった。
放課後に追加費用がかかって、国民は大きなメリットがない!
これが現住所だ。無能政府!
共感112 非共感1


・ただ妊婦に月30でも50でも5年ごとに与えれば…幼稚園への補助金の支給はしなくていいので…
共感121 非共感5


・私の耳には100兆お金を抜いて食べたという話に聞こえる。
共感90 非共感0


・はい、次の裏金100兆
共感88 非共感1


・その莫大な税金で、保育園長と幼稚園長の腹が膨らんだだけ。ふふふ
共感74 非共感0


・親に直接助成金を与えるべきだ。
やたらと関連部門の公務員を増やさないでください。無駄に公務員の数だけ増える。
出産報奨金制度を作って下さい。
共感80 非共感3


・100兆のうち、広報費と組織管理費が99.9%なんじゃないの?
一体どこで使ったんだ?
共感47 非共感0


・住宅価格のせいで結婚できないし、私教育のせいで子供を産めない。
小学生に聞いても分かることだ。舌打ち…
共感51 非共感2


・100兆。
どこへいったのやら。
共感43 非共感0


・出生率が低調な原因を本当に分からないのだろうか?
出生率の予算100兆は、誰のポケットに入ったのか。
本当にむかつく。
共感36 非共感0


・子を産んでどうなる?
奴隷を作るだけ…
共感32 非共感0


・考えを深めて政策を出しなさい。
賢い奴らがなぜ高い席に座ると馬鹿になるのか…
共感29 非共感0


・退勤時間を強制的に5時30分または6時にして、週末勤務を最小限に減らして、住宅価格を下げれば、2人産めるようになる。
共感28 非共感0


・韓国社会は女性が苦労する社会だ。仕事、家事、育児、3つのことをすべてするべきだと言われる。
こんな異常な社会認識をまず改善しなければならないのでは?
さらに実家に名節のときに行かないといけなかったり。
共感24 非共感0


・お金がないのではなく泥棒が多いのだ。
共感23 非共感1


・出産は本当に災害である。
年収5000以下の夫婦は子を産まないでください。
子供をチャンゲの奴隷にしたくないなら。
共感16 非共感0


・出生率を上げるためにといって、やたらと予算を浪費する部署をまずすべてなくせ。
むしろ減税をしたほうがいい。
部門を一つ一つ作るたび、無駄な公務員が増えてるんじゃない?
共感15 非共感0


・税金を出したくない。嫌すぎる。もったいない。
共感14 非共感0


・すべて必要ない、住宅価格させ落とせばすべて解決する…
共感16 非共感1


・住宅価格が現在の3分の1に下がれば、無条件に赤ちゃんを多く生める。
共感9 非共感0


・詐欺師の巣窟大韓民国。
共感8 非共感0


・母親の年齢が問題ではなく、お金がないので産めない。
共感7 非共感0


・グラフを見ると、盧武鉉大統領(2006〜2007)のときは、出生率が明らかに上昇した。
これが民主政権と保守政権の予算効率の差である。
共感9 非共感1


・100兆注ぎ込んでも歴代最低の出生率。
やはり歴代最悪の無能腐敗政権。
共感6 非共感0


・青年インターンを1万人から5万人に大きくすることに何の意味があるの?
共感6 非共感0


・ほぼ防衛産業不正レベル。ふふふふふふふふふ
共感5 非共感0


・底抜けの壷にお金を注ぐ格好だね。ふふふ
共感5 非共感0


・若い人に愛国心を強要しないでください。
既得権者が自分のポケットを満たすのに忙しいこんな国。
共感5 非共感0


 
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

*超おすすめ動画です。
長いけど、見始めたら時間忘れるし、見終えてスッキリ(´∀`*)
朝日新聞記者や安田浩一を我那覇真子さんが凜とした姿勢でやりこめたとことかもう超サイコー!!




動画の拡散もお願いしますm(u_u)m
サヨクさんたちはこれを見て、ちょっとは反省してくださいね。

サヨクさんたちは言論弾圧をしないでください。