「夫も逝った…婚家と縁を切りたい」日本「死後離婚」が急増

201702061616587844_img_0_99_20170206165502



「夫も逝った…婚家と縁を切りたい」日本「死後離婚」が急増
 
-熟年離婚・卒婚に続いて新世相

姻族関係終了5年間で45%増加

年金をもらいながら法的関係の整理

婚家との葛藤から女性が好む

絶縁した後、再度の関係復元は不可

日本の関西地域の中心地の大阪で21日多少異例のセミナーが開催された。
この地域で活動している弁護士と家庭問題カウンセラーが、死んだ配偶者の家族との法的関係を終了できる「死後離婚」の説明会を開催したものである。
テーブルを囲んで座った5〜6人の参加者は、ほとんどが40〜50代の女性であった。
彼女らは弁護士と相談して死語離婚の手続きと法的効力などについて説明を聞いて、気になる内容を質問した。

22日NHKで報道されたこの日のセミナーの風景は、最近、日本の結婚文化や中年夫婦が直面している現実の一断面を示しているようだった。

「熟年離婚」を旧世界の流行語にし、数年前から日本を中心に広がっている「卒婚(結婚生活を卒業という意味の造語)」世相に続いて、死んだ配偶者の家族との葛藤を避けるため関係を整理する死後離婚まで広がっているのだ。

死後離婚は法律的な正式用語はなく、婚姻によって発生した配偶者の家族との姻戚関係を整理する日本の「姻族関係終了申請」を比喩的に指す言葉だ。
この制度は日本国内でもたくさんは知られていなかったが、最近死後離婚という流行語に乗って、これに対する認識が広がっている。
この手順を申請すると、死亡した配偶者の財産を相続したり、遺族年金を受けながらも、配偶者や家族の同意の有無にかかわらず、書類の提出だけで法的関係を整理することができる。

死後離婚事例が多くなるほど、これに対する認識と議論も広がっている。
日本法務省によると、2010年に1911件だった姻族関係の終了の申請は、2015年2783件増え、5年の間に約45%増加した。

日本の総合雑誌週刊ポストは22日、インターネット版の記事で、「前号に掲載した『妻が喜ぶ死後離婚事例集』がインターネットに掲載された後、コメント欄に女性の反応が列をなした」とし「賛否を表示したコメントには、7000個の返信が走ることもあった」と伝えた。
この媒体は、「男性読者の危機感を盛り上げるために、『妻が喜ぶ』というタイトルをつけたが、皮肉なことに本当に妻を喜ばせるために記事になってしまった」と評価した。

概して夫を失った妻が夫の実家の家族との葛藤を理由に死後離婚を好んでいることが知られたが、書類を提出する前に慎重な判断が必要だという指摘も出ている。
この日のセミナーに参加したカウンセラー高原彩規子は、死後離婚について、「配偶者が死亡する前に協議して、夫婦や親族との問題の解決を目指してほしい」とし「事前に何の議論もなく配偶者が死亡したという理由だけで申請書を出すのは望ましくないと思う」と述べた。
死後離婚は比較的簡単な手順で死亡した配偶者の家族との法的関係を終了することができるが、関係終了後、配偶者家族との法的関係を復元することは不可能である。

これに今吉未穗子弁護士は、NHKの「(申請書類を)提出するかどうかは、今後のことを十分に検討した後、決定しなければならない」と述べた。

引用ソース
http://v.media.daum.net/v/20170222120017812







韓国人のコメント


・死別してなくても、夫の実家との縁を切りたい。
共感3977非共感876


・元の別々の文化ではないか?
日本人が、実家が人生に干渉してくる韓国をみると気絶するだろうね。
共感3120非共感176


・普段からよくしてくれてたら、夫が死んだ後に関係を壊そうとは思わない。
共感2576非共感122


・やはり先を進む日本。
私たちもすぐにそうなりそうだ。
共感1093非共感62


・日本を嫌いつつも、日本で何か新しいものが発生すると、それに続く韓国人だらけになる。
韓国もすぐに死後離婚をして実家と縁を切る女性たちが増えるだろう。
共感767非共感58


・実際には、配偶者が死亡した場合、夫の実家との関係がなくなるのは当然!
記事で言っているのは、法的にも無関係な関係にしたい人のための記事だね!
共感716非共感16


・私も夫の実家と縁を切りたい。
共感667非共感104


・離婚、熟年離婚、卒婚、死後離婚。
一人で生きよう。
結婚じたい失敗である。本当に。
共感543非共感24


・婚家ストレスで、健康だったのに癌になって二度も手術して今で十年経った。。
やはり夫の実家は嫁ぎ先でしかない…
実家の家族は私の心配してくれるが夫の実家はまだストレスを与えてくる。。
生きたいので、夫の実家に電話しなくなったし、あまり行かなくなった。。。
利己的な婚家の家族。。。関係を壊したい。涙
共感492非共感23


・日本では十分に可能
共感426非共感16


・いいね。
韓国を見て。
妻が死ねばほとんどの男性は妻の実家とはすぐ他人になる。
ところが女性は夫が死んでも再婚しなければ行事にも呼ばれて同じように嫁扱いだ。
もともと関係が良かったら大丈夫だが、90%そんなことはない。
韓国もこれを急いで導入しよう。
共感399非共感16


・韓国の婚家文化は早く変わらなければならない。
共感363非共感13


・女性たちが好むね。
共感361非共感39


・日本が先に開始したね。
共感267非共感13


・今ですら夫の実家との縁を切りたいのに。
夫が死んだなら、当然断ち切るべき。
利用してくるだけの夫の実家は完全にブロックしなければならない。
共感255非共感11


・いよいよ日本が女性の人権問題について目覚め始めたよ。
その後、日本の性奴隷搾取の問題についても発言をちょっとはしろ。
共感225非共感13


・夫の実家の資産が多いと、簡単にできない。
共感247非共感73


・自分の妻だとか嫁だとか、気安く思ってるほど、ブーメランになる。
自分は大丈夫と思ってる人ほどちゃんとしなさい。
共感165非共感8


・それに伴う相続も当然放棄するつもり?
共感174非共感29


・家族からの独立をちょっとはしよう。
子は所有物ではない。
共感137非共感5


・私も夫の実家と縁を切りたい。
共感122非共感19


・韓国は配偶者が死亡した場合、夫の親族との間の関係を切ることができません。
これはおそらく儒教的な慣習に由来したものだと推測されます。
しかしそれに起因する弊害も少なくないので、韓国民法も改正して、死後離婚を法的に可能にすべきだと思われます。
共感97非共感2


・日本は、女性が韓国と同じくらい人生に疲弊したところだね。
共感96非共感5


・男性も妻の実家を嫌っている。姿を見るのも嫌いだって。
共感112非共感29


・どれだけ嫌いだったら…
共感82非共感3


・どちらかが死ねば、残った一方は自由を取り戻す権利がる。果敢に整理しなければ。
共感66非共感2


・夫の実家。。。
なぜ夫の実家はモンスターなのか?
どうか息子離れして。。それが息子のためである。
共感58非共感2


・夫の実家に相続財産がある場合、考えが変わる。
共感94非共感53


・男も同様です。
妻の実家との縁を切りたいと思う。
共感44非共感9


・「夫の実家」という文字だけ見ても疲れる!!!…
共感33非共感3


・もう、結婚制度自体について一度考えなければならないのかも…
共感22非共感1


・夫が死んだのに嫁を呼びつける実家は何だ!本物のサイコだ!
共感22非共感2


・女性が夫と夫の家族の侮辱を我慢するのが美徳だった時代は終わったということだ。
共感18非共感1


・いいね。
共感19非共感3


・日本の女性も夫の実家からのストレスが侮れないよ。
共感18非共感3


・疲れる。
私の人生を台無しにする夫の実家は本当に!
共感14非共感1


・韓国で社会葛藤や離婚率を増加させている祭祀文化は一日も早く消えなければならない。
干渉文化が消えなければならない…
共感13非共感0


・夫の実家の干渉のせいで、夫婦が遠ざかって、離婚率が増加する。
共感10非共感0


・私も縁を切りたい。
共感7非共感1


・来世は孤児と結婚したい。
共感6非共感0


・私も夫の実家とバイバイしたい!
共感4非共感0


・チョッパリがやることは恐ろしい。
私たちは伝統を生かすようにしましょう。
共感5非共感2