【課題追跡】荒れた世界外交「ストロングマン時代」

160717_1121-01 (1)



【課題追跡】荒れた世界外交「ストロングマン時代」

民心収拾、雇用の減少、二極化などの内部の不満を外部に
 
同盟再編、トルコはロシア、フィリピンは中・露に求愛中
 
ルール行方不明、核競争などの不安が大きくなって、「民主主義逆行の懸念」
 
 「鉄拳外交(iron-fist diplomacy)」が全世界に広がっている。
民族主義に基づいた果敢なリーダーシップを前に出した米国・中国・ロシア3強の首脳が連日、力の対決をしている。
いわゆる「ストロングマン(strongman)」リーダーシップだ。
彼らは自国内では支持を受けるが、「民主主義に逆行してシステムにとらわれないため、世界情勢を不安定にする」と、フィナンシャルタイムズ(FT)は分析した。 

トランプ米次期大統領は23日(現地時間)、「(核)武器競争をする」と述べ、前日にツイッターで明らかにした「核能力の強化」という立場を再確認した。
これに先立ちプーチン露大統領が「戦略核兵器部隊の戦闘力を強化するべき」と明らかにしたことへの対応だ。
トランプ氏はプーチン大統領との疎通を誇示し、彼と親しいティラーソン・エクソンモービル最高経営責任者(CEO)を国務長官に抜てきしていたところだ。
しかし突然のモスクワを狙った発言で核競争の亡霊を呼び起こした。
2日には台湾の蔡英文総統と電話会談し、「なぜ『一つの中国』に縛られなければいけないのか分からない」と疑問を提起した。
米中関係の根幹を否定したのだ。 

プーチン大統領はシリアの独裁者バシャール・アル・アサド大統領側に立ってシリアの内戦に介入した。
多くの民間人が犠牲になったが、ロシアは中東で影響力を得た。
中国の習近平国家主席はダライ・ラマを招請したモンゴルに圧力を加えて従わせた。
米国に接近しようとする台湾には貿易・外交報復をした。 

160717_1121-01

英経済誌エコノミストは世界の秩序を乱すストロングマンの登場の原因について「外部に向けた攻撃性で内政の脆弱性を相殺しようとする」と説明した。
2014年のウクライナ侵攻による西側の制裁と原油安でロシアの経済は破綻した。
プーチン大統領は「帝国の栄光」を叫び、万国に影響力を誇示した。
昨年ロシアの実質賃金は10%以上減少したが、80%を超える支持率を維持している。
他の国も同じだ。
トランプ氏は二極化で挫折感を感じている低賃金白人労働者のおかげで勝利した。
トルコのエルドアン大統領もクーデターで不安定な内政を収拾するのに鉄拳を活用した。
エルドアン大統領は欧州の代わりにロシアとの関係改善に積極的だ。
フィリピンのドゥテルテ大統領は親米外交政策を捨てて中露に求愛して利益を図る。 

160717_1122-01

こうした状況は1930年代と比較される。
大恐慌で政治は急進化し、強い指導者に対する熱望は独裁者のヒトラーとムッソリーニを生んだ。
その末は混沌と破局だった。
2017年の鉄拳時代を懸念の目で見る理由だ。

引用ソース
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=025&aid=0002670277&date=20161226&type=1&rankingSectionId=104&rankingSeq=6


*どの国のサヨクも相手を攻撃するばかりで、
自分たちのおかしな部分に責任を求めて反省しようとしないよね。
で、ついでにさらっと庶民を馬鹿にするというオマケがつくのもサヨクの特徴。









韓国人のコメント


・今、大統領候補と呼ばれている人物たちの中で、あんな大国の人物を相手にすることができる人々がいますか?
共感595 非共感33

・↑元からそんな人はいないだけでなく、そんな国でもない。

・↑誰が出てもそれらの国とは相対できない。

・↑馬鹿クネが安倍の半分だけでも仕事していたら、こんなことにはならなかったんだ。

・↑誰がしようがパククネよりはマシじゃないか?


・習近平、キムジョンウン、プーチン、トランプ、安倍、第3次世界大戦になってもおかしくない組み合わせ。
共感393 非共感37

・↑北東アジアは実質ヘル…


・韓国いじめはいけない!そうでなくとも難しいのに。
共感301 非共感28

・↑滑稽なのは、韓国が新冷戦の最前線だということ。
こんな時ほど中立外交をしなければならない。

・↑中立外交?パククネが中立外交を試みるショーをしていて、どれだけやられたかも知らないのか?

・↑信頼できるのは米国しかない。血盟の国。

・↑このような時だからこそ南北が統一する必要がある。
そうすれば、中国、米国、日本がしょげるのに…
私たちには切り札があるのに…それも難しいんだな。

・↑パククネのどこが中立外交か?奸臣外交じゃないか。
中立は政治哲学を持って一貫性がなければならない。
あっちについたりこっちについたりするのは中立ではない。


・国にお金がないのではなく、国に泥棒が多いのです。
共感236 非共感23

・↑国民が犬豚なのではありません。国に豚が多いのです。

・↑アカが多いのではありません。従北左派が多いのです。

・↑飲酒運転ではありません。お酒を飲んだだけです。


・記事の最後の段落が意味するところが大きいですね。
3次世界大戦に向かって走っているんですか。
共感200 非共感30

・↑防がなければならない。
韓国が世界の平和を成し遂げる先鋒に立つべき。


・韓国は強力なリーダーがない。
ムンジェインは大好きなキムジョンウンにつくんじゃないかと心配だ。
共感27 非共感3


・迫力のある強い指導者が必要である。
共感17 非共感1


・トランプを無知な人という人のほうが、もっと愚かで無知な人だ。
共感9 非共感0


・ストロングマンではなく、合法的ギャングの時代。
共感14 非共感2


・ブルブル、その組合せだと安倍も弱そうに見える…韓国にはさらに人材がいない…
共感10 非共感1


・今、世界は保守右翼へと走っているというのに、力もない大韓民国という国の大統領として、イ・ジェミョンやパク・ウォンスンのような人が当選すれば、この国はどうなるのか?
共感7 非共感0


・ムンジェインを応援していたが…ムンジェインも潘基文もイジェミョンもみんな良くない…どの人も選びたくないね、本当に…
共感6 非共感0


・何…この世界大戦の兆しは…
共感6 非共感0


・潘基文のような老人が、あんな人たちをどう相手するのか?
強力なリーダーシップを持って対処できる慧眼のリーダーが必要なときだ。
共感22 非共感6


・韓国も強力な大統領が必要である。
共感9 非共感2


・国の醜い格好が…
共感3 非共感0


・民主主義にも欠点がある。
フランスでイスラム教徒の移民勢力が増えれば、所有者はイスラム教徒になる。
韓国で朝鮮族の勢力が増えれば、所有者は朝鮮族となる。
民主主義といっても正しいわけではない。
共感2 非共感0


・すぐに戦争が炸裂しそう。
共感1 非共感0


・歴史は繰り返される…
共感1 非共感0


・他の国も持っている核…私たちにも必要である。
共感29 非共感10


・オットー・フォン・ビスマルクは正しかった。
共感2 非共感1


・習近平、安倍、プーチン、トランプ、チェスンシル。
画期的な組み合わせだな。
共感10 非共感4


・韓国は今、病身女なのに…
共感4 非共感2


・私たちはチェスンシル~!
共感1 非共感1


・第二次世界大戦が起きたときと同じように流れてるね。
共感1 非共感1


・韓国だけマッドチキンだ。
共感3 非共感2


・私たちの大統領はストロー(わら)だ。
共感0 非共感1


・今、朴正煕がいたら投票するのに…
共感2 非共感2


・安倍を見ろ。
外部で悪口をいわれても、日本のためには本当に最善を尽くすじゃないか。
朴槿恵はジャブも出せない。
共感1 非共感2


・韓国はアジアのポーランド。
共感1 非共感2


・潘基文はダメだ。
すでに国際的な世界で酷評を受けた人物である。
共感3 非共感3


・私たちも強力なリーダーが必要である。
しかし、どう考えても次期大統領候補の中にはいないようだ。
真に残念なことだ。
共感8 非共感5