日本の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」1億5000万部を販売してギネスブック登録

160717_1121-01



日本の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」1億5000万部を販売してギネスブック登録

日本で40年間で1億5000万部以上売れた漫画がギネスブックに登録される。

東京新聞は12日、日本の出版社集英社の人気マンガ「ここちら葛飾区亀有公園前派出所」(こち亀)が単一の漫画シリーズとしては最も多くの発行巻数を記録して世界ギネス記録として認められたと報道した。
秋本治の作品のこち亀知は、1976年9月に漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載を開始した後、累積販売1億5000万部を記録した。

201609121656_61130010925069_2_99_20160912165705

こち亀は来る17日に発刊される200冊を最後にして40年間続けてきた連載を終える。
東京葛飾区亀有公園を背景にしたこの漫画は、公園の前の交番警察官の両津勘吉を主人公にした。
不良警官として登場する両津は毎回止められない事故を起こしながら、読者に笑いを与える。
ギャグだけでなく、世相を反映して読者の共感を引き出した。

2016080211487668476_1_99_20160802121604


原作の人気に力づけられて、こち亀は1996年から2004年まで約8年間テレビアニメで放映され、ドラマ(2009年)、映画(1977・2011年)も製作された。
漫画の背景になった亀有公園前には主人公の両津の像が立てられて、観光団地が作られるほど国民的愛を受けた。
14日、東京中央区では、もうすぐ完結するこち亀の思い出を反芻するために、ギネス認定を受けた200冊全巻シリーズが展示される。

hqdefault

mk2dg7gx

引用ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=005&aid=0000935377
http://media.daum.net/foreign/others/newsview?newsid=20160918110429317他



韓国人のコメント


・こんなものを見れば本当に日本の奴らの​​忍耐はすごい…
40年の間、一つの漫画を描いていた奴と…それを40年も読んでいた読者と…
共感488非共感13

・↑その粘りが現在の日本と私たちの違いだ。
韓国人は嘘の元気だけでプライドがない。
つまり、誇張だけでいっぱいになった韓国人なのである。
努力すればすぐに追いつくことができると考えてはならない。
それが現在の日本を作ったのだ。


・40年間、連載を一度も飛ばしたことがない。すごい。
共感61非共感0


・コナンはいつ終わるのか?
共感43非共感1


・本当にこれが日本の漫画の力である。
高木正雄(*パクチョンヒ)が漫画は薬物として南山で漫画を火刑式にしていたのを思い出す。
その時からだった、日本の漫画と韓国の漫画の格差が広がりはじめた時期が。
共感31非共感0


・コミックを積み上げて火あぶりの儀式をしていた我が国ではありえないこと。
そのため、私が子供の頃に読んでいた漫画を再び読みたくても読めない。
しかし、漫画王国日本を上に見るからそうなのであって、韓国の漫画もレベルは高い。
紙の漫画は終​​わったけど。
共感27非共感0


・汗一滴、花びらの小さな震えさえも見逃さない、実写よりもリアルで感覚的な日本の大人の漫画最高!
共感25非共感3


・40年連載した漫画家よりも、雑誌がそれだけ長く発行されたということのほうが、もっと驚く。
共感12非共感0


・記事に書かれていないが、40年間一度の休載もなかったというのがもっとすごい。
韓国のウェブ漫画とは精神力からして違う。
共感9非共感0


・日本は漫画大国である。
数年前、東京JR山手線電車の中で漫画を熱心に読む日本人が本当に多かった。
日本人にとって漫画は、単純な漫画ではなく、生活のそのものだった!
共感9非共感0


・日本は何でも長くやる。
芸能番組も何十年もやってるものが多い…
それには長所と短所があるが…
私たちは全くそういうものがないというのが残念だ。
共感6非共感0


・すごいね。
共感6非共感0


・韓国もそれなりの漫画黄金期があった。
ただ、一ブロックごとに二、三つずつ増えるレンタル店と、
違法コピーが幅を利かせたこと、
政府の漫画抹殺、
この3コンボで殴られて今の現状になった。
その轍をそのまま踏んでいるのが今のゲーム市場だ。
共感5非共感0


・ドラえもんなんて、まだテレビ放映中…
20~30年建つと家を崩して再開発を優先させるこの国の情緒ではありえないことですね。
共感4非共感0


・日本の性向と韓国の性向を比較してみると、
日本は開始は遅いが起動すると一つの穴だけを着実に掘る。
韓国は開始が早いがどんどんウヤムヤになって、また別のことを開始する繰り返し…
それぞれ長所と短所があるけど、一つ分野の深さのある発展の観点から見ると、韓国で職人技が発達していない理由である。
共感3非共感0


・米国、日本、ドイツ、フランス。
これらの国は、漫画の消費世界ビッグ4国である。
共通点は強大国で先進国だということ。
漫画が愛されるのは、それだけ文化的制裁がないということだ。
共感3非共感0


・日本の奴らのオタク精神には韓国人は絶対についていけない。
しかし没頭のオタク精神はアナログである。
日本人は、韓国人のスピード、柔軟性、瞬発力に絶対に勝てない。
デジタル時代には韓国人が甲である。
共感8非共感7


・日本の漫画/アニメは本当に独歩的である。
映画は良くないんだけど。
共感1非共感0


・すごいですね。
共感1非共感0


・40年の連載。
一人の一生が入っていると思う。
拍手を送ります。パチパチパチ。
共感1非共感1


・漫画で暮らす未熟児の国、チョ​​ッパリニッポン!
共感1非共感1


・その執拗さが、独島を今も狙う力である。
共感1非共感1


・単純にお金だけを見て、近視眼的な挑戦をする鍋根性の韓国には文化産業の未来はない。
共感0非共感0


・率直に言って漫画は超えられない壁…認めなければならない部分…
共感0非共感0


・我が国は、本が出た瞬間に違法コピーがネットに溢れる国。
共感0非共感0


・すごい…
共感0非共感0


・で、コナンはいつ終わるのか…
今も連載中でしょう?
共感0非共感0


・こないだワンピースの作家の話では、今でストーリーの半分程度だと言っていた。
共感0非共感0


・なぜ我々がこんなニュースを知っておく必要があるんだ。
共感1非共感5


・漫画のような非現実に執着する哀れな日本人。
共感0非共感4


・すごい作家精神だ。
我が国ではありえないことだ。
祝!!
共感22非共感0


・作家が人生を捧げたんだね。
スゴイデスヨ。
共感9非共感0


・すごい!
こういうものは見て学ばなければならない!
職人技である。
共感8非共感0


・ハンターハンターは絶対に終わらない…
共感8非共感0

・↑富樫、仕事しろ。


・毛虫眉毛????
共感1非共感0


・200冊…
共感1非共感0


・キャー…やはり偉大なガトボン(*God+日本)…感心また感心!
共感2非共感2


・偉大な国、日本。
アジアの盟主になってください。
共感1非共感2


・アニメが面白くて、レンタルして見た記憶があります。
共感16非共感0


・日本にのみ可能なこと。
共感7非共感0


・40年間無休で完結。
共感1非共感0


・すごいね…カッコイイ。
共感0非共感0


・すごい40年。
共感61非共感1


・日本人の底力!
共感5非共感1


・ゴミ富樫はちょっとは学べ。
共感0非共感0


・すごい人。
こういうものを見て学ぼう。
共感0非共感0


・見て学べ富樫!
共感1非共感2