米国がパククネ政府に失望した決定的事件3つ
米国の外交的修辞(レトリック)の中で、最も恐ろしいもの

趙甲濟(チョ・ガプジェ)の超少数派サイトから井戸の外のバンダービルドさん。

160717_1121-01



米国がパククネ政府に失望した決定的事件3つ

バンダービルド

 
¶最初の決定的事件
- 発生日:2014年9月30日
- 事件の概要
有事の際に敵の攻撃を受けて危機に陥った米軍をサポートするという日本の集団的自衛権を糾弾する決議案を、米国の同盟国の大韓民国の与野党国会議員が、事実上の全会一致(棄権1人)で議決した事件。

¶第二の決定的事件
- 発生時点:2015年4月末(日本の首相の訪米)を控えた時点
- 事件の概要
アメリカの同盟国の日本の国家元首の米国議会演説を阻止しようとして、韓国の官民が一体となって、公に活動した事件。
米国の同盟国の韓国が、米国の国賓として招待した相手(日本)を苦境に陥れようとしたのだ。
国際外交の不文律(「競争はするが、妨害はしない」)まで破った希代のケース。

¶第三の決定的事件
- 発生時点:2015年9月3日
- 事件の概要
同盟国アメリカの引き止めを振り切って、大韓民国の国家元首(大統領)が、自由陣営で唯一、中国の戦勝節、や閲兵式の行事に参加した事件。


☞米国がパククネ大統領に直接的に明確なシグナル(「米国の反対側にベットするのは悪い賭けだ」2013.12.6)を伝達した状態なのに、このようなことが発生したという点が深刻。

- 余波として、現在韓国にどのような悪影響があるのかを一般的な韓国人たちが体感するのは困難だろうが、米国の態度の変化を、実際のところ、韓国政府首脳部や情報機関、安全保障関係者などがすでに肌で感じている可能性がある。

P.S)
本記事のタイトルは、「米国がパククネ政府に背を向けた決定的事件3つ」という表現のほうがさらに似合う状況。

バンダービルド

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=136918&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


韓国人のコメント


正解と不正解(ハンドルネーム)
一言で言うと、レベルの低い民族と指導者だということを、広告したに等しい。
強盗が自分の首を締めてくることも知らず、強盗を捕まえようとしている警察を糾弾している馬鹿。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

米国の外交的修辞(レトリック)の中で、最も恐ろしいもの

バンダービルド

<韓国の決定を尊重する。>

¶意味(行間):
米政権(ホワイトハウス)が、「韓国政府の今回の決定は驚愕に値するレベルのものであり、今後の両国関係に大きな影響を与えるだろう」という心(本音)を外交的に浄化して公開するための「発表用表現」

¶経過

<韓国を含め各主権国家の問題である。韓国政府の決定を尊重する。> - 韓国のAIIB登録決定時の米国の反応 - 

<戦勝節への参加決定は、各国の主権的決定である。韓国の決定を尊重する。> - 韓国の戦勝節参加決定時の米国の反応 - 

韓国政府が、米国側の本音(行間)を読めなかったのか、あるいは読んでいたが無視したのか、どちらにしても問題である。
前者(行間を読めてない)なら無能である。
後者(読んでいたが無視)なら無謀なケースに該当する。

パククネ政府は無能な政府か無謀な政府か、どちらかという話になる。
ところで、何故かその両方(無能と無謀を兼ね備えているパククネ政府)というのが真実だという感じがする。

☞「無能と無謀を併せ持つ」事例:
能力もないのに、いつも重要な友邦(米日)を将棋盤の卒だと思って行動する。
米国を無視して中国に接近したり、普段から全国家レベルで日本を露骨に敵視して貶める習慣が代表的。

バンダービルド

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=136919&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


*私が思うのは、韓国は「こうあって欲しい」を「こうなるに違いない」に変換して考える悪癖があるということ。
「願望」と「未来予想」をごっちゃにして、いつの間にか区別がつかなくなる人が、政策を決定する国の高位層にまであふれてるんじゃないかなと。



バンダービルドさんのコラム(一部)