土地と海で小貪大失するパターン
親日性向国家が親日になった理由も色々


趙甲濟(チョ・ガプジェ)の超少数派サイトから井戸の外のバンダービルドさん。

150928_0027-01



土地と海で小貪大失するパターン

バンダービルド

*小貪大失=小を得ようとして、かえって大を失うこと。


¶土地

小貪:盗んできた日本の対馬の仏像を返さない。
大失:日本内の韓国文化財返還推進が水の泡(オールストップ)状態。

※日本内の各種韓国文化財は、今日の国際法上、日本が返す義務は全くない。
唯一善意による返還配慮だけが期待できる状況なのに、対馬の仏像事件の後、すべての努力が水の泡(オールストップ)になった状態。

【韓国の反応】韓国政府が日本政府に提案「仏像を返してほしいなら、日本が略奪していった文化財6万7千点について議論をしなければならない」



¶海

小貪:科学的根拠もなく、日本の水産物の輸入を禁止。
大失:私たちの漁船が日本のEEZ(排他海域)に入って捕まえている魚は、日本漁船が私たちのEEZに来て捕まえている魚の10倍になる。日本は7月から韓国漁船の進入許可を、現在の206隻から76隻へと大幅に減らすという強硬姿勢。(1次漁業交渉が決裂して、今後は韓国のほうが不利な立場)

☞反日に陥ると、目が完全に閉じてしまうか、少なくとも片目になってしまって、足し算と引き算もできない「思考停止状態」になる。
だから最終的には損害が明らかな以上の事例のようなことを繰り返すことになる。


- 解放以後の「親日」は、少なくとも大韓民国の発展にとって大きな恩恵となった。(韓日修交、日本の技術の韓国への移転など)

- ところが解放以後の「反日」は、発展に役立ったものが全くなくて、ただ損害のみを与えた。

- 反日による各種有形無形の損害(機会費用など)をすべて計算してみると、反日のせいで韓国はおそらく「20年以上の発展停滞」というダメージ(特に教養などの精神世界分野はさらに深刻)を被ったと推定される。
ただし、このような被害を目で確認することができないので、その深刻さがわからないだけだ。

- 日本のような良い先進国を横に置いていながらも、反日で目が見えなくなって、一段階さらに跳躍できる機会をすべて飛ばしているのが、今日の基本の足し算と引き算もできない小貪大失している韓国である。


バンダービルド

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=135708&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


>>私たちの漁船が日本のEEZ(排他海域)に入って捕まえている魚は、日本漁船が私たちのEEZに来て捕まえている魚の10倍になる。

これ、知りたかったことだった。なるほどなるほど。
日本は「決裂のままでもヨシ」という態度で強硬にやっちゃってください。



>>ところが解放以後の「反日」は、発展に役立ったものが全くなくて、ただ損害のみを与えた。

これ、私はそうは思いません。
韓国の反日は、韓国に恩恵をもたらしたと思います。
韓国が反日するたびに、機嫌をとるように餌を与えてきたのがアホな日本ですから。
それが韓国の反日を悪化させたともいえる。
「韓国には反日やらせとけ。そのほうがコントロールしやすい」みたいなことを言う人もいますが、こういう台詞は、真にコントロールできてから言うべきだと思います。できてもないのにコントロールしてるつもりでいるのは、精神勝利でしかないし、カッコ悪い。
日本は韓国を上手にコントロールできたことなんてない。
中国や米国のほうがずっと上手にやってます。
私たちはそれを認めるべきだと思います。



韓国人のコメント


正解と不正解(ハンドルネーム)
乞食の特性は、ねだることだけを知っているということです。
感謝は知らない。
何かを貰ったら、代わりに何かを与えなければならないということなど考えもしないんです。
完全に乞食のような民族性です。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

親日性向国家が親日になった理由も色々

バンダービルド


地球上で、韓国と中国を除くと、実質的には主要国のほとんどが親日的である。
少なくとも日本との関係が悪い国はあまりない。
今日、親日性向の国家が多く存在するようになった主な背景はこうだ。

- 日本は国際社会での金銭的サポートと技術サポートを活発に展開している。その一方で、受恵国に対して内政干渉をしない。

- 日本人は世界の多くの国でお金を使い、良好な外観(マナー)を示している。一方で、一度日本を訪れた外国人は、ほとんどが日本に対して良いイメージを持つ。

- 過去に日本は白人支配を終息させて、有色人種に希望を与えた。



今日親日性向が顕著な主要国家とその理由を見ると、以下の通りである。

¶トルコ
過去の軍艦遭難事故当時に日本人が献身的に助けてくれたこと、自分たちを抑圧していたロシアに日本が戦争で勝ったこと。
¶ポーランド
シベリアに流刑されたポーランド孤児700人以上を日本が助けてくれたこと。

【韓国の反応】韓国人「ポーランドが親日的な理由」

¶イスラエル
日本人大使館員が、日本へのビザを発給してくれて、ユダヤ人など6000人余りの命を救ったこと。

¶台湾
伝染病などの病気を退治してくれて、近代化を推進して、生活の質を高めてくれたこと。

¶インド
独立を支援してくれたこと。

¶モンゴル、セルビア、ボスニア
多くの経済的支援をしてくれたこと。

¶ウズベキスタン
第2次大戦終了後に収容された日本軍捕虜が、監視している者が見守ってようが見守ってなかろうが真面目に作業(労働)して、タシュケントに劇場の建物(ナヴォイ劇場)を建設した。ウズベキスタンのカリモフ大統領は、幼い頃に彼の両親に連れられてよく日本軍捕虜収容所に行って、親から「お前も日本兵のように、誰かが見てようが見てなかろうが、勤勉で誠実な人になりなさい」と言われた。1966年の大地震でタシュケント市はほぼ廃墟に変わったが、日本軍捕虜たちが建設したナヴォイ劇場の建物は、崩れずに強固に建っていた。

¶チェコ共和国
日本人の母親から厳格な教育を受けたEUの指導者「リヒャルト・クーデンホーフ」を排出した。

¶フランス
日本の江戸時代から、お互いに格別の交流を持続させた。

¶オランダ
過去には交戦国だったが、2000年の天皇皇后のオランダ訪問をきっかけにして友好関係に転換した。

¶ブラジル、アルゼンチン、ペルー
明治時代に南米に移住した日本人たちが、誠実な態度で現地社会の発展に貢献した。

¶他の親日性向国家たち
ベルギー、ハンガリー、ブルガリア、オーストリア、スイス、ポルトガル、スペイン、イタリア、マケドニア、クロアチア、ギリシャ、アメリカ、イギリス、カナダ、リトアニア、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、イランなど中東諸国、インドネシアなどの東南アジア諸国、南太平洋諸国など


☞韓国と中国が協力し、過去の歴史(慰安婦、南京など)を掲げて、着実に日本を非難していても、日本の良いイメージにこれといった変化がない理由があるわけである。


- 世界の多くに韓国と中国の敵(親日性向国)が布陣


バンダービルド

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=135729&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


韓国人のコメント


正解と不正解(ハンドルネーム)
我が国にある日本時代の建築も、今でもその堅牢さを誇っている。
さらに、この地にも日本人のたくさんの美談が存在してすが、韓国人は、良いことは知らん顔して、悪いことは拡大して捏造する民族なので。



*正解と不正解さんは、前はもうちょい熱い人だった気がするんですが、どんどん悟りをひらいた僧のようになってきてる気がします。


バンダービルドさんの人気コラム(一部)
【韓国の反応】韓国人「イラクのサマワで『自衛隊は撤退しないでくださいデモ』が起きた理由」
【韓国の反応】米国の黒人ジャズ演奏家「私たちを人間として歓迎してくれたのは、アフリカと日本だけだった」
【韓国の反応】韓国人「真剣に考えるべき『日本で嫌韓が拡散する理由』」
【韓国の反応】韓国人「PIAAC文章理解力調査で日本人がOECD1位!韓国人は平均以下!」「しかも高度な文書になればなるほど、韓国は最下位圏の理解力になると判明」
【韓国の反応】韓国人「ポーランドが親日的な理由」
【韓国の反応】「敵兵を救助せよ!」日本の海の武士道
【韓国の反応】「オバマと抱擁した森重昭氏は、40年以上かけて米軍捕虜被爆兵士の遺族全員を探し出し、米軍兵士のための慰霊碑を建てた人」
【韓国の反応】朝鮮人の日本軍への志願入隊の状況「1942年、4500人の募集に対し254300人が志願」「1943年、5330人の募集に対し303,400人が志願」…
【韓国の反応】韓国人「日本軍の占領地に一攫千金を狙って朝鮮人が移住していた。7万人の朝鮮人が中国人にアヘンを売り、日本軍相手に慰安所業(売春業)を行なっていた」
【韓国の反応】韓国人「三国史記によると、百済と新羅はそれぞれ日本に人質を送っている。百済はなぜ日本に人質を送ったのか?新羅はなぜ日本に人質を送ったのか?」【任那日本府】
【韓国の反応】「安重根の息子はなぜ伊藤博文の息子に謝罪したのか?」
【韓国の反応】100年前の日本人学者、高橋亨が見た朝鮮人の特徴「事大主義」「審美眼がない」「公私混同」