「過度な反日」vs「ヘイトスピーチ」の違い
日帝と戦う人々のために跛行(*つりあいがとれないまま進むこと)している大韓民国

趙甲濟(チョ・ガプジェ)の超少数派サイトから井戸の外のバンダービルドさん。

150928_0027-01



「過度な反日」vs「ヘイトスピーチ」の違い

バンダービルド

<人口>

¶ヘイトスピーチ(日本)
- 全人口の0.1%あるいは0.01%未満?

¶過度の反日(韓国)
- 全人口の大部分(80%以上?)


<禁止する法律>

¶ヘイトスピーチ(日本)
- 禁止する法律があり、違反した場合は処罰される。

¶過度の反日(韓国)
- 禁止する法律が全くない。


<自浄努力>

¶ヘイトスピーチ(日本)
- 市民団体等による自浄努力が常に存在する。

¶過度の反日(韓国)
- 全くない。むしろお互いが奨励して煽っている。


<国の政策などへの影響>

¶ヘイトスピーチ(日本)
- 日本政府の意思決定等に全く影響を与えない。

¶過度の反日(韓国)
- 韓国政府の意思決定等に大きな影響を与えている。
※国の外交、安保分野はもちろん、その他の分野などにもあまねく影響力を行使している。日本の軍艦が入港するかどうか、軍事情報条約を締結するかどうか、日本大使館イベントの開催をするかどうか、日本の民間団体のイベントの開催するかどうか、民間企業の新製品(スニーカー)を発売するかどうか、企業専門展示イベントを開催するかどうかなど、骨太な政府の意思決定事項と、その他の民間セクターの重要な意思決定に口出しして、最終的に実施するかどうか、または新製品を発売するかどうかなどへの決定権などを事実上握っていて、影響を及ぼしている。
干渉されていない分野がほとんどない。


<活動範囲>

¶ヘイトスピーチ(日本)
- 日本国内に限定される。

¶過度の反日(韓国)
- 汎地球的である。活動が国際的に展開されない日がない。


<メディアの態度>

¶ヘイトスピーチ(日本)
- 日本のマスコミは主に自国内のヘイトスピーチを懸念して警戒する。

¶過度の反日(韓国)
- 韓国メディアも日本内のヘイトスピーチを懸念して警戒する。
※韓国のマスコミは韓国内の過度の反日には全く関心がない。なぜなら、まさに自分たち(韓国メディア)が韓国内の過度の反日の胴元であり、総本山だからである。


<今後の展望>

¶ヘイトスピーチ(日本)
- 法律と自浄努力、メディアの監視などで、縮小ないし消滅し、日本はさらにレベルの高い先進社会に発展する可能性がある。

¶過度の反日(韓国)
- このままだと、自分の目の梁(過剰な反日)を見ることができず、他人の目の塵(ヘイトスピーチ)のせいだけにして歳月を送り、最終的には3流4流の後進国民性に墜落し、日本との格差はますます天と地の差になる可能性が大きい。

バンダービルド

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=135360&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


*私はこの論理は認めません。
日本の政治家および日本のメディアは、韓国の異常な反日について告発し、問題化し、糾弾しつづけるべきです。
韓国の異常な反日をシカトして、日本の嫌韓だけを問題視するような偏向した言論が存在する限り、ヘイトスピーチはなくなりません。
求めるのは公平性です。



【韓国の反応】「日本の良心が嫌韓デモを防いだ!」と韓国メディア→韓国人「日本は、自分たちが間違ってるのに、なぜ韓国を嫌い?謝罪するどころか、嫌うだなんて…」


韓国人のコメント


イムジョンムテ(ハンドルネーム)
あまりにも恣意的に解釈しています。
反日が80%なら、 なぜ日本旅行する韓国人がこんなに多いのでしょうか?


海風(ハンドルネーム)
「¶過度の反日(韓国)
- 全人口の大部分(80%以上? - 」
そうではありません。
韓国人の90%は反日とは無関係です。
バンダービルドさんは過度に日本を擁護して美化しています。


*何度も言ってますが、韓国人の多くは自らが反日してるという自覚がありません。
「正しい歴史認識を訴えてるだけ」「日本に正しい歴史認識を教えてあげてるだけ」という認識。 
日本人が見るとどう見ても異常な反日言論でも、多くの韓国人にとったら「空気」です。

韓国が「反日だけど日本が好き」だということ、さらに「近づく反日」だということ、「用日」だということ、「道徳的優位にこだわり、名分を取り揃えてから日本糾弾(反日)におよぶ」ことなどを知らないと、あの国の反日を見誤ることになります。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 

日帝と戦う人々のために跛行(*つりあいがとれないまま進むこと)している大韓民国

バンダービルド


今日の韓国は、日帝との独立運動をまだ終えていない交戦中の反日韓国人(「晩学の独立運動家」)のために、国家運営に少なからぬ支障が発生している。
大統領をはじめとする指導者と一般国民、そしていくつかの分野において大韓民国全般が、過度の反日に捕われ、そういう韓国人たちによってずっと引っぱられている。

5日、日本の日刊紙は、「旭日旗を軍国主義の象徴として、韓国メディアが猛烈に反発」という記事でこのように伝えた。

- 韓米日、オーストラリア、シンガポール、マレーシア海軍が、韓国海域で5月25日~6月3日の日程で合同訓練をして、最終日(6月3日)に済州島に入港して閉会式を行うことを計画していた。

- ところで、5月31日に韓国側が各国海軍に向かって、「済州島への入港が難しくなった」と通知した。
これにより閉幕式はジンヘハン(海軍基地)で実施された。

- 済州島への入港がキャンセルされたのは、ずっと韓国メディアや個人と団体などが、「帝国主義の象徴の旭日旗日本軍艦の韓国入港は大きな問題」などという内容で、反日世論を造成したのが主な原因と見られる。

- 日本の海上自衛隊の関係者は、「韓国側から『現地(済州島)の雰囲気などを考慮して決定を下した』という通報を受けた」と伝えた。

- 日本の官邸(韓国の青瓦台のようなもの)の関係者は、「慰安婦問題が胎動しているところ(「済州島で慰安婦狩り」)ということもあって、海上自衛隊が入港すると雰囲気が良くないと判断したようだ。韓国大統領府の意中が反映された結果とみられる」と言及した。
  
- 韓国は2012年6月、韓日間の軍事情報協定を締結することにしたが、反日世論のため締結直前にキャンセルした前歴がある。

-2015年末には、韓国海軍と日本の海上自衛隊が、アフリカのソマリアのアデン湾で合同訓練をしたが、韓国側はこの時、韓国内の世論のため、日本側に向かって「合同訓練したという事実を明らかにしないでくれ」と要請した。

「死せる孔明、生ける仲達を走らす(*既に亡き人物が生きている人物に大きな影響を与えることの喩え)」という言葉があるが、死んだ日帝が韓国人を走らせているわけである。
死んだ日帝と格闘する韓国の「晩学の独立運動家たち」が、このようにして、今日の韓国外交と安全保障に少なくない混乱をもたらしている。
ついに韓米日の協調(海軍の合同訓練など)にまで支障をきたす状況になった。

これらの「晩学独立運動家たち」(過剰な反日主義者)は、今日の韓国内でほぼ最強の力を味わっている者たちである。
大統領をはじめとして、誰もかれらに向かって苦言を言わない。
苦言を言うどころか、みんなが顔色を伺っている。
大統領ですら軽く見て、普段は大統領批判に熱心な韓国のマスコミでさえ、かれらの前ではどういうことか、ただ「まろやか」になってしまう。
何から何まで事あるごとにぶつかり合う与党と野党も、これと関連した事件の前では、間違いなく意見が一致する。

体は21世紀を生きながら、19世紀末や20世紀初の「前近代的思考」にとらわれる晩学独立運動家たちの時代錯誤的な考え方や主張に力なく振り回される今日の大韓民国は、果たしてしっかりとした国と見ることができるのだろうか?

卓越して先駆的だった韓国人たち(李承晩や朴正煕など)が血を流して作った今日の大韓民国を、時代錯誤の一部がこのように思うがままにしている今日の望ましくない現実を、パククネ政府はもう放置するべきではない。
かれらは真の愛国者でもないし、独立闘士でもない。
かれらはただ、時代錯誤的な思考と行動をして大韓民国の未来を暗くするだけの存在でしかない。
政府は中心を捕まえなければならない。
当面の騒ぎを恐れて、彼らの不適切な行動をずっと放置していたら、後に大乱が来る。

バンダービルド

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=135362&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


韓国人のコメント

イムジョンムテ(ハンドルネーム)
過去は戻らない時間であり、後悔しても修正できない時間です。
流れる水をつかめないように…
重要なのは現在および未来です。


バンダービルドさんのコラム(一部)