クリス・エヴァンスに「ドゥーユーノーサイ」をしなかった理由は?

なんか、、どう表現していいのか分からないんだけど、すごいコラムでした。

ダウンロード (1) (3)



クリス・エヴァンスに「ドゥーユーノーサイ」をしなかった理由は?

[スターニュースシンガポール=チョン・ヒョンファ記者]

なぜ記者は外国芸能人に会うと「ドゥーユーノーキムチ?」「ドゥーユーノーサイ?」と問うのでしょうか?
明白な質問というのが明白です。 
「好きな韓国映画は?」「好きな韓国俳優は?」「好きな韓国の歌手は?」等も同様です。

遡れば「パク・チャンホを知っているか?」 「パク・セリを知って​​いるか?」などがあります。

韓国が、または韓国人が有名だということを確認したいという欲望からです。 
「ノーベル文学賞候補のコ・ウン詩人を知っているか?」という質問と「ドゥーユーノーサイ」は、実際には同じ質問なのです。
それでもこの明白な質問をするのは、受け入れられるためです。
はい。言い訳になりますが、そうやって相手にしっかり食べさせるのです。
外国の芸能人がどんな韓国の歌手を好むのか、どんな韓国映画を好むのか、どんな韓国俳優を好むのか、どんな韓国ドラマが好きなのか、それを聞くと、熱い反応とまではいかなくても、それなりに反応が良いです。 
「星から来たあなた」が中国の全人代で取り上げられたという内容は、総合紙の国際面で紹介されましたね。
「太陽の末裔」の中国の人気同様です。

しかし、このような質問に最も飽きているのは、実は記者です。
それでも質問します。
一度日本で開かれたハリウッド映画のジャンケットで、その映画に出演した韓国の俳優についての質問への答えを、主催側が「香港でその話はした」と言ってそのまま次に移ろうとしましたが、取材陣の激しい抗議を受けました。

このような話を長々とするのは、22日シンガポールで開かれた「キャプテン・アメリカ:シビルウォー」のジェンケットのためです。
ご存知のように、「シビルウォー」は、今年上半期のハリウッド最高の期待作です。
今回のジャンケットには、韓国を含めアジア12カ国から100以上の取材陣が集まりました。

その中で最も多かったのは、韓国の取材陣でした。
他の11カ国よりも多くの記者がいました。
「みんな行かなければ誰も行かない」という韓国メディア特有の文化のせいでもありますが、それだけマーベルエンターテイメントが韓国を重要だと考えているという意味でもあります。 
「アベンジャーズ2」で1千万人を動員した国だからです。 
「シビルウォー」は韓国で、米国より一週間早く、全世界で最速の4月27日に公開されます。

この日の記者会見には、ジョー・ルッソ監督と、キャプテンアメリカ役のクリス・エヴァンス、ウィンター・ソルジャー役のセバスチャン・スタン、ファルコン役のアンソニー・マキが出席しました。
キャプテン・アメリカチームです。
ロバート・ダウニー・ジュニアなどのアイアンマンチームは、ヨーロッパで広報を行います。

韓国記者がいっぱい集まった記者会見場です。
当然のことながら、記者会見の後の記事には、「クリス・エヴァンス、韓国に対する愛情吐露『ウィ・ラブ・コリア』」等の記事があふれました。

ところが、この日の記者会見で、このような質問をした記者はいませんでした。
クリス・エヴァンスは、誰も聞いていないのに、「韓国映画産業は特別である。私も参加して知っている。世界の映画産業をリードしている。そんな韓国で『シビルウォー』に多くの関心を見せてくれて感謝している」と言いました。
クリス・エヴァンスは最後の挨拶で、韓国映画産業に対する愛情を再び強調しました。
彼はポン・ジュノ監督の『雪国列車』に出演しましたね。

アンソニー・マキは終始、記者会見の雰囲気を愉快に主導しました。
キャプテン・アメリカチームとアイアンマンチームが戦い、キャプテンの方が勝つと、「なぜなら彼ら(アイアンマンチーム)は、老いたから(Old)」と言って爆笑させました。
また「彼らは筋肉もない(No Muscle)」とも言いました。

ところでアンソニー・マキが記者会見の最後に、突然、携帯電話で何かを検索しはじめました。
なぜそうなのかと思ったら、わかってみると韓国語での挨拶を調べています。
彼は記者会見が始まったとき、クリス・エヴァンスが韓国の映画産業に対する愛情を吐露すると、すぐに「ウィラブコリア」と叫びました。
アンソニー・マキは最終的に挨拶を探して、「アンニョンハセヨ」「カムサハムニダ」を叫びました。

ジョー・ルッソ監督も、「映画の公開予定は各国の状況を見て、ディズニーが決めるのですが、韓国が一番早く公開されるのは、それだけ重要だから」といいました。

リップサービスである。
真心のこもったリップサービスである。
事実だからである。

明らかなのは、彼らは「ドゥーユーノーサイ」を問いもしないのに、まず韓国に対する愛情を表わしたということです。
かれらがプロだからでもあります。
それでも過去に韓国を訪れた多くの外国人、特にアメリカのスターたちは、「イェーイ!君たちはこういう答えを望んでるんだろう」というふうな返事をしたりしました。 
2009年「トランスフォーマー2」の広報に来韓したミーガン・フォックスは、二日連続での記者会見に遠慮なく遅刻をしましたね。

それが、だんだん変わってきています。
彼らが変わったのか、私たちの位置が変わったのか、両方でしょう。

ますます変わっていくだろうと考えています。
彼らも、私たちも、ますます変わっているからです。
観客と読者がこのような変化をリードしています。
観客が市場をリードし、読者が幼稚な質問に苦言を浴びせるのです。
多分最も遅く変化しているのは、記者たちかもしれません。

我を忘れて終わった後で、よくよく振り返ってみると、変わったということが一歩遅れて見えました。
夢中になっていたせいで変化を無視したのではなかったかという反省をしました。

シンガポールで鳴り響いた「ウィラブコリア」から、このような変化を感じています。

引用ソース
http://entertain.naver.com/ranking/read?oid=108&aid=0002520276



韓国人のコメント


・そんな質問するな。しなくて幸いだ。
共感3667非共感55

・↑基本的には国と個人の区別がないんだ、韓国は。
パク・チソン、キム・ヨナ、サイの悪口を言われると、それが韓国への悪口と同じように考えるのが大半だ。
サイの人気と韓国の人気に何は関係があるのか。ふふふ


・ああ恥ずかしい。泣笑
あいつらに「韓国には大好きと言ってれば喜ぶ」と言われてるだろう。ふふふ
私たちの馬鹿記者は愛国者だね。愛国者。
共感3019非共感109

・↑無意識のうちに私たちが西洋に比べて、劣ってるのを認めてるんだ。
上にいる人が私のことを知ってくれたら満たされる。
クールな国が韓国を知ってくれれば満たされる。
 

・なんで尋ねるのか、そういうことを。
共感2614非共感61

・↑関心を持たれたい病は精神の病気です。


・寝て記事を書いてるのか?
共感1914非共感186


・外国の芸能人に、「ドゥーユーノーシリーズ」と「サランヘヨシリーズ」をさせないでください…
共感278非共感8


・韓国人は認められるのが過剰に好きなようだ。
共感258非共感9

・↑自尊心が低い人ほど、他の人の評価を気にするし、それに存在感を感じるらしい。


・フランスはドゥーユーノーエッフェル塔?ベルサイユ?をしない。
ドイツはドゥーユーノーベートーベン?をしない。
イギリスはドゥーユーノービートルズ?オアシス?をしない。
共感142非共感2


・韓国で世界初公開される理由は、韓国人たちが何とか違法ダウンロードして見る不屈の意志を持っていることを、彼らも知っているからである。
共感126非共感6


・ああ、韓国は有名ではないのでそんな質問をするな。本当に恥ずかしくて死ぬ。
アジアの端の国に誰が神経を使う?
もしお前が「ドゥーユーノー"パキスタン特産物"?」を言われたらどう思う?
共感92非共感5


・ドゥーユーノーキムチはもうやめて。
共感60非共感2


・日本や中国は、ドゥーユーノー寿司、ドゥーユーノージャージャーメンをしない!
文化というのは知らせるのではなくて、その人の生活の中に入らなければならないものである!
日本の居酒屋やスターバックスが、私たちの生活の一部分になったように。
共感24非共感0


・この記者の考えはカッコいい。
もう韓国も変わるべき時期である。
後進国の服を脱いで、それなりの待遇を受けようとするなら、それなりの行動をしなければならない。
共感21非共感0


・この記事にどう反応すべきか分からない。
あらかじめ調べてリップサービスしてくれたのに、恐縮する必要があるのか。
顔が赤くなるレベルの低い質問をしなかったのは幸いだけど、まだ必要以上に気を使っている。
彼らが韓国に広報に来たら、私たちは訪問者を迎える気持ちで歓迎してあげればいいのであって、あえて私たちの立場を下げつつVIPのおもてなしする必要があるのか?
感19非共感0


・あまりにも恥ずかしい馬鹿記者。
共感19非共感0


・よくは分からないが、fomal記事とはトーンが違うように感じられた。
芸能記事というより、ある程度のオピニオンの入ったこの記事は素晴らしいと感じられた。
よく読みました:)
共感19非共感0


・キムチは本当にやめて…本当に恥ずかしいから…
共感16非共感0


・韓国で1週間前に公開するのは、その1週間で1千万人が違法ダウンロードするかもしれないと恐れているからじゃ?…
共感13非共感0


・十数年前だったか。演芸街の中継で遠い遠いアメリカまで飛んでいって、ジュリア・ロバーツをインタビューした映像があった。
私はその映像が今でも忘れられない。
侮蔑感が感じられた。
ジュリア・ロバーツは、質問を投げかける韓国人レポーターではなくて、私たちの韓国を見下していると思った。
その映像は、いまだに韓国人である私の大きな傷として残っている。
共感23非共感4


・良い記事ですね。
共感9非共感0


・私たちはもっと自主的になる必要がある。
過去、日帝強占期や中国の顔色をたくさん見たからなのか、他人の視線や意見を過度に意識している場合が多いようだ。
私は我が国は十分立派だと思う。
陸地と資源、資本のない国なのに、全分野で頭角を示しているのは凄いではないか?
今の韓国は、メディアの世界では、アジアでの影響力が最高だ。
いつまでもドゥーユーノーキムチをせずに、自信を持とう。
共感8非共感0


・概念のある記者らしい素晴らしい記事でした。よく読みました。
共感8非共感0


・本当に苦いのが、サイは外国においては奇妙で滑稽なイメージなのに、しきりにサイを韓国を代表する人としてドゥーユーノーサイを言いながら、国を促進しようとすることだ。
サイを文化財の前で踊らせて、その映像を国の広報として使ったとき、本気でレベルが落ちると思った。
韓国は教育レベルが一番高いのに、なぜこんなに水準以下なんだ。パキスタンでもそんなことはしない。
キムチも臭くて海外に住む韓国人たちも、キムチを外出する朝には食べない人が多い。外国人が不快に思うかと思って。
キムチキムチと言うのが本物嫌いだ。
むしろコリアンバーベキューが望ましい。
共感16非共感3


・これまでで最も衝撃だったインタビューは、トム・ハンクスにハムをキムチで包んで食べさせていた女性レポーター…
共感9非共感1


・韓国人の劣等感の発露。恥ずかしい。
共感6非共感0


・久しぶりに良い記事ですね。
共感6非共感0


・私たちが今まであまりにも聞いてきたので、今度はあらかじめリップサービスしてくれたのだろう。
韓国記者たちに会えばこうしろという指示を受けたんだと思う。
共感6非共感0


・ドゥーユーノーコリアン馬鹿記者?
共感6非共感0


・質問しなくなった理由は、サイの人気が落ちたからだろう…
共感8非共感1


・グクポン質問はやめろ。私たちが恥ずかしくなる。
共感5非共感0


・クリス・エヴァンスが韓国記者に「キムチおいしい」「kpop好き」というようなレベルの低いリップサービスをしなくてよかった。
真剣なリップサービスだとあまり恥ずかしくならない。
共感5非共感0


・良い記事です。よく読みました。
共感4非共感0


・自ら自覚して目を覚まし始めているということだけでも、立派とまではいかないが、仕事ができる記者になったのではない?
記事、よく読みました^^
共感3非共感0


・自尊心がない奴ほど、自分を知らせようとするする傾向がある…
それがめちゃくちゃ激しい国が日本である…ふふふ
共感3非共感0


・エイリアンが地球に来た。
世界の記者がインタビューをした。
フランス「あなたがたはどんなものを食べるの?」
日本「あなたがたの経済はどうだ?」
韓国「韓国を知ってますか?韓​​国をどう思いますか?」
他人の視線を重視する愚かな地球人。
共感2非共感0


・集団認定中毒の南朝鮮。涙
共感1非共感0