韓国のこのような悪い癖はすぐに直さなければならない
事大根性と告げ口癖

趙甲濟(チョ・ガプジェ)の超少数派サイトから井戸の外のバンダービルドさん。

150920_0007-010001



韓国のこのような悪い癖はすぐに直さなければならない

バンダービルド

(*韓国政府)「日本は歴史の教訓を直視して、未来の世代に正しく教育しなければならない」』
17日、聯合ニュース

『政府、教科書検定発表を控えた日に「正しい歴史教育を促す」』
17日、ニュース1

政府がこのような悪い癖を捨てられずにいるので、多くの国民が同じように悪い癖を捨てることができず、軽挙妄動して、普段から多岐にわたって、無欠な隣国に向かって、様々なおせっかい(口出し)に乗り出しているのだ。

政府は今まで一度でも、北朝鮮や中国に向かって、正しい歴史教育を促したことがあるのか?
韓国は一体どれだけ素晴らしいから、隣国の教科書の内容にまでおせっかい(口出し)して大騒ぎしているのか?
しかも、隣国がまだ教科書検定の結果を発表してもいない時点からだ。

そもそも、私たちの言うことが真実(Fact)だという客観的根拠でもあるのか?
なぜ他の国に向かって、韓国人用の歴史​​認識をしきりに強要するのか?
韓国政府と韓国人は、他国が韓国に向かって、「韓国の歴史認識と教科書の内容が気に入らないから直しなさい」と言われたら、気分がいいだろうか?
他国に向かって、「あなたの未来の世代を正しく教育しなければならない」というような知恵まで授けるのは、無遠慮なおせっかい(口出し)である。
その隣国は、韓国が心配しなくても、自分たちの未来の世代の教育について熱心に悩んでいる。

余計な口出しを止めて、私たちの未来の世代の教育を心配すべきである。
今日の韓国の左寄りの教科書の実態を知らないから、政府はやたらと他国の教科書やその国の学生の未来まで心配してあげているのか?
北朝鮮の核開発を長期間「放置して」、今となっては事実上、核の人質に転落した身の程なのに、いったいどんな余裕があって、のんきに隣国の教科書についてのタワゴトばかりを言っているのか?

韓国は、政府や国民のすべてが、いまだに虚偽と偽善、イデオロギーの迷妄という慢性病から抜け出せことができずに、実体的な脅威である核を真に心配するよりも、のんきにも過去の歴史のタワゴトを言いながら、正常な隣国を罵ったり貶したりすることに、楽しい時間を送っているようだ。
まだ余裕があるようだ。
世の中の苦しみを正しく知らないからだろう。

愚かな者は、死んで棺の中に入るときも、その愚かさを悟ることができない。
残念ながら今の韓国の状態を見ると、死んで初めてその愚かさが終わるようだ。

バンダービルド

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=133847&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


>>残念ながら今の韓国の状態を見ると、死んで初めてその愚かさが終わるようだ。

私もそう思います。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

事大根性と告げ口癖

バンダービルド

「韓国教育部は、日本の文部科学省が歴史歪曲を正すまで、国際社会に持続的に告発して、教育、外交、文化的な総力を尽くす。日本政府が歪曲した歴史観と誤った領土観を学生に教えるのは、過去の侵略の歴史を繰り返す可能性があるということであり、北東アジアの平和を危険にさらす非教育的な行為である」
18日、政府(教育部)

「今年はさらに体系的かつ強力に、問題を国際社会に告発して是正させる努力をしたい。日本が2014年1月17日に教科書検定基準を改正したので、こうなる懸念をしていたが、現実になった」
18日、歴史教育正常化推進団


日本の教科書が韓国人の好みに合わないので、日本が過去の侵略行為を繰り返す可能性があるというふうに思っている(事実上の妄想)政府関係者が存在しているのが、今日の韓国の全体的なレベルである。

日本の教科書にある領有権の主張(「独島を韓国が不法占拠」)や慰安婦の内容が気に入らないからと、韓国の官民が一体となって、今後国際社会を舞台にして、シンポジウムやメディアへの寄稿、国際学術会議などの様々な方法を動員して、日本の教科書の歴史歪曲の実態と問題点を広く国内外に知らせるという。

「慰安婦像」に続いて、今後は日本大使館前や米国などの第3国へ「教科書像」が設置されるかもしれない。
最近になって、時間が経つにつれて大きく発現している韓国人たちの「集団的前近代性」を考慮すれば、「教科書像」は冗談ではない可能性がある。

問題が発生すると、国際社会に飛び出して騒いでまわる癖が出るのは、伝統的に中国などを敬っていた事大主義慢性病が、今日の韓国人のDNAの中にまだ深く根付いているのではないかという疑問すら持たれる。

頻繁に発射される北朝鮮のミサイルや、実戦配備を目前にした核については比較的鈍感で、口先だけで叫んでいる日本の領有権主張については、韓国の領土が今すぐ侵略されるかのように大騒ぎをしている。
考えてみると、日本の集団的自衛権についても軍国主義云々といって、今すぐにでも韓半島が自衛隊の侵略によって植民地化されるかのように妄想して騒動を起こしていた韓国人たちのレベルを考慮すれば、このような大騒ぎは不慣れなものでもない。

日本の巡視船や自衛隊艦艇が頻繁に独島に進入し、日本の強硬派が物理的に独島上陸を試みるなどの緊迫した現象が表示されてこそ、逆説的に韓国は今のような大騒ぎをしなくなるだろう。
韓国人たちは、自分たちに余裕があってリラックスした状態のときに、もし相手が甘い対応をすると、相手を食らうかのように大騒ぎをする。
しかし逆に命が行き来する緊迫した状態で、相手が強く出てくると、怖がって尻尾を下ろす。
これは歴史が証明している。
歴史を調べることもない。
中国や北朝鮮に接する今日の政府と韓国人たちの態度を見ても、この点が容易に確認できる。

米国や日本などの友邦陣営がいなかったら、今すぐにでも北朝鮮の核によって安保危機の状況になる境遇にいる韓国人たち(特に右派でありながら反日する「役に立つ馬鹿」)が、北朝鮮や中国が非常に喜ぶ反日に、ほぼ魂がハマッている状態である。
今この瞬間も、国の内外には、北朝鮮や中国のため、反日に献身している韓国人の老若男女があふれている現実は、途方もないコメディだ。
このような国は滅びる確率が高いし、たとえ滅びたとしても同情も受けられない。

バンダービルド

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=133862&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


*コメント欄で指摘されてる方も多いですが、最近どんどんバンダーさんの「歯に衣を着せないレベル」が高くなってきてますね。
黒太文字部分は、対韓外交政策を考えるとき、きわめて重要な部分です。
日本人が「日本人の常識や価値観」であの国を分析して対応してはいけないということです。
「日本人の常識や価値観」で計算すれば、外交を誤ります。
てか、今まで実際に誤った対韓外交を山のように繰り返してきたからこそ、韓国はこんなふうな異常な態度をとるようになったんです。


バンダービルドさんのコラム(一部)
【韓国の反応】ある韓国人の悩み「いつからか韓国の歴史教科書の記述が主観的で偏向していると思うようになり、信じられなくなってしまいました」