[キム・ヒョンジュの日常トクトク]在日韓国人が韓国の酒を飲まない理由

150920_0007-010001



[キム・ヒョンジュの日常トクトク]在日韓国人が韓国の酒を飲まない理由

#日本に住む在日韓国人のキム某(39)氏は、昨年まで韓国産焼酎やマッコリを頻繁に飲んだ。
しかし、今は飲んでない。
キム氏は、「韓国の酒は日本の酒と比べて、種類やブランドが限定的」とし「好奇心で飲んだだけで、もう飲んでいない」と述べた。

円安と日本国内の嫌韓の雰囲気拡散で、焼酎やマッコリなどの韓国産の酒の日本販売が急減した反面、日本のビールの韓国販売は急増している。

関税庁などによると、昨年焼酎の日本輸出量は5万2271tで、前年度の5万7534tに比べて9.1%減少した。
これは、この間の焼酎の全輸出量が7万7615tから7万4338tと4.2%減少したのと比較すると、減少幅が2倍以上大きい。

焼酎は輸出全体の70%以上を日本が占めているほど対日依存度が高い。
金額ベースでも、この期間の対日焼酎輸出額は7896万9000ドルから6780万9000ドルと14.1%減少した。
焼酎全体の輸出額の減少率7.4%(1億751万3000ドル→9951万3000ドル)の2倍に相当するものである。

151120_0202-020001


専門家は、円安が大きな要因として作用したと口をそろえる。
酒類業界関係者は、「円安に応じて円表示価格を上げなければならないが、日本国内の焼酎市場が低迷的な状況で価格を上げたら、売上高が急減するしかない」とし「ロッテ酒類・ハイト眞露の場合、営業利益が減っても価格を上げずに輸出を続​​けているが、中小企業の場合、輸出を放棄する場合が頻繁にある」と説明した。

日本国内の嫌韓気流拡散もかなりの要因である。
日本国内で代表的な韓国産酒として認識されているマッコリの対日輸出額は、2011年4841万8000ドルから昨年914万8000ドルと81%も減少した。

この関係者は、「過去の日本では『プレミアム級韓国焼酎』という点をマーケティングポイントとしたが、今は全く使用していない」とし「韓国のブランドを通知すればするほどお金は高台に逃げて、広告効果はむしろマイナスになる状況だ」と伝えた。

151020_0228-010001


一方で、国内に輸入されている代表的な日本産酒類のビールの輸入量は、この間で30%近く増加した。 
2013年2万5047tだった日本産ビールの輸入量は昨年27.4%増の3万1914tを記録し、史上初めて3万tを超えた。
ビールの全輸入量の増加率25.5%(9万5211t→11万9501t)よりも高いレベルである。

輸入金額も日本産がこの期間2793万7000ドルから3321万2000ドルで18.9%増加した。
ただし円安の影響で、ビールの全収入金額の増加率24.6%(8966万7000ドル→1億1168万9000ドル)より低かった。

このように、日本産ビールが国内で翼をつけたのは、円安で輸入コストが低くなり、輸入業者が国内販売価格を下げたのはもちろん、大規模なプロモーションまでしているからである。

別の関係者は「国内の酒市場が萎縮している状況で、日本を中心とした巨大市場への輸出は減っているうえ、低為替レートを武器にした日本産ビールなどの空襲で、業界の悩みが並大抵ではない」とし「輸出の多様化などの対策を設けているが、どれだけ効果があるかは未知数」と指摘した。

150928_0027-01


このような中、ロッテ酒類の「チョンハ」「ボクブンジャ酒」などの伝統酒の輸出国が大きく増えていることが分かった。
これは、国内酒類業界の主要輸出品目の焼酎の輸出額が減少する中で行われたもので、目を引く。
酒類業界によると、ロッテ酒類のチョンハの輸出量は、2012年4万2000箱(1箱は300ml 24本)だったが、2013年には5万1000箱、2014年には7万箱と2年で66.7%増加した。

チョンハは​冷たいまま飲む清酒の代表的ブランドで、3回削った米を12~15℃の低温で一ヶ月以上発酵させて雑味・雑香がなく、後味がすっきりとしているのが特徴である。
輸出量の増加とともに、チョンハの輸出は、2012年16カ国から昨年は27カ国に増えた。
中国・日本・東南アジアなどアジア地域はもちろん、ペルー・アルゼンチンなどの南米諸国も含まれた。
特に中国の場合、韓流ブームで韓国飲食店に人が集中して、チョンハを求める地元の人が全体の輸出量の85%を占めるほどだ。

また、昨年4月、地方の中小企業「フンジン」と手を握って輸出に乗り出した「ソンウンサン・ボクブンジャ酒」も、東南アジア地域への輸出を開始して、アフリカ・ヨーロッパ・オーストラリアなど、様々な地域で販路を広げ、昨年だけで8万6000瓶を輸出した。
これらの項目を含むロッテ酒類の輸出対象国は、2009年34カ国から昨年46カ国と5年で35.3%増加して、輸出規模も同期間700億ウォンから900億ウォンと28.6%増加した。

ロッテ酒類関係者は、「韓流ブームなどに乗って、焼酎に限定されていた韓国の酒類への関心が、清酒・ボクブンジャ酒など、さまざまな酒類に広がっている中、アジアだけでなく、ヨーロッパ・アフリカなどの様々な国で酒類の輸出の幅を広げていく予定」と説明した。

引用ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=022&aid=0002820667
http://www.gasengi.com/main/board.php?bo_table=news&wr_id=315474
http://www.nemopan.com/board/9090028



韓国人のコメント


・アサヒビールを飲む奴らが一番足りない奴らだ。ふふふ
むしろ低価格であまり有名じゃないベルギーやドイツのビールを買って飲め。
味も良いし、少なくとも放射能を飲まなくて済む。
美味しいので放射能を選ばずにはいられないほど、味が上出来でもないのに。
馬鹿ども。
共感11非共感1


・日本の話が出てきたら、コメント欄はみんなが光復独立軍なのに、実際は日本の奴らの髪型、服装、飲み物、アニメーション。
共感13非共感4

・↑お前は文章だけでも独立軍になれ。このチョッパリ野郎が。


・猿は私たちの酒を飲まないらしいじゃないか!
共感10非共感3


・アサヒビールを飲むのは大馬鹿。
共感12非共感4


・私は日本の酒は飲まない。
共感17非共感6


・韓国人の偽物の愛国心は、日本の奴らの実質的な愛国心の前で、勝負にもならない。
共感4非共感2


・日本のビールを飲み、日本旅行して、日本車に乗って、日本企業ユニクロで買い物をする韓国人たちは、日本人たちに後ろ指さされるのを知らない。
共感20非共感8

・↑ファックな民族主義に全体主義だ。
ヘル朝鮮なんて、滅びようが虐殺されようがどうでもいい。
今だって同じ朝鮮人が朝鮮人を迫害してるんだから、どうせ同じことがおきる。同じような犬なら、今まで苦しめた朝鮮人を虐殺してくれる他国のほうを支持するのが当たり前ではないか?
壬辰倭乱の時も、日本軍がやってくるやいなや道案内をした朝鮮民があふれてたし、日本軍側に立って戦う連中もあふれていたんだ。
愛国を望むなら、愛国に対する国家補償の提供をまずしろ、儒教ソンビ様。


・愛国心に訴えず、質で勝負しろ!
共感14非共感8


・品質を離れて、日本製品の不買運動する中国がうらやましい。
愛国心がなく、日本人がする行動に対抗できない韓国が馬鹿だ。
やられてばかりの民族。
共感10非共感7

・↑中国人観光客が大挙して日本に観光に行くという記事は読んでないのか?

【韓国の反応】「中国人観光客の裏切り?『韓国、安くても良くない』…タイ及び日本に」韓国メディア


・韓国産のお酒の代わりにセシュムを飲んでいるんじゃない?阿呆。*日本語で書かれてました。
感共感7非共感6


・最近マートに行ってみると、国産ビールよりも安い輸入ビールが多い。
味も当然、輸入のほうが優れてる…


・嫌韓が問題ではなく、味がない。(*不味い)


・味がないから飲まないんだ。


・「韓国の酒は日本の酒と比べて種類やブランドが限定的」
これが在日韓国人が韓国の酒を飲まない理由?
これは何の話だ。


・ふふふ、私たちがどんな品質のどんな製品を作っても、ただ「韓国」という名前が入れば、日本の奴らは飲まないんだろう?ふふふ


・焼酎は甘くてビールは炭酸で…
もし私が外国で暮らしてたら、韓国の酒で飲むのはマッコリぐらいだろう。

【韓国の反応】韓国の伝統酒「マッコリ」に隠された話…今もずっと「日本酒の製造方法」で作っている


・韓国の酒は…
安いから飲むだけで、美味しいから飲むんじゃない。