年中無休の反日を速やかにコントロールしなければならない
反日性の祝日が残念だ

趙甲濟(チョ・ガプジェ)の超少数派サイトから井戸の外のバンダービルドさん。

150928_0027-01



年中無休の反日を速やかにコントロールしなければならない

バンダービルド

韓国の反日は休む暇がない。
年中無休である。
年中無休という言葉は誇張ではない。
なぜなら、私たちの過去の歴史を記念する3.1節と光復節だけなら、全くこのような問題(年中無休)は発生しないはずだが、関係のない日でも、日本の教科書、靖国神社、集団的自衛権、独島領有権主張など、複数のものについて韓国人は、いちいち問題視して脱線しているからである。
 
しっかりとした国なら、未来を優先だと考えて、未来のための対策づくりについて主に悩む。
しかし韓国の現実は、非常に厳しい。
他の普通の国が未来を考えているとき、我が国は日本と関連した過去のことで衝突して脱線してしまうので、未来について考える暇があまりないというのが否定できない現実である。
 
もしそうなら、未来を主に心配している他の競合国と韓国が、今後10年20年という時間が経過して、お互いに比較したとき、結果は明らかではないか?
その時の私たちが、他の競争国に比べて、ずいぶんと遅れている可能性が100%だ。
 
なので、窮余の策だが、まず国レベルで3月と8月にそれぞれ大きく行われる反日行事の一つをなくすのが現実的に必要だ。
具体的には、8月の「光復節」を「建国節」に変えるのが適切だと思われる。
まだ時間(あと5か月)が残っているので、必要な手順(関連法の改正?)を進めて早く手続きを済ませれば、今年からでも建国節にすることが可能である。
 
今のように、一年のうちの3月と8月に、日本に向けて、教科書、靖国神社、慰安婦、独島などのいくつかの問題でぶつかって、おせっかい(口出す)するパターンを続けていたら、私たちの国は、完全に過去指向の衰退国に転落する可能性が高い。
手遅れになる前に、手を打たなければならない。

バンダービルド

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

反日性の祝日が残念だ
 
2015.8.17 趙甲済ドットコム

バンダービルド


祝日、特に「国民の祝日」は、国の慶事を記念する日である。
法律で定められた韓国の今の国民の祝日は5つで、3.1節、憲法記念日、光復節、開天節、ハングルの日である。
このうち二つ(40%)は、実質的に反日の性格の祝日である。

多くの韓国人(朝鮮人)が、世界万国に独立の意を表出した日(3.1節)と、解放を迎えた日(光復節)という性格のため、この日はどちらも反日の色彩を帯びざるを得なくなっている。
逆説的だが、日本の悪い面を浮上させればさせるほど、私たちの3.1節と光復節がより一層引き立てられ、誇らしくなるという特殊な状況を、私たちは抱えているのである。
そのため、3.1節と光復節は、前の月からどんどん(反日の)雰囲気が造成され始める。
 
そうでなくても韓国の反日は世界的に有名な状態だ。
各種の反日の副作用のため、今後は反日をなるべく解消する方向にいかなくてはならないのに、こんなふうに一年12ヶ月のうち、ほぼ二ヶ月を、国を挙げた次元でやむなく反日を「しなければならない」状況になっている。
また、二つの祝日が時期的に重なっていればマシだが、時期的な配置が素晴らしいのだ(3月1日、8月15日)。
反日のリニューアルオープンを繰り返しているため、一年中反日の冷却が許されない構造(年中無休?)になっている。
 
解放を私たち自身の力で主に達成したのなら、1945年の8月15日は、私たちにとって意味が大きいと言える。
しかしこの日は、ほとんど準備のなかった状態で、急に韓国人(朝鮮人)に与えられた日である。
当時、この日に解放されたという事実さえ知らなかった人も多かった。
祝日という元の趣旨に照らしてみると、ちょっと合わない部分がある。
さらに、用語自体(「光復」)も適切ではないという側面がある。
一方で私たちは、本当に祝わなければならない1948年8月15日について、特別に記念していない。
建国した日を特別に記念しない国がほとんどないという現実に照らしてみると、韓国の現状は非正常だと言える。
したがって、こういったすべての問題(ただ与えられただけの独立記念日、光復という用語の問題、建国記念日が無い)を一挙に解決する方法として、現行の光復節を、今後は「建国節」に変えるのが良い案になる。
反日性の祝日は、今年の3.1節で十分だ。
「建国節」の制定(光復節の代替)は、私たちの国民に未来志向の精神(建国)を持たせ、過度の反日を緩和させてくれる効果まである。
利点が多いので、積極的に検討する価値が十分にあると思う。

バンダービルド

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=133590&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


*バンダービルドさんの主張は、「今後」のことですね。「反日を続けてたら、今後韓国は落ちぶれる」というのがバンダーさんの主張。
果たして韓国が今後どうなるのか、私には分かりません。
ただ、過去のことは分かる。
冷静に考えて私は、今後はともかく、「過去の韓国が反日のせいで損をしてきた」とは思ってません。
むしろ反日によって韓国は利益を得てきたというのが事実だと思います。
反日の歴史観は韓国人に自負心を植え付け、バラバラな民族を団結させ、「日本に勝ってやる」という思いで気持ちを一つにして、、、反日はあの国を発展させる精神的な原動力になっていたというのが事実だと思います。
また、反日によって韓国は、日本から莫大な資金援助や技術援助を引き出してきました。これもあの国を発展させる原動力の一つになりました。
特に、頭のいいパクチョンヒは当時、こういった点を見抜いて、反日(用日)による韓国の発展をもくろんだんだろうなと思います。
日本人として非常に不愉快ですが、これが事実です。

ほんとね、いつまでこんなアホらしいことを続けるの?と思います。
バンダービルドさんが書いてるように、本当に「反日のせいで今後、韓国の発展は阻害される」でしょうか?
そうなればいいけど、そうなるとは限らない。
日本の対応によっては、今までと同じことが繰り返されるだけだろうと思います。
もう繰り返さないでほしいです。ホントにアホらしい。



バンダービルドさんのコラム(一部)
【韓国の反応】ある韓国人の悩み「いつからか韓国の歴史教科書の記述が主観的で偏向していると思うようになり、信じられなくなってしまいました」