『積み重ね~なぜ日本人は練習が好きか』

150928_0027-01



『積み重ね~なぜ日本人は練習が好きか』

 日本チームのキャンプは長い。最近では、メジャー流の「アーリーワーク」を取り入れるチームも目立つが、だからといってメジャーのように練習そのものが早く終わるわけではない。午後3時、4時までが普通だ。日本人の筆者でさえ「長いなぁ」と思うことがあるのだから、異国の人たちから見ればもしかしたら異様な光景だろうか。それも、基本的な練習に多くの時間が割かれているのも日本流の特徴といえるかもしれない。たとえば、キャッチボール。打者ならティー打撃。投手ならブルペンでの投げ込み……。

 基本が大事なのはわかる。だが考えてみてほしい。高校生、大学生ではない。彼らはプロなのだ。高い技術を持ち、なにより11月くらいまで公式戦、日本シリーズを戦っていた。その間、敗れたチームは秋季キャンプもやっていた。つまりほぼ一年中、硬式ボールを追いかけている。なのになぜ、2月のキャンプになると、まるで1から始めるかのように基本練習に多くの時間を割くのか。それも毎年、毎年だ。

 あるチームの関係者は言っていた。「練習が長いのは、監督が球団幹部に対して"私はこれだけ選手に練習させています"というデモンストレーションなのさ。つまりそれで公式戦が勝てなかったら、監督ではなく選手の責任だと言いたいから」

 苦笑してしまうが、まあそういう"理由付け"があるらしいことは聞く。だが今回はそうした組織、人間関係は別だ。

 他のチームの関係者は、こんなことを言っていた。「日本人は積み重ねを重んじる。一度できたら"はい終わり"ではない。三度でも、四度でもできなければ技術として習得したことにはならない。だから練習を積むのです」

 そんな話を思い出しつつ、楽天イーグルスのキャンプ地、久米島グランドの室内練習場を覗いたら、池山隆寛打撃コーチが、新外国人選手のジャフェット…アマダー(Japhet Isidro Amador)とマンツーマンで打撃指導をしていた。池山コーチがボールをトスし、それをアマダーがネットめがけて打ち返す。興味深かったのは、2人のやりとりだった。アマダーが強振すると、池山コーチが言った。「もっと軽くでいいから」。通訳を介してアマダーが頷き、軽いスイングで、しかしそのぶんシャープなスイングをしてボールを捉える。池山コーチは「惜しい」と叫ぶ。そしてこう続けた。「いいか、今は練習の時期だ。強いあたりより、どれだけ正確にボールの下をきっちり叩けるかに集中しなさい」。ボールの下を捉えられれば、打球は自ずと浮上する。外国人打者のパワーがあれば、強振せずともスタンドに運べる。だが強振しようとすると、かえって力んで的確にボールの下を捉えることができなくなってしまう。

150920_0007-010001


 池山コーチは続けた。「頭で理解していても、脳が感じて体が反応し、思った通りの動きに反映させられるようになるには、ある程度の反復練習が必要なんだ。トス打撃なら10中8球から9球は思い通りのポイントで打てなければいけない。それでようやく、試合で10球中3球くらい打てる。でも3割なら優秀と言われる」

 ここまで書けば、理解戴けるだろう。池山コーチの言うように、理解してもそれが思うとおり、いつも出来るようになるためには、反復して脳に記憶させる必要があると言われる。それはすべての動き、プレーに通じる。内野手のゴロ捕球後の送球もそうだ。投手も、ブルペンで思ったところに投げられるのは10球中、半分の5球くらいだとか。それが試合となると、緊張や疲労など様々な要因から、3球程度になってしまうと言う。だからキャンプでは、投げ込んで体を鍛えるのと同時に、意図したところに投げる反復練習としての、最低限の投げ込みが必要と言われるのだ。 

 皆プロなのだから、すべて出来ることだ。しかしその精度を上げたい。それがキャンプの大きな目的の一つとなる。それが反復となり、必然的に時間をかけてしまうことにつながるというわけだ。大げさな言い方をするなら、日本人の考え方、発想だ。これはもしかしたら、野球だけにとどまらないことかもしれない。料理の、すしの職人も、5年、10年かかって一人前になると言う。ただ刺身を白い米の上に載せるだけだというのに。

 日本人はそんな「積み重ね」を重んじる。そんなことを考えつつ、キャンプの練習を見つめていると、いろいろ面白いことも見えてくる。そうしたことはまた別の機会に。でも、やっぱり時間が長いのは見ているだけでも、勘弁してほしいものだが……(苦笑)。

キムラ・コウイチ

引用ソース
http://sports.news.naver.com/sports/index.nhn?ctg=ranking_news&mod=read&ranking_type=popular_day&date=20160215&office_id=264&article_id=0000000474&sort=LIKE



韓国人のコメント


・なぜ慶尚道と全羅道を離間させる人がいるのか?
1つの韓国なのに、なにが慶尚道、全羅道か?
情けない。
共感713非共感170


・ファック、
韓国人が毎日のように夜勤してるのは、日本から渡って来た文化じゃないか。
共感437非共感67

・↑悪いのはすべて日本のせい。ふふふ
日本には良い文化も多いのに、なぜ朝鮮人は悪いことだけ学んだ?

・↑倭人たちに良い文化がある?
倭人たちの手を経れば、不思議に汚く変質するのに。
まさか表面的な虚飾の親切や秩序を、日本の良い文化だとでもいうつもりか?
倭人たちの親切さは、かつての封建時代、殺し屋のサムライ奴らが、農民たち相手に試し切りしていたから、自然とペコペコする習慣が身につき、今の表面的な親切さに繋がったんだ。
全体主義的な倭人たちの意識をみると、率直に言って自由国家だというのが信じられないほどだ。
間違いを認めない国、いじめの起源国。
率直に言ってこんな国、いくら豊かでも住みたくない。

・↑日本は先進国だ。
現実を否定しないでください。
上司の顔色を見るのが日本文化か?
世宗が集賢殿の学者たちを寝かせないで仕事させたのは知っているのか?
知らなければ調べてみて。


・日本は基本的なことを重要視するんだね。
私たちが学ぶべきことだね…...
共感313非共感53


・ボールをたくさん投げれば鍛えられるという発想が、田中の肘を壊したのではないか。
共感237非共感30

・↑日本選手が多くの投球練習をするのは鍛えるためではなく、最小限の力を使って、体に与える負担を最小限にする投球フォームを身に着けるためだ。
日本の投手がメジャーに行って怪我をするのは、日本時代の投球練習の問題ではなくて、5日の休憩と4日の休憩の違いが原因。回復メカニズムに起因してると見るのが妥当である。

・↑ダルビッシュも、4日休憩は5日休憩とは違って、投手にとってあまりにも危険だと言ったんです。
混血で脱アジア人の体格のダルビッシュが言うくらいだから、アジア人の体格的に、4日の休憩はあまりにも厳しいのが事実だとみられる。


・あるチーム関係者はこう言った。
「練習が長いのは、監督が球団幹部に『私はこれだけ選手を練習させています』と誇示するためである。これで試合で勝てなければ、それは監督ではなくて選手の責任だと言いたいのだ。」心に響く言葉。
共感171非共感60


・日本人の誠実さは、学ぶ点が多い。
共感99非共感43


・薬でもあり毒でもある。
日本人は体力的な面で不足しているので、練習を通してその不足分を補おうとするんだ。それは本能に近いものである。
日本野球はメジャーの次だと言ってオナニーしているが、世界1位にはなれない。限界がある。
むしろ体力や力で先進している韓国野球のほうが、日本を追い抜くだろう。
答えはメンタルと体力である。
共感18非共感10


・日本人はなぜアダルト動画に熱狂するのか?
共感16非共感16

・↑人間が持つ最も「基本的な」1次的欲求だから。

・↑朝鮮人はなぜ日本のアダルト動画に熱狂するのか?
口では反日しながら下半身は親日する偽善的な朝鮮人たち。ふふふふふふ


・韓半島の歴史を見れば分からないか?
常に努力する人間を薄汚いと蔑むのに忙しい。
他人の成果を蔑む。
身分や性別や年齢や出身を理由にして蔑み、努力する人も蔑み。
腐った国民性。ふふふ
共感10非共感3


・私はなぜ日本が嫌いか?
共感10非共感17


・浅田真央は10年練習してもトリプルアクセルはまだまだマトモにできません。
重要な試合になると失敗する。
誰もが練習してできるものではない。
ヨナは10代ですでに完成形でした。真央はまだ完成できません。真央は死ぬまでトリプルアクセルを完成できないでしょう。
真央が練習を怠ったのでしょうか。スポーツ選手なら誰もみんな練習します。テルン選手村に行けば、早朝から一日中です。ところが、成果を出すのは一部。
オリンピックやアジアゲームで、1億2千の日本よりも、韓国のほうがはるかに多くのメダルを取っている。
共感9非共感4


・韓国人はなぜ臆病なのに口だけは偉そうなのか。
共感9非共感9


・男はなぜ女が好きですか?
共感9非共感20

・↑だから人類が存在しているのでしょう…

・↑男は女が好きなのではなく、きれいな女性が好きなのです。


・日本には、投げれば投げるほど肩は強くなるという言葉があるだろう?
だから松坂事態が起きたんだ。
いまや田中事態だ。
共感6非共感0


・日本は極右団体や歴史を歪曲する人を除くと、学ぶことが多い国であるのは確実である。
共感5非共感2


・日本人のような姿勢を愛し、尊敬します。
共感5非共感12


・練習をどれだけハードにするかよりも、日本人が周辺国、特に韓国に深い謝罪と反省をすることのほうが、もっと重要なんだけど?
共感4非共感0


・ブルペン投球をたくさんさせるのは理解できない。
共感4非共感0


・練習を好きなのではなく、成功するためにすることだ。
練習を好きな人がどこにいる?みんな成功するためにするのです。
勉強も同様だ。
勉強を好きな人がどこにいる?必要だからするのです。
共感4非共感0


・率直に言って日本人は、野球や球技をするには体格の限界がある。
アジアでフィジカルは、東南アジアあたりを除けば、日本が最も小さいレベルである。
それでも日本がサッカーや野球が強い理由は、それだけ国家的な投資をしていて、さらに練習して基本技に過度に執着する根性があるからだ。それで、物理的な劣勢を、少なくともアジアレベルでは克服しているんだ。
投資が全てではないというのは、最近の中国サッカーを見れば分かる。
それだけ練習して基本技をしっかり積み上げる独特の日本文化。それは日本の明白な利点である。
共感4非共感5


・マジンガーを見ると、黄色い頭の白人が悪者として出てくる。
第二次世界大戦を起こした日本は、自分たちが世界最高になるという錯覚に陥っていて、物理的な条件の劣悪さを練習量でカバーしようとしてるんだ。
同じ日本人のキムラ氏は、そこから目をそらしてレポートをしている。
しかし現実は、東洋人の中で日本人が身体条件が一番落ちる!
共感4非共感0


・北朝鮮はなぜ毎日挑発をするのか?
共感4非共感3


・勘違いしてる人が多いが、アメリカ人メジャーリーガーたちも、負傷のせいで選手生活が長くできず、機会を失って終わる選手たちも多い。
なのにいつも日本選手特有だと勘違いしている。
共感3非共感2


・私たちもあのように多く訓練しよう。
共感3非共感3


・基本的な練習を充実させる利点は我々が吸収するべき。
ただし無理な練習は避けてください。
共感2非共感0


・良い文章をよく読みました。
ちょっと惜しい点は、翻訳があまりにも直訳すぎて、読み手が理解するのが難しいこと…
共感1非共感0


・蓄積は良い習慣である。
共感1非共感1


・日本のいわゆる「職人」という面は見習うべき点も多いのですが、野球だけは日本式の方法が正解だとは思いませんね。
メジャーの方法がいいと思います。
共感1非共感1


・努力は決し​​て裏切らない。
共感1非共感1


・どんな分野でも脳を経由せず、体が覚えてすぐ反応するのが熟練であり、熟達です。よく読みました。
共感1非共感4