<ウェンディ・シャーマン>と<トニー・ブリンケン>の会話
韓国の反日が「非正常」ないくつかの理由

趙甲濟(チョ・ガプジェ)の超少数派サイトから井戸の外のバンダービルドさん。

150920_0007-010001



<ウェンディ・シャーマン>と<トニー・ブリンケン>の会話

バンダービルド


ウェンディ・シャーマン(女性)
- 米国務省元次官(現在はハーバード大研究員)
- 美国務省副長官
150928_0027-01



会話日時:2016.2.5

シャーマン(国務省元次官)
「ブリンケン副長官!昨年10月以来、おひさしぶりですね。国務省の仕事は最近いかがですか?」

ブリンケン(国務副長官)
「シャーマンさんが去った10月以降、さらに忙しくなりました」

シャーマン
「昨年末、韓国と日本の間で長いあいだ熱くなっていた大きな件が一つ解決しましたし、今は少しは余裕があるのではないですか」

ブリンケン
「話になりません。あれで両国間の慰安婦問題が一段落したと思いましたが、そうではありませんでした。一方はそれなりに合意に従う雰囲気ですが、もう一方の国民は不満でいっぱいで、今大騒ぎです」

シャーマン
「片方の国民というのがどちらの国のことなのか、言わなくても分かります」

ブリンケン
「とにかくしつこい。こないだ私が『両国とも、合意に忠実に従わなければならない』という原則的な発言を一度したのですが、韓国人が、この言葉が気に入らないとして、国務省LA支部にまで集まってデモをして大騷ぎをしました。今は完全に私をターゲットにして辞任要求運動までしています。私の辞任を要求する嘆願書を、もうすぐオバマ大統領に送る計画だと伝え聞きました」

シャーマン
「話になりませんね。私は昨年2月、あまりにも韓国と日本がお互いに感情的に戦っているので、セミナーの席で、『民族感情は悪用されることがある。政治指導者が、過去の敵を非難することで安価な拍手を得るのは難しいことではない』という趣旨の発言をしましたが、それ以来、韓国のマスコミや韓国の政治家、一般の韓国人たち、米国内の韓国人たち、すべてが立ち​​上がって大騷ぎでした。『シャーマンが妄言を言った』と激しく攻撃してくるんです。韓国人は、自分たちの意にそぐわないと『妄言判定』を下すので、副長官も今後注意を払う必要があります」

ブリンケン
「それですが、韓国人たちは、すでに私を名指しで『戦争犯罪の共犯者』という非難を浴びせているのです」

シャーマン
「本当に疲れる人々です」

ブリンケン
「知れば知るほど、性格が荒くて、人を非難して悪口を言うことを特に好む人々だと思います」

シャーマン
「できれば相手にしたくない人々ですね」

ブリンケン
「シャーマンさんは今は公職を離れたので、韓国人を相手にする必要がないですが、私は公務上継続してかれらに対処する必要がありますので、本当に苦しい心情です」

シャーマン
「頑張って下さいね。世の中には良い人もたくさんいます」

ブリンケン
「そうですね。世の中には良い人も多くいることを心の慰めにして、耐えなければならないようです。良い言葉を色々とありがとうございます。次またお目にかかるのを楽しみにしてます。それではこれで」



※上記の会話は、仮想。


バンダービルド

引用ソース 
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=133133&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


*こういうの面白くて好き。
日本人がこういう「日本にとって都合のいい」仮想会話を妄想してるのは、希望的観測の強すぎるアホだなと思っちゃうけどね。笑

韓国人のやってるような「一人を集中的に攻撃」というやり方は、その一人に対してだけでなく、他の人の口を閉じさせる効果もあるんだよね。いわゆる見せしめ効果ってやつ。
日本において、在日コリアン団体が使い続けてきた手法でもある。


韓国人のコメント


正解と不正解(ハンドルネーム)
仮想ですが、仮想のように思えません。
真実のようです。
三流人種のやってることですが、ひどすぎて三流を超えてもはや四流です。
いずれにせよ正常な状態ではないというのは、誰が見ても間違いないです。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

韓国の反日が「非正常」ないくつかの理由

バンダービルド


¶ますます酷くなっているから

いくら過去の事件が悲劇的で不幸だったとしても、年月の経過に応じて、どんどん平常心が訪れるのが普通である。
しかし、韓国の日本に向けた憎悪は、年月の経過に応じて平常心になるどころか、現状維持レベルどころか、むしろますます盲目的で無差別式に、さらに酷くなっている。


¶恥を喪失しているから

国際マナー、ビジネスマナー、外交マナーなど、あらゆる基本的なマナーを喪失した行動(事実上醜態で非常識なレベル)をしているというのに、相手が日本だという理由によって、恥を感じるどころか、まるで正しいことでもしたかのように堂々とした態度を見せている。


¶時間の概念を喪失しているから

独立運動が必要だった100年前は、世界史でもマレなほど実際は無抵抗状態でおとなしく従ったというのに、その状況が完全に終わって、自由と人権と安全が完全に保証された今日になって、突然猫も杓子も独立運動ができなかった恨(ハン)に染まってたのか、友好国(日本)に向かって今すぐ宣戦布告でもするかのように、地球のあちこちで日本に向かって敵意を露出するのに熱心である。 
100年も時間が​遅れた腕時計をつけて、「今の時間」を勘違いして、自分がまるで独立軍の一員として戦場で日本の正規軍と現在熾烈な戦闘でもしているかのように憑依して、常に興奮している状態だ。


¶文句をつけるのが目的だから

「真正性がないから」「被害者の意見をあらかじめ聞かなかったから」のような理由をつけて、国家間で結んだ国際合意を拒否して、自国政府と相手国に向かって不満を吐き出して広範囲に反発する事例は、この世界ではほぼ皆無である。
通常は、「謝罪をしたのかどうか」あるいは「補償をしたのかどうか」を見て、謝罪や補償があれば、それですべての状況が終了するというのに、この国はどういうわけか「真正性」「事前の意見聴取」のような恣意的で主観的な奇妙なことをずっと持ち出して難癖をつけて執拗に問題化している。


¶遵法精神を喪失しているから

常識的に考えて、明らかに韓国が間違っていても、相手(被害者)が日本の場合は、韓国内だと無罪になる確率が高い。
(憲法の上に無理強い法があり、無理強い法の上に『反日無罪法』がある)


バンダービルド

引用ソース
 https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=133148&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1



バンダービルドさんのコラム(一部)
【韓国の反応】ある韓国人の悩み「いつからか韓国の歴史教科書の記述が主観的で偏向していると思うようになり、信じられなくなってしまいました」