一部の韓国の知識人の、生半可な対日本分析
(雑談)今日の日本に向けての韓国人の態度

趙甲濟(チョ・ガプジェ)の超少数派サイトから井戸の外のバンダービルドさん。

20150514dd0phj000116000p_size8



一部の韓国の知識人の、生半可な対日本分析

バンダービルド

多くの韓国人の日本観は、感情的で表面的だ。
客観性や論理が不足している。
学者などの知識人も例外ではない。
対日本分析の内容を見ると、恣意的で非論理的な場合が少なくない。
 
18日、朝鮮日報が掲載した教授の記事(「日本の戦後秩序の否定は、欧州の極右民族主義者と通じる」)もそうだ。
文の中で、日本と関連した内容をみると、「一般化」「飛躍」などの間違いが目立つ。
 
記事は、ISテロなどへの反発で、ヨーロッパで右翼情緒が頭をもたげているが、その右翼の感情というものは、難民の流入を拒否し、イスラム教徒に向けての差別、移民の制御、異質の文化への優越感、国境閉鎖を通じた排除的国民国家の再建などとした。
 
それとともに、「日本の右翼思想の根底にも…差別と排除、相手への否定が深く根付いている。在日同胞を特権階級と追い詰めて『嫌韓流』を造成した。人種や国籍、性別などを理由して、相手を非難するヘイトスピーチもいとわない。」と書いた。
 
日本国内の「在特会」という団体を念頭に書いた部分である。
しかし「在特会」という団体は、日本の右翼思想を代表する団体​​ではない。
在特会は一介の「極性団体」に過ぎない。
日本の右翼政治の本山といえる「自民党」(政府)も、「在特会」の行​​動を批判している。
さらに韓国側が、日本の極右政治家として名指ししている「橋下徹」(大阪市長)という人物でさえ、「在特会」の形態を露骨に批判していて、互いに衝突している状態である。
こんな事情であるにもかかわらず、記事は、「在特会」が見せている行動が、日本の(保守)右翼の性格を代弁しているというふうに書いた。
 
「慰安婦強制動員を認めた河野談話を検証すると言って、談話がまるで政治的妥協の結果であるというように本質を歪曲し、日本は過ちを犯した国ではないかのように言い訳をしている。自らが必要な時は自国民として動員しておきながら、戦争が終わったら徹底的に排除する右派の思想の発現である。」とも書いた。
 
日本政府は、河野談話自体を検証したものではなく、談話作成の「道筋」を検証した。
作成プロセスの検証を介し、当時の日韓が、談話フレーズをめぐって、事前に意見を調整したという状況があったことが知られたわけだ。
「日本は間違いを犯した国ではないように言い訳をしている」と非難調で書いたが、それでは、そんなに破廉恥な日本という国が、今まで歴代首相や天皇が何回も韓国に向かって正式に謝罪をしたことについては、どう受け入れなければならないのか?
 
「自らが必要な時は自国民として動員しておきながら、戦争が終わったら徹底的に排除する右派の思想の発現である。」という部分は、「徴用」と「慰安婦」の件を念頭に置いた内容だろう。
もしそうなら、そんなに知らん顔をする日本という国が、1965年の請求権協定のとき、なぜ3億ドルを韓国に与えたのか?
 また、日本が、元慰安婦に対する各種補償や支援を、1965年以降も実施したことについては、私たちはどのように受け入れなければならないのか?
 
併せて記事は、東京裁判を取り上げて、これを検証しようとする日本の最近の動きについて、戦後体制を否定
しようとする意図だというふうに書いている。
しかし、検証関連内容については、別途で整理して発表はせず、党(自民党)の内部次元のみで進行した後に終了させると、日本側が明らかにしている状態なので、好きなように過去の歴史を変える意図のものではないと明らかにしている状態だ。
そもそも今、主権国家が過去の出来事に再照明をあてるのは、別に奇妙なことではない。
どの国でも現在、日常茶飯事にしていることである。
主権国家である日本に向かって、「他の国はしても構わないが、日本はしてはならない」といつまでも強要することはできない。
 
記事は、このように結論づけている。
「ヨーロッパと日本の右翼思想は…似ている。差別と排除、相手への否定があるだけで、共存と和合、寛容と配慮がない。文明の衝突を擁護するだけで、文明と文明の間の対話と和解の余地がない。相手の文明への対等な価値の付与もない。何よりも、文明圏を越えた人類普遍の価値の尊重が見えない。開放と和合、相互尊重と共生こそ、人類文明が生み出した歴史的発展の産物であるということを忘却している。日本の右翼も、欧州の右翼も、見落としやすい落とし穴である。」
 
記事が言いたいことを簡単に説明すれば、日本の自民党などの(保守)右翼が見せているものは、差別と排除、相手への否定しかなく、共存、調和、寛容と配慮がなく、人類の普遍的価値の尊重のようなものは見えないということだ。
記事の結論が事実だとすれば、なぜ今日、世界各地で行われている各種のアンケート結果で、日本がほぼ良い国として着実に上位ランクされているのか。その日本は、「虚像」だとでも言いたいのか?
地球のすべての人々は騙されていて、私たち韓国人だけが、日本を正しく見ているというのだろうか?

「在特会」という一介の「極性団体」と、日本の(保守)右翼を混同するような論理を展開した記事らしく、結論部分は率直に言って、隣国への「大げさで身の程知らずな訓戒」にしか見えない。

バンダービルド

引用ソース
 https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=131844&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


韓国人のコメント


・どの国にもそういう勢力はいると思います。
日本の極右がする行動を、私たちは日本の険しい感情として見ますが、非常に少数の猛烈分子だと思います。
私たちの国の猛烈な左派の行動(少女像など)が、日本人に反日感情の核心だと見られるように。
賢い知識なら、どこにでもいる猛烈分子のことは、どこにでもいると言って、笑って見過ごすでしょう。
また、猛烈分子のこういう行動は、歴史上ずっとどこでもあったというのが常識ではないでしょうか?
問題は、両国の政権がこういう状況を利用する場合です。あるいは、政権が猛烈分子の顔色を見る場合も問題です。そうすると、誤解の谷が深くなります。
おそらく政権交代があるまでは、この状況が続くと思います。
これ以上悪化せず、再び回復したらいいのにと思います。






━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

(雑談)今日の日本に向けての韓国人の態度

バンダービルド

過去の間違い(罪)と引き換えに、かなり前に法的な刑期を終えて出所した隣人を、今もまだ現行犯扱いし、事あるごとに断罪する状況と似ている。
 
-その隣人が明るい表情で近所を通りかかると、「顔を見ると、まだまだだ!もっと反省しろ!」と叫び、
 
-その隣人がどこかに行って外食を楽しもうとすると、「前科者が外食するなんて!反省しろ!」と罵倒し、

-反省の「真正性」が見えないという理由で、その隣人の門の前に、隣人の過去の過ちを象徴する像を無断で設置するようなもの。


¶この場合、第3者(近所の人)がみると、誰に対して呆れるだろうか?

バンダービルド

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=131847&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


*反省なんぞ一片もしてませんけどね。
特に韓国に対しての罪悪感など、皆無以下。


韓国人のコメント


・恥を知らないのが左派ですから…救済不能です…
再び朴正煕大統領のような不世出の英雄が出現しなければならない…


バンダービルドさんのコラム(一部)
【韓国の反応】韓国人「安倍の恐ろしい一手」
【韓国の反応】韓国人「日本に映し出される『信頼できない』韓国の姿」
【韓国の反応】ある韓国人の悩み「いつからか韓国の歴史教科書の記述が主観的で偏向していると思うようになり、信じられなくなってしまいました」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

*今日は今から食事会です。
弟のできちゃった結婚が決まったので、両家族の緊急食事会だ!
彼女のご両親の前では嫁入り前の娘を妊娠させたアホ男の姉なので、ちゃんとしないとだわ。

結婚相手は高校時代に一時期つきあってた子らしいですよ。
私も昔、会ったことがあるし、トランプやマージャンも一緒にしたことあるらしいんだけど、当時は、弟の彼女だか女友達だかよく分からないまま、弟が家に連れてくる女の子といっぱい山のように会ったので、どの子のことかさっぱり分からないという・・・
弟はチャラチャラしてたんだよね。女の子とキスしてるプリクラを家の廊下にへいきで落としてたりしてて、当時ほんとゲンナリしてた。かと思うと、小汚い格好してインドとか中央アジアとかに一人でバックパック旅行して、母を死ぬほど心配させたりさ。私なら絶対に恋人にしたくないタイプが弟(笑)


それよりなにより、今日は親から必ずされるだろう「で、お前は?いい人おるん?」という質問がいちばん怖いみずきです。
うっせ、いねーよ!!(ノ`Д´)ノ