「シン・ギョンスク、日本の小説盗作」波紋

大氷山の一角。

a_1754



「シン・ギョンスク、日本の小説盗作」波紋


「日本の三島由紀夫の一節をそのままコピー」

小説家イ・ウンジュン氏の主張波紋


シン・ギョンスク小説家の短編のある部分が、日本の小説家の三島由紀夫の作品を盗作したという主張が提起された。
小説家で詩人のイ・ウンジュン氏は16日、オンラインメディアのハフィントン・ポストへの投稿記事で「偶像の闇、文学の堕落」で、シン氏の小説集『遠い昔、家を出たとき』(1996年創作、批評社発行、その後『ジャガイモを食べる人々』で再出版)に掲載された短編『伝説』の一節が、三島由紀夫の『金閣寺、憂国、宴のあと』(1983年世界文学全集20巻で発行?キム・フラン翻訳)の中の短編『憂国』の一部を盗作していたと主張した。



盗作是非が提起された部分は以下の通りである。

「二人とも実に健康的な若い肉体の持ち主だったので、彼らの夜は激しかった。夜だけでなく、訓練を終えて、土ぼこりまみれの軍服を脱ぐ間さえ惜しみ、家に帰るとすぐに妻をその場に押し倒したのは、一度や二度のことではなかった。麗子もよく応えた。最初の夜を過ごしてから一ヶ月が過ぎたか過ぎてないかと思うころ、すでに麗子は女の喜びを知る身となっており、中尉もそんな麗子の変化を喜んだ。」(三島由紀夫)

(*原文が手元にないため、上は三島由紀夫の書いた文じゃなくて、韓国記事を訳したものです。)


「二人とも健康な肉体の持ち主だった。彼らの夜は激しかった。男は外から帰ってきて、土ぼこりのついた顔を洗う時間も何も惜しんで、急いで女を押し倒すことが何度もあった。最初の夜の後、2ヶ月余りたって、女はすでに喜びを知る身となった。女の清らかな美しさの中に、官能は芳醇に豊かに染みこんだ。その成熟は、歌を歌う女の声にも肥沃に入り込んで、もはや女が歌を歌っているのではなく、歌が女に吸い込まれたかのようだった。女の変化を最も喜んだのは、もちろん男だった。」(シン・ギョンスク)

イ氏はこれについて、「純文学プロ作家として、到底容認できない明白な『作品窃盗行為-盗作』」と指摘した。
また両方の文に共通して登場した「喜びを知る身」という表現に注目して、これは『憂国』を翻訳したキム・フラン詩人の独自の文であり、こんなふうに詩的な表現は、「誰かがどこかで偶然に見聞きしたものを、誤って使ってしまったとは言えない次元のもので、意識的に盗用しなければ絶対に飛び出すことがない文学的遺伝子工学の結果だ」と主張した。
憂国の他の訳では「麗子は愛の喜びを知っており」と表現されていると付け加えた。

公に盗作疑惑を提起して、「文壇生活を放棄する」という覚悟まで明らかにしたイ氏は、一人の作家を超えて、人気作家の盗作問題を末永く無視してきた文壇の問題を意を決して指摘した。
彼は、韓国日報との通話で、「(『憂国』盗作疑惑は)10年以上前から分かっていたことであり、私だけでなく、文壇の多くが知っていた」と述べた。
イ氏は「過去にも話が出てきたことはある」とし、「中央大教授のイ・スンハ詩人が、学生から情報提供を受けて関連記事を書いたことがあるが、論点を回避して仕上げた」と述べた。
イ・スンハ詩人は2000年代初頭に書いた『盗作者の国に住ん​​でいる恥』という文で、シン氏と三島の文章を巡って、「盗作というには無理があるが、影響を受けたという事実は確認することができる」と遠まわしに話した。

イ氏は、「問題は、韓国の文人の中で、これについて誰も自分の名前をかけて問題提起をしなかったことだ」として、「(盗作を明らかにすることは)私にとってもシン・ギョンスク氏にとっても楽しいことではないが、沈黙していたら、韓国の文壇のこういった雰囲気は、より一層強固になって、繰り返されるだろう」と警告した。
また、「(盗作の事実が)インターネットでソースの分からない文としてさまようのではなく、正式な記録として残して、後で図書館で閲覧することができるようにするために、この文を書いた」とし「このため、8年前から文壇とは手を切った」と述べた。
イ氏は、シン氏は単なるベストセラー作家ではなく、文学賞の終身審査員をつとめるなど、韓国文壇の最高権力者であるという点で、そして、様々な言語に翻訳されて、外国で商業的成功をおさめた作家という点で、これを正さず隠していることが、韓国文学にとってはより大きな恥辱だと指摘した。
イ氏は、万一の事態に備えて、弁護士の選任まで終えている。

シン氏は2000年前後にも盗作疑惑に巻き込まれたことがある。
1999年季刊の文学村夏号に掲載されたシン氏の小説『いちご畑』の一節が、在米留学生のアン・スンジュンの遺稿集『生きている』の序文に掲載された父の手紙文と同じだったということが報道されて、議論された。
また、文学評論家のパク・チョルファ氏が、『作家の世界』1999年秋号で、シン氏の長編『列車は7時に出る』と短編『お別れ』が、それぞれフランスの作家パトリック・モディアノと日本の作家の丸山健二を盗作した可能性があると言及した。
当時シン氏は「遺族に累を及ぼすことを恐れて、遺稿集の出典を明らかにしなかった」と釈明したし、盗作についてはすべて強く否定した。

*シン・ギョンスクが盗作したといわれているのは丸山健二『水の家族』
 


シン氏の比重がはるかに大きくなった今になって再びふくらんだ盗作疑惑について、文壇は言葉を慎む雰囲気だったが、一部はイ氏の問題提起に同意した。
匿名を要求した作家A氏は、「シン・ギョンスクが何度も盗作してきたのは、90年代の仲間の作家は皆知っている公然の事実である。具体的にどの部分を転写したかも知っている」とし「登壇前に放送作家として働いて、良い文をメモしておいて、原稿に入れるのが身についているようだ」と話した。

シン氏の出世作『オルガンがあった場所』のタイトルも盗作疑惑があった。
作家B氏は、「当時、評論家からは絶妙な象徴だという賞賛を受けたこのタイトルは、オム・スンファ詩人の詩集『来る人』(清河発行)に収録されている『オルガンを置いた場所』から持ってきたものだ。シン氏はその詩集から『ビーチの椅子』もタイトルに持ってきてつけた」とし、「今はニュージーランドに住んでいるオム・スンファ詩人が、当時とても呆れていたと、多くの詩人がコソコソ噂をしていた」と述べた。

120c9227-s


それでも今までこの問題が公論化されていないのは、過去に盗作の言い争いがおきたときに、文壇の権力者たちが隠蔽し、むしろ問題提起した人々を批判したためだと作家は言う。
A氏は「同業者としては指摘しにくいが、文学の権力層がそういう反応をしていたら、誰が問題を提起できるだろうか」と付け加えた。

これに関連してシン・ギョンスク作家は電話を受けておらず、キム・フラン詩人は一切の意見表明を拒否した。

引用ソース
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=469&aid=0000069909&date=20150616&type=1&rankingSeq=2&rankingSectionId=103

*盗作した箇所、エロすぎでしょー




韓国人のコメント


・非常に失望した!
本棚にある本をすべて廃棄しなければならないようだ。
盗作も一つや二つではなく、おそらく意図的なものです。
釈明の言葉のひとつでも言わなければならないのでは?
本当に…情けない。
共感297非共感9

・↑すべての場所が腐ってる。

・↑ふふふ、韓国はちゃんとしたものが一つもないね。
何から何まで日本のベンチマーク!


・シン作家は解明すべきだ…
ずっと盗作してたなら、作家をやめるべきだ!
共感241非共感12


・退出させろ。
作家としての資格喪失である。
共感226非共感10


・良いコメントはしないでください。
おそらくそれも盗作されるだろう。
共感179非共感11


・盗作したという部分をみると、訳文を盗作したようだな…
他人が翻訳して整えた文章を再びコピーしたということ…
共感121非共感6


・この問題について、シン作家は解明しなければならない。
沈黙したり、名誉毀損などで対処してはならない。
この主張が真実なら絶筆せよ!
共感113非共感5


・シンギョンスクの本はたくさん読んだ。
これは明らかに詐欺だ。読んだ人々に補償しろ。
モノを盗む泥棒より悪い、精神を盗む人間だ!
共感66非共感2


・盗作を指摘するため数年前から絶筆しなければならなかったという事実が、大韓民国の文人世界の偏狭さを示していて、真実の援軍を得ることの難しさが分かります。
シンギョンスク作家に少しでもマトモな意識があるなら、読者と原作者に謝罪しなければならない。
共感58非共感3


・過大評価された代表的な作家。
共感56非共感3


・文壇の絶対権力として君臨する作家たち。
盗作しながら知性的なふりをする。
共感52非共感2


・今、自分のしたことも問題化するかもしれないと思ってブルブル震えてる作家がたくさんいるでしょう。
もしかしたら、このコメントを読んでびっくり驚いているかもしれない。
共感51非共感2


・10年以上過ぎてからだというのが残念です。
昔から疑惑が提起されていたのに、あまりにもパワーがある作家だから誰も堂々といえなかったのか…
勇気に拍手を送ります。
共感43非共感2


・そもそも韓国社会全体が、日本の10~20年前の状況を盗作している…
最も盗作が激しいのはテレビ放送である。
日本で流行した放送コンセプトが、韓国に3~4年後に入ってくる。
共感53非共感8


・文壇も、こういう盗作を知っていながら隠していたなんて…
既存の文学既得権層の横暴か?
共感42非共感2


・シンギョンスクだけが問題か?
90年代に春秋文学賞の審査委員が村上春樹のコピーしてはいけないと言ったときからそうじゃないか…
ユンデニョンから始まって、現代ならキムヨンハまで…
共感41非共感3


・「米国の書評家のモリン・コリゴン ジョージタウン大学英文科教授が、アメリカで出版されたシンギョンスク作家の『母をお願い』について「キムチ臭い安っぽい新派」と酷評して議論が起きている。5日(現地時間)、米国の公共ラジオ放送NPRの電波に乗った書評プログラム、フレッシュエアのコリゴン教授は、『母をお願い』について、「母親が不幸な理由は夫と子供たちのせいだと主張するこの小説は、アメリカの文化とは乖離感がある」として「この小説は、深みのある小説のふりをしてるが、連続メロドラマにすぎない」と評価した。」
……これだからシンギョンスク作家の本は最初から読んでない。低質作品だ。
共感43非共感5

・↑それは本当に韓国とアメリカの文化の違いだと思う。
私はその小説を見て、本当に韓国の母をよく表現していると思いました。
アメリカ人には理解できないようです。



・しかも他でもなく、右翼中の右翼で、切腹までしていた三島由紀夫の小説を盗作を…
しかもそれなりに大韓民国文壇の有力者で、私も好きだった作家が…
共感39非共感2


・勇気をもって真実を言ったイウンジュン作家を応援します。
「憂国」の部分だけ見ても盗作が確実ですね。
共感38非共感2


・自尊心が低い人は、頻繁に嘘をついて騙す行為を繰り返す。
自尊心が低いからである。
共感38非共感2


・完全な馬鹿。
コピーだけでなく、よりによって骨まで右翼の軍国主義者の文をコピーだなんて…
共感32非共感2


・記事が事実なら、盗作かどうかを明らかにしなければならない。読者へのマナーです。
もし何も言わず沈黙するなら是認するということです。
堂々とした人になるのが、人気作家になるよりも大事です。
共感31非共感​​2


・韓国の盗作問題が今にはじまったことか。
チャンゲを罵れない。ふふふ
共感20非共感2

【韓国の反応】韓国人「偽物天国は中国ではなく韓国だった」~韓国の恥ずかしいファッション業界


・文壇が認知しながら口を閉じて沈黙していた理由のほうが醜いね…そうしておいて、「韓国人は春樹の本ばかり読んでいる」と文句をいって。ふふふ
他人の作品を盗作したものを読むぐらいなら、東野圭吾の推理小説を読むよ。そのほうが楽しい時間を過ごせる。ふふふ
共感20非共感2


・どう見ても盗作だね…
共感17非共感1


・盗作した部分が、よりによって…何だこれは…激しい夜だね…
共感18非共感2


・チョン・モンジュン・ジュニアがまた勝利した。
今回は、この地の自称文学相手の勝利。
共感17非共感4

「国民が未開だから国も未開なのでは」 チョン・モンジュン議員の末っ子の書き込みに批判 チョン議員謝罪、末っ子謹慎


・本人の性的経験の幅が狭いという証拠だね。
自分の経験外の領域だからコピーしたと思われる。
共感17非共感4


・すべての分野で韓国は日本の下位互換…小説も例外ではない。ふふ
共感16非共感3


・そもそも韓国の80~90年代の国民的歌手たちの歌の多くが、日本のメロディーの盗作曲である。
韓国が国民愛唱曲としているものが盗作。ふふふ
共感11非共感2


・盗作をするにしても大江健三郎や村上春樹のような良心的な文学者を盗作すればいいのに…
大日本帝国万歳を叫びながら切腹した極右の石頭文人を盗作したなんて…
共感9非共感1

【韓国の反応】ノーベル賞作家の大江健三郎「日本、韓国に十分謝罪していない」~「延世大-金大中世界未来フォーラム」で基調演説


・明らかな盗作だ。
セウカンからドラマまで、盗作を探してみると、日本が韓国を無視する理由がわかる。
共感10非共感2

120c9227-s


・誰が見ても盗作ですね。
あなたの小説を読んで感動して泣いて笑った読者に謝罪して絶筆してください。
本当に恥を知れ。
共感8非共感1


・ドラマだって日本からパクるのが日常茶飯事じゃないの。
これが犬韓民国の女性作家のレベル。
共感12非共感8

【韓国の反応】また、日本の作品原作のドラマ。懸念vs擁護


・もともと韓国は詐欺師の天国だ。
詐欺師が住むのに丁度良い国。
共感2非共感4

【韓国の反応】韓国で大騒動「いちご大福事件」の真相!「日本の職人に教わったが全て奪われたと主張して悲劇の主人公となった青年経営者の話はすべて嘘」


・日本はこのニュースを見て、「今回も朝鮮人が泥棒した」と納得する人が多いだろう。
朝鮮人はオリジナルの創作ができない民族です。
他国の特許、意匠、商標を勝手に使用して、「起源」を主張する弱虫だからです。
日本や中国、欧米から様々な文物をコピーして、卑劣な利益を得ています。
先日もアメリカの大学合格証を偽造した少女がいましたが、彼女は数学の論文も盗作していました。
朝鮮人は盗作、偽造が伝統の習慣です。
共感0非共感5

【韓国の反応】全部嘘だと判明→「韓国人の天才少女、ハーバード、スタンフォードなどからラブコール…フェイスブックのザッカーバーグも『会おう』」


・シンギョンスクにイ・ムニョルに…盗作ゴミ文学者たち…
ところで本当の問題は、自分の地域の出身の文学者は巧妙に悪口をいわず、他の地域の文学だけ悪口を言うネチズンたちの精神だ。そっちのほうがゴミだ。
本当に悪臭がする…あまりにも汚い。
共感9非共感15


・韓国社会のすべてのシステムが、日本をコピーして模倣したものなのに。
日本の教育課程も全部模倣している。
なぜシンギョンスクさんだけ盗作したと問題にする?
韓国自体、日本を模倣した国~
共感5非共感11


関連記事
【韓国の反応】滅びゆく韓国文学~韓国人「日本の文学を読むと、なぜ韓国でノーベ​​ル文学賞が出ないのか分かる」
【韓国の反応】『安重根、安倍を撃つ』という小説を書いた作家「日本に反省するチャンスを与えたいと思ってこれを書いた」
【韓国の反応】韓国で日本の小説が昨年より15%増加「素材が多様で創造性があって面白いから」
【韓国の反応】「農業コンテンツ」小説や漫画などが、日本で人気!
【韓国の反応】韓国人「日本の本はよく売れるね・・・」~東野圭吾、韓国で村上春樹の人気を凌駕する