日本の若者が島に行く理由は「その島が私にすべての幸せを見つけてくれた」

うちは、コテハンも名無しでも、どっちも歓迎してるブログです。

jr1lxnd57htozd2wfyhi
小豆島を象徴するのはオリーブである。日本で初めてオリーブを栽培したことが知られていて、この島ではオリーブオイルをはじめとする関連商品が多様に生産されている。街路樹の多くもオリーブの木だ。


・人口激減の危機の小豆島の高齢者の家を修理して「空き家バンク」に

・オリーブ農場などの仕事を作って、最近は若者たちでワイワイ

・産業廃棄物が積みあがった豊島(てしま)を「国際芸術祭」にして、外部の人たちでワイワイ
 

「まるで夢を見ているようだ。私の好きなデザインの仕事をして、その通りに描かれた島で給料を受けることができるようになったからです。」

lqnpgfyoq8tgmtkamfgq

ウェブデザイナーの岡智仁(32)は、最近調子づいている。
夢のような島の生活が手に入ったからである。
岡山県出身で、大都市の大学を出て、デザイナーや美術教師として活動していた彼は、タイトな都市生活に満足できなかった。
彼は静かな田舎に行って住みたいという夢をいつも持っていた。
そんな3年前のある日、彼は四国の香川県にある小豆島と呼ばれる島のオリーブ農場で、Webデザイナーの従業員を選ぶという知らせを聞いて応募し、夢のような島生活を胸に抱いた。

小豆島出身で、京都などの大都市でフランス料理の専門家として活動していた港晃二(28)も、この農場が運営するオリーブ関連カフェの責任者として就職し、「Uターン」に成功した。

去る4月、徳島県にある大学を卒業した齊藤仁美(23)は、この農場で最初の社会生活を始めた。

岡など3人の若者が島での生活を設計することができるようになったのは、ひとえに小豆島のオリーブ農園「井上誠耕園」のおかげである。
この農園を率いる井上智博代表が、東京・大阪などの大都市を中心に、オリーブの関連製品が人気が出るとすぐに、農場規模を少しずつ大きく育てて、若者に仕事を提供してきた。
小豆島は日本で初めてオリーブを栽培したところである。

「私の故郷でもあるこの島を活性化するために、若者たちを呼び集めて、にぎやかな場所にするべきだと思いました。だから若者のための仕事を積極的に作ったし、彼らの驚くべき能力のおかげで、会社の規模がどんどん大きくなりました。」

plkugg5n8ppkhl2yoqz2
小豆島で150年の間、日本の伝統醤油の脈を引き継いでいる「ヤマロク醤油」の山本康夫代表(右)が、最近採用した若いスタッフたちと一緒に、カメラを見ながら笑っている。伝統醤油を作る職人の夢を育てている藤本努(中央)が、「島が私にすべての幸せを見つけてくれた」と語った。

電話やインターネット等を介して注文を受けた後、宅配便で商品を送る直販方式で農場を運営している井上代表は、毎年10人程度の従業員を全国から選ぶ。
「この農園に就職すれば、正社員としてしっかりとした給料を受けながら、島での生活をすることができる」といううわさになって、毎年志願者が増えている。

井上代表の努力のおかげで、6年前は50人水準だった従業員数が、現在134人に増えた。
現在、年間50億円(約500億ウォン)の売上高を上げている。
先月20日、小豆島の農園で出会った井上代表は、「今後も外地の若者たちが、私たちの島に来て、人生を広げることができるようするために、仕事を継続的に増やしていくつもりだ」と述べた。



小豆島で150年の間、日本の伝統醤油の脈をつないでいる「ヤマロク醤油」が、最近活気づいている。
ヤマロク醤油の5代目社長の山本康夫(42)が、最近の若い従業員3人を一度に雇用したからである。

若い頃に大都市を飛び回っていたが、故郷に戻って家業を継いだ彼も、島を生かすためには、島での雇用を増やすことが重要であると判断し、小豆島出身の2人と外地出身の1人の、3人の従業員を選んだ。



伝統醤油を作る職人の夢を育てている藤本努(33)は、「18歳で外地に出て、バンド活動などをしていたが、31歳になった2年前に戻ってきて、雇用も得て、結婚もした」とし「島が私にすべての幸せを見つけてくれた」と語った。

PYH2014080609970007300_P2_99_20140807125205
小豆島で「山田オリーブ園」という1人農場を運営している山田典章。東京の出版社などで20年の間培ってきたサラリーマン生活を清算し、家族と一緒に移住し、第2の人生を繰り広げている。


人口減少で危機に陥っていた日本の香川県の小さな島である小豆島が、最近は若者たちの喧騒でワイワイ賑やかである。
香川県の県庁がある高松港から、船で1時間かかるこの島に、若者たちが集まっているからである。

一時6万2000人になっていたが、島の人口は現在2万9000人余りのレベルに激減した。
このままいけば、島から人が消える可能性もあると思った住民たちは、若者たちを呼び込み、人口を増やす以外に方法はないと思った。
島の住民は、地域の農場や家内企業などを回りながら、雇用を増やすことを積極的に要請した。
仕事がない島に人が来るはずがないと判断したのである。

塩田幸雄 小豆島町長を中心とした自治体は、人を受け入れることができる環境を整備することに集中した。
まず力を注いだのが、住空間を設けることであった。
ほとんどが独身世帯である地域の高齢者が、一人二人と息を引き取り、空き家が増えていっていることに着目し、新しくできた空き家を外地の若者に与えて引き継がせることにした。
日本でも有名になった「小豆島空き家バンク」である。
きれいに改装された空き家は大きな人気を集め、若者を中心に人口を増やすことに決定的な役割を果たした。
これまで125軒の空き家が、都市民を新しい所有者として迎えた。

小豆島はまた、外部の人たちが一度島に住んでみたあと、居住するかどうかを決定できるようにするために、3ヶ月間島の生活を体験できるプログラムを作って運営した。
1泊2日コースの短期島体験コースも出した。
プログラムに参加した人々が、島に渡って定着した先輩移住者たちに会って話を聞くことができるようにして、大きな人気を集めた。
このような努力のおかげで、2013年だけで外部から87世帯(117人)が島に移住するという成果を上げた。
このうち20~40代の若年層が81世帯と大部分を占めた。

小豆島で「山田オリーブ園」という農場を一人で運営している山田典章(48)は、このような自治体の努力のおかげで、東京の出版社などで20年の間に培ってきたサラリーマン生活を清算し、家族と一緒に移住し、第2の人生を繰り広げている。

jr1lxnd57htozd2wfyhi
豊島(てしま)の静かな丘の下に、まるで宇宙船の形のように作られた豊島美術館。建築家の西沢立衛が設計した建物の中に、空間芸術家である内藤礼がユニークな発想の芸術作品を設置、年中観覧客を引き込んでいる。


小豆島の近隣にある豊島は、かつて大量の産業廃棄物が蓄積して、「人が住むことができない島」という烙印を押されていたが、今は日本人が最も行ってみたい島の一つとして浮上した。

この島を生かす決定的な役割をしたのは、「瀬戸内国際芸術祭」である。
若い芸術家たちで構成され、市民団体や自治体などが豊島を含む12個の島の空き家などに、200以上の設置美術作品などを用意した後、観覧客を迎える芸術祭を3年ごとに開いている。
設置される作品の30%程度は、祭りの後も島に残されて、外部の人を引き込む役割をする。
豊島の静かな丘の下に、まるで宇宙船のような形に作られた豊島美術館は、有名な建築家西沢立衛が設計したものだ。

船に乗って、複数の島を回りつつ、芸術作品を鑑賞できるように進行されるこの芸術祭が大成功を収めて、島という島に活気が出てきている。
2013年に開かれた芸術祭の期間、107万人の外来観覧客が島を訪れた。
最近は、島に定着して生きると若者も増えている。

豊島で「島キッチン」というレストランを運営している藤崎恵実(34)は店長代表である。
高校卒業後、島を離れていた藤崎は、2010年瀬戸内国際芸術祭をきっかけに島に戻り、古い空き家をリフォームして開いたレストランを運営している。
藤崎が運営する島キッチンは、島で採れる魚、米、野菜のみを使用している。

jr1lxnd57htozd2wfyhi
島キッチン


島に定住する人が増えて、廃校の状態になっていた小学校と中学校が、4月に再開校になったというニュースは、人口減少に頭を痛めていた日本の自治体に刺激を与えたりもした。

芸術祭を導いているNPO法人の関係者は、「香川県などの自治体が、2010年から2013年までに10億2600万円(約102億6000万ウォン)の予算をかけて開催した芸術祭の経済効果は、一年で132億円(約1320億ウォン)に達すると推算されている」とし「考えさえ変えれば、力を失っていく島や地方を再生することができるという自信を持たせることができたのが、芸術祭の大きな成果だ」と述べた。

引用ソース
 http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=032&aid=0002550664&date=20141205&type=1&rankingSeq=2&rankingSectionId=104

*以下の韓国人の反応ですが、韓国人は「島国」という言葉を悪口として使ってるということ、さらに「日本は韓国よりも小さい」というイメージがあることなどを考慮して読むと分かりやすいかなと思います。



韓国人のコメント


・そもそも日本が島なのに。
島から島に行くのか。
共感1574非共感130

・↑日本の領土は我が国の四倍なのに。島国とはいっても。
済州島から独島へ行く感じではないか。

【韓国の反応】韓国人「独島に対する冷徹な認識が必要である。どれだけ叫んでも国際社会は韓国の味方にはならない」


・↑韓国はどうしてこんなに狭いの…
北朝鮮と統一する必要がある。2倍に増える。

・↑良い記事なのに、いつでもレベルの低いベストコメント。

・↑韓国は島国以下だね。

・↑現実には、日本の4つの島の一つである北海道一つの面積=韓国全体の面積。

・↑ふふふふふふふ

・↑韓国が実質的には島であることはさておいて、面積が小さすぎます。
その小さな面積なのに、ソウル市に集まって生きているから息苦しい。


・島から島へと渡り歩いて、ずっと島で生きてろ。
共感1155非共感141

・↑ふふふふふふふふふ

・↑ふふふふふふふふふふふふ、笑える。

・↑韓国は島以下のところだろう。ふふふふふふ
むしろ島のほうが良かった。ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ

・↑面積は少ないが、日本列島よりはマシだ。
島といっても島しだい。

・↑コメントが醜い。

・↑放射能の塊の島のどこがいいんだ。

・↑韓国こそ島である。
四方がすべて詰まってしまってて、小さなところで内部争いしてる島。
そうしながら、高句麗の奇想を話してるのが本当に笑わせる。


・いきなりだがオリーブが美味しそう。食べてみたい。
共感788非共感70

・↑放射能オリーブ

・↑セシウムオリーブ

・↑被曝ジャム


・日本の国土が島なら韓国はどうなるんだ。ふふふふふ
日本列島より小さいのに。ふふふふふ
共感753非共感187

・↑半島です、半島。

・↑半島。ふふふふふ

・↑統一すれば、日本なんてたいしたことはない。
なのに親日派が恐れて統一に反対をする。

【韓国の反応】「生きる親日派」呉善花「日本駐在韓国人記者の間で『呉善花を殺す会』が作られていた」


・↑朝鮮人が無力だから統一できないのに、日本のせいにする朝鮮人たち。

・↑大韓民国は島である。
陸路で大陸に行けないのに。

・↑統一は正直、50年以内でも無理そうだ。
周辺国との軋轢や、北朝鮮の状況や、韓国の状況を見ていたら、希望が見えない。
ただし、ソ連が瞬く間に崩壊したときのように、或いはドイツが統一されたときのように、あっけなく瞬く間に統一される可能性には掛けている。

・↑北朝鮮でクーデターが起これば統一も可能だ。

【韓国の反応】韓国人発狂!北朝鮮に抑留されていた韓国系米国人「韓国料理を食べ飽きた。帰国して家族でピザを食べた」


・日本が島というのは正しいが、言葉の上で島なのであって、韓国よりも大きい。
まるで日本を鬱陵島ほどの島だとでも思ってるように、島国といって馬鹿にしてるコメントを見ると、認識障害者なのかという気持ちになる。
共感840非共感388

・↑たとえ島がどれだけ大きくても、日本人の島民マインドはどうしようもない。

・↑そもそも大陸が島に殴られた歴史は多い。インドはイギリスに、中国は日本に。
逆に、島に直接攻め込んで殴ったことはありません。
フランスのナポレオンも、イギリスには結局は勝てなかった。
大陸だからすごいというのは錯覚。

・↑そもそも島だから島と呼んでいるだけだろう。

・↑だから、島という表現を、まるで日本が小さいかのように表現することを批判してるんじゃないですか。
誰も日本を島じゃないとは言ってない。


・韓国でこういうことがあれば、3年以内にフランチャイズで覆われて、家賃が上昇して、若者たちは追われて、その島は中国人の天地になる。ふふふ
共感116非共感5


・日本は島だけど、広さはドイツよりも大きくて、イタリアよりも大きいです。
韓国で言えば、南北朝鮮に加えて、スイス、ハンガリー、デンマークを合わせて大体同じ面積。
北海道から九州まで電車に乗って1泊2日かかる。
共感78非共感10


・韓国もこのような点は、いくつか見習って欲しい…
農村人口の不均衡の問題や、青年失業の改善にも、ある程度役立つと思う。
共感63非共感3


・うらやましい。
私たちなんて、島に行けば、塩を作る奴隷にされる。
共感72非共感18

障害者ら100人「奴隷」に強制労働…韓国「塩田奴隷事件」“差別の現実”
韓国塩田奴隷労働事件 - Wikipedia


・島だからといって、無視しないでください。ふふふ
韓半島よりもはるかに大きい。
共感62非共感14

・↑なぜ大きいだなんて言うのですか?

・↑実際に韓半島より面積が大きいから。


・日本の本州島だけでも、面積が韓国の倍を超えてます。ふふふ
私たちは、ただでさえ南北に割れていて、あまりに狭苦しい。
共感47非共感2


・良い考えである。
地域経済も生かして一石二鳥!
共感45非共感1


・f率直に言って、「島に住みたい」というときは、普通は西洋の色とりどりな島のことを言う場合が多い。
韓国も、島を去りたいところではなくて、行って住みたいと思う場所になるようサポートすれば良いだろう。
共感41非共感2


・日本の話になるとすぐに劣等感爆発させるのをやめて、ちょっと記事を読んでください。
共感45非共感6


・うらやましい。お祝いしてあげたい。
共感46非共感7


・日本と仲が良くなくても、このような政策は韓国も学んで適用すれば、疎外地域の地域発展にも図ることができていいんじゃないか?
斬新なアイディアはいいことだ。
共感31非共感0


・まだ韓国は、ああいう部分まで気を使う余裕がないのが現実である。
日本の小学生の地震避難訓練を見たことがありますか?まるで韓国の消防隊員のレベルだ…
韓国の子供や女性は、北朝鮮の金正恩や金正日の区別すらつかないほど、安保意識が低いのに。
それと比較すると、考え方がどれだけ違うか分かる。
韓国はいつも足の甲に火がついてから行動するから、足を切断することになるんだ。
共感29非共感2

【韓国の反応】「安倍は執拗で習近平は愚直」~日本、米国、韓国、中国、ロシア、北朝鮮、6カ国のリーダーシップの比較


・家業を150年継いでるって…ブルブル
実際、日本では明治維新の時から今まで、代々家業を継いでいる職人が沢山いる。
我が国は、うまくいってる商売があると、猫も杓子もみんな真似して、結局はみんな滅びることになる。
賎民市場経済の悪循環を断ち切ることもできないし、壊したいという意志もない大韓民国では、あまりにも難しい。
共感26非共感1

【韓国の反応】韓国人「日本には金剛組という世界で最も古い建築会社がある。 百済人の子孫だ。彼らに崇礼門(南大門)の復元を任せよう」


・↑日本に連行された韓国の職人がどれだけいるのか知らないのか。
知らないなら、大韓民国をひっくるめて悪口を言わないようにしてください。


・韓国は、伝統的なものはほとんどなくなりそうだ。
共感24非共感0


・韓国にももっと職人がたくさん必要だ…
共感22非共感0


・私が思うに日本の国民性は世界最強である。認めるものは認めよう。
四面が海で、地震が活発な国だ。
最悪の条件なのに、世界の経済大国で3位だ。
共感26非共感6

・↑国民性はゴミだろう。


・私もときどき人生が苦しくて疲れたとき、島に行って住みたいと思う時がある。
共感25非共感5


・日本にオリーブを栽培する島があっただなんて。
共感17非共感1