イム・ヒョンジュの歌、セウォル号追悼曲の「資格ない」…イム・ヒョンジュ「日本の作曲家に支払われる著作権料は寄付してもらう」

翻訳依頼があったものです。

記事が卑しくて、オエッてなりました(; ̄Д ̄)
↓昨日のカイカイさんの記事に矢印がもうひとつつくことに。笑

カイカイさん
 韓国人「追悼曲の収益は全額寄付→著作権は日本に帰属→収益の大半が日本に→議論が巻き起こる」→日本に寄付してもらうことに
 
02



ポップオペラ歌手イム・ヒョンジュが、最近セウォル号の追悼曲として公開した「千の風になって」が音源サイトなどで注目を集めている。
イム・ヒョンジュはこの曲の収益金を寄付するという意向を明らかにした。

しかし一部では、この歌がセウォル号の追悼曲としてふさわしくないとの主張も出ている。
作曲家が日本人なので、著作権の収益の一部が日本に行くことになるうえ、過去の他の追悼行事でも追悼曲として使用されたことのある曲だなどという理由からである。

ネチズンの間では「日本産の中古輸入船のせいで多数の犠牲者が出たのに、日本産の中古ヒット曲で追悼をするなんて、理屈に合わない」という主張もでている。
またポータルサイトでは、この歌の作詞はイム・ヒョンジュとして紹介されているが、実際には英米圏で広く知られているイギリス人兵士の詩であったことが分かった。

ある音楽著作権の専門家は28日、「イム・ヒョンジュが追悼曲として出した歌は、日本のTV芸能番組で紹介された後、大ヒットした曲の翻案曲だ」と述べた。
この追悼曲の原曲は「千の風になって」という曲だ。
イム・ヒョンジュは26日、SNSに、「デビューして16年ではじめて、5つの音源サイトでリアルタイム総合チャート1位を席巻した。私には過分で、奇跡のようなことだが、それよりも、遺族の方々に寄付できる音源収益金が増えたということだ」という文を残した。
ここで述べた「席巻した」の曲が「千の風になって」であり、遺族とはセウォル号の犠牲・行方不明者を意味する。

この歌は、日本のポップオペラ歌手秋川雅史が歌って、2007年に日本で大ヒットした歌だ。
2007年、日本のオリコンチャート上半期シングル販売量1位になった。
この歌は、秋川が2006年のNHKの年末芸能プログラム「紅白歌合戦」に出演して歌った後、有名になりはじめた。

この歌の歌詞は、1989年のアイルランド共和国軍の爆弾テロで死亡したイギリス人兵士が家族に残した時、「A Thousand Winds(千の風になって)」が原作だ。
英米圏では広く知られている詩だ。
2001年の9.11テロで父親を失ったアメリカの少女が、追悼式でこの詩を朗読した。
国内ではシン・ヒョンリム詩人が2005年に翻訳して紹介している。

この専門家は、「イム・ヒョンジュはこの歌を韓国語で歌って、自分の2009年のアルバム『マイ・ヒーロー』に収録した。
また、「2012年の『ダイ・アナザー・ヒストリー』というアルバムでは、英語の歌詞を付けた」と話した。
イム・ヒョンジュの所属事務所であるデジエンコムは、去る25日、「5月1日イム・ヒョンジュの『千の風になって』の韓国語バージョンを、セウォル号沈没事故トリビュート曲として再発売する」「イム・ヒョンジュの『千の風になって』」は、日本の作曲家である『新井満』がメロディを作って、『A Thousand Winds』というタイトルの詩を歌詞に付けた」と紹介した。

問題は、「千の風になって」の歌詞が翻案したものであるにもかかわらず、ポータルサイトには、作詞家がイム・ヒョンジュとなっているということだ。
音楽著作権協会に確認した結果、この曲はポータルサイトとは異なり、作詞家が不詳として登録されていた。
これに対してイム・ヒョンジュは28日、「ポータルサイトで作詞が僕になっているなら、間違いがあったものと見られる」とし「2009年のアルバム発売当時にも、この歌作詞作者不詳『A Thousand Winds』とアルバムブックレットに記録されてている」と明らかにした。

音源サイトで流通された音源は、音源サイトについて著作権者が4対6で収益を共有する。
この音楽著作権の専門家は「日本の歌の翻案曲だと見ると、音源収益金が、日本の原曲の作曲家である新井満にいくらか渡っていく」と明らかにした。
彼は「音源のストリーミングの部分が私たちの収入としてもらえるため、額は大きくない」とし「寄付すると広報するには少ない額だ」と述べた。
最近スマートフォンが普及して、音源消費はダウンロードでのストリーミングサービスに移っている。
ストリーミングサービスの場合、1曲あたり3.6円の著作権料である。
100万回のストリーミングサービスがあっても、著作権料は360万ウォンに過ぎない。

この専門家はまた、「音源サイトとは異なり、放送の著作権については、韓国と日本が特異な形態の契約を結んでいるので、日本の歌を韓国で改詞して歌っても、韓国に入る作詞の著作権は0%だ」とし「今放送で使てうのロイヤリティも、日本に100%送られる」と述べた。
現在この曲は、セウォル号の追悼曲として知られていて、各放送局を通じて「セウォル号に関連するプログラム」によく登場している。

これに対してイム・ヒョンジュは「製作社であるデジエンコム側が44%、歌手が6%と設定されているダウンロード著作権料を寄付する予定だ」と明らかにした。
また、「作曲者である新井満に行くロイヤリティ10%も、彼の著作を代行するフジパシフィックコリア代表から、寄付の約束を受けた」と話した。
しかし「寄付の約定書を貰うことができるのか?」という要求には、「そのようなことまでしなければならないかどうか、分からない」と話した。

音楽著作権の専門家はまた、「先に他の追悼行事で追悼曲として使ったこの曲を、再びセウォル号追悼・トリビュート曲として使うのも不適切である」と主張した。
実際イ・ヒョンジュ側は、以前この歌を追慕曲として広報したことがある。
イム・ヒョンジュは去る1月、新東亜とのインタビュー「新聞を15読む『活字中毒』…新東亜政治の記事は『大ファン』」という記事で、「2009年にノ・ムヒョン前大統領を追悼する曲として『千の風になって』を歌った」と明らかにした。
別のインタビューでは、「2009年2月にキム・スファン枢機卿に当時追悼曲として献呈した」と言ったこともある。

イム・ヒョンジュは同じ曲が複数回追悼曲として使われることについて「追悼曲は人の心を動せば良いと思っている」と述べた。

59_20
 

引用ソース
 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=032&aid=0002470905

>>「寄付の約定書を貰うことができるのか?」

・・・・・・・( ̄ロ ̄|||)



韓国人のコメント


・勘違いしてはいけない。
船が日本産だったのは大きな問題はない。
違法増築、無理な貨物の重量、20年前の老朽化した救助装置、船長の利己心と無能、安全教育54万ウォンなどなどが、事故を呼んだ。
日本人はその渦中で、セウォル号を生かすためにイカリをすぐに下ろして荷物を急いで捨てろというノウハウも話していた。
日本がいくら嫌いでも、罪のないところに八つ当たりしないでください。
今回の事故は完全に大韓民国の責任である。
共感96非共感7


・ダイバーの酸素ボンベも日本製です…
共感70非共感10


・他の所で使われた追悼曲で、音源収益が日本人のところに行く。
だからセウォル号の追悼曲としてふさわしくないという記事の内容!
共感58非共感6


・セウォル号の悲劇は、日本の船ではなく、廃棄された船を持ち込んで修理し、それを許したことにある!
問題の責任を他のところに回そうとしてはいけない~~
共感48非共感3


・記事をこういうふうに偏向で書くのか…
イム・ヒョンジュさんは、いい意味で寄付したのに、真正性は見ようともしないんだな…
こういうふうに自分の考えだけで主観的に書くのがどうして記者なのか…
何も知らない人が読むと、完全に誤解するでしょう…
本当に良い意味なのに、こんなふうに書くなんて…とても怖いですね…
共感27非共感0


・何?
これは国民への嫌がらせですか?
共感44非共感20

・記者が言いたいのは何ですか?
原曲が日本の曲だから問題だというのか…
あるいはネイバーに作詞者を変更するように求めたいのか。
あるいは他で追悼に使った曲は、別で使ってはならないというのか。
あるいはすべてが追悼を口実にした商業マーケティングだといいたいのか。
あちこちツギハギしたような文章を書いていて、何を言いたいのかまったく分からない。
その曲自体、不純な意図で作られた曲じゃないじゃないか。
ただ慰安になればそれでいいじゃないか。
共感28非共感5


・追悼曲にも資格が必要だなんて。
一部の寄付でも寄付は寄付じゃないですか。
記者さんは寄付したのか?
ペンひとつで下げるんだな。
慰労自体が美しいことなのに…
共感22非共感1


・ファック認定もいろいろあるね。
日本産の中古輸入船のせいで多数の犠牲者が出た?
それを輸入できるよう法改正したのは誰で、コントロールタワーをなくしたのは誰だ?
共感22非共感2


・ありとあらゆることにケチをつけて、ツギハギの記事を書いて給料を貰う記者より、こうやって人々を慰めようとしているイム・ヒョンジュのほうが望ましい。
心が重要なんだ…
もしこの曲がアメリカやイギリスの翻案曲であったら、こういう記事は書いてないくせに。
共感20非共感1


・理解できない。
すでに作られていた曲を人々が追慕曲として使おうとして、それなら寄付をすると言っただけの話なのに、なぜ問題なのか?
日本の曲だから駄目?
じゃあなぜ親日派の父親のいる大統領なんだ?
重要な親日派の清算は背を向けるくせに、こんなもので親日問題を話すのか。
共感14非共感0


・別にイム・ヒョンジュさんがセウォル号の追悼曲とするといったわけじゃない。
ネチズンたちが追悼曲として合う曲を探していて、互いに共有していったことから始まったんだ。
日和見主義者と罵る人々は、精神を整えろ。
事実を正しく知ってから騒げ…記者と手をつないで遊んでろ!
共感14非共感0


・本人の心があふれている新しく作った追悼曲ならもっと良かった。
作詞が外国人で、日本人が作曲だと思ったが、日本側にたくさんお金が行くんだな。
共感17非共感3


・今この歌が日本の曲ということが重要なのでしょうか…涙
共感12非共感2


・イム・ヒョンジュさんが寄付をするのに、なぜ他人がどうこう言うのか…
ただこういう方法で寄付をしたんだなと思えばいいだけじゃないのか?
あるいは遺族に役立つ何かを見つけたらいい。
共感10非共感2


・最初からおかしいと思ってました。
この曲、他の歌手のバージョンもたくさんあるんです。
新しく作った曲でもないのに、音源を寄付すると言った時からおかしいと思ってました。
もともとあの歌手がちょっとアレなこともあって。
新東亜の愛読者がノムヒョンの追悼曲としてこの曲を寄付していた?
ちょっとありえないですね。
記者さん、よく明らかにしてくれました。
共感23非共感16


・本当に日本の名前も聞きたくないのは事実。
野卑で強欲で凶暴で過去も反省しない、いつも真実を歪曲する集団。
共感9非共感3


・イム・ヒョンジュにはがっかりだ。
著作権者と国民をこのようにバカにするのか。
この問題は、率直でなかったことにある。
最初から素直に明らかにすべきだった。
日本側に著作権料が払われることを知っていながら、まるで自分がすべてを寄付するつもりだというような話をするから問題になるんだ。
日本側の著作権料も韓国側に寄付するよう協議している?その人もいい迷惑だ。
著作権者に事前に了解を求めず、寄付してくださいと強要するようなものだ。
そもそも音源を商用サイトに上げて収益金を貰おうとするなんておかしい。
音源サイトから曲を下げて国民の前で謝罪しろ。
共感18非共感13


・これはなに????
純粋な心をそのまま受け入れてください記者さん!
この歌で遺族と市民が感謝しているのに…
共感7非共感3


・日本の引き揚げ専門家が投入されたという記事を見ました。
それからこれ。
何なんでしょう。
共感5非共感1


・正常な日本産の船を買ってきて改造して不正な操作した我が国の海運業が間違ってなくて、「日本産」ということを論点にする意味不明さが残念だが、日本でこういうことあったらほとんどすべてが救出されてたんだ。
今回のことで確実に分かったが、日本が死ぬほど憎くても、我が国が日本に並ぶには遠かった。
アジア最高の先進国は、日本、シンガポール、台湾。
共感9非共感8

・↑台湾をなぜ入れるのか。ふふふ
香港ならともかく。


・良い意味でする寄付を罵ったら、胸がすっきりするのですか?
日本人が作曲した歌だからって、人々に被害を与えることもないんです!
共感13非共感13


・ファック……
共感2非共感2


・ああ、本当に信頼できる奴がいない。
共感5非共感7


・追悼曲まで日本のコピーを使うのか?エヒョ…
共感6非共感12


・追悼曲ひとつ作れず、日本の芸能プロから出てきた歌を使うのか?
チョン・モンジュンの息子の言葉は一つも間違いがないね…未開。
共感14非共感20

厳選!韓国情報さん
「国民が未開だから国も未開なのでは」 チョン・モンジュン議員の末っ子の書き込みに批判 チョン議員謝罪、末っ子謹慎


・イム・ヒョンジュはこんなに考えがない奴だったんだ…心から吐き気がする。
共感5非共感20