日本はどのようにして「自殺率世界1位」を脱出したのか…社会の構成員すべてが「命を守る」

あんまりコメントは多くなかったですが。
日本も自慢できないね。 
↓こういう表を見ると、いろんな対策を立てるより、景気を良くすることが一番じゃないのかな…と思います。
子供の場合は別だけど。 



_STD_59_20140409154602






 


日本の社会は1998年は悪夢のようだった。
2万人を少し上回っていた自殺者が急に8000人以上増加して、初めて3万人を超えた。
アジアを襲った通貨危機の影響であった。
都市の中年男性の自殺が特に急激に増加した。
自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)の高空行進は延々と続いて、2003年には40.1人で、世界最高の「自殺大国」に就任した。

日本は98年に政府次元の自殺予防策作りに乗り出した。
そして11年後の2009年、自殺率上昇の勢いが初めて折れて減少に転じた。
この11年の間に、日本はどのようにして自殺という病気と戦ってきたのだろう。

98年、突然の自殺急増に驚いた日本政府は迅速に動いた。
労働厚生省は、すぐに実態把握と基礎研究に着手した。
2000年に「健康日本21」プロジェクトの政策目標に「自殺者減少」が初めて採用された。
翌年、自殺予防事業の予算が配分されて、2004年にはうつ病対策も確立された。

ところが変だった。
自殺率はなかなか下がらなかった。
原因を探してみると、3つの問題が指摘された。
東京の国立精神医療研究センターのタケシマタダシ博士は、「政府省庁ごとに対策が分散していてバラバラだったし、その対策も精神科の治療のような表皮的な水準にとどまった」とし、「自殺を《社会》ではなく《個人》の視点から眺めて見ていた。社会的な問題ではなく、一つ一つ独立した現象であると誤って把握していた」と説明した。

これで2006年に「自殺対策基本法」が作られた。
この法律は、自殺を予防し、遺族を支援して、信頼性の高い社会を構築することを、政府・企業・国民の責務として規定した。
日本が自殺問題の本質に目を覚ます転換点になったものだ。
これをもとに2007年、政府の「第1次自殺予防対策」が出た。
タケシマ博士はこう説明した。

「試行錯誤を経て用意された1次自殺予防対策の核心は、『自殺を防ぐため、すべての社会構成員が取り組まなければならない』というものである。自殺は他の社会要因とかけ離れた現象ではない。学校でいじめられたり、不正な債務に苦しんでたり、就職に失敗して自殺をしようとする場合、精神科の治療では限界がある。貧困層を救済し、青年失業を解消することも、自殺予防の一環だ。最終的には政治・経済・社会・文化・宗教など、多様な領域を等しく考慮しての予防対策で成果をあげることができる。」

初めて励みになる成果が現れ始めた。
2009年に自殺者が3万人より下に落ちた。
2012年には前年比で9.1%減少した。
同年日本政府は「第2次自殺予防対策」を発表して、2016年までに自殺者を2万4000人台に減らすという目標を立てた。
日本政府の最終的な目標は、「誰も自殺に追いこまれない日本」である。

02

引用ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=005&aid=0000643081


韓国人のコメント


・逝く人は楽かもしれないが、残される人は一生苦痛の中で生きていくということをなぜ分からないのか…
共感8非共感7

・↑そこまで考える余裕がないでしょう…絶望が極まったら…

・↑そんなふうに恨んでは駄目です。

・↑情けないことを言うな。
自殺者は、自分ことすら考えられない。
そのうえ他人を考えられるか?狂ってる。

・↑自殺を美化するのは自由だが、決して正当化してはだめです。
当事者になったことがありますか?
毎日悪夢を見るんです。
多くの人は、苦しみのなかで生きています。それでも時間を消すようにして生きている人の苦しみは?


・日本は自殺を防ごうと努力するのに、我々は麻浦大橋に電話を設置するだけなんで。
共感5非共感4


・だから韓国が1位になったんだね。ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ
共感19非共感1


・韓国は一番不幸な国だ。
共感4非共感3


・自殺一位から脱出しても、そのかわり極右が増えているけど。
共感1非共感3


・博士の名前がタケシマ博士…?ふふふふふふふふふふふ
独島博士…ふふふ
共感1非共感0


・ふふふふふ自殺は日本人の趣味じゃないか
ふふふふふ飛行機に乗ってナイフでお腹を切ったり。
共感2非共感3


・韓国では、徴兵に行ってから自殺率が急増している。
共感2非共感1


・竹島博士?
記者が悪口をいわれたいようですね。
おいこら…
共感1非共感2


・半万年経っても奴隷から抜け出せない朝鮮奴隷民族の社会のレベルは、世界と肩を並べる帝国を作った大日本民族のレベルに決して追いつくことができません。
これは先天的な民族的違いです。
共感3非共感7

・↑お前たちは百済の奴隷でした。
韓国人の前だと無条件に脱ぐ着物が、日本の風俗の代表!
明日はお前のママとファックしてやろう。


・韓国も、インターネットのゲームができないようにしたり、 12時以降の外出を禁止したり、管理すれば少しは良くなるんじゃないか?
共感2非共感3


・2016年までに24,000人程度に減らすといっても、一時間に3人が自殺するということ。
共感1非共感1


・ハンサムな白人男と結婚したい。
共感0非共感4

・↑私はアメリカの白人男だけど、韓国女とは結婚したくありません。


・日本は自殺率1位を脱出して、韓国が自殺率1位に上がってしまったが、韓国も自殺率を減らすべきである。
困難なことがあれば相談をするよう努力をしなければならない。
共感1非共感2


・すでに政治や政府は腐っている。
労働時間の短縮を求める方策を立てても、絶対にできません。
短くなっても9時間。
一日に9 ~12時間仕事をするというのは、働いて死ぬということです。
生き地獄である。
週40時間から56時間も仕事をしなければならないのは狂ってる。
大韓民国の政治と政府の根が腐っているんだから、国民は腐って死ぬしかありません。
韓国という国が廃墟と同じである以上、絶対に明るい未来はありません。
共感4非共感0

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

共感非共感ボタン、まだちゃんとできてないです。
けっこう重いね~ 
ちゃんとできるまで、いったんはずしたほうがいいかな?
使いにくくてすみません。

コメント欄でアンケートするので、クリックしてくださいな。