OECD平均より失業率低いが、雇用率も低い?秘密は、高学歴「無職」

「失業率が低い、でも雇用率も低い」ってすごいよね。

_STD_59_20140409154602




若年者の雇用率が昨年初めて40%台から下に落ちる…
OECD諸国の中で三番目に高い「ニート」の失業率を入れない統計の抜け穴

イ・シウンさん(仮名・29)は、バッグのひもが長い。
ソウル市内の有名私立大学を卒業し、卒業したあと大学院で修士課程まで踏んだ。
しかし彼は、いわゆる「失業者」だ。
海外の大学に行こうと決心したが、留学が失敗して、その後通っていた大学院博士課程への進学はしたが、途中下車した。
弟が開いたカフェでたまに仕事をしているが、それに伴う報酬を受けとることはない。
学校にも通わず、職業訓練も受けていないが、失業者ではないイさんの統計上の場所はどこだろうか。

韓国の失業率は、世界でも最低水準だ。
経済協力開発機構(OECD)が発行した「図表で見る社会2014」報告書によると、韓国の失業率は加盟国の中で最も低かった。
2013年第2四半期基準で、韓国の失業率は3.3%で、OECD加盟国の平均9.1%を大きく下回った。
しかし雇用率で計算すれば、事情は違ってくる。
韓国の雇用率は64.2%で、OECD平均の65%よりも0.8%低かった。
一見するとつじつまが合わないように見える。
失業率は最低水準だが、肝心の雇用率は、OECD平均にも満たないという現実。
そこには、青年失業問題、特に高学歴未就業者の問題があった。

韓国の15歳から29歳までの若年層の雇用率は、昨年初めて40%ラインの下にまで落ちた39.7%を記録した。青年失業率は、今年2月に10.9%まで跳ね上がり、初めて10%を突破した。
前年同月の9.1%に比べて1.8%ポイント上がった数値だ。
韓国開発研究院のキム・ヨンソン先任研究委員が今年1月に発表した「青年就業活性化のための方策」報告書によると、韓国の若年層の雇用率は、国際的に比較した時もかなり低かった。
キム委員は「雇用率70%以上というOECD諸国の中で、若年層の雇用率が韓国のように40%台の国はない」とし、「しかも2002年の45.1%から2012年40.4%と、大幅な減少傾向を見せている」と指摘した。

15~29歳の雇用率が40%以下の国は珍しい

このように、「雇用率70%達成」を目標にしている政府の施策を遮る主犯は誰だろうか。
統計をよく見ると、雇用率を下げているが失業率には含まれない特定の集団を見つけることができる。
まさにニート(NEET)族である。
教育も職業訓練も受けていない(neither in education nor in training)未就業者を指すニートの代表的な事例が、前に出てきたイさんのような場合だ。
特に韓国のニートはイさんのように、大学以上の教育を受けた人々がほとんどという点が特徴である。
韓国の高学歴ニートの割合は24%で、OECD加盟国の中で三番目だった。
一番目と二番目は、持続的な経済危機と低迷で疲弊しているギリシャとトルコだという点を勘案すれば、韓国の現実はもっと目立つ。

ここで考慮すべき事実は、ニートが「失業者」に分類されない点である。
失業率は、全体の経済活動人口のうちの失業者の割合を指す。
「積極的に求職活動をした」経済活動人口でなければ失業者に入らないので、ニートが増えても失業率には影響がないか、むしろ低い結果が表示されることがある。
2011年基準の韓国の若年層のうち、約18%がニートで、6%台の失業率の3倍に近かった。
ニートや失業者を加えれば、その割合は約24%までになる。
すなわち、公式統計で示されている青年失業者の3倍以上が、職探しも断念した状態であり、青年4人に一人の割合で、いわゆる「失業者」生活をしているわけだ。

イさんは、統計上ニートに入るかどうかは分からないが、最初から求職をあきらめたわけではないと抗弁した。
しかし、高い学力とその学歴を積む間に重ねた年齢が、むしろイさんの足を引っ張った。
イさんは、企業に複数回入社願書を送ったが、面接までたどり着いたのもめったになかった。
せめてファーストフード店のバイク配達員募集も応募したが「年齢が高く」て落ちた。
「学歴が高いから、それだけ多くのお金が必要だという考えもない。まれに専攻と関連のある仕事で求人公告が出ていても、関連する専門性やスキルを見て選ぶのではないからどしようない」
最終的には境遇がさかさまになって、弟の家に居候しながらイさんは、生活費の代わりに弟のカフェの仕事をしている状況だ。

イさんの場合のように、韓国の若年層は、教育に投資した金額は多いが、実際に仕事を得る時になると教育にかけた費用を回収することは困難である。
韓国の青年たちが学業を終えた後、低賃金労働(賃金が成年期の労働者の中間賃金の3分の2に満たない労働)を経験する期間と回数は、OECD諸国の中で最も高かった。
学校卒業後5年の間で低賃金労働を経験する平均期間は、韓国は26.1ヶ月で、イギリスの9ヶ月、オーストラリア12.1ヶ月に比べて2~3倍ほど長かった。
LG経済研究院のイ・ソウォン責任研究員は、「低賃金のため、卒業後に働く気力を低下して、青年無業者になるよう誘導されたと解釈することができる」とし「他の国では、この割合は卒業後時間がたつほど減少しているが、韓国はより高くなっていて、青年失業の危険性が大きい」と説明した。

壮年層の「直接雇用」政策のせいが大きい

隠れているニートが、実質的な雇用率を低下させている問題の原因は、結局政府の雇用政策のためだというのが専門家たちの分析だ。
政府の財政が入る雇用拡充事業のうち、ほとんどが壮年層以上を対象とする「直接雇用提供」に集中しているからだ。
公共勤労などを含む直接雇用事業の予算は、全体の雇用予算の67.3%に占めるほど比重が高かった。 OECD平均である12.5%の5倍以上である。
その結果、2012年に直接雇用創出事業を通じた就業者の増減をみると、若年層では0.52%就業者が減少したのに対し、高年層では9.9%増と、相反する結果が示された。
キム・ヨンソン委員は、「労働市場対策の観点から、政策的配慮が必要な若年層ではなく、壮年層に多くの恩恵が行き渡る事業の財政支出の割合が過度に高いため、財源配分の見直しを行う必要がある」と述べた。

引用ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=032&aid=0002461463


韓国人のコメント


・エヒョ…
共感4非共感2


・我が国には高学歴者があふれている~
共感677非共感27


・これは何という犬馬鹿話だ。
共感10非共感7


・我が国の国民は人間らしく生きるのが全く苦しい…エヒョ…頑張らないと…
共感50非共感8


・ふふふふふふふ
共感1非共感1


・国家が国民相手に嘘をついている。
共感1053非共感73

・↑これが創造経済のモットー

・↑操作女王パククネ

・↑そんなことを言うと、建国勢力を否定する共産主義者にされます。
夜道に気をつけてください。

・↑そうですね…マスコミも制御するこの国が怖い…


・自殺率世界1位、若者の自殺率1位、堕胎率世界1位、離婚率1位、海外進出売春女性1位、OECD国家の中で強姦率1位、低賃金労働者の割合OECD一位、貧困率20.9%OECD1位、孤児輸出世界1位、低出生率1位、交通事故死亡率世界1位、精神病院強制入院率世界1位、帝王切開世界1位、労働時間1位、1人当たりの酒消費量世界1位、飲酒運転率1位、飲酒運転事故世界1位、喫煙率・青少年の喫煙率1位、胃がん発生率1位、肝臓がん死亡率1位、結核死亡率1位、糖尿病死亡率1位、社会の不平等・貧富の格差1位、私教育費1位
共感1490非共感262


・こんな数字遊びはしないでください…
共感6非共感5


・これが本当のニュースだ。
連合は統計資料だけをもってきて、事実であるかのように報道するから信頼ができない。
共感985非共感49

・↑連合は、第2の親日MBC

・↑朝中東よりもゴミが連合ニュースです。
*朝中東=朝鮮日報、中央日報、東亜日報

・↑連合は、国政広報所だと思っておきます。


・ 労働環境が悪い。
労働給与が最高なら仕事をするけど。
共感64非共感4


・革命を起こして政治家たちを退出させて、再び軍人が支配しなければならない!
共感3非共感9


・就職率の統計は、到底信じる事ができない~!
一週間に一時間だけ働いても、就業者数にカウントされる…さらに面接しただけの人までもカウントされる…
共感11非共感6


・こういうのを見ると、もう何を疲れて何も言う気にならない…
共感127非共感4


・国内総生産比福祉支出:韓国(9.2%)、米国(19.9%)、ポーランド(21.8%)、ドイツ(27.1%)、フィンランド(29.4%)、OECD平均(22.0%)/ / / / /国内総生産からの租税収入:韓国(25.1%)、米国(24.8%)、ポーランド(25.1%)、ドイツ(36.1%)、フィンランド(42.5%)、OECD平均(33.8%)データ:OECD2010年
韓国の税金は米国よりも大きな割合を収めてるのに、なぜ福祉支出の割合は米国の半分?
共感37非共感4

・↑なぜなら韓国の国会議員らが趣味で虚空にお金を捨てたから。


・ビリの国で何を望むのか。ふふふふ
無力なら無視される世界
共感10非共感5


・高校を出たら高校の人材として扱ってくれる外国とは異なり、我々は大学を出ても人間扱いされない。
共感214非共感8


・就職率の調査方法がおかしい。ふふふ
数字のゲームはOECD最高。ふふふ
共感21非共感2


・失業率をまっすぐ詳しく見ましょう。
政府がどのように統計操作しているかが分かる。
共感170非共感8


・韓国はいつ庶民の世話をし、いつ貧困層を救う政治家があらわれるのか。
腐った政治家がいつなくなるのか。
ため息が出る。
共感48非共感2


・自分が就職できなければ、無条件に国のせいするのが習慣になったのか?
目をもう少し下げてください。
仕事は多い。
お前好みの仕事がないだけ。
共感2非共感17

・↑お前はイルベ虫か。
既得権を擁護して利用されているようだ。


・ところで、政府ファックは、無駄な女性優遇政策だけを作っている。ふふふ
共感14非共感6


・表面上はG20、中身は発展途上国
共感9非共感4


・若年層の80パーセントが中小企業で働いてるのに、輸出企業にお金を注ぐ政府。
この国で暴動が起きないのは奇跡である。ふふ
共感248非共感9

・↑貿易依存度が高くて資源のない国なんだから輸出を上げることに没頭しているんだ。
それなのになぜ悪口言うのか。

・↑輸出の利益を1 %が独占するから問題。


・結局、政治が老人に左右されているし、今後ますますそうなる。
労働政策も老人に合わせるしかなくなってる…
共感19非共感2


・勉強に金をかければかけるほど成功する時代だ。
努力は誰でもできますが、勉強に費やす金で差が広がる。
共感6非共感5


・ニートがどんどん増えて問題だ…
共感7非共感1


・質的な高学歴ではなく、量的な高学歴者が大半である。
長い間学校にいたからって頭が良くなるものではない。
でも、採用時には無条件に学歴は見なければならない。
共感10非共感6


・この記事で社会問題化されるといいのに。
でもこのような問題は、選挙のために利用されるだけ。
それこそが巨大な問題です。
共感17非共感3